世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チリの総括

リアルタイムではペルーのプーノにいます。(5月9日現在)

これからクスコ→マチュピチュと南米観光の一大イベントを控えて

内心ドキドキワクワクな男、ダイスケです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


















今回は3/29~4/25の28日間いたチリで

かかったお金と総評を書いていきたいと思います。















※かかった費用と物価



・総額
28日間で301210チリペソ → 日本円に直すと55156円

(1969円/1日平均 61070円/仮に1か月間いたら)

移動費 13660円

ご飯 10952円

宿 28163円

アクティビティ(観光) 2380円

雑費 なし

(1円=5.5チリペソで計算)

・この金額はだいたいの金額なので水とか細々した料金は

切り上げたり切り下げちゃったりしています。












チリはアルゼンチンやブラジルに比べて基本的に物価は安かった気がします。
特にバスはアルゼンチンの半分から
3分の2くらいの料金で乗ることが出来ました。

例:
アルゼンチンではカラファテ→バリローチェ 29時間で約13000円
チリではプエルトモン→サンチアゴ 12時間で2000円
区間の違いとかグレードの違い(カラファテ→バリローチェ間はカマ)
とかはありますが、こう見ると圧倒的にチリの方が安いですね。

今思えばパタゴニアももっと早くチリ側に抜けて
バスで北上した方が良かったかなっと思います。

あとチリに来て何が高いって『宿代』です。
アルゼンチンでは探せば1000円以下の宿がたくさんあったんですが
チリはほとんど1000円超え‥。
アリカなんてネットで調べた最安が9000ペソの宿でしたから‥。
なのでチリでは1つの街でのんびりってことがあまり出来ず
もっとも長く泊まった宿も汐見荘の8泊でした。

あと、地味に高いのがATMの手数料と海鮮。
海鮮は日本で食べるよりもちろん安いんですが、自炊をしても400円前後
たまにせっかくだからと言って外食すると1000円くらいいっちゃいます。
スーパーで買うパンとかパスタとかは安定の安さでした。







そんなわけで『物価の安さ』は★★☆です。

(↑3段階評価です)

























※治安の良さ(人柄)


チリは南米の中でも治安が良い方だと思います。
比較的悪いと言われているバルパライソやサンチアゴなんかも
昼歩いた限りでは、全く危険を感じませんでした。
(俺がただ鈍感なのかもしれないですけど‥)

街の中にも貧民街らしい貧民街もありませんでしたし
危なっかしい人もあまり見かけませんでした。

道路も渡ろうとすると他の国ではクラクションを鳴らされ
車と車の間を縫って渡らないといけなかったのが
なんとチリに入ってから車の方が止まって渡らせてくれることが多々ありました。

でも、カラマと言う街で置き引きにあったり
イースター島で泥棒に入られたという人もいたので
そこは『南米の中では‥』という文言が必要になるかと思います。






そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★★☆です。
























※ご飯のおいしさ


チリと言えば海鮮。海鮮と言えばチリ(逆はそうでもないけど‥)。
っと言われるほどチリは海産物が有名です。
まあ、南北に細長くあれだけ海に面していればたいていどこ街でも港があって
そこで、海の市場もあるから新鮮な魚が買えるってもんです。

でも、野菜や肉と違って魚はあんまり切り身で売っていなかったので
捌く技術がある程度必要になります。
バックパッカー歴の長い人なんかは自炊のスキルももちろん高いのですが
そうでない人は料理がうまい人と一緒の宿にいると美味しい魚が食べれて得をします。
特にビーニャに汐見荘なんかはそうでした。

俺はそんなに魚は好物ではありませんでしたが
ビーニャで食べたアナゴ丼なんかはめちゃめちゃ美味しかったです。
あとアルゼンチン同様ワインも有名で美味しいらしく
(俺は飲めないから飲んでないですけど‥)
スーパーとか酒屋でチチャとかピスコなんかが安く売られてました。

あと、街で売られているパンとかホットドックも
安くて食費を抑えたいときには助かりました。









そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★★です。























※景観の良さ


チリは南北に細長い国で前には太平洋、後ろにはアンデス山脈
南に行けばパタゴニア、北部にはアタカマ砂漠と
いろいろな景観を楽しむことが出来ます。

俺は行かなかったけど、南部のパタゴニアからチリ側を北上する
アウストラル街道は世界一景観が良い道らしいし
俺が実際に訪れた場所だけでも、チロエ島の木造教会群や
バルパライソのストリートアート、サンチアゴの大聖堂やアタカマ砂漠の星空など
たくさんの思い出に残る箇所がありました。

また、チリには世界一周旅行者憧れの聖地イースター島があります。
LAN航空が空路を独占しているので往復6万円ほどかかってしまうが
(それでも日本から行くのを比べたら安いですけど)
行った人はもれなく『行って良かった』と言います。
世界一周旅行券を使用する人はこのイースター島に行くために
『ワンワールド』タイプを選ぶ人が多いそうです。

ただ、主な街は西側に多くだいたい似たような漁港の街になっているので
若干後半飽きてくることもあるかもしれません。









そんなわけで『景観の良さ』は★★☆です。
























※快適さ


チリはサンチアゴ以外は『都市』って感じがしなくて
『ちょっとした街』というのが多かった気がします。

なので歩いて回れるくらいの街なら小回りもきいて良かったのですが
少し広いところになるとコレクティーボやローカルバスなど
ちょっと初見では分かりにくい乗り物を利用しないといけなくて面倒でした。
(それが旅の醍醐味と言えばそれまでですが)

あと、宿もだいたいはきれいで観光に力を入れているためか
結構の割合で受付の人には英語が通じました。
スーパーも街に1つか2つあって安く自炊するのには困りませんでした。

気候は太陽が出ている時は暖かくて過ごし易いのですが
雨が降った時や日が落ちるとかなり冷え込んで
多くの宿で夜は布団に入ってないと寒いくらいでした。









そんなわけで『快適さ』は★★☆です。
























※総合評価


アルゼンチンからチリに入った時は、もっと物価が安くなるのかな
っと思っていたんですが、思ったよりはそんなに物は安くなってなくて
宿代なんかは逆に高くなっていました。

街もきれいで治安もあまり悪くないので
もっと宿代が安ければ長くいたかったなと思える国でした。

あと、海も近くどの街に行っても漁港や魚介類をメインにする食堂などが
あったので海鮮好きの人にはたまらないでしょう。
でも、海の水は冷たいのでそんなに海水浴しているビーチはありませんでした。

また、アウストラル街道など景観が良い道も多いので
チャリダー等の自然派の人にもお勧めです。
自分的にはブラジルやアルゼンチンよりちょっと物価は安いし治安も良いけど
宿代はそこそこするからバックパッカーには居づらいかなって印象が残りました。






そんなわけで、『チリの総合評価』は★★☆です。



















チリはご飯も美味しいし自然も多くあるので
南米回る際は足早に移動せず1つ1つの街を見て行ってください。
(俺も行ってないところが多くあるので
そこの場所はブログを見ても参考にはなりませんが‥)














※今日の1曲
Ken Yokoyama『Remember Me』






俺は、チリといったら『フェルナンド・ゴンサーレス』より
『イバン・サモラーノ』を思い出すよって言う
サッカーファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| チリ | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリの移動まとめ

リアルタイムではペルーのプーノにいます。(5月9日現在)

宿の受付のねーちゃんがいつもNARUTOを大音量で聞いているので

部屋にいても気になってしょうがない男、ダイスケです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















前回の移動まとめの記事で『プエルトモン』までの移動を書いたので

今回はプエルトモン(⇔チロエ島)→サンチアゴ→ビーニャデルマル

→ラ・セレナ→カラマ(⇔アタカマ)→アリカ

までのチリ編を書いて行きたいと思います。


※前回の記事 ↓

アルゼンチンの移動まとめ

















※プエルトモン⇔チロエ島(カストロまで)

移動手段:バス

会社:行き Via Bariloche
   帰り ETM

移動時間:3.5時間

料金:行き 6200チリペソ(約1240円)
   帰り 5500チリペソ(約1100円)

メモ:プエルトモンからチロエ島までのバスは毎時間走っているので
買ったらすぐ乗ることが出来ました。
途中、バスごと船に乗ったりと観光している気分を味わえる。
あと、料金は『Via Bariloche』より『ETM』の方が少し安いですが
本数自体は少なかったです。
カストロの手前にアンクーという街もありますが
そこまでなら2.5時間ほどで行けるそうです。

※チロエ島内の移動は下記ブログの記事を参考 ↓ ↓

チロエ島の教会巡り

















※プエルトモン→サンチアゴ

移動手段:バス

会社:Pullman Bus

移動時間:12時間

料金:10000チリペソ(約2000円)

メモ:プエルトモンからサンチアゴまでは多くのバスが走っていて
料金も8000ペソから1300ペソくらまでありました。
(カマタイプなど良い席を選ぶと高くなる‥)
特に8000ペソの会社は「プロモーション」とデカデカと
窓口に書いてあったので分かりやすかったのですが
俺は時間が経てばもっと下がるかもしれないと思い買い逃してしまったので
安いチケットがあったらすぐに買った方が良いかと思われます。

※買い逃してしまった時の記事 ↓
チロエ島からサンチアゴへ移動?海鮮に舌鼓

















※サンチアゴ→ビーニャデルマル

移動手段:バス

会社:Pullman Bus

移動時間:2時間

料金:2500チリペソ(約500円)

メモ:サンチアゴには4つバスターミナルがあり
俺は一番大きい『サンチアゴターミナル』で買いましたが
隣の『アラメダバスターミナル』の方がツーリスト向けできれいでした。
ビーニャ行のバスはたくさんあるので行ったらすぐに乗れます。
数社に聞きましたがどれも同じ値段でした。
(もっと探せば安いのがあるかもしれませんが‥)
また、バスターミナルにはみんな大好きゲームの筐体
(なんと1個の筐体にゲームが100種類以上入ってました)があって
1回200ペソで遊べるので、バスの待ち時間にプレイしてみましょう。


















※ビーニャデルマル→ラ・セレナ

移動手段:バス

会社:Romani

移動時間:7.5時間

料金:8000チリペソ(約1600円)

メモ:ビーニャからセレナまでは7.5時間なので夜行でも行けますが
深夜発なのでどこかで時間を潰さないといけないことになる。
ここのバスターミナルは椅子が少なく時間を潰すのには大変そうでした。
(俺は汐見荘のオーナーの方に事前に言って夜までいさせてくれました)
料金は8000から12000ペソくらいで安い8000ペソのところは
日にちが決まっていて毎日は走ってないようでした。
ちなみに安かった会社は『Pullman(同じPullmanでも窓口が複数あって
その中の一つだけ安かった)』『Romani』の2社。


















※ラ・セレナ→カラマ

移動手段:バス

会社:Romani

移動時間:15時間

料金:18000ペソ(約3600円)

メモ:セレナからカラマまではたくさんのバスが走っていて
朝発や昼発のものもありましたました。
大手のTur Busなんかは20000ペソくらい。
セレナのバスターミナルはセントロから少し離れているので
歩いていくと30分くらいかかります。
またターミナル内は寒いので長時間待つ場合は
隣のショッピングモールとかで時間を潰すといいでしょう。


















※カラマ⇔サンペドロ・アタカマ

移動手段:バス

会社:行き Tur Bus
   帰り ATACAMA

移動時間:2時間

料金:行き 2700ペソ
   帰り 2500ペソ

メモ:カラマには大きなバスターミナルと
それぞれのバス会社が独自で持っているターミナルとあります。
カラマで観光などせず経由するだけだったら
大きなバスターミナルに入っている会社だけを選んで乗った方が利便がいい。
特にアタカマからの帰りに時間の都合が良いからと選んでしまうと
独自のターミナルに着くことになる。
独自ターミナルを持っているバス会社は結構密集していて移動しやすいが
大きなバスターミナルは街の外れにあるので歩いていくと30分くらいかかる。
セントロには独自バスターミナルの方が近くて便利。


















※カラマ→アリカ

移動手段:バス

会社:Geminis

移動時間:9時間

料金:8000ペソ

メモ:カラマのバス会社は上記で書いた通り大きいものと
独自のものとあるので移動が面倒なら着いたターミナルで買うのが早い。
俺が聞いた限りだと全てのバスターミナルで
カラマ→アリカ間のバスは毎日運行していました。
大きいバスターミナルは街外れにあるが
中に小さなレストランがあり隣にスーパーもある。
独自のバスターミナルは待合室にベンチしかないが
セントロの近くで時間を潰すことが出来る。
俺が利用したGeminis社はトイレが無料で使えました。
またカラマは少し治安が悪いので
暗くなってからは荷物を持って歩かない方が良いらしいです。



















アルゼンチンでは移動距離が長い割にはあんまり移動していなかったんですが

チリでは小刻みに移動していました。

選ぶ判断基準は安くて夜行があるかどうか(笑)。

アルゼンチンやブラジルに比べたら同じくらいのグレードで

値段は安くなった感はありますが

ボリビアやペルーに比べるとまだまだ高く感じます。

平均的には1時間1000ペソ(約200円)くらい。

個人的にはボリビアのバスは安いけどボロい。

アルゼンチンのバスは高いけど豪華ってことで

間のチリのバスはセキュリティもボチボチしっかりしていて好きでした。

でもチリに入ってから車内食が出なくなったのが残念でなりません。
(もっとグレードの高いバスは出たのかもしれませんが‥)

あと、グレードはそんなに変わらないのに

バス会社によって料金が結構変わってくるので

時間に余裕があれば何社か聞いて比べた方がお得に利用できると思います。











※今日の1曲
MY SUMMER PLAN『Stay Fly』






俺は『バス』より『飛行機』の方が好きだよっていう
『マイル収集』癖のある人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チリ | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリ最北の街アリカからどこに行く?

リアルタイムではペルーのプーノにいます。

ボリビアからペルーに入ったら、街の雰囲気も変わってきたけど

ゲーセンのゲームは全く変わってないことに気づいた男、ダイスケです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















アリカに着いて2日目。


チリ最北の街アリカらさらに北上してペルーに抜けるべく

街のバスターミナルにやってきました。





最初チリ行きのバスを探したけど全然なくてインフォメーションで聞いたら

国際バスのターミナルはここじゃなくて隣にあるとの事。




そして、隣に行ったらあったけど、国内バスターミナルに比べて全然ボロい‥。

P2050454.jpg

















P2050458.jpg

↑ こちらが国内バスのターミナル
















P2050455.jpg
















P2050456.jpg

↑ でこちらが国際バスのターミナル

















なんだろこの違いは‥?


国際バスのターミナル方はほぼ野外だからねww



やっぱり、チリに比べて北部のペルーとかボリビアの方が栄えてないから

自然とバスも国際より国内の方がグレードが高いのかな?







ここでペルーのアレキパって街まで行こうとしたんですけど。

①、国境沿いのタクナまでコレクティーボで行って
タクナからアレキパまでバス。4000ペソ+30ソル。

②、アリカからダイレクトでアレキパまで。
(バス会社がタクシーを用意してタクナまで行きそこからはバス)19000ペソ。


日本円にして①は約1800円、②は約3470円。


断然①の方が良いね。


で、窓口を見てみるとラパス行のバスもたくさんあったので

一応値段を聞いてみると、なんと5000ペソ(約910円)との事。





ラパスには4か月前にボリビアinした際に半日しかいなかった街。


ラパスにもいっぱい見どころがあるので

ボリビアをoutする時にまた来ようと思っていた。





なのでバスも安いので今回は、アリカ→アレキパ→プーノじゃなくて

アリカ→ラパス→プーノ→クスコに行くことにしました。



ということでラパスまでのバスを5000ペソでゲット。






チケットも買ったので、ホテルに戻って朝ごはんを食べます。

P4251528.jpg


















P4251527.jpg

↑ フルーツもあって久々に豪華な朝ごはん

















そしてバスの出発時間は夜の11:30なのでそれまで時間潰し。


荷物は宿に置かせてもらって、またセントロへ。





観光はこの前したので今回は完全な時間潰し。


アリカの街は大きいフードコートが見つからなかったので

いつもの『注文もしてないのにこっそりブログを書く』作戦は使わず

マクドナルドに行って『マックフルーリーのみでブログを書く』作戦に

切り替えることにしました。

P2050461.jpg

↑ 久々に食べたマックフルーリーは美味かったです

















5時間くらいマックで時間を潰した後(マクドナルドさんすいません)

宿に荷物を取りに行ってバスターミナルへ。




国際バスターミナルは、ほぼ野外でクソ寒なので

国内バスターミナルの方でさらに2時間くらい時間を潰します。

P2050465.jpg

↑ お腹が減ったのでバスターミナル前にあったハンバーガー屋で晩ご飯
















時間になったので、国際バスターミナルの方に行くと

浅黒いインドヘナのおばちゃんばっかりいました。

P2050466.jpg

↑ 今回お世話になったcontinente srl社のバス
















P4261529.jpg

↑ 安い割には中はきれいでした
















P4261530.jpg

↑ 2階の一番前だったので景色も見えるし足も伸ばせる♪

















っと思ったのも束の間

フロントガラスに近いからめちゃくちゃ寒かったです‥。


しかも、朝早くはチリ→ボリビア間の国境が開いていないためか

国境近くの何もないところで5時間も足止めくらっちゃいました‥。





チケット買う時にアリカ→ラパスは距離的には7時間くらいなのに

出発24:00→到着12:00っておかしいと思ったんだよなー(-_-;)








そして、朝9:00ごろ国境が開いて出国&入国も簡単に終了。

P4261531.jpg

↑ 他にも国境待ちの人がたくさんいました
















ちなみに今回も前回もボリビア入る時には

イエローカードの提示は求められませんでした。

P4261532.jpg

↑ 景色はやたら良い国境沿い‥
















P4261535.jpg

↑ そのあとは何もない道をひたすら進みます
































P4271542.jpg

↑ そして、12時ごろラパスのすり鉢状の街が見えてきました

















この頃になると3500m以上の高所のため、高山病の症状が‥。



でも、前回に比べたら2度目だからか少し軽く

息苦しくなって頭がボーっとする程度でした。





そして、予定より2時間遅れて14:00にラパスに到着。

P2050467.jpg

↑ 懐かしいバスターミナル
















P4271543.jpg

↑ 懐かしいインドヘナのおばちゃん

















まだちょっと頭がボーっとしていたので

1時間くらいバスターミナルで休んでから宿へ。

P2050469.jpg

↑ チリやアルゼンチンといった街より明らかにゴミゴミしてきてました

















明日はラパスでの楽しみの1つである

おばちゃんプロレス、通称『おばプロ』がやる日。


ちゃんと見えるか心配だけど楽しみだー!!









※使ったお金
・ご飯 2400ペソ
・宿 9000ペソ
・バス 5000ペソ
(1円=約5ペソ)











※今日の1曲
SHAKA LABBITS『MONSTER TREE』






俺は、『おばプロ』より『JWP女子プロレス』の方が好きだな
っていう『女子プロレス』ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チリ | 19:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT