世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パラグアイとブラジルの移動まとめ

リアルタイムではアルゼンチンのバリローチェにいます。

48時間かけてパタゴニアに来たのに

寒いので3日でもう北上しちゃう軟弱な男、ダイスケです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆














前回の移動まとめの記事で『イグアス居住区』までの移動を書いたので

今回はイグアス居住区→シウダーデルエステ(⇔イグアスの滝)

→サンパウロ→リオデジャネイロ→ブエノスアイレスと書いて行きたいと思います。



※前回の記事 ↓

ボリビアとパラグアイの移動まとめ
















※イグアス居住区→シウダーデルエステ

移動手段:バス

移動時間:1時間

料金:10000グアラニー(約230円)

メモ:主要道路の7号線の道で走っているバスを止めて乗車。

立派な長距離バスは、乗せてくれないか乗せてくれても料金が割高なので

地元のローカルバスに乗りましょう。

7号線を通るローカルバスは30分に1本くらいです。

また、終点まで乗ってると長距離バスターミナルまで行ってしまうので

市内の中心に行きたかったら途中で降りた方が早い。

料金は途中で係りの人が徴収に来ます。













※シウダーデルエステ→イグアスの滝

(シウダーデルエステ→プエルトイグアス+プエルトイグアス→イグアスの滝)

移動手段:バス

移動時間:1.5時間(1時間+30分)

料金:10000グアラニー+70ペソ(約930円)

メモ:シウダーデルエステからイグアスの滝(アルゼンチン側)に行く場合は

起点の街・プエルトイグアス経由で行くことになります。

ブラジル側に行く場合は、フォスドイグアス行のバスに乗りましょう。

詳しくは以前書いたこちらの記事を参照してください。↓

イグアナの娘じゃないよ、イグアスの滝だよ















※シウダーデルエステ→サンパウロ

移動手段:バス

移動時間:205時間

料金:250000グアラニー(約5700円)

メモ:ご飯休憩が2回サービスエリアに停まりましたが

いずれも自分でお金を払って食べるタイプで車内食は出ませんでした。

安く済ませたい人は、あらかじめお菓子や水を買っておきましょう。

また、シウダーデルエステのバスターミナルにたくさん両替屋の人がいるので

余ったグアラニーはそこで交換出来ます(レートもそんなに悪くなかったです)。

何社かバスが出てますが、pluma社のバスが一番安かったです。

しかしそんなにボロくはありませんでしたが、他のバスの方が大きくて立派でした。

席は余裕があったので直前でも購買可能です。
















※サンパウロ→リオデジャネイロ

移動手段:バス

移動時間:6時間

料金:74.5レアル(約3200円)

メモ:サンパウロのバスターミナルはとても大きくてバス会社もたくさんありました。

でも、聞いた会社すべてセミカマ74.5レアルと統一料金でした。

ブラジルのバスはどこもグレードは高いので出発時間で選んで良いと思います。

(シートがフルフラットになるカマタイプは100レアルくらいでした)

時間も朝7:00くらいから夜12:00くらいまで毎時ありました。

ブラジルの長距離バスターミナルは近くにファベーラ(貧民街)

があって治安が悪いので、荷物をもってウロウロしない方がいい。















※リオデジャネイロ→ブエノスアイレス

移動手段:バス

移動時間:49時間(乗り継ぎ時間含む)

料金:365レアル(約15000円)

メモ:リオからブエノスアイレスまでの直通は『SOL』と『pluma』の2社。

俺はリオ→シウダーデルエステ+シウダーデルエステ→ブエノスアイレス

と別にした方が安かったので別々のチケットを購入。

結果、途中で「9時間も待つ」という苦行を受け丸2日以上かけることになりました。

『pluma』のバスは直通で375レアルだったので

時間あり余っている人以外はこちらを選びましょう。

また、シウダーデルエステまでのチケットを買って

シウダーデルエステで新たにブエノスアイレスまでのチケットを買う

というやり方が選べるバス会社もたくさんあったので

刻んで行った方がもっと安く行けたかもしれません。











っとまあ移動方法の情報を乗せたんですけど

ブラジル国内のバス(リオ⇔サンパウロは特に)は本数もたくさんあるので

カーニバルの時期でも当日に買うことが出来そうな雰囲気でした。


あと、ボリビアやパラグアイと比べるとグッとグレードが上がり

道もまっすぐな道が多いので大分快適になりました。

(車内は冷房ガンガンなので

夏でも厚手のパーカーなど着込むものを持って行きましょう)


また各社とも値段が決まっているのか、ほとんど会社別での値段の違いがなくなり

値引きがほぼ出来なくなっていました‥。











※今日の1曲
Perfume『レーザービーム』






俺は、『東急バス』より『VIPライナー(平成エンタープライズ)』の方が
好きだよっていうバスファンの方はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ブラジル | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラジルの総括

リアルタイムではアルゼンチンのエルカラファテにいます。

寒いので、UNIQLOのウルトラダウンを久々に引っ張り出したら

しわしわになってて、若干寂しい気持ちになった男、ダイスケです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆














今回は2/27~3/4の6日間いたブラジルで

かかったお金と総評をしたいと思います。












※かかった費用と物価



総額
6日間で791レアル → 日本円に直すと34013円

(5668円/1日 170040円/1か月に直すと)

移動費 19846円

ご飯 1417円

宿 11169円

アクティビティ(観光) 1546円

雑費 なし

(1レアル=43円で計算)

※この金額はだいたいの金額なので水とか細々した料金は

切り上げたり切り下げちゃったりしています。












こう見るとブラジルは6日間しかいなかったので

1日あたりのお金がどうしても高くなってしまいました。


でも、カーニバルのチケット代が30レアルだったり

リオで4300円の宿に2泊した割には結構抑えられたのではないかと思います。



しかも、ブラジルに6日間いて食費が1417円って

どんだけみみっちいご飯食べてたの?って感じですね(笑)



まあ、外食したら確実に1回1000円以上は飛んじゃうし

今まで電車やバスの公共料金が何十円って単位だったのにブラジルは約130円くらいと

全体の物価としては日本と同じくらいの印象を持ちました。



しかも、クオリティが料金に比例していない‥。




でも、安い宿は1000円くらいであるし(カーニバル期間を除く)

スーパーとかで安い食材を買って自炊すればかなり抑えることも可能かと思います。


だいたいの宿がキッチン付でしたし。






そんなわけで『物価の安さ』は★☆☆です。

(↑3段階評価です)



















※治安の良さ(人柄)



ブラジルは、外務省が渡航に注意が必要と思われる国や地域に発出している

「危険情報」にも、危険度レベル1の「十分注意して下さい」に指定されていて

治安が良いとは決していません。(特に都市部)



パラグアイからブラジルに来て街の雰囲気とかも圧倒的に悪くなりました。


ファベーラ(貧民街)という絶対に近づいては行けな地域が

セントロ近くにあったり、スリとかひったくりは日常茶飯事で

滞在中も日本人の知り合いがカーニバル会場近くで強盗にあいました。



でも、昼間に大通りを貴重品持たずまわりに気をつけて歩いていれば

いきなり暴漢に襲われるってことはさすがに無さそうでした。


なので最低限『夜出歩かない』『人気のないところに行かない』

『カメラを出しっぱなしにしない』などを気をつけていれば

強盗にあう可能性はグッと減ると思います。



また、多くのブラジル人は陽気で人懐っこいですし

サンパウロには大きな日本人街があるので

市民レベルでは日本人に対しても好感をもっていると感じました。



サンパウロで泊まった宿の人も

『日本人は騒がないしきれい好きだから好きだよ』って言っていました。



今回訪れたところが、大都市だったので比較的治安が悪めのところでしたが

もっと田舎の方に行っていれば

のどかで牧歌的なブラジルも味わえたのではないかと思いました。





そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★☆☆です。




















※ご飯のおいしさ



ブラジルに入って唯一行った外食が『すき家』なので大きなことは言えませんが

ボリビアやパラグアイに比べてグッとお肉率が増えました。



ブラジルの国民食である『シュハスコ』だったりと

野菜やお米よりお肉を好む趣向がありました。



また、街中にはピザやパスタのイタリアンのお店もたくさんあり

見た目も美味しそうなお店が多かったです。



外食した人に聞くと、そんなに不味いところはないが

値段の割には普通の味だったとの事です。


俺も、一度はレストランでお肉を食べたかったなっと思いました。



スーパーやメルカドでは野菜の代わりに果物コーナーの部分が大きくて

試食した感じ、果物はどれも美味しかったです。







そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★☆です。



















※景観の良さ



ブラジルはとても大きい国で、北にはアマゾンなどのジャングル

南東にはコパカバーナなどのビーチ、南西にはイグアスの滝

といった自然が数多くありますし

首都ブラジリアの近代的な建物やボニートという街にあるきれいな洞窟&川

世界遺産のサルバドールの街なみやレンソイスの湖なんていうのも

時間があれば行きたかったところです。



リオに新・世界七不思議のコルコバードのキリスト像もありますしね。




今回、訪れたのはサンパウロとリオなのでブラジルの大自然にはふれていませんが

建物もパラグアイに比べると南米っぽい感じがあり街歩きも楽しかったです。

(リオの街歩きはゴミがすごくて汚かったですけど‥)


都会の部分だったり、自然の部分だったりと

時間をかければもっと多くの絶景が見えたんじゃないかなっと思いました。







そんなわけで『景観の良さ』は★★☆です。




















※快適さ



今回訪れた時期は夏の雨季の時期で

サンパウロでは天気が悪くて、リオはものすごく暑かったです。


でも、暑いと言っても日差しが強いだけで日陰に入ると涼しく

日本のようにじめじめとした暑さはなかったです。


また、都市部は地下鉄も通っていてバスより分かりやすくて

旅行者にも使いやすかったですし

長距離バスもグッとグレードが上がって

ボリビアのボロバスと比べるとホテルのように感じました(笑)。


コンビニは見かけませんでしたが代わりに

『キオスク』と呼ばれる小売り商店が多くあり

24時間営業のところも多くありました(怖いので夜は行ってませんが)。



wifiも都市部の宿にはだいたい完備してあり

バスターミナルとか公共の場所にもフリーのwifiが飛んでいるところがありました。


でも、リオのローカルバスは手を挙げても止まらなかったり

市内なのに猛スピードで飛ばしたりとなるべくなら乗りたくないレベルに感じました。


ボリビア、パラグアイと比べると大分都会っぽくなって便利にはなりましたが

場所によっては汚かったり治安面に心配があったりと不満な点も多くあります。







そんなわけで『快適さ』は★★☆です。




















※総合評価


物価が高いと聞いていたので6日間しか日程に組み込んでませんでしたが

もっといろいろな場所に行きたかったなというのが正直な印象でした。


でも、物価は高いですし都市部には牧歌的な雰囲気もなかったので

一つのところに沈没するには(長くいるには)適さないかなと思いますし

街歩きしたり宿にいる時もどこか落着けないという感じもしました。



特にリオなんていうのはフィリピンのマニラに続いて

この旅では珍しく否定的なイメージを持った街になってしまいました

(だって見るとこないし、どこ行っても汚い&臭いんですもん)。


もちろん人によっては、ブラジル人の陽気さがハマって

楽しく滞在出来る人もいるかもしれませんが‥。







そんなわけで、『ブラジルの総合評価』は★☆☆です。

















俺は短い期間だったのでブラジルの良さを感じる前に出国してしまいましたが

大都市から大自然まで多くの面を見ることが出来

これからオリンピックやワールドカップが開催されるようになるので

是非、俺の分まで楽しんできてくださいm(__)m


ちなみに、引きこもりする人にはおススメできません。












※今日の1曲
奥華子『変わらないもの』






俺は、ブラジルといったら『アントニオ猪木』より『田中マルクス闘莉王』
を思い出すよって言うサッカーのファンはポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ブラジル | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リオからブエノスアイレスへバス移動‥

リアルタイムではアルゼンチンのエルカラファテにいます。

新しい街に着いて最初にやることと言ったら

近くのスーパーで値段チェックをする男、ダイスケです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










リオに来て3日目。



元々、ブラジルの物価は高い&広いのでバス移動も大変と聞いていたので

リオまで行ったら南下しようと考えてました。





ブラジルの大自然を堪能できる『アマゾン』だったり

地元の暮らしが体験できる『弓場農場』だったり

ベネズエラの『エンゼルフォール』だったりと行きたいところはたくさんありましたが

パタゴニアのシーズンの時間が迫っているので全部カーット!!






わざわざ、ビザまで取ってブラジルまで行ったのに

結局、1週間くらいしかいませんでした‥(-_-;)



と言うわけで、今日はリオからブエノスアイレスに長距離移動です。





チケットはリオに着いた時にバスターミナルで買いました。


リオからブエノスアイレスのバスは『pluma』ってところと

『sol』って会社が運行していて値段を聞くと

plumaが400レアル、solが415レアルでした。





でもsolの方がシウダーデルエステで乗り換えれば

365レアルになるっていうのでそっちのチケットを購入。





発券してもらって時間を見ると

出発がAM11:00で到着がAM10:00と書いてありました。





『24時間もかかるのかー』っと思っていたら、明後日のAM10:00との事‥


















えーーー、47時間もかかるのー!?



チケットを見たら



①、リオAM11:00発→シウダーデルエステAM7:00着。

②、シウダーデルエステPM4:00発→ブエノスアイレスAM10:00着。

でした‥。


乗換えの謎の9時間がありました。


値段も①が210レアル、②が155レアルと別々のチケットだったので

シウダーデルエステまで行ってそこから別のチケットを買った方が良かったのでは?





と思ったけど、それは後の祭りです‥。


ワッショイ ヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸 ワッショイ











そして、当日AM11:00発のバスだったので

余裕をもって1時間前のAM10:00に宿を出て歩いてたら

ことのほか遠くて10分前にバスターミナルに到着しました。





地図で見ると宿とそんなに離れてなかったのですが

歩くとなかなかの距離がありました。



汗だくでちょうど来たバスに乗り込みます。

P3051310.jpg

↑ 今回お世話になるバス。豪華2階立て。
















P3051311.jpg

↑ 車内もきれいでシートもがっつり倒れます

















バスの中もガラガラで隣も誰もいなかったので2つのシートを使って爆睡。

P3051312.jpg
















P3051313.jpg

↑ 途中、サンパウロを経由したり
















P3051316.jpg
















P3051317.jpg

↑ 味がそこそこの車内食を食べたりして時間を過ごします
















そして朝7:00、こんな時に限って遅れずシウダーデルエステに到着。





次に乗るバスは昼の4:00、9時間もまだ時間があります‥。





外に出歩く元気もないのでバスターミナルの中で

ブラジルのレアルからアルゼンチンのペソに両替したり

ブログを書いたりして時間を過ごします。

P3061320.jpg

↑ ここのソファーがふかふかで座りやすかった

















ブログを書いてたり、うたたねしてたら

思ったよりも早く時間は過ぎて4:00に来たバスに乗り込む。

P3061322.jpg

↑ 乗り換えのバスは少しボロくなってました

















途中、バス会社の倉庫みたいなところに止まったので

何でかなーっと思ったら食堂みたいなところでご飯が出てラッキー(*'▽')

P3061329.jpg

↑ 結構りっぱな食堂
















P3061330.jpg

↑ 魚のフライは見事にパサパサでしたが

パンがおかわり自由だったのでしこたま食べました♪

















そして、「これ以上寝れないだろ」ってくらい時間が経ったあと

ブエノスアイレスに無事到着。






世界一周6か国目です(メキシコ含まず)。

P3061331.jpg

↑ ブエノスアイレスの長距離バスターミナルは大きかったです
















P3061332.jpg

↑ めちゃめちゃたくさんのバス会社が入ってました
















P3071334.jpg

↑ インフォメーションで日本語の地図もゲット

















バスターミナルの近くは治安が悪いと聞いていたので

どこも立ち寄らず、すぐ地下鉄に乗って移動。
















P3071335.jpg

↑ 地下鉄一律3.5ペソ(35円)と激安

















着いた宿は、日本人の小川さん夫妻が経営している『日本旅館』。


漫画とか本がたくさんあって、とても落ち着ける宿でした。



ここで、ペンション園田にいた人に何人か再会しました。



この時期、リオのカーニバル終わりで南下してくる人が多いとの事。





荷物を置いてまだ15時ごろだったので出かけようと思っていたけど

寝ちゃってこの日はスーパーに買い物に行くだけに。

P3071338.jpg

↑ 歩いて3分でスーパーがありました
















P3071340.jpg

↑ ハムとかチーズとか美味しそう
















P3071339.jpg

↑ お菓子が350g6.5ペソ(65円)とめちゃ安かった。

しかも、右下に1kgあたりの料金も載っててどれが安いか一目瞭然。

グラム当たりの料金を計算して買い物をする、貧乏性の俺にとっては助かります。

ちなみにこの写真のお菓子は1kgあたり18.57ペソ(約190円)。

















そして、他の日本人がステーキやカレーライスを食べている隣で

ケチャップをかけただけのパスタをひもじく食べて

ここアルゼンチンで階差社会を思い知り初日が終わりました。









※使ったお金
ブラジル
・バス 365レアル
・お菓子+水 5レアル
アルゼンチン
・宿 90ペソ
・電車 3.5ペソ
・ご飯 20ペソ
(1レアル=約43円、1ペソ=約10円)











※今日の1曲
Aqua Timez『決意の朝に』






俺はアルゼンチンと言えば『メッシ 』より『ガブリエル・バティストゥータ 』
を思い出すよって言う30代の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ブラジル | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リオのカーニバル情報

リアルタイムではアルゼンチンのエルカラファテにいます。

ブエノスアイレスには結局2週間くらいいたんですが

気づいたら何もしていないことに気づいた残念な男、ダイスケです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

















3月2日から3月4日と足早にリオに滞在しカーニバルを見たわけですが

来る前ネットで情報をめちゃ調べました。




ブラジルは物価が高くて少ししかいないからこそ

カーニバルは年に一回で次来れるのはいつか分からないからこそ

他の旅行者の人達も失敗したくない気持ちで入念に調べていました。






そこで、力になれるか分かりませんが俺なりの知っている情報を書いて

来年からの参考に少しでもなればと思います。







-目次-

※日程
※会場について
※チケット
※宿について
※治安について
※物価について
※ベストな参加方法は?
※その他いろいろ





※日程


リオのカーニバルは5日からなり、1日目と2日目はBグループ。


3日目と4日目はチャンピオングループと呼ばれるAグループ。


5日目はまたBグループによって行われます。



また、次周の土曜日に上位6で行われるエキシビションパレードがあります。


会場はすべてセントラル駅前にあるサンボドロモの会場で行われます。

会場

↑ 黒い線のところ







ちなみに俺が泊まった宿は星印のところでした。激近い。


Wikipediaで調べるとカーニバル期間は4日間と書いてあるので

もしかして年によって日数が違うかもしれません。



もちろん、BグループよりAグループの方がグレードもチケット料金も高くて

両方見に行った人が言うには

「Aグループの方が山車も大きかったし衣装もきれいだった」と言ってました。



時間に余裕があれば、Aグループ2回見るより

Bグループ1回見て次にAグループを見る方が違いも分かっていいかと思います。


ちなみに2015年は2月14日~2月17日に行われるとの事。



同じ時期にウユニの雨季があるので出来る事なら

ウユニ→リオと移動するのが良いのではないかと思います。

(ウユニを3月だと水が少なくなっている可能性があるので)








※会場について

1から13の13個に分かれたセクターからなっています。

セクター表

↑ セクターの配置はこんな感じで左から右にパレードが進んでいきます







買えるセクターと買えないセクターがあって

セクター9が審査員の席なのでその近くが良いとか

偶数セクターより奇数セクターの方が良いとかいろいろありますが

行った感じ4から11セクターまではどこもそんなに変わらない印象を受けました。



流石に1から3セクターは始まったばかりで、近づいてくる様子が見えなかったり

12と13セクターは終わりなので若干ダンサーが疲れ気味だったり

去っていく後姿が見え辛かったりします。




特に12と13セクターは他のセクターより奥まっているので

(前に障がい者向けと思われる席が用意されている)、確実に遠く感じます。




ある程度、安くて近い席で見たいのであれば

セクター11が良いんじゃないかと思います。



あと、会場には一応瓶の持ち込みは禁止との事で

各セクター簡単なカバンチェックをしていました。

(でもセクター13はチェックなしでした。)



最初から最後まで見ると(21:00開始の6:00終わり、開場は17:00から)

長丁場になるので何か食べ物&飲み物を持って行った方がいいでしょう。


会場でも売ってるけど、クソ高いです。




また、17時から入場することが出来ますが

初めはそんなに人がいないので18時過ぎに行っても

余裕で1番前をゲットできると思います。







※チケット

皆さん気になるチケットは購入方法は大きく分けて下記の4パターンがあります。

①公式サイトで購入
②リオの旅行代理店で購入
③ダフ屋から購入
④日本の代理店から購入


俺は②と③を試みて料金の安かった③で購入しました。


①は割高になると聞いていたので見ていません(すいませんm(__)m)。




①について、リオにinするのが直前だったり

事前に確実にチケットを買いたいと言う人にはおススメです。

料金も書いてあるのでそれに納得して買えばいいですし。


でもネットで購入しても、チケットを代理店に取りに行ったら

『決済されてなかった』といって買えなかったという人もいるので要注意。




②について、リオ市内にある旅行代理店でカーニバルのチケットが買えます。

2日に当日チケットを買おうとすると3日目のチケットより高かったので

何日か前にリオinする人におススメです。


料金もネットで買うより安かった気がします。


リオのセントロのところにあるお店より

コパカバーナ海岸にあるお店の方が安いと聞きました。

(セクター11で2万円弱でした)




③について、当日会場近くに行くとダフ屋がたくさんいて

そこでチケットを買うことが出来ますが

セクター13と12の安いしチケットを売ってるダフ屋しか見ませんでした。

(探せばいたかもしれませんが‥)


俺はパレードが始まって安くなった時に

30レアルでセクター13のチケットを買いました。


ちなみにセクター13と12は電車の切符のような紙っぺらのチケットで

セクター11より前のチケットは首から下げるタイプだったので

偽物を買わないように気をつける必要あり。




④について、明らかに①から④の中で一番高いです。


でも、英語とかポルトガル語に自信が無かったり

高くてもいいから確実にチケットを買いたいという人には良いと思います。










※宿について

リオの宿はカーニバル中軒並み高くなり、節約パッカーには悩みの種です。


しかも、多くの宿で『最低○日宿泊しないといけない』

という悪魔のカーニバル縛りが実行されています。



俺が宿を予約したのは1週間前ですが、単発で泊まろうとすると(縛りなし)

ドミトリーでも5000円くらいから始まってました(+_+)

知り合いは、縛りが4泊ある宿に泊まっていましたが

1泊あたり3000円ちょいでそこそこ安く泊まれていました。



また、実際リオに行ってみるとネット予約をやっていない

安宿にベットの空きもあったりして

探せば予約なしで飛び込みで行っても安く泊まれることもあるかと思います。




安宿がある地域はセントロ東にあるグロリア地区に多くありましたが

その場合の宿のクオリティはかなり低いと思われるので注意が必要。



コンドミニアム式の宿に何人かでシェアして泊まっている人もいました。



確実にある程度の宿に泊まりたい人は

1か月くらい前にはネットで予約するのが良いと思います。










※治安について

カーニバル中は至る所にパトカーがいてある程度人がいるところでは

それほど治安が悪い印象はありませんでしたが

1本路地に入ると全く人がいなかったりと怖い感じがしました。



特に会場がある地域は治安が少し悪いところにあるため

(セントロ北にファベーラあり)

カーニバルへの行き来は電車やタクシーを使った方が良いと思いました。



比較的、コパカバーナとかの南の方が治安が良いみたいです。



気をつける事は

①、暗くなったらなるべく外に出ない
②、路地などを歩かず、大通りを歩く
③、カメラは出しっぱなしにしない。カバンに入れておき撮る時だけ出す。
④、パスポート、クレジットカード、大金を持ち歩かない
(俺はカメラと小銭だけ持って行きました)
⑤、まわりをよく見て、誰もいなくなる時を作らない。
警官がいるとこいるとこを歩く。


でも、カーニバルは夜に行われるので最後まで見ると

朝6時くらいになって明るくなるんですが、途中で帰ると

必然的に深夜に出歩くことになってしまいます。



地下鉄が24時間走っていますが

会場から地下鉄までのわずかな時間(5分から10分)でも

暴漢に襲われる可能性があるので、夜間はタクシーを使った方が確実です。



日本人が会場から地下鉄に行く少しの間に襲われたという話も聞きました。

(幸い何も取られなかったとの事ですが、何人か殴られたとの事)



実際22時ごろ外に出て大通りを歩きましたが

人が多く『ここで襲われるのか?』といった感じでしたので

人がいるから大丈夫だろうというのは通じないようです。










※物価について

物価が南米1高いと言われるブラジル。

特にパラグアイから来ると、全ての料金が倍になっている印象を受けます。



地下鉄も1回3レアル(約130円)するし

マクドナルドもビックマックのセットが30レアル(約1300円)してました。



食事も外で食べると軒並み1000円以上はします。



でも、その中でも我らが貧乏人の味方のスーパーは水が1レアル

お菓子1個2レアル~、量り売りのパン1個0.5レアルとそんなに高くなかったです。



俺は、朝は宿に付いてた朝食を夜はスーパーで買ったパンと

お菓子を食べていたのでそんなに高くつかなかったです。




会場近くの『サンタナ通り』にスーパーがあるので

カーニバル行く途中に買っていくのも良いと思います。









※ベストな参加方法は?

人によって、『金に糸目をつけないで行きたい』とか

『なるべくリーズナブルに見たい』とか楽しみ方があると思うので

あくまで俺がもう一度見に行くとしたらと前提で書きたいと思います。




・宿

一か月くらい前にネットで予約しておく。

縛りがある方が値段だったりクオリティだったりが良いので

滞在期間は1週間にしておく。



・チケット

リオに着いたら、まずコパカバーナにある代理店に行き

Aグループのチケットをセクター11(4~11だったらどこでもいい)が

一番安く売っているところで買う。


何枚かまとめて買うと値引きしてくれるので

ある程度知り合った日本人と一緒に買いに行きたいです。

(最悪、自分がリオ入り直前になってしまった場合人に

頼んで自分の分も一緒に買ってもらうのも可)。


Bグループのチケットを前日か前々日のカーニバルが始まってから

会場近くにいるダフ屋から購入する。

(カーニバル自体はBグループ1回、Aグループ1回見る)



・決勝当日

スーパーで飲み物と食べ物を買ってから18時ごろに会場入り。


一番前に陣取りカーニバル開始を待つ。


トイレなどで少しでも席を外すと取られてしまうので

何人かの日本人と一緒に行った方が便利だし楽しいと思う。



・帰り

明るくなっているなら歩いて帰ってもいいが(それでも徒歩5分圏内が好ましい)

暗い時間であれば迷わずタクシーを使って帰る。








※その他いろいろ

・カーニバル中は街の至る所で

ミニカーニバル(carnaval de rua)が、行われてました。


比較的大通りで開催していたので治安面は心配ない感じでしたが人が多いので

スリ等には気をつけた方が良いです。



・カーニバル中だからなのか、いつもなのか分かりませんが

とにかく街中汚いです。そして臭いです‥。


カーニバル明けの朝なんかはリアル北斗の拳状態でした。


なので、街歩きなんかしててもゴミとか匂いとかが気になって楽しめませんでした。


純粋にリオの街を楽しみたい方はカーニバル期間を外した方が良いと思います。



・仮装は街中だろうがレストランだろうが電車だろうがどこでしても問題ないです。


日本っぽいペイントだったり服装だったりしていくと周りの人から珍しがられるので

短期の人はハッピとか国旗を持ってきてもいいかも。



・カーニバルの時期は雨季なので、今回はたまたま雨降ってませんでしたが

例年雨が降ることが多いとの事です。


でも、雨も一日中降るわけじゃなくて

にわか雨のようにザーっと降ってすぐ止むらしいです。


なので、持ち物にカッパを入れておくとベスト。街中でも売ってました。








最後に参考にしたサイトの数々です。↓↓↓

大人の夏休み
ちょっとそこまで世界一周
格安海外旅行術 びんぼっ旅君








みなさんも、一生にそう何度も行かないであろうリオのカーニバル

事前に調べて楽しんできてください。











※今日の1曲
Lil'B『ありがとう』






俺は『リオのカーニバル』より『お笑いコンビのカーニバル』の方が好きだよ
っていうの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ブラジル | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショック!!キリスト像を見ようとしたら‥

リアルタイムではアルゼンチンのブエノスアイレスにいます。

結局、ブエノスアイレスに2週間近くいるのですが

最後の方は、宿に籠ってネットサーフィンしているだけの残念な男、ダイスケです。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆















カーニバルに続いて、今回はリオの街歩きの様子を書いてみたいと思います。


カーニバル情報は次回の記事で書きますのでこうご期待(?)。





リオデジャネイロと言って思い出すのところは

ビーチってことでコパカバーナ海岸に行ってきました。



どうやらリオのビーチは

サンフランシスコ、シドニーと並んで世界3大美港の1つらしい。





その美しすぎる(?)コパカバーナ海岸まで地下鉄で行くんですけど

この地下鉄の入り口が分かりづらい‥。



大通りから回って裏っかわにあったりと

『わざと分かりにくくしてるんじゃないですか?』と思うほど。

P2030791.jpg

↑ カーニバル中ってこともあって人が多かったです
















P2030792.jpg

↑ 改札には人件費の無駄じゃないかっていうくらい警備員がいます

















そして駅から降りてみると、ザ・観光地って感じでした。


P2030793.jpg
















P2030795.jpg

↑ 店先でバーベキューしてたり

半袖半パンのツーリストがいたりとリア充の人達がにぎわってました。

















そして3ブロックほど歩くと海岸が見えてきます。

P2030796.jpg
















P2030797.jpg
















P2030816.jpg

↑ 道端でイベントやってたり、店の前でバンドが演奏していたりと

これまたリア充な人たちがなにやら、楽しそうな感じだ。
















P2030809.jpg
















P2030810.jpg

↑ 民族衣装を着て踊ってるパフォーマーの人もいました
















P2030811.jpg

↑ こんなことまでしてドリンク飲みたいか?
















P2030798.jpg
















P2030807.jpg

↑ 海自体はそこまできれいじゃなかったですが

砂浜の方はゴミもあまりなくてきれいでした
















P2030799.jpg
















P2030800.jpg

↑ なにより海岸沿いに建っているホテル群の並んでる様が

リゾートっぽい気分にさせますね♪♪

















ブラジルのビーチってTバックとか、もしかしたらトップレスのお姉さんもいるかも

っと淡い期待を抱いて来てみたんですが

意外と恰好は普通でした(それでも日本よりは布面積小さいですが‥)。

P2030801.jpg
















P2030804.jpg
















P2030805.jpg
















P2030808.jpg
















P2030817.jpg
















P2030806.jpg

↑ 最後は小さい子供が好きな性癖の人向け(笑)

















面積の小さい水着を堪能したので、次の日はコルコバードのキリスト像を見に。

コルコバードのキリスト像

↑ テレビとかで見るこんな感じの像

















世界七不思議の1つでカーニバルと並んで

リオに来たら絶対に行ってみたと思ったところの一つ。





地球の歩き方に『午後は逆光になるので午前中に行った方が良い』

と書いてあったので、早めに宿を出ます。



電車とバスを乗り継いでコルコバードのふもとに着きます。



キリスト像までは登坂電車があり、それに乗って頂上に登るらしい。

P2030998.jpg

↑ 11:00ごろコルコバードの麓に到着

















あのテレビで見たキリスト像をやっとみることが出来る。



ドキドキが止まらねーぜ!!

P2040034.jpg

↑ 電車代(入場料含む)は50レアルと高いがそんなの関係ねえッス

















窓口で颯爽と『大人1枚だ!!』というと


受付:『予約はしてきてますか?』


俺:『してきてないですよ‥』


受付:『本日のチケットはすでに売り切れです』





















なにー!!









ま・真っ白に燃え尽きたぜ‥。



っと言うわけでコルコバード編終了のお知らせです(++)ゞ


まあ、帰りに山の上見たら見事に曇ってたからね。

P2040035.jpg

↑ 山の上だけ曇ってて見えない

















2000円以上出して曇ってる山登っても

全然楽しくないんだからね(っと強がってみる)。





俺が行ったのはカーニバル翌日だったので極端だったと思うけど

1,2時間待ったりすることもあるみたいだから

良い子のみんなは予約して行った方がすぐに乗れると思います。










やることなくなったので、市内観光に切り替え。


バスで市街地まで戻って歩きます。



セントロの東側に旧市街地があって、古い建物がたくさんありました。

P2040039.jpg
















P2040042.jpg
















P2040052.jpg
















P2040053.jpg
















P2040054.jpg
















P2040056.jpg
















P2040064.jpg


















少し歩くとメトロポリターナと呼ばれる円錐形な建物を発見。

P2040066.jpg

↑ これは、一見すると教会だとは分からないような

モダンな建築物ですが、れっきとした教会。
















P2040069.jpg
















P2040070.jpg

↑ 中に入るとステンドグラスがきれいでした


















メトロポリターナから少し歩くと、カラフルな階段があるエリアに。

P2040075.jpg
















P2040076.jpg
















P2040077.jpg
















P2040074.jpg

↑ ここの階段だけカラフルなタイルで出来ていてきれい





















最初の教会からこの階段のあるところまで

歩いて1時間くらいあるのでバスとかタクシーで行った方がいいかもです。
















P2040067.jpg

↑ 帰りにコルコバードの方を見たら、めちゃ晴れてました。ガーン(‼´Д`)



くそっ、キリスト像にカミナリ落ちろ(っと演技でもない事を言う)。
















※コルコバードの丘への行き方

地下鉄 Largo do Machado駅で下車。
駅横にあるバス停で422番か498番のバスに乗車。
バスの正面部分に『Corcovado』と書いてありました。
また乗る際、運転手に『Cristo Corcovado(クリスト・コルコバード)』
と言っておくと着いた時に教えてくれます。









※使ったお金
・ご飯 10レアル
・宿 100レアル
・電車+バス 12レアル
(1レアル=約43円)











※今日の1曲
BONNIE PINK『Last Kiss』






俺は、『リオデジャネイロのキリスト像』より『奈良の大仏』の方が好きだよ
っていうブッタLOVEの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ブラジル | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT