世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1年間にかかったお金を大公開!!

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


今朝2度寝してしまい宿の朝食(無料)を食べ逃して

いまだショックを隠しきれないでいる男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ブラショフ観光』について書いたので

今回はその続き『ベオグラードへの移動』について書いていこうと思ったんですが


この前日本を出て2年経ち、ちょうどお金の計算をしていたので

今日は『祝・丸2年!この1年でかかったお金を大発表』の回にしたいと思います!!





みんな『小泉今日子、二階堂ふみと母娘役で初共演

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(最近、宮崎あおいから二階堂ふみにシフトしている俺なのです)


※前回の記事 ↓↓
・ぶらぶらブラショフ
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

















上でも書いたんですが、今回は“旅してゴメン”緊急企画

『この1年でかかったお金大発表』スペシャルなのであります!!

(・ω・ノノ゛☆パチパチパチパチ~♪♪








日本出るときは『長くて2年かなー』なんて言ってたけど

2年経った今、まだ3分の2くらいしか進んでません。



キャプチャ1

















キャプチャ2

↑ 星印のところが行ったところなんだけど、アフリカとか北米とか全然行ってないし…。

『まあ旅の形は人それぞれだし』っととりあえず言ってごまかしておこう。



















お金の計算は1年前にもしたんですが

その時はfacebookにだけ書いて、ブログには書いてなかったので

今回はちゃんとブログにも載せようってことでやってみました。




振り返ってみたらブログでも228日時点っていう中途半端な時期にやってました…。

※その時の記事 ↓↓
・世界一周でかかったお金!!(228日時点)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-220.html








ちなみに今回の期間は2014年11月2日から2015年11月1日のちょうど1年間とし

航空券や保険で保証となる薬代やパスポート発行代も全部含めて

とりあえず払った料金全部にしてみました。

(日本で準備したお金や、月々の保険代は含みません)











※航空券代  6万3125円

12月9日 モロッコ(カサブランカ) → エジプト(カイロ) 2万8935円
4月19日 イスラエル(テルアビブ) → ポーランド(カトヴィツェ) 1万2460円
10月28日 トルコ(イスタンブール) → イギリス(ロンドン) 2万1730円


メモ:モロッコ→エジプト間はLCCが飛んでないので距離の割には結構高いです。
テルアビブは安い航空券が多いので中東から出るときはイスラエルからが良い
(スタンプだったり、入国がめんどくさいっていう問題はあるけど…)
イギリスに入るときは本当は1万円くらいで行けたんだけど
治験のスケジュールが早まり日程変更したので高くなりました



















※モロッコ 11月2日~12月9日 38日間

・宿代 2万5374円
・食事代 6054円
・移動費 8663円
・観光費 0円
・雑費 492円

合計 4万583円 (1068円/1日あたり)


メモ:モロッコは宿代が思ったよりも高いですが
大体のところがシングルだったので快適でした。




















※エジプト 12月10日~4月1日 113日間

・宿代 4万229円
・食事代 2万4877円
・移動費 2661円
・観光費 1180円
・雑費 5180円

合計 7万4129円 (656円/1日あたり)


メモ:振り返ってみると物価の割には食費が高かった。
これは毎日シェア飯でガッツリ食ってたからだろう。



















※ヨルダン 4月2日~4月15日 14日間

・宿代 8335円
・食事代 3805円
・移動費 6820円
・観光費 6774円
・雑費 0円

合計 2万5698円 (1835円/1日あたり)


メモ:14日しかいなかったのにぺトラと死海に行ったら観光費が高くなった。
昼のぺトラに行ったらもっとしていただろう…。



















※イスラエル 4月15日~4月19日 5日間

・宿代 8017円
・食事代 1512円
・移動費 4792円
・観光費 0円
・雑費 3206円

合計 1万7514円 (3502円/1日あたり)


メモ:宿泊費と移動費がとにかく高かった。
食費はイブ爺さんの宿に泊まったりしていたので安くすんだ。



















※ポーランド 4月20日~5月6日 17日間

・宿代 1万2505円
・食事代 2504円
・移動費 4351円
・観光費 0円
・雑費 2056円

合計 2万3449円 (1379円/1日あたり)


メモ:ポーランドは野菜とかソーセージが安くて、自炊していたら
1日あたりの食費が150円以下とめちゃめちゃ安く収まった。



















※チェコ 5月6日~5月30日 25日間

・宿代 2万25円
・食事代 5145円
・移動費 8823円
・観光費 902円
・雑費 0円

合計 3万4914円 (1396円/1日あたり)


メモ:チェスキーとかクトナーホラとか細かく回っていたので
移動費がちょっと高くなってしまった。



















※ハンガリー 5月30日~6月23日 25日間

・宿代 2万830円
・食事代 5062円
・移動費 844円
・観光費 0円
・雑費 224円

合計 2万6958円 (1078円/1日あたり)


メモ:物価の割には宿代が高かった。
その代わりブダペストにしか行ってないので移動費は安くすんだ。



















※スロヴァキア 6月23日~6月26日 4日間

・宿代 5523円
・食事代 2168円
・移動費 897円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 8589円 (2147円/1日あたり)


メモ:スロヴァキアも宿代が高かった。
地方の町に行くともっと高くなる傾向があった…。



















※ウクライナ 6月26日~9月23日 90日間

・宿代 3万240円
・食事代 15875円
・移動費 5887円
・観光費 57円
・雑費 11496円

合計 6万4504円 (716円/1日あたり)


メモ:ウクライナ物価めちゃめちゃ安い。
パスポート再発行代の1万1千円があってこの料金とは驚き!!



















※モルドバ 9月23日~9月25日 3日間

・宿代 1791円
・食事代 274円
・移動費 1648円
・観光費 0円
・雑費 239円

合計 3954円 (1318円/1日あたり)


メモ:基本物価は安いんだけど、宿代がどこも1000円近くする…。
ちなみに雑費は床屋代の40レイのみ(笑)



















※ルーマニア 9月26日~10月4日 9日間

・宿代 6300円
・食事代 1865円
・移動費 4174円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 1万2340円 (1371円/1日あたり)


メモ:ルーマニアは広いので移動に結構お金が掛かった。
どこも宿にキッチンがあり自炊が出来たので食費は安い。



















※セルビア 10月5日~10月7日 3日間

・宿代 1667円
・食事代 752円
・移動費 4292円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 6711円 (2237円/1日あたり)


メモ:ベオグラードからザグレブまでの夜行バスが思ったより高かった。
しかも荷物代で1ユーロ取られた…。



















※クロアチア 10月8日~10月13日 6日間

・宿代 4491円
・食事代 1215円
・移動費 6495円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 1万2202円 (2033円/1日あたり)


メモ:夜行をバスを2回使ったから宿代は節約できたが、その分移動費が高くなった。
物価は安くないがスーパーとかに行けばそれほど高くない。



















※ボスニア 10月14日~10月15日 2日間

・宿代 694円
・食事代 673円
・移動費 4116円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 5462円 (2731円/1日あたり)


メモ:旧ユーゴ圏はバスより列車の方が安いんだけど、俺が行った時は
列車が何故か運行してなくてバスで移動することになり、移動費が高くなった。



















※モンテネグロ 10月16日~10月17日 2日間

・宿代 1559円
・食事代 528円
・移動費 2237円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 4324円 (2162円/1日あたり)


メモ:2日目は夜行のバスに乗ったので実質1泊のみだったが
宿代が高くて1泊1500円以上した…。



















※コソボ 10月18日~10月19日 2日間

・宿代 1220円
・食事代 230円
・移動費 2168円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 3619円 (1809円/1日あたり)


メモ:宿にキッチンがなくてパンとお菓子で過ごしたら、逆に食費が安くすんだ。
パンは1個0.2ユーロ~と安かった。


















※アルバニア 10月20日~10月21日 2日間

・宿代 974円
・食事代 142円
・移動費 1765円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 2882円 (1441円/1日あたり)


メモ:アルバニアは朝食付きの宿だったし
夕食は余っていたパスタを使ったので食費が驚異の142円!



















※マケドニア 10月21日~10月24日 4日間

・宿代 3035円
・食事代 1618円
・移動費 3325円
・観光費 0円
・雑費 1339円

合計 1万657円 (2664円/1日あたり)


メモ:マケドニアは旧ユーゴ圏の中でも物価が安い方だった。
靴に穴が開いていたので新しい靴を購入した。



















※ブルガリア 10月25日 1日のみ

・宿代 0円
・食事代 68円
・移動費 2736円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 2941円 (2941円/1日あたり)


メモ:ブルガリアは0泊2日の強行日程。
しかもマケドニアで買ったお菓子で過ごしたので、移動費以外ほぼかかっていない…。



















※トルコ 10月26日~10月27日 2日間

・宿代 910円
・食事代 517円
・移動費 682円
・観光費 0円
・雑費 103円

合計 2213円 (1106円/1日あたり)


メモ:空港までバス1本で行くことができたので移動費が安くすんだ。
ちなみに食費の400円分は1年ぶりのマック代です。



















※イギリス 10月28日~11月1日までの5日間

・宿代 9898円
・食事代 1793円
・移動費 4493円
・観光費 0円
・雑費 373円

合計 1万6557円 (3311円/1日あたり)


メモ:さすがのロンドン!まだ5日しかいないのに1万6千円超え!!
1泊すれば2千円で電車に乗ったら500円くらいするのでマッハでお金がなくなります(つд;*)



















※総合計 46万3325円

1日あたり 1269円


注:旅行当時のレートだったり、メモ帳を元に計算しているので
多少違うところはあるかもしれませんが、そこら辺は広い心で許してください(;´Д`A














出ました、衝撃の46万円台!!



計算してみて自分でもビックリΣ(゚д゚lll)


1年で100万円とかの次元じゃない、50万すら切ってるからね。


まあこの1年はエジプトに4ヶ月、ウクライナに3ヶ月と
世界でも屈指の物価の安い国に沈没してたのが効きました。

この2カ国だけで半年以上過ごしてますから…。


俺の場合、観光もお金のかかるところはほとんど行かないし、外食もしないので、
もう旅とかじゃなくて、沈没しやすい場所を探す旅といった感じに思えなくもない…。

(まあ日本にいた時も、家で漫画読んでたり、スーパーで豆腐買って食べてたりしてたから
あんまり変わってないといえば変わってないけど…)





ちなみに2013年11月2日から2014年11月1日の1年間にかかったお金は

96万9046円なので


この2年間で使ったお金の合計は143万2371円でした。



ってか、最初の1年はフィリピンで語学学校行ったり
南米でウユニとかカーニバルを見たりしたから結構お金かかってるな。






残りはトルコからイラン、中央アジア、インド、東南アジアって
通って帰るだけだからそんなにお金かかんないかな??


それとも、タイあたりで豪遊しちゃって散財するかもねー。

ゴーゴーバーにハマっちゃうかもねーO(≧▽≦)O













※今日の1曲
Suck a Stew Dry 『僕らの自分戦争』






俺は『節約』なんかするより『豪遊』しちゃうぜ
っていうの『ギャンブラー』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 情報のまとめ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿を予約するだけで14ドルもらえる方法を発見!!

この度“コント芸日本一”を決める


『キングオブコント2014』の決勝進出10組が決定!

今年こそはラバーガールに優勝して欲しいと願っている男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















今日は旅行中の出来事や街歩きの記事ではなく

お得な情報を見つけたので、皆さんに紹介したいと思います。





日本人で長期旅行に出ている人は、ほとんど会社を辞めているか

学生などで休学してきている人など、だと思います。




つまり、収入がないわけで旅に出ている間、貯金が減るだけの毎日‥。


そういった中で、なるべく長く旅をするために日々やりたい事、行きたいところと

自分の予算とを相談して生活しているのです。







特に節約バックパッカーにとって大きな支出を占めているのが

宿泊費と移動費。





移動するのにも

航空会社のサイトで『いつチケットを買ったらいいか』にらめっこしたり

バスターミナルの窓口で現地の人相手に苦労して値切ったり

泊まる宿探す場合も

宿泊サイトで『どこの宿が安くて移動しやすいか』と悩んでみたり

この2つに多くの時間と労力を費やしているところです。




しかし、『宿をHPから予約するだけで1回につき14ドルもらえるとしたら』!!










そんなわけないでしょーっと思っているあなた。



これは、エイプリルフールで芸能人がつくくだらない冗談や

アメリカンホームコメディでよくあるウィットにとんだジョークでもありません。





HPで宿を予約してその宿に泊まるだけで14ドルのキャッシュバック

を受ける事が出来るのです。




もう、実質タダで泊まるというか

14ドル以下の宿の場合はむしろ儲かります!!









この情報は寝太郎さんのブログで紹介されてたもので

Topcashbackっというサイトを経由して

Booking.comで宿を予約する事でキャッシュバックを受けれるというものらしい。



※10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ
バックパッカーに朗報。宿を予約するたびに14ドルのキャッシュバックを受ける方法











利用の仕方はというと

①、Topcashbackにログインする

キャッシュバック1

最初は右側に名前、メールアドレスを入力するだけ
あとで、自分のメールアドレスに完了メールが届くので
その時、パスワードを決めます。
次からは右上のMember loginのところから入ります。



②、Accomodationの項目の中のBooking.comを選択する

キャッシュバック2

ログイン後にTravelの箇所にカーソルをあわせて
Accomodationという言葉をクリック。
その後、Booking.comの項目が出てくるので、Cashbaakと書かれているところをクリック。



③、Booking.comで宿を申し込む

キャッシュバック3

その後、Booking.comのサイトに飛ぶので、通常どおり宿を予約しましょう。







これだけです。

特にBooking.comのサイトに飛んでからは、普通に予約するだけなので

初回登録したあとはTopcashbackのサイトに始めに行くだけでOK。




試しに俺もボゴタで1泊10ドルの宿を上のやり方で予約してみました。



そして、しばらくするとTopcashbackから予約が確認できたことを表すメールが届き

TopcashbackのAccountページを見てみると14ドルの表示がされました。

キャッシュバック4







キャッシュバック












10ドルの宿を予約して14ドルもらったら、4ドルの儲けです。



こんな美味い話があっていいのでしょうか?




『余命1か月の私の遺産を受け取って下さい』

っと言うような突然来たメールでさえ、返信しても実際は受け取ることが出来ません。









また支払いは、実際に滞在したことが確認された後、しばらくかかるそうで

キャッシュバック方法は銀行振り込み、Paypal、Amazon.comギフトカード

などで受け取りが可能らしいです。



でも実際は海外サイトなので銀行振り込みではなく『Paypal』になると思います。










あと、1回の予約で何泊しても1回とカウントされるため

14ドルのみのキャッシュバックになります。



試してはないですが、同じ宿を何回かに分けて予約すれば

その回数×14ドルがもらえると思います。








ネタ元の寝太郎さんもまだ始めたばかりで

実際キャッシュバックは受けてないらしいので

少し眉唾ではありますが試してみる価値はあります。
(topcashbackは昔からやってるサイトみたいですが)









もちろん、その後宿に行ってみたら普通に予約されていたので

最初っからBooking.comのサイトを使う人にとっては全くのノーリスクです!!











期間限定のキャッシュバックキャンペーンの可能性も大きいですが

この方法を利用している限り

『実質14ドル以下の宿は無料』という夢のような無限サイクルが(゚д゚)!





1泊1万円以上のホテルに泊まる人にとっては14%以下のキャッシュバックですが

バックパッカーなどの安い宿に泊まれば泊まる人ほど

たくさんの恩恵が受けれるキャンペーンと言えます。






これからヨーロッパでサイトを活用して宿を予約していこうと考えていたので

キャンペーン中はこの方法を利用していきたいと思います。



また、別途情報があれば報告していきます。







※Topcashbackのサイト登録は以下のリンクから ↓↓
topcashbackの登録

なんと紹介者と登録者、両方に10ドルもらえます!!














※9月13日追記
ネットでtopcashbackの払い戻し方法をネットで探していたら
『イギリス国内に在住している人しかキャッシュバックが出来ない』
という記事を見つけました。

※こちらのサイトを参照 ↓↓
・イギリスのキャッシュバックサイト、Top Cash BackとQuidco
http://kjshintani.com/?p=74

実際この方はアカウントを削除されてしまったそうです。
だからと言って、イギリスの住所を登録して
払い戻しも出来るかどうか疑問です‥。
と言うわけで、タダで宿に泊まってなおかつお金も貰っちゃおう計画は
早くも頓挫してしまいました‥。
まだ、俺もアカウントは残っているので
今後利用を続けれるか引き続き試していきたいと思います。
また『quidco』というキャッシュバックサイトは
エクスペディア14%、Hotels.com10%、Booking.com4%の
キャッシュバックはやってるそうですが、14ドルの魅力には負けますね‥。
(quidcoのサイトは無事キャッシュバック出来たとの事です)

※quidcoのサイト
http://www.quidco.com/













※今日の1曲
東京カランコロン 『少女ジャンプ』






今日は珍しくパン屋やゲーセンの話じゃないんだなって
感心した人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 情報のまとめ | 06:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一周で必要な荷物!!

この前TVで見た『シルシルミシルさんデー』でやってた


『サラダパン』っというパンが無性に食べたいので

誰かペルーに送ってくれないかなぁっと思っている男、ダイスケです。

サラダパン

↑ こういうパン






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















前回の記事から2週間以上も空いてしまいました‥。

『旅してゴメン!』ブログファンの人、心配かけてすいませんm(__)m


まあ、そんな奇特な人いないから無問題ですけどね(笑)




っと、一通り自虐ネタで盛り上がった(?)ところで今回の記事へGo!!











最近は、宿でW杯を見てネットで動画(エロ系じゃないよ)を見て

全く分からないスペイン語版の映画をTVで見たりしてっていう

生活を相変わらずしているので、ネタが全然ありません‥。




『自宅警備員』並に外に出ていませんから‥。







なので今回も前回に引き続き、『まとめ編』を書いていきたいと思います。

















この前は『お金』の事だったんですが、今回は『持ち物』についてです。



持ち物も、世界一周する前は『いったいどんなものを持って行ったらいいんだろ?』

『着替えは何日分いるんだろ?』って悩んでました。





海外に旅慣れている人や以前にバックパッカーをした人だったら

何となく、いる物といらない物が分かっていたかもしれませんが

俺は海外バックパックが初めてだったので

ネットで行った人のブログなどを読んで情報を集めていました。





でも、実際行ってみると『便利だよ』って言われていたものが

俺にとっては要らなかったり

逆に『要らないかも』って言われていたのもが必要だったりしました。
(男の人と女の人とでも違うしね‥)





まあ海外でも大体のものが手に入るんですが

日本の物の方が性能が良かったりするので

なるべく日本で用意できるものは用意したいところ‥。





でも、本当に何が必要なのかどうかっていうのは

その時になってみないと分からないもので、これが難しい‥。

(南米でユニクロ素材の服が欲しくなったり
100円均一クオリティーの小物が欲しくなったりとか。)





人によって、日本のお土産だったり調味料を大量に持ってたり

寒いところに行かないので夏服だけでめちゃ軽装だったり

っと、それぞれ旅の仕方があるので

一概に人が持っている物を用意すればいいというものではありませんが

俺が実際に日本から持ってきた物と7か月ちょい経過して

今でも持っている物を書いていきたいと思います。


















◆日本から持って行った物


※貴重品系

パスポート
海外運転免許証
海外保険証
日本の免許証  (海外で運転する時にいるという噂?)
クレジットカード  (×2枚)
国際キャッシュカード  (×1枚)
証明写真  (×4枚)
パスポートのコピー  (×3枚)
緊急連絡先リスト  (×3枚)
財布





※カバン系

メインバック
サブバック
ボディバック
レインカバー





※洗濯+洗面系

洗濯ロープ
折りたたみバケツ  →日本に送り返した
トイレットペーパー  →使い切って新たに現地で購入
ポケットティッシュ  →使い切った
ウェットティッシュ  →使い切った
歯磨き粉&歯ブラシ
ヘアゴム





※医療系

酔い止め  →使い切って新たに現地で購入
ビタミン剤
ポカリの粉末  →使い切った
正露丸
プッシュ蚊取り
風邪くすり  →使い切って新たに現地で購入
目薬
虫刺され薬
虫よけ  (塗るタイプ)
マスク  →使い切った
バンドエイド
シャンプー&トリートメント  →使い切った
日焼け止め





※電子系

PC+充電器
スマホ+充電コード
SDカード  (×3)  →1つはクスコで盗られる‥
イヤホン
防水カメラ+充電コード  →カメラはクスコで盗られて充電コードは送り返した
一眼レフカメラ+充電器
カメラ用ブロアー  (空気で掃除するやつ)
急速充電
延長コード
パソコンカバー
外付けHDD
世界共通プラグ
Bluetoothマウス  →日本に送り返した
乾電池  (単3と単4共に×4)  →単3電池は日本に送り返した
電子辞書  →日本に送り返した
iPod nano





※衣料系(着ている服も含める)

下着  (×4枚)
靴下  (×3足)
Tシャツ  (×3枚)
ロンT  (×2枚)  →2枚とも日本に送り返した
パーカー  (×1着)
短パン  (×1本)  →日本に送り返した
チノパン  (×2本)  →1本日本に送り返した
ニット帽
サンダル  (×1足)
ユニクロのダウンジャケット  (×1着)
スニーカー  (×1足)
水着  (×1枚)
ヒートテックの上下  (×1セット)





※その他

懐中電灯  (頭に付けれるタイプ)
ダイヤル式の南京錠  (×2個)
ワイヤーロック  (自転車用のタイプ)
腕時計
メモ帳
ボールペン
ガムテープ  →使い切った
圧縮袋  (×2枚)
スイムタオル
カミソリ  (ヒゲ剃り用)
爪切り
毛抜き
小さいはさみ  →無くなった
カラビナ  (×1個)
ジップロック  (×3個)
耳栓  →日本に送り返した
名刺  →日本に送り返した
寝袋
折り畳み傘  →壊れたので捨てた

おまもり
裁縫セット
醤油  →使い切った
ナイフ  →日本に送り返した
洗剤
旅の指さし会話帳  (タガログ語&スペイン語)  →タガログ語は送り返した
ダイビングの免許カード
ズボンのベルト
整髪料  →使い切った
リップクリーム
ビニール袋  (×3個)
S字フック  (×1個)


















◆現在持っている物


※貴重品系
パスポート
海外運転免許証
海外保険証
日本の免許証
クレジットカード  (×2枚)
国際キャッシュカード  (×1枚)
証明写真  (×3枚)
パスポートのコピー  (×3枚)
緊急連絡先リスト  (×3枚)
財布





※カバン系

メインバック
サブバック
ボディバック
レインカバー





※洗濯+洗面系

洗濯ロープ
トイレットペーパー
歯磨き粉&歯ブラシ
ヘアゴム





※医療系

酔い止め
ビタミン剤
正露丸
プッシュ蚊取り
風邪くすり
目薬
虫刺され薬
虫よけ  (塗るタイプ)
バンドエイド
日焼け止め





※電子系

PC+充電器
スマホ+充電コード
SDカード  (×2枚)
イヤホン
一眼レフカメラ+充電器
カメラ用ブロアー  (空気で掃除するやつ)
急速充電
延長コード
パソコンカバー
外付けHDD
世界共通プラグ
乾電池  (単4×4本)
iPod nano





※衣料系(着ている服も含める)

下着  (×4枚)
靴下  (×3枚)
Tシャツ  (×3枚)
パーカー  (×1着)
チノパン  (×1本)
ニット帽
サンダル  (×1足)
ユニクロのダウンジャケット  (×1着)
スニーカー  (×1足)
水着  (×1枚)
ヒートテックの上下  (×1セット)





※その他

懐中電灯  (頭に付けれるタイプ)
ダイヤル式の南京錠  (×2個)
ワイヤーロック  (自転車用のタイプ)
腕時計
メモ帳
ボールペン
圧縮袋  (×2枚)
スイムタオル
カミソリ  (ヒゲ剃り用)
爪切り
毛抜き
カラビナ  (×1個)
ジップロック  (×3個)
寝袋

おまもり
裁縫セット
洗剤
旅の指さし会話帳  (スペイン語版)
ダイビングの免許カード
ズボンのベルト
リップクリーム
ビニール袋  (×3個)
S字フック  (×1個)





※追加で買った物

サングラス
寝る時用のジャージ上下 (×1セット)
ライター
PCのマウス  (有線タイプ)


















他の旅行者の人も言ってたけど洋服はそんなに要らないですね。


短パンなんて1回も穿かずに送り返しましたから‥。


あとは名刺なんですけど、最初の方は頑張って会ったみんなに渡してたが

そんなに他に持っている人がいなかったからか渡すのめんどくさくなっちゃって

行く前にあれだけ苦労して作ったのに、途中から全然渡してない。


結局半分以上余って、送り返しちゃいました‥(笑)。



それと、1回も使ってない寝袋をどうするか悩んだけど

アジアで使うかもしれないし、そこそこ高かったので

使わないともったいないという気分で送り返さないことにしました。

寝袋 モンベル

↑ 今後の活躍を期待したい寝袋










荷物が多くなると、移動が大変だったりパッキングに時間がかかったりするので

基本的に無くても良さそうなものは持って来ませんでした。


元々、バックパックも60Lのコロコロタイプなので物もあんまり入らなかったし‥。





さらに持ってきたのは良いけど、使わない物やあれば使うけどかさばるような物を

クスコで買ったお土産と一緒に日本へ送り返したので更に少なくなりました。






人によっては、料理する時に便利な『トラベルクッカー』や

洗濯する時に使う『折り畳みバケツ』などを重宝しているかもしれませんが

俺は、なくても全然平気でした。
(もちろんあればあったで便利だとは思いますが‥)


トラベルクッカー

↑ キャンプとか野宿する人にはいいトラベルクッカー















折り畳みバケツ

↑ 結局1回しか使わなかった折り畳みバケツ


















逆に、俺が持ってきて良かったなーっと思う物は

『洗濯ロープ』と『スイムタオル』でした。





Tシャツとかズボンなどは、そんなに頻繁に洗わなくてもいいですが

下着と靴下は3日くらい使っていると匂いが出てくるので

出来たら2、3日のスパンで洗いたいところ。



でも、安宿だと自分で洗うのが禁止なところが多いので

こっそり洗面所で洗ったりしてるんですが、その後干すところがない。
(逆に日本人宿は自分で洗うのOKなところが多いです)




そんな時に、洗濯ロープをベットの柱に結び付けて

洗った下着とかを干すと1日くらいですぐ乾きます。
(なので2段ベットの時は必ず下の段にするようにしています)

洗濯ロープ

↑ 紐の両サイドは結べるものが良いです
















あと、スイムタオルは乾きやすいので夜シャワーを浴びた後に使っても

洗濯ロープで干しておけば、海外では乾燥している国が多いので

室内でも、次の日のチェックアウト時にはだいたい乾いていました。


生乾きだとパッキングしても臭くなっちゃいますからね‥。


なるべく洗濯しないけど臭わないですむ秘訣は乾燥させておくことが大事!!
(バックパッカーあるあるの1つ)


ごしごしタオルなんかはかさ張るし、乾きにくいので個人的にはいらないかなー。

スイムタオル

↑ バスタオルより少し小さいくらいの大きさが調度いい










あとは、スマホを充電する充電器は大容量のものが良いです。


バスなど長時間移動する時にスマホで地図を見たりゲームしたり

するので、電池がすぐに切れるんですが

充電器を充電する機会も移動中だとなかなか難しかったりするので

そんな時に大容量の充電器だったら困りません。




あとは、コンセントのプラグですがコンパクトなタイプがいいです。

コンセントプラグ

↑ こういう四角いタイプがおススメ















プラグ2

↑ よく見るこういうタイプだと、壁に差して使おうとした時に

コンセントの重さでグラグラしたり、落ちたりすることがある。
















そして、ドミトリーなどに泊まっていると、7・8人いるのに

コンセントの差し込み口が1つしかなくて、『みんなで取り合い』になったり

『ベットの位置が遠くてPCまで届かない』なんてことがよくあります。



そんな時に重宝するのが『延長コード』です。

コードの長さは長すぎると重くなるし、短すぎてもダメなので

2mくらいが良いんじゃないかと思います。

延長コード

↑ 差込口は3つくらいあると良いです
















よく欧米人なんかは、『部屋にあるもの全部持ってきたの?』っていうくらい

荷物が多くて、しかも『ギター』とか『ジャグリングの道具』とか

『アクセサリーを作る道具一式』を持ってきたりする人もいますが

個人的には『無いと困るもの』以外、持ってこなくても良いと思います。


無きゃ無いでなんとかなりますし、最悪現地で買えばいいんですから。





でもこんな偉そうなことを言っても、穿かないだろうと思って

ズボンを1本日本に送り返した後に、残ったズボンのお尻の部分に

穴が開いてることに気づき、早速送り返したことに後悔しました‥。


しかも、ズボンとパーカーが1枚づつしかないので

着ていると、全然洗えないことが判明しました‥。


皆さんはよく考えて荷物を持って行きましょう!!











※今日の1曲
Hi-Standard 『Glory』






俺は、海外行くのも『手ぶら派』だよっていう
豪快な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 情報のまとめ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT