世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クロアチアで『使ったお金』と『移動』のまとめ

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


朝食の時にコーヒーを飲もうとしてコップを持っただけなのに腰を痛めました。

俺の腰どんだけひ弱なんだよ…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では、『ドゥブロヴニクで泊まった宿』について書いたんですが

今回は『クロアチアの"使ったお金"と"移動"のまとめ』

について書いていきたいと思います!!






みんな『"おそ松さん"効果!付録のアニメ誌5日で6万部完売!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(おそ松くんって今時人気なの??
ドラマのど根性カエルといい昔のリバイバルが人気なんですかね??)





※前回の記事 ↓↓
・【注意】ドゥブロヴニクで泊まってはいけない宿!!
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-477.html


















cat_flags_euro_crl.jpg

↑ これがクロアチアの国旗。

チェック模様が可愛いらしいね^^














※クロアチアで使ったお金



・総額
10/8~10/13の6日間で
682クロアチアクーナ → 日本円に直すと約12202円
(2033円/1日平均 63023円/仮に1か月間いた場合)

・内訳
移動費  6495円
食費  1215円
宿泊費  4491円 (夜行バス2回利用)
アクティビティ(観光費)  0円
雑費  0円
(1クロアチアクーナ=17.5円で計算:旅行当時のレート)

・この金額は旅行時のメモを参考に書いているので
レートが古かったり、細かい買い物を忘れちゃってる場合があるため
多少違うところがあるかもしれませんm(_ _)m





クロアチアに来る前は『観光業が盛んだし、物価も高いだろうなー』
って思って来たが、ドゥブロヴニク以外はそこまで高くはなかったです。
ザグレブとスプリトの宿代は1000円前後だったし
宿で自炊すれば食費も1日200円くらいで抑えることができた。
(肉はあんまり買えないけど…)
観光するのも街自体がきれいなんで、お金かかる博物館や展望台に行かなくても
歩いているだけで、なんか観光した気分になれる。
ザグレブ→スプリト→ドゥブロヴニクと移動する中では
やっぱり、ドゥブロヴニクが頭抜けて高かった。
宿も1300円はするし(しかも泊まった宿ホスピタリティ最悪だったし…)
バスもドゥブロヴニク行きになると急に高くなった。
しかも、毎回荷物代と称して8クーナ取られた。
あと公衆トイレの料金も1回50円以上取られるので
膀胱炎になるくらいトイレ行くのを我慢していたね…(笑)。
まあ西ヨーロッパに比べれば安いけど
東ヨーロッパに比べればやっぱり高いといったところだった。






















※クロアチア内の移動について



そして、移動については

ザグレブ→スプリト→ドゥブロヴニク→モスタル(ボスニア)

のクロアチアで通ったルートの情報を書いていきたいと思います。



キャプチャ

↑ クロアチアはブーメランみたいな形をしているので

国土面積の割にはバス移動に時間がかかった。

















※ザグレブ ⇒ スプリト

移動手段:バス

会社:不明

移動時間:6時間

料金:93クーナ(約1620円)+荷物代8クーナ

メモ:ザグレブからスプリトまでは電車もあったけど
夜行がなかったのと値段が高かったのでバスにした。
バスターミナルは旧市街から歩いて30分くらいの距離にある。
wifiはないが何個か電源はあった(数は少ない)。
バスターミナルの中に小さい商店やカフェもあったので
お金がある人はお店で時間を潰すことも可能。
たぶん24時間空いているが、中は寒かった。
ザグレブ駅の方が暖かかったが
ホームレスとかが寝てて若干治安に注意が必要。
ドゥブロヴニク行きのバスが途中で寄ってくって感じなので
スプリトに着く時間が超中途半端です…。





















※スプリト ⇒ ドゥブロヴニク

移動手段:バス

会社:不明

移動時間:4時間

料金:128クーナ(約2230円)+荷物代8クーナ

メモ:ザグレブ→スプリト間が6時間に対しこちらは4時間で2230円と少々割高。
スプリトに寄らないんならドゥブロヴニクまでダイレクトに行った方が安かったと思う。
バスターミナルは『本当にここが世界遺産の街のメインバスターミナルか?』
って思うくらい小さいし、しょぼい…。
しかも、何故かドアを閉めると係員が開けに来て(防犯上?)、夜中めちゃ寒かった…。
電源もないのでパソコンの電源がなくなったらマジやる事がない…。
一応24時間やっている。
隣の駅の方は電源あるが、夜10時くらいに締め出される…。
ドゥブロヴニク行きのバスはザグレブから来るので少々遅れることもあり。
途中にサラエボ領内を通るのでパスポートチェックがあったがスタンプは押されない。

















※ドゥブロヴニク ⇒ モスタル(ボスニア)

移動手段:バス

会社:不明

移動時間:3時間半

料金:118クーナ(約2060円)+荷物代8クーナ

メモ:サラエボまで直接行くよりも、モスタルで電車に乗り換えた方が安いと
聞いたので、モスタルまで刻んで行くことにした。
(でも、結局モスタル→サラエボは電車が運行してなくて
バスで行くはめになったんだけどね…)
ドゥブロヴニクのバスターミナルは旧市街から歩いて1時間くらいとちょっと遠い。
ターミナル行きの市バスもあるので
お金のある方はそちらを利用した方が効率はいい。
近くに大きなスーパーがあったが開店が8時からだったので利用できなかった。
バスターミナルの中はきれいで電源もあったが
夜間は閉まるようなので宿代を浮かして泊まることは出来ない…。
ボスニア行きのバスは2~3時間に1本くらいあった。





















※クロアチアのまとめ 総括



クロアチアはスロヴェニアに続いて1992年にユーゴスラビアから独立を果たし
豊かな観光資源と比較的温かい気候で日本でも人気が高まりつつある国。
アドリア海に面した部分も広いので、シーフードとかも美味しそう(食べてないけど…)。
あとクロアチアと言ったら『プリトヴィッツェ国立公園』と
『ドゥブロヴニク』の2大観光地があります。
俺はドゥブロヴニクしか行ってないんですが、海と空のコントラストと
約2kmにわたって続くオレンジ色の屋根がとても見所がありました。
でもこれは晴れていたことが大きなファクターを占めていたと思いますので
観光される際は是非天気予報を参考に行ってください。
あと、旧ユーゴスラビアの中では西よりなこともあり、かなり発達していると思います。
バスや電車もきちんと整備してあるし、道路もきれいでした。
英語もほぼ使えるし、宿もクオリティが高いところがほとんどで観光しやすいと感じました。
でも旧ユーゴの名残かバスに乗る際毎回『荷物代』と言って
お金(約130円)を取るのは、正直どうかと思った。
それ以外は良いところでしたが
やっぱり男独りで来るのは辛いなっと感じた国でした(笑)。




そんなわけで


クロアチアの総合評価は★★★です。









女子が好きそうで、おしゃれんティーな国クロアチア。


次は絶対彼女連れてきたいなー!!


でも来れるかなー?


まあ、来れない可能性大だな…(つд;*)




yahooパートナーにでも登録しようかな??
















※今日の1曲
ふぇのたす 『今夜がおわらない』






クロアチアといえばなんと言っても『ミルコクロコップ』だよ
っていう『格闘技』好きな人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| クロアチア | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【注意】ドゥブロヴニクで泊まってはいけない宿!!

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


最近、外に出かければ雨が降るし、宿に戻れば雨が止むという

状態が続き「自称晴れ男」を返上しようか考え中な男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では、『ドゥブロヴニクの観光』について書いたんですが

今回は『ドゥブロヴニクで泊まった宿』について書いていきたいと思います!!






みんな『サッカー女子日本代表の澤穂希が今シーズン限りでの現役引退を発表

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(日本女子サッカーのキングカズ的な位置だった澤選手お疲れ様っした)





※前回の記事 ↓↓
・ドゥブロヴニクでやさしさに包まれてみた…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-476.html


















歴史的な建造物がたくさんあった旧市街や

隣接している山から出島のように出ているその旧市街を望める景色など

ドゥブロヴニクは久々に観光したなーって気分にしてくれた街なんですが


そのドゥブロヴニクで唯一嫌だったところといえば泊まった宿です。














Rooms Dubrovnik Travel』という名前の宿を事前に予約して宿泊したのですが


なにが悪いかって言ったらスタッフのおばちゃん














クロアチアはSobe(ソベ)っていう

ホテルではなく個人の家の一室を旅行者に貸す民宿のようなサービスをやっている。



個人の家といってもbooking.comとかの予約サイトに登録されているものもあり

普通のホステルのような感じで泊まれるところも多い。
(今回俺もbooking.comを利用して予約した)




ここの宿も個人で運営していて、お金の管理や運営は英語のしゃべれるおばちゃんが

1人でやってるんだけど、そのおばちゃんが理不尽にキレたりするから、まー厄介。
(おばあちゃん、おじいちゃんも下の階に住んでるけど、こちらはいい人でした)




チェックインの時は普通だったし

何も問題がなかったんだけど、だんだんその本性が出てきて…。











宿泊客が使えるキッチンが中庭のようなところにあるんだけど
(ホームページにはきれいな室内のキッチンの写真があったが
こちらは家族用、もしくは個室に泊まっている客専用らしく使わせてくれなかった)

そこで料理をしていると『火事になるじゃない』とか

『匂いが臭いからもう使わないで』とか言ってくる…。















( ゚д゚)ポカーン















料理作っててその匂いが臭いって

俺は、どんなデストロイな料理作ってるんだよ!!





まだ塩とコンソメしか使ってないですから!!














さらに他の宿泊客の人が夜(12時頃)に外に出ようとしたら

『ドアを開けると寒いから外に出るな』といきなりキレてくる…。
















( ゚д゚)ポカーン















外に出るなって監禁ですか??





ここはドゥブロヴニクじゃなくて南海の孤島『アルカトラズ』ですか??









たぶんこの人、ちょっと気に入らないことがあったら

そいつが何やっても文句を言うという、たまにいる『厄介なタイプ』の奴だな…。














ここまでだったら100歩譲って我慢できるが、遂にやってはいけないことをする。







それはチェックインをしてお金も払ったはずなのに


俺が無断キャンセル(ノーショー)


したとしてbooking.comのサイトに報告したのだ!!










bookig.comの予約条件として無断キャンセルした場合は

全額が登録したクレジットカードから引き落とされることになっている。





なので俺の場合チェックイン時に現金でお金を払っているので

無断キャンセルとなったら、サイトからもお金を取られ2回払うことになってしまう。




そして仕組みは分からないけど

宿の方にはその分のお金が流れるようになってるのかもしれない。
(つまり宿側は料金を2回手に入れられる)








これは宿としてやってはいけないでしょう!!


人間だから多少ムカついてキレたり、理不尽な嫌がらせをするのは分かるけど(嫌だけど…)

だからといって無断キャンセルの報告するっていうのはさすがにやりすぎ!!







これ、booking.comのサイトから『無断キャンセルの報告が来ていますが本当ですか?』

というような確認メールが来たから分かったものの

それが来なかったりしたら2回目の宿代を

クレジットカードから引き落としされてたかもしれない…。






この後サイトに事情を話し、キャンセルを取り消してもらった。




ちなみにサイト側が宿主に確認したところ

『操作を間違えて謝ってキャンセルしてしまった』と言っていたらしい。









嘘つけよーヽ(`Д´)ノ






















さらに無断キャンセルされていたのは俺だけじゃなくて

同じ部屋に泊まっていた残り3人の宿泊客も同じように

無断キャンセルの報告をされていたらしい…。





4人全員に対しても同じように処理間違えるか??



こんなのわざとに決まっている!!



そして悪質だ!!




こんな事されたら、宿を使うものとしては安心に使えない。




このおばちゃんが、『宿の備品を壊した』とか『金品を盗んでいった』

なんて嘘の報告をしないとも限らない…。








こちらとしては予約する時にクレジットカードを登録しているし

チェックイン時はパスポートも見せている。



その情報を元に、予約サイトを通してクレジットカードからお金を取ることも

警察に行って被害届けを出すこともできるかもしれない。






普通の人はそんなことしないけど、このおばちゃんは

『きちんとチェックインして料金も払って、何の問題もなくチェックアウトしているのに

無断キャンセルの報告をした』っていう今回の事例がある。







ちなみに、キッチンを使うのも夜に外出するのも宿のルールには何にも違反していないし

もし嫌であれば『夜何時以降は外出してはダメ』と最初に言えばいい。



明らかに機嫌が悪いから、気に食わない相手に対して

その場で思い浮かんだ文句を感情的に言っているだけ…。





まあそれでも、文句言うだけだったら『スタッフの態度悪い』くらいで済んだんだけど

虚偽の報告をするなんて宿主として絶対やってはダメなこと!!








booking.comは日本語の対応も出来て確認のメールも送ってもらったので

今回気づくことができたんだけど

海外の予約サイトだったら気づかずに

クレジットカードから余分なお金を引き落としされていたかもしれない。


もしかしたら今まで同じような目にあい、それに気づいていなくて

自身のクレジットカードからお金を引き落としされた人がいるかもしれない…。










しかも、このことをbookingサイトのレビューに書こうとしたら

予約管理画面で無断キャンセルの状態のままになっているため書く事が出来なかった。

(サイト側に問い合わせてみたら、1度無断キャンセル状態になってしまったものは
口コミを書く事は出来ないらしい。
もちろん向こうもキャンセルの事実はないものとして引き落としもされないし
データベース上は宿泊したことになっているが
管理画面ページの表示を変更することは出来ないとのこと)









もしかして、宿のババア(おばちゃんじゃなくてこんな奴ババアでいいよ)

の目的は、宿代を2重でもらうことじゃなくて

サイトのレビューに都合の悪いことを書かれないために

無断キャンセルの報告をしたんじゃないのか!?





いやマジこいつ確信犯的な犯行だ!!














それがなくても、サイトのレビューはドゥブロヴニクで

最低な5.2という数字だ。




booking.comは他のサイトに比べ総合評価の点数は全体的に高くて

7点台で普通、6点台だと悪いくらいだ。



それで5点台なんだから、これ以上下がっては困るってことで

この方法をやりだしたのかな??







よく見たらレビューに対しても回答をしているんだけど

『here is cheap』っていう言い訳を連発している。





いやいや、安いから何やってもいいとは限らないからね!!



安いなりに努力しろよ!!




まあこいつのやってることは努力とかそういう問題じゃないけどね…。


完全に悪意を感じますからね!!




っということで、『Rooms Dubrovnik Travel』という宿には泊まらない方がいいです。






一応以下に写真と宿情報を書いておきますので参考までに。















P2300236.jpg

↑ 場所は坂の上にあるのでコロコロで登るのがしんどかった

















P2300225.jpg

↑ 部屋はとにかく狭い…

















P2300226.jpg

↑ シャワー室はきれいでお湯もちゃんと出る
















P2300234.jpg


















P2300233.jpg

↑ キッチンはなんと半屋外…。

夏はいいけど冬は寒いだろ…^^;

















P2300235.jpg

↑ 釜があるのでピザ焼ける??



















P2300232.jpg

↑ 室内にあるキッチンは使わせてもらえなかった

















P2300227.jpg

↑ ベランダみたいなところで一応洗濯物干せる?

















P2300229.jpg


















P2300231.jpg

↑ そしてなんと言ってもこのベランダから見る景色が良かった。


旧市街は見えないけど、海は一望できる。

















P2300333.jpg

↑ 寒い日、わざわざ外に行かなくても夜景が見えるのがいい















※宿情報

・Rooms Dubrovnik Travel
2015/10/13の1泊のみ

住所 : Budvanska 4 Gruz
電話 :  +385914164955
mail : dubrovniktravel3333@gmail.com
予約サイト : booking.com

ドミトリー(4人ベッド) 75クーナ
1クーナ=約17.5円で計算

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ 〇(普通・部屋でも使用可)
台所 〇  朝食 ×
ランドリーサービス ×
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い 不明
フロントに美人がいるか? ×(すぐキレるおばちゃんがいる)

きれい    ★★ (部屋は狭いが汚くはない)
立地     ★★ (旧市街まで歩いて30分)
居心地の良さ ★★ (おばちゃんがいなければ悪くない)
スタッフ     ★ (この旅中で最低クラス…)
設備充実   ★★ (キッチンが屋外でなければ…)
おススメ度  ★  (泊まらない方がいいです)
(↑ 3段階評価だよー)






宿自体は別にそんなに悪くないし、ベランダから見る景色もきれいだし
一緒に住んでいる母親と思われるおばあちゃんとかも
良い人だったんで、スタッフのババアだけが残念。



ドゥブロヴニクでは他にも安宿があるので
そちらに止まることをオススメします。

















※今日の1曲
マキシマムザホルモン 『絶望ビリー』






『俺もこんな宿泊まんねー』って思った人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| クロアチア | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドゥブロヴニクでやさしさに包まれてみた…

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


どうも、2度寝して起きたらもう夕方の4時になってて

何にもしない間に1日がほぼ終わってしまったことに気づいた男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では、『スプリトで泊まった宿とドゥブロヴニクへの移動』

について書いたんですが

今回はクロアチアのメイン『ドゥブロヴニク観光』について書いていきたいと思います!!






みんな『AKB48の高城亜樹、電撃卒業発表!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(高城といって思い浮かぶのが、AKBじゃなくてももクロだったら
あなたは立派な『もののふ』の一員です。)





※前回の記事 ↓↓
・スプリトで泊まった宿とドゥブロヴニクまでの移動
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


















クロアチアを代表する観光都市であるドゥブロヴニク。


いろんな旅行雑誌にも取り上げられたりして

日本でもかなり人気のスポットだ。




しかも、あのジブリ映画『魔女の宅急便』や『紅の豚』の舞台にもなったとか。




天空の城ラピュタ1

↑ まあ俺は『紅の豚』より『天空の城ラピュタ』派なんですけどね…。
















いやー、シータみたいな女の子どっかに落ちてないですかね…(笑) 。



20130517163444cdd.jpg

↑ 左のおばちゃんはドーラだから間違えないように


















ドゥブロヴニクは『ことりっぷ』とか『aruco』を買ってるような

年中頭の中がお花畑女子たちが好きそうな街なんですが

『金なし、職なし、彼女なし』のアラフォー男の俺も老体にムチ打って行ってきました!!
(『ことりっぷ』とか『aruco』買ってる人すいません…)








まずは、中世の面影が色濃く残り、多くの教会や修道院や宮殿など

たくさんの歴史的建造物がひしめき合っている、観光のメイン旧市街から。




城壁にぐるりと囲まれたドブロブニク旧市街への主な入り口は3ヶ所。


その中でもメインゲートとして知られるのがこのピレ門。



P2300315.jpg

↑ ピレ門にはいつもたくさんの人で賑わってます。


















P2300284.jpg

↑ 対照的にこっちはあんまり人がいないプロチェ門





















P2300308.jpg

↑ ピレ門をくぐり旧市街に入るとすぐに見えてくる

オノフリオの大噴水では水をくんで飲むことも出来ます。



















また旧市街は城壁にぐるっと取り囲まれていて

その城壁の上を歩く散策コースが有名。




でもこの城壁、入場料が100クーナ(約1800円)もするので

ケチ節約家の俺はもちろん登りませんσ)>ω<*)テヘ



P2300277.jpg

↑ なので外から見て我慢する…

















P2300309.jpg

↑ もう一度城壁の中に戻って、大噴水の向かい側にある『聖救世主教会』。


これは地震が起きたその年に、聖救世主に捧げた奉納教会として建てられ

その横には『フランシスコ修道院』がある。


修道院は、元々城壁の外にあったけど

戦争から守るためフランシスコ会の修道士たちが街の中に移したとのこと。


















P2300287.jpg

↑ ピレ門から街の中心部であるルジャ広場までは

まっすぐに続く、メインストリート『プラツァ通り』がある。


この通りはかつて運河があって、運河の南側の小島にローマ人

北側の本土にはスラブ人、二つの民族の生活地区の境界線だったとのこと。


この大通りから、細い路地が網の目のように伸びています。

















P2300288.jpg

↑ 通りの突き当りにあるルジャ広場には

街の守護聖人聖ヴラホが祭られている『聖ヴラホ教会』がある。


















P2300289.jpg

↑ ルジャ広場の北側に位置するのは、1520年頃に建てられた『スポンザ宮殿』


















P2300292.jpg

↑ そして、聖ヴラホ教会の裏にあるのは

ラグーザ共和国の総督の住居として使用された『旧総督邸』。


ゴシック、ルネッサンスなど様々な時代の建築様式が融合したこの建物は

現在文化歴史博物館として使用されているとのこと。


















P2300293.jpg

↑ そのさらに後ろにはイギリスのリチャード王が

創建したと言われている『聖母被昇天大聖堂』。
(名前がかっこいいと思うのは、俺が厨二病だからか…?)
















P2300294.jpg

↑ 聖堂内は無料で入ることが出来るけど、宝物殿はお金がかかる
(ケチーー!!)
















P2300297.jpg

↑ その奥突き当りまで行くと、イエズス会の建築家で画家でもあった

イグナチオ・ポッツォが建築した『聖イグナチオ教会』がある。

















P2300298.jpg


















P2300299.jpg

↑ 教会内にはきれいなフレスコ画が書いてあったり

珍しい石で造られた祭壇があったりと、なかなか見ごたえあり。


















P2300282.jpg


















P2300283.jpg

↑ プロチェ門近くにある『ドミニコ会修道院』。

ここの修道院も有名らしく、入口でたくさんの人が写真を撮ってました。


















P2300300.jpg


















P2300301.jpg

↑ あと城壁の中は北側が上り坂になっているので

北側に行く時は階段上がるのが結構疲れる…。


















次は旧市街から離れ、スルジ山に行くことにした。


スルジ山は旧市街の北側にそびえる山で

ドブロブニクの街とアドリア海を一望できる絶景スポットらしい。




ケーブルカーもあるけど、ケチ節約家の俺は歩いていくことに。



P2300238.jpg

↑ 旧市街から北に登っていくと看板発見!!















P2300240.jpg

↑ ここからつづら折りになっている山道を登っていく

















途中から見晴らしが良くなり、道から旧市街とアドリア海を一望できる。



P2300263.jpg


















P2300252.jpg

↑ これがめちゃめちゃ良い景色で

写真とかネットで見た絵が目の前に広っがている。


個人的には頂上から見る景色は旧市街から離れすぎなので

こっちから見る方が好きです♪♪

















1時間ほど歩くと頂上に到着。


山頂には内戦時に破壊された砦が残っており

現在は独立戦争博物館として利用されているよう。




博物館の中を見るのはお金がかかるけど

トイレとか展望台とかには自由に入ることが出来ました。



P2300244.jpg

↑ ナポレオンが贈ったと言われる十字架がたっている

















P2300258.jpg

↑ 建物の裏側は、放牧されてるヤギ(?)もいたりして

このへんまで来ると観光客も少なくてのんびりできます。
















さすが噂に聞いたドゥブロヴニク!!


旧市街も見所あるし、この上から見下ろした時の

茶色の屋根の感じとか、城壁に囲まれてる感じとか

如何にも『ここに来ましたー』って感じで久々に観光欲を掻き立てられる(。`・ω・)9"。





旅に出て2年経ち、ちょっと観光しても最近はあんまり感じなくなっていたけど

ドゥブロヴニク来て本当によかったです^^



















小さい頃は 神様がいて

不思議に夢を かなえてくれた

やさしい気持ちで 目覚めた朝は

大人になっても 奇蹟は起こるよ



カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の

やさしさに包まれたなら きっと

目に写る全てのことは メッセージ ~♪♪











Kiki_la_petite_sorciere_013.jpg

↑ 『落ち込むこともあるけれど、私 この町が好きです…。』















いやー、キキみたいな女の子どっかに落ちてないですかね…(笑) 。
















※今日の1曲
松任谷由実 『やさしさに包まれたなら』






俺は『キキ』より『ウルスラ』の方が好きだよ
っていう人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| クロアチア | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT