世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パラグアイ総評

リアルタイムではアルゼンチンのブエノスアイレスにいます。

宿で同室のチリ人がよく話しかけてくるんだけど

スペイン語で何を言っているか全然理解できず、『ブエノ(良いね)』と

ただただ連発してコミュニケーションをとっている男、ダイスケです。




















今回は2/10~2/26の17日間いたパラグアイで

かかったお金と総評をしたいと思います。












※かかった費用と物価



総額
17日間で1633000グアラニー → 日本円に直すと38107円

2240円/1日 67200円/1か月に直すと

移動費 9171円

ご飯 9892円

宿 15014円

アクティビティ(イグアスの滝でかかったお金) 3398円

雑費 535円

(1円=42グアラニーで計算)

※この金額はだいたいの金額なので水とか細々した料金は

切り上げたり切り下げちゃったりしています。

また、今回はイグアスの滝で使った料金も含んでいます。










こう見るとパラグアイは特にお金のかかる観光をしていないので

結構移動があった割には全然お金かかってないですね。


まあ、行ってみたら通貨の額が大きいから錯覚しちゃうけど

物価も安いですし贅沢しなければ

1日1000円ちょっとで過ごせるんじゃないでしょうか?



ローカルバスは1回約50円と安かったですし

今回泊まった日本人宿も全て1000円以下。


ご飯は地元のお店だったら500円くらいでお腹いっぱい食べれます。


スーパーでお米とか買って自炊したらもっと安く過ごせますね。


でも、ボリビアと比べると若干高くなった気はします。



そんなわけで『物価の安さ』は★★☆です。

(↑3段階評価です)



















※治安の良さ(人柄)



パラグアイには日系の人が多くて

あちこちに日本製の商品を売っているお店や日本語を見るので

日本人にとってはとても過ごし易い印象を受けました。


とくにイグアス居住区にいたってはほぼ日本です(笑)


でも、シウダーデルエステやアスンシオンの一部の地域は落書きとかあったりして

夜の一人歩きは少し危ない気もします。


実際、スリや置き引き等にあった人もいると聞くので

貴重品の管理などには気をつける必要があります。


あと、パラグアイ人の人柄はめちゃめちゃ良い。


基本、親日国家だと思いますし

肌の色や顔も他の南米の国より日本人っぽいので親しみが湧きます。


もちろん「チーノ攻撃」もなかったです。


でも、ボリビアに比べると若干恥ずかしいのか

挨拶しても返事が返ってこないことがしばしばありました。



そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★★★です。




















※ご飯のおいしさ



ローカルフードは1食500円くらいだったので、朝はパンとバナナor宿の朝食で

夜は結構パスタを茹でて食べることが多かったです。


たまに宿でバーベキューもしたりしました。


お米は日本のお米に近くなり、もちもちして美味しかったです。


あと、日本食のお店もたくさんあり味も日本で食べるような味がしました。


軽食だとサルテーニャとかハンバーガーとかももちろん外れることなく

美味しかったです。



そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★★です。



















※景観の良さ



パラグアイには世界遺産が一つしかなく、他にもこれといった見どころはない。


都市の方に行っても少しコロニアル調の建物が何個かある程度で

適度に整備してあったりと南米らしさ、パラグアイらしさって言うのがない。


イグアス居住区などで日本らしさを垣間見るのが、たまに落ち着くくらい。



そんなわけで『景観の良さ』は★☆☆です。




















※快適さ



パラグアイの主な都市部は日本と同じように四季があり

夏に暑く、冬に寒くなるとの事。


俺が訪れたのは夏だったので、いずれの都市も暑かったです。


でも、暑いと言っても日差しが暑いだけで日陰に入ると涼しく

それほど苦ではなかった感じがします。


また、スーパーも適度にあって安く物を買えたが

コンビニはなく代わりに『ミニメルカド』と呼ばれる小売り商店が多くあり

夜中はやってませんでした。


wifiもだいたいの宿に完備してあり

ボリビアと比べるとかなり早くなった印象がある。


バスの質もボリビアよりはだいぶ上がって普通のレベルになった。


ものすごく便利とは言い難いが、不便なく過ごせるレベル。


特に隣のボリビアから来ると急に生活水準があがった感じ。



そんなわけで『快適さ』は★★☆です。




















※総合評価


リオのカーニバルの日程があったので17日間しかいませんでしたが

日系人が多いので日本食屋もよく見かけ、ご飯も美味しいし人も優しくかったです。


物価もそこそこ安いですし、落ち着いたのんびりした環境がありました。


特に日本の旅人にはアスンシオンの『民宿らぱちょ』だったり

イグアス居住区の『ペンション園田』だったりと沈没スポットもあるので

個人的にはもっと長く居たかったです。


ただし、観光地だったり見どころはあんまりないので

『旅』という醍醐味を期待している人にとっては刺激が少ないです。



そんなわけで、『パラグアイの総合評価』は★★★です。

















ブラジルビザを取るためだけに立ち寄ってすぐに立ち去る人も多いと思いますが

ぜひパラグアイで引きこもってみてください。

(最終的にはボリビアと同じ事を言っている‥)











※今日の1曲
東京事変『群青日和』






俺は、パラグアイと言ったらサッカー選手の『チラベルト』しか思い浮かばないな
っと言うサッカー小僧の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| パラグアイ | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラジルの人、聞こえますか~?

リアルタイムではアルゼンチンのブエノスアイレスにいます。

新しく行ったホテルには日本人がまったくいなくて

コミュニケーションが全然取れてない男、ダイスケです。




















昨日イグアスの滝を堪能したので、今日はサンパウロに移動です。



シウダーデルエステを15:30に出発して

サンパウロに着くのは朝の9:00なので約18時間の移動です‥。


しかもこの間はご飯でないらしい‥(*´Д`)










パラグアイのお金・グアラニーが余っていたので

お昼にパラグアイ最後のご飯マクドナルドへ。



なにげに海外に来てマック食べたの初めてかもしれません。

P2261143.jpg

↑ 店内はきれいでした

















ここではビックマックのセットを注文。


19000グアラニー(約430円)と安かったです。

P2030721.jpg

↑ 久々のマックは懐かしい味がしました

















その後、時間があったのでちょっと街歩き。

P2251136.jpg
















P2251137.jpg

↑ まだ昼前だったのでこの前閉まってたお店がやっていて

セントロにも活気がありました。

















そして、余裕をもってバスターミナルへ。


しかし、バスターミナルに行く途中、ローカルバスに乗って向かうも

なぜかここの街のローカルバスはバスターミナルに寄る路線がないらしく

近くの道で降りないといけないらしい。



それを知らなかった俺はバスターミナルで降りればいいやって思ってたけど

なかなか着かないのでスマホのGPSで位置を確認したら完全に通り過ぎてるー。





とりあえず、降りて逆行きのバスに乗るも間に合うかなっと心配‥。


なんとか5分前に着きました。



セーフ!!












バスターミナルに着くとペン園で一緒だったユミさんもいました。



彼女もシウダーデルエステからサンパウロに向かうとの事。


しかも、乗るバスも一緒でした。



シウダーデルエステ→サンパウロのバスは何本かあるけど

pluma社ってとこのバスが1番安くて

その安いバスを選ぶと必然的に一緒に行くことになります。

(他のバスが300000グアラニー以上するのにここだけ250000グアラニー。

でも買う時『もっと安くして』って言ったら首を掻っ切るポーズをされました‥)

P2271147.jpg

↑ こっちが高いバス。豪華な2階立てです














P2271148.jpg

↑ こっちが我らがplumaバス。何の変哲もないバスです。

















でも、乗ってみるとそこまでボロくはなく普通のレベルのバスでした。

P2271149.jpg

↑ ちゃんとリクライニングも出来ました

















走って1時間くらいでpluma社の営業所に寄って謎の休憩‥。

P2271150.jpg

↑ 何故かここで1時間近く待たされました‥ 

















そして、夜中にサービスエリア的な場所でも休憩。


ブラジルのバスは基本バスにご飯が付いてないので

こういったサービスエリアでご飯を食べるのが普通らしい。

P2271154.jpg

↑ 至って普通のサービスエリア

















車内食(機内食)がなにより好きな俺にとっては残念‥。


しかも、なぜか駐車場に停まってるバスが

必ず一旦その場所を離れて、しばらくたってから戻ってくるので

最初は『バスがない。取り残された!!』っと思ってクソ焦りました‥。






夜はちょっと寒かったけど、パーカーを着込んで爆睡。



朝になって、2度目の食事休憩です。

P2271155.jpg
















P2271156.jpg

↑ ここは結構豪華でブッフェスタイルでした
















P2271158.jpg
















P2271159.jpg

↑ でもお値段を見ると金額も豪華。

だいたい1個のおかずが4~5レアルします(1レアル→約43円)。

















貧乏人の俺はこんなところでご飯食べれないので

出発前に買っていたお菓子を食べて飢えをしのぎます。







そのままひた走っていると、街らしき景色に。

P2271161.jpg

↑ ブラジルの旗も
















P2271162.jpg

↑ ビルも多くなってきて都会の雰囲気に

















そして、11時ごろにバスターミナルに到着。



結局、21時間バスに乗ってました。


足腰がバキバキです‥。





そして、ブラジルに着いて最初のミッション

『リオ行のバスチケットを買う』事に。



一緒にバスに乗っていたユミさんと手分けして何社かのバス会社で聞き込み。



ブラジルは今までと違ってポルトガル語ですが全く分からない俺は

なんとかジェスチャーと紙に数字を書いて交渉です。



いろいろ聞いたところ、バスはグレードで値段は違うけど

どこの会社も一律で同じ値段で、値下げもしてくれませんでした‥。


会社同士で値段が決まってるのかな??





値段が一緒だったので

夜一番遅い時間に出発するバスを選択(サンパウロ→リオを夜行で行くため)。



24時出発で値段は74レアルでした。








そのあと、宿に行くため地下鉄に。


ここのバスターミナルは

外に出ることなくそのまま地下鉄に乗れるから便利。





初めての国(しかも南米)で

荷物持って知らない街をほっつき歩くのは不安だしね。





地下鉄に乗り(お値段一律で3レアル)、4つくらいで宿のある駅へ。



南米一物価が高い国ブラジル、貧富の差が激しく治安が心配な国ブラジル

言語が南米唯一ポルトガル語のブラジル。





あれっ、期待よりドキドキの方が大きいッス!!


さて、俺は無事ブラジルの陽気に順応できることが出来るのか?


情熱の国ブラジルで引きこもることが出来るのか?









※使ったお金
・ご飯 22000グアラニー
・バス(シウダーからサンパウロ) 250000グアラニー
・バス(サンパウロからリオ) 74レアル
・地下鉄 3レアル
(1グアラニー=約50円・1レアル=約43円)











※今日の1曲
レミオロメン『3月9日』






俺は、ブラジルと言ったら『ジーコ』より『ロベルト本郷』を思い出すよ
っといったキャプテン翼好きの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| パラグアイ | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シウダーデルエステの宿と両替情報

リアルタイムではアルゼンチンのブエノスアイレスにいます。

せっかくブラジルのビザを取ったのに一週間ほどで

アルゼンチンに抜けてしまった男、ダイスケです。




















9日間いたペンション園田に別れを告げて

シウダーデルエステに移動です。





この後3月2日のリオのカーニバルに向けて

シウダーデルエステに2泊、バス1泊、サンパウロに2泊

バス1泊と結構移動の日が続きます。




引きこもり大好きな俺にしてみたら

2泊で移動なんてゆっくりした内に入りません。


せめて1週間は何もない時間を設けたいよぉ(-_-;)







ぶつくさ言いながら

14時過ぎまでペンション園田に居させてもらい、嫌々出発‥。

P2251100.jpg

↑ 来た時と同じ、何もない道でバスを待ちます


















噂では30分に1度通るとの事でしたが、10分くらい待ってバスが来ました。


ラッキー!!







バスに乗って約1時間すると、シウダーデルエステの街に到着。


シウダーデルエステ(だから名前が長いって)は

国境沿いの街のくせに安宿が少ないらしく

wifi付きで1泊1000円以下の宿は数件しかありませんでした。



しかも、あらかじめネットで目星をつけていた宿が

当日ネットで確認してみたらFULLの文字‥。



他の宿も場所もあらかじめおさえつつ

ダメもとで第一希望の宿に行ってみると普通に部屋が空いてました。



これまたラッキー!!



ネットでFULLって表示してあっても実際行ってみれば何とかなるねww

(まあ空いてなかった時のダメージデカいので発言に責任は持てませんが‥)





今回泊まった宿は『Humming bird Hostel』。

P2251101.jpg

↑ 部屋は4ベットのドミトリー
















P2251102.jpg

↑ ちょっと狭いですけど、寝るだけだったら問題なし

















スタッフの女の人も英語が話せてとても親切でした。



宿をチェックアウトする時に『トリップアドバイザーにコメントして』

って言ってきたので、『シャワーが水しか出なかった』って書いたら

後日『壁にスイッチがあって、それを押すとお湯になるわよ』

っと言って怒られました‥(-_-;)ゞ

P2251103.jpg

↑ 問題のシャワー室。きれいでしたけどね。















P2251104.jpg

↑ キッチンも付いてました
















P2251105.jpg

↑ 中庭にはハンモックも。誰も使ってなかったですが‥
















P2251106.jpg

↑ 外から見るとマンションのよう
















P2251110.jpg

↑ 表の看板が目印
















P2251111.jpg

↑ 周りは住宅街って感じです

















宿に荷物を置いて、少しゆっくりしたら街に出ます。



この日は、明日アルゼンチンのイグアスの滝に行くため

ドルからペソに両替をしに行きます。





他のブログにも書いてあったりするんですけど、現在アルゼンチンは経済が不安定で

自国の通貨の価値が下がるインフレ傾向にあるため

公式のレートとは別に街の両替屋(通称・闇両替)が存在していて

闇両替で変えた方が断然お得。


公式レート 1ドル=7.8ペソ
闇レート 1ドル10.9ペソ

その差、1.3倍!!




つまり、アルゼンチン国内でキャッシングしたりカード払いをすると

公式レートが適用されるのでもったいない。


なので、あらかじめ入国する前に使う分の両替する通貨(100ドル札が良いらしい)

を用意しておく必要があるみたい。


良い子のみんな、詳しくはググってね('◇')ゞ










ここシウダーデルエステも国境沿いの街よろしく

闇両替はたくさんいるので、街中まで探しに行きます。

P2251112.jpg

↑ 車やバイク関係の店がたくさんありました
















P2251116.jpg

↑ スーパーがあったので中に入ると可愛いサンリオのお店が

















P2251117.jpg

↑ セントロに近づいて行くと屋台がたくさん
















P2251118.jpg

↑ ここから先がセントロみたい

















セントロに入ったら、にぎやかなのかなーって思ったら

結構シャッターが閉まってました。



P2251120.jpg
















P2251124.jpg

↑ なかなかのゴーストタウンぶり

















歩いてた時間は17時頃でまだ人たくさんいたので

治安が悪いという感じではありませんでしたが

夜になって人がいなくなったら、たぶん一人では歩けないなって印象でした‥。










そしてブラジルとの国境の橋の辺りに行くと

両替屋さん(スペイン語でカンビオ)がたくさんいました。

P2251123.jpg

↑ この奥の橋を渡るとブラジルに入れます
















P2030718.jpg

↑ 向こう岸がブラジルっす

















ちなみに橋を渡るだけだったら

検問とかないから入るだけならブラジルビザ要りません。

(その後に第3国に抜けるとバレるから

行って戻ってくることしか出来ませんが‥)





何人かにレートを聞いて一番良かった人と100ドルだけ交換。



1ドル→10.9ペソだったので、1090ペソになりました。

公式レートだと1ドル→7.8なので約300ペソお得に。

日本円に換算すると約3800円の違い!!

これ1万円でだよ‥。


仮に10万変えたとしたら10倍の38000円!!

こりゃ誰も正規レートで交換しないね。



ちなみにアルゼンチン国内ではドルは下ろせないので

隣の国のウルグアイまでATMを使うためだけに行く人も多いんだって‥。


日本にいる時はこんな両替の事

特にピンとこなかったけど旅していたら凄い身近な事に思えてきた‥。


無事、両替を終えて今日のミッション終了!!




明日はゆっくり休みたい気持ちを抑えて

世界3大瀑布のイグアスの滝に行ってきます('ω')ノ





※宿情報

・Humming bird Hostel

ドミトリー 9ドル

シャワー・トイレ共同
朝食・wifi有り

きれい    ★★
立地     ★★
居心地の良さ ★★
スタッフ   ★★★
設備充実   ★★
(↑ 3段階評価ね)


部屋は少し狭いけど

俺が行った時は4人部屋で2人しかいなかったので広々使えました。

小さいながら台所と洗濯する流しがありました。

干すスペースはほとんどなかったので、ガッツリ洗濯は難しいかも。

セントロやバスターミナルまで歩いて30分かかるが

宿の前の大通りからバスが出ています。(市内料金25000グアラニー)

あと冷蔵庫もあり朝食付き(パン3~4枚のみ)。

ドミトリーはファンしかないので夜は少し暑かったです。

でもシウダーデルエステでは安い方だと思うので

この街に泊まるのならおススメです。









※今日の1曲
GReeeeN『愛唄』






俺は両替って言ったら、子供の時に行ったデパートの屋上の
ゲームセンターで100円玉→10円玉に変えてたのを思い出すなぁ
って言うレトロゲームファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※追記:
この記事をupしている、2014/03/06現在、アルゼンチンの闇両替のレートが
日に日に悪くなっているので早めに変えた方が良いかもしれません。
本日、ブエノスアイレスの闇両替でも1ドル→10.8ペソくらい。
先月は11ペソ台だったとの事。
シウダーデルエステでも同じくらい悪くなってるかもしれませんが‥。

| パラグアイ | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT