世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

イギリスで『使ったお金』と『移動』のまとめ(2回目)

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


最近、昼は『蠅』と夜は『蚊』と格闘の毎日な男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドンの市内移動について』について書いたんですが

今回は『イギリスのまとめ(2回目)』

について書いていきたいと思います!!






みんな『たかみな AKB人生3775日完全燃焼』

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(高橋みなみがいなくなったら、そろそろAKBのメンバー
分かる人が少なくなってきた、アムロ世代なおっさんです)





※前回の記事 ↓↓
・『ロンドンの市内移動』について
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-510.html













もうロンドン行ったの5ヶ月前だけど

記憶を辿ってイギリス(2回目)のまとめ記事に挑戦したいと思います!!














※イギリスで使ったお金



・総額
10/28~12/25の59日間で
614イギリスポンド → 日本円に直すと約109539円
(1857円/1日平均 57567円/仮に1か月間いた場合)

・内訳
移動費  12006円 (航空券除く)
食費  7225円
宿泊費  88827円 (計9泊の入院あり)
アクティビティ(観光費)  0円
雑費  1480円
(1イギリスポンド=180円で計算:旅行当時のレート)

・この金額は旅行時のメモを参考に書いているので
レートが古かったり、細かい買い物を忘れちゃってる場合があるため
多少違うところがあるかもしれませんm(_ _)m





イギリスでは治験している間病院に入院してたり(計9泊)
無料の炊き出しを食べに行ってたりしたので
参考になる金額じゃないかもしれませんが
やっぱりロンドンの物価は超高かったです…。
マクドナルドのハンバーガーは1つで200円もするし
電車に1回乗ったら400円とバックパッカー泣かしの国でした(つд;*)
特に俺が行った時は1ポンド180円とポンド高の時期だったしー。
(今は円高もあって150円台…)
宿代も安いところで10ポンド(1800円)からと鬼畜の所業で
しかも安いところは部屋が3段ベッド詰め詰めだったり、wifi有料だったりとイマイチ…。
入院してない時は宿に篭ってずっとネットして過ごしてたので
後半は宿代と夕飯に食べるパンと水代しかほとんどかかりませんでした。
たぶん普通に外食したり毎回電車に乗ったりしたら
1日5000円くらいは行くので注意がいるでしょう。






















※イギリス内の移動について



そして、移動についてはロンドンから動いてないので

イスタンブール→ロンドン→カイロ

の飛行機で通ったルートの情報を書いていきたいと思います。



キャプチャ

↑ トルコからエジプトへ直接行けばそんな遠くないのに

この『謎のロンドン経由』…(笑)。

















※イスタンブール(SAW) ⇒ ロンドン(LGW)

移動手段:飛行機

会社:Pegasus航空

移動時間:3時間30分

料金:86USD (約10320円:当時)

メモ:イスタンブールはアジア側のサビハ・ギョクチェン空港
ロンドンではガトウィック空港の方を使った。
サビハ空港は空港泊してきれいな空港で寝るのは問題なかったが
wifiがなかったのと寝るのには少し寒かった…。
トルコからイギリスはたくさんLCCの飛行機が飛んでいるので
日程も選ぶことが出来、値段もそんなに高くなかったのでコスパは良いと思いう。
両方とも都心部から少し離れている場所にあるので
移動するのが少しめんどくさいかもしれない。
ガトウィック空港は空港前から
ヴィクトリアコーチ行きのシャトルバスが30分に1本ほど出ていた。
値段は8ポンド(約1100円…、た・高いよ…)。





















※ロンドン(LHR) ⇒ カイロ(CAI)

移動手段:飛行機

会社:TURKISH航空

移動時間:6時間

料金:271GBP (約48780円:当時)

メモ:ロンドンからはイスタンブール乗換でカイロに入った。
本当はシャルム空港までの方がLCCで2万5千円くらいのものがあったんだけど
治験の会社がチケット代も出してくれるということで
普通のキャリアのチケットを買ってしまった。
自分だったらこの距離で5万円近くもするチケット絶対買わないな(笑)。
でも、久々に食べた機内食は美味しかったです^^
ロンドン市内からヒースロー空港までは地下鉄が通っているので便利。
カイロ空港から市内へは、空港のバスステーションから
ローカルバス1時間ほどで宿の近くのタハリールのバス乗り場へ着く。
値段は2ポンド(安い、もちろんエジプトポンドの方ね…)

















※イギリスのまとめ(2回目) 総括



イギリスは前に1度行ったことがあったし
特に寄り道する場所でもないので来る予定もなかったのですが
ウクライナにいる時に、旅仲間から
『ロンドンで日本人向けの治験がある』と聞いて
がめつい俺は、速攻イギリスに行くことにしました(笑)。
(治験:医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して
医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる
臨床試験のことである。 byウィキペディア)
なので今回は観光も全然してないし
ロンドンからバーミンガムとかの違う都市にも移動しなかったです。
まあ時期も11月~12月と寒いし、天気も毎日悪いし
街歩きしようって気分にもなりませんでしたけどね…ww
あと、他でも言われてるようにロンドンは物価がクソ高いです。
安宿でも1泊1800円から、外食は最低2000円からって感じで
バックパッカーはここじゃ絶対沈没出来ないって感じでしたが
大きいスーパーに売ってるプライベートブランドだけは安かったです。
水が2Lで40円、ビスケットが1袋(300g)50円と日本より安いくらい。
なのでロンドンは観光巡りじゃなくてスーパー巡りをしていましたから。
また、美術館や博物館はほとんど無料なのでそこで時間を潰してもいいかもです。
俺が行ったときはパリのテロ直後だったので
荷物検査が厳しかったですけど…。




そんなわけで


イギリスの総合評価は★☆☆です。
(好きじゃなきゃ、来るとこじゃないな…)









次は遂にリアルタイムにいる国、エジプト編です!!
(もう入国してから4ヶ月経ちますけどね…)!!
















※今日の1曲
SEKAI NO OWARI 『深い森』






俺は『高橋みなみ』より『山本彩』の方が好きだよ
っていう『NMB48』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2回目 イギリス | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ロンドンの市内移動』について

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


ほぼ何にもしてないのに前の更新からもう1ヶ月も経っちゃって

人生で1番ダラダラしている時期確定な男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドンで泊まった宿紹介 パート3』について書いたんですが

今回は『ロンドンの市内移動』

について書いていきたいと思います!!






みんな『ショーンKが、経歴詐称問題で、その損害額が3億円という話』

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(おじさんにはショーンKっていう人が誰かもわかりません…)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドンで泊まった宿紹介 パート3
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-509.html
もう1ヶ月も更新してない…、トホホww













『治験』、『宿紹介』と続いたロンドン編

続いては悪名高い『ロンドンの市内交通編』です。




なにが悪名高いって、普通に1回電車乗ると4.8ポンド(約700円)もかかってしまう!!


このポンドってエジプトポンド(1ポンド約14円)じゃないよ!


イギリスポンド(1ポンド約160円)だかんね!!





しかも当時(2015年の11月ごろ)は1ポンド180円くらいしてたし!!





もうどんだけ遠くても歩いて行ったろか!って思う…ww






でも、今回は『治験』のために来たんで、小金を惜しまずリッチに行くことに。











ロンドンの交通機関はオイスターカード(ロンドン交通局の発行する電子乗車カード

Suicaみたいなもの)を使うと多少安くなるので、初日に購入しました。


P2300924.jpg

↑ こんな感じのカードで、駅のキオスクや街中にある売店で売ってます。


イギリス国内で買う場合は在住者用のオイスターカードですが

日本国内だとビジター用のオイスターカードも買えるので

どちらがいいかはこちらのサイトを参考に ↓↓
・徹底比較!ビジターオイスター、在住者オイスター!!


















このカードは電車やバスに乗る前にお金をチャージする必要があります。



P2300921.jpg

↑ 駅の構内こんなような機械があるので

乗る時と降りる時に、ここの黄色い部分にタッチする。


乗る時にタッチするのを忘れて、降りる時だけにタッチしてしまうと

罰金として5ポンドほど引かれます…。


でも、自動改札とかじゃないからタッチしたつもり

(タッチしたけど接触が悪くて認識されなかったり)で

そのまま通っちゃうことも2回ほどありました…(つд;*)


















P2300931.jpg

↑ underground(地下鉄)に対して地上を走る電車はovergroundって呼ばれてる

















P2300922.jpg

↑ 車内はこの通りめちゃんこきれいです


















そして、ロンドン市内の移動に欠かせないのがこの2階建てバス(通称:ダブルデッカー)。




街を歩いてると『駅前にあるコンビニか!?』ってくらいバス停が乱立していて

本当2,3分歩くと一つは見ることが出来る。







路線も数え切れない程あるので、ロンドン来たばっかりで乗ろうとすると大変…。
(少なくとも俺は事前に調べてからじゃない迷いましたww)



『Citymapper』っていうアプリが分かりやすくて使いやすかったです。↓↓
・アンドロイド版 Citymapper











乗り方としては、まず上記のアプリ等で乗りたいバスが停るバス停を探します。





P2300987.jpg

↑ 同じバス停名でも何箇所か乗り場が分かれているところがあるので

そういう時はバス停上に書いてあるアルファベットで区別をしましょう。


















P2300982.jpg

↑ 大きいバス停は電光掲示板で『あと何分で来る』と教えてくれます

















P2300983.jpg

↑ そしておまりかね、ダブルデッカー様のご登場です!!


フロント部分に番号が付いているので、それを見て判断すると分かりやすい。
















128018382.jpg

↑ 勇者警察ジェイデッカーと名前は似てるけど

車がロボットみたく変形したりはしないよ!!

















sceb7071.jpg

↑ 俺はデッカードよりも

勇太のお姉ちゃん達の方が好きでした^^


















P2300984.jpg

↑ オススメはなんと言っても2階の1番前です。
(地元の人も1番前が人気っぽかったです!)



















P2300980.jpg

↑ 1番前の席からはロンドンの街を見ることができて

ナショナルギャラリーがあるピカデリー周辺だったら

乗ってるだけでちょっとした観光にもなります。


あと、バスの場合には、オイスターカードをタッチするのは乗る時だけで

降りる時にもタッチしちゃうと、2回分の料金を取られるので注意。





登録が面倒くさいけど下記サイトで自分の使った

オイスターカードの履歴を見ることが出来るので、確認したい方はどうぞ。↓↓
※Transport for London



また、バスの料金は一律1.4ポンドだけど

1日の上限が4.5ポンドなので4回以上乗ったらあとは実質タダになります。




まあ1.4ポンドって言っても300円近いから

徒歩2時間圏内なら歩いて移動してましたけどね…(*^-^*)


















※今日の1曲
ガガガSP 『かなわない夢』






俺は『勇者警察ジェイデッカー』より『勇者特急マイトガイン』の方が
好きだよ、っていう『旋風寺 舞人』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 イギリス | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドンで泊まった宿紹介 パート3

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


この前チェックアウトしたけど、とんでもなくいびきがデカい中国の人のおっさんがいて

安眠が妨害されつつあった男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドンで泊まった宿紹介 パート2』について書いたんですが

今回は『ロンドンで泊まった宿紹介 パート3』について書いていきます!!






みんな『カードゲームUNO、初のルール変更が発表!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(UNOって面白いけど1時間くらいで飽きますよね…?
俺はUNOより大富豪派です。)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドンで泊まった宿紹介 パート2
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-508.html












ロンドンでは合計8箇所の宿に泊まったんですが

今回は前回前々回に引き続き、ロンドン宿紹介の第3弾!!










その7。




London365 Hostel




P2310168.jpg

↑ 見た目はホステルっていうか普通の家…

















P2310166.jpg

↑ なんとここ、スタッフが常駐してないから

チェックイン時に電話して、スタッフを呼ばないといけない!!


俺はこのやり方が分からず、ボーッと突っ立てたら

宿に泊まってたお客に『ここに電話するのよ』って教えてもらった。

















P2310161.jpg

↑ 部屋は冷蔵庫もあったりで、結構きれい
















P2310162.jpg

↑ シャワールームは各階に2個ずつで少しすくない

















P2310165.jpg

↑ キッチンがめちゃくちゃ広くて揃ってるけど

夜は混み合うので、使いづらかった…。
















P2310164.jpg


















P2310163.jpg

↑ 共有スペースも広いけど、TVが点いてたり

長期滞在者が騒いでたりするので、うるさい…。

















※宿情報

・London365 Hostel
2015/11/27~2015/11/28の2泊

住所 : 30 Chatsworth Road
電話 :  442084596203
mail : info@accommodationlondon.net
予約サイト : Hostelworld

ドミトリー(12人ベッド) 5~15ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ 〇(普通・部屋の中でも使用可)
台所 〇  朝食 ×
ランドリーサービス 不明
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い不可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★ (部屋、水回りともに清潔)
立地     ★  (中心部からは離れている)
居心地の良さ ★★ (共有スペース広いが人も多い)
スタッフ    ★  (基本宿にいない…)
設備充実   ★★ (キッチンが超充実)
おススメ度  ★★ (たまに1泊5ポンドの日がある)
(↑ 3段階評価だよー)










宿の予約サイトで『1泊5ポンド』と表示されていたのを
疑い半分で行ってみたら本当に5ポンドだった。
(次の日が15ポンドだったので合わせると、1日平均10ポンドになるのですが…)
外観は普通の家で表札もなにも出ていないので、最初は全然分からない…。
受付はなく玄関のところにある電話を使って
外にいるスタッフを呼ばないといけなくて、呼んでから10分くらいしてスタッフが来た。
さらにこの来たスタッフにお金を払うんだけど、現金のみでお釣りも持っていない。
この時、俺はぴったりの現金を持っていなかったので
少しだけ安くしてもらえた。
共有スペースは広いけど、長期滞在者だと思われる人たちが
いつも騒いでいたので、落ち着けなかった。
場所はKilburn駅という、ロンドンの北の方にあるので少し不便。
大英博物館まで歩いて片道2時間かかった…。
ベッドは2段ベットで、ロッカーも完備。
荷物が散らかっていて汚い部屋もあったが、俺が泊まっていた部屋はきれいだった。
サイトを見てみると金曜日の夜に1泊5ポンドになることが
多いみたいなので、そのときは狙い目。


















その8。




Hostel Ordnance




P2310175.jpg

↑ 外観はシャレオツな建物

















P2310182.jpg

↑ でも中身はなかなかのボロさ…

















P2310184.jpg

↑ ロッカーもあるけど誰も使ってない…

















P2310181.jpg

↑ レセプションにはあんまり人がいないので

チェックイン時はスタッフが来るまでかなり待った。

















P2310176.jpg

↑ 部屋は2段ベッドが3つあるだけだったので

そんなに窮屈ではない。

















P2310177.jpg

↑ シャワールームが男女ともに各1つずつしかないので

かなり取り合いになる…。

















P2310188.jpg

↑ キッチンは一応あるけど、皿とかスプーンとかがほぼない…

















P2310179.jpg

↑ しかもpm7時~pm8時までスタッフが使うから使用禁止らしい…


















※宿情報

・Hostel Ordnance
2015/12/04~2015/12/05の8泊

住所 : 18 Beresford Square , Woolwhich Square
電話 :  07791873242
mail : 不明
予約サイト : hostelbookers

ドミトリー(6人ベッド) 10ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:△)
wifiの強さ 〇(普通・部屋の中でも使用可)
台所 △(結構ボロい)  朝食 〇(無料)
ランドリーサービス 不明
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 〇(無いときもある…)
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★ (ロンドンで泊まった中ではかなり汚い方)
立地     ★ (Greenwichよりもさらに東…)
居心地の良さ ★★ (部屋にあまり人がいなかったのが救い)
スタッフ    ★★ (可もなく不可もなく)
設備充実   ★★ (しょぼいながらもキッチンは一応ある)
おススメ度  ★★ (ただただ安いだけの宿…)
(↑ 3段階評価だよー)


週末泊まる宿を直前になって探したので
安いところが空いてなくて、少し遠かったがこの宿に行った。
hostelbookersのサイトでレビューが42.9%と低く
あんまり期待せずに行ったら、その通りボロい宿だった…。
場所は『Woolwhich』というロンドンの左端にある『Greenwich』より
さらに東にあるところで、まわりには主な観光スポット全くないし
中心部までは電車やバスを乗り継ぎして行かないといけないので立地はかなり悪い。
建物がボロいし、水回りが特に汚い。
俺が行った時は2個あるトイレの1つが壊れていたので、トイレに行くのも一苦労でした。
レセプションは基本24時間だがいないことが多々あり
チェックイン、チェックアウト時ともにかなり待たされた。
朝食は一応無料で付いているが、シリアルとパンのみ。
キッチンには鍋が1個とお皿が2枚くらいしかないので、ちゃんとした調理は難しい。
電子レンジ、トースター有り。
ロンドンの安宿の割にはwifiが速いのでその点だけは良かった。
チェックイン時にデポジットで5ポンド必要。


















そんな訳で、今回計8箇所の宿に泊まったんですが

最後に個人的ランキングを書いてみます。


ロンドンに行った際に参考にしてください。



1位、Venture Hostel
居心地の良さ抜群、キッチンがあるのもGood!!

2位、RMA Hostel
宿が清潔、洗濯機が無料で使えたのが嬉しい。

3位、St Christopher's Greenwich
朝食のグレードNo1、毎日お腹いっぱい食べてました^^;

4位、PubLove @ The Crown, Battersea
悪くないけど、立地がイマイチ…。

5位、PubLove @ The Great Eastern
共有スペースが広いが、建物がボロく水回りが汚い…。

6位、London365 Hostel
立地が悪くて、スタッフが常駐していないのが不便。キッチンは豪華。

7位、Hostel Ordnance
立地がクソ悪い…。共有スペースがほぼないのもマイナス要因…。

8位、Hostel 639
今時wifi有料ってなんだよ!デポジットが10ポンドっていうのも高過ぎ!!
















※今日の1曲
9mm Parabellum Bullet 『Discommunication』






俺は『UNO』より『スコットランドヤードゲーム』の方が
好きだよ、っていう人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 イギリス | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドンで泊まった宿紹介 パート2

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


昨日夜6時からシェア飯作り出してたら、完成したの9時過ぎでした…。

要領悪すぎでしょ!?っと反省している男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドンで泊まった宿紹介 パート1』について書いたんですが

今回は『ロンドンで泊まった宿紹介 パート2』について書きたいと思います!!






みんな『めちゃイケの三ちゃんこと三中元克さん不合格で番組卒業!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(新メンバー加入後からは全然番組見てないから
三ちゃんって言われても、なんか意味あったんですかね?って感じだ…)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドンで泊まった宿紹介 パート1
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-507.html













ロンドンでは合計8箇所の宿に泊まったんですが

今回は前回に引き続き、ロンドン宿紹介の第2弾!!










その4。




PubLove @ The Great Eastern



P2310074.jpg

↑ 場所はGreenwichからテムズ川を渡ったところ
















P2310029.jpg

↑ 近くにはASDAのスーパーがありましたが

いかんせん、キッチンがないので食材を買っても自炊が出来ない…。
















P2310072.jpg

↑ 1階部分がBarになっていますが、宿に泊まっている人が使うスペースと

Barで使っているスペースが別れているので、使いやすかった。
















P2310071.jpg

↑ Pubというマークがハートになっていて可愛らしい
















P2310030.jpg

↑ でも部屋に入ると3段ベッドが待ち構えていて

こちらは全然可愛らしくない…(つд;*)
















P2310070.jpg

↑ シャワールームはボロくて少し汚い…
















ロンドン2

↑ この宿も嬉しいことに朝食付き♪♪


でも、この前泊まった『St Christopher』と違って

パンとシリアルのみという質素なレパートリー…。

















※宿情報

・PubLove @ The Great Eastern ,Docklands
2015/11/06~2015/11/08、11/12
2015/12/02~2015/12/03
2015/12/11~2015/12/17の13泊

住所 : 1 Glenaffric Avenue
電話 :  +44 (0)20 7531 6514
mail : greateastern@publove.co.uk
予約サイト : booking.com

ドミトリー(15人ベッド) 8~14ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:△)
wifiの強さ △(弱い・部屋の中でも使用可)
台所 ×  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス ×
荷物預かり 〇  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★ (建物がボロい…)
立地     ★  (中心地から遠い…)
居心地の良さ ★★ (共有スペースがそこそこ広い)
スタッフ    ★  (いつも忙しそう…)
設備充実   ★  (設備何もなし…)
おススメ度  ★★ (日にちによっては8ポンドと安く泊まれる)
(↑ 3段階評価だよー)


The Crownと同じく、『PubLove』っていうグループ宿。
St Christopherから歩いて30分くらいの距離になるので
ロンドンではこの2つの宿をよく使っていた。
(安くても遠いところの宿を予約すると移動にバス代とかがかかってしまうので)
でも、St Christopherに比べると建物がボロくて
トイレやシャワーなどの水回り系が汚い…。
排水が詰まってたり、紙が切れてることもよくある。
部屋も3段ベッドで荷物を置くところもないので
週末とか人が多いと床に荷物が広がって歩くスペースもなくなる。
でも、電源は1箇所しかないので部屋での充電はほぼ無理…。
wifiは弱いけど、ギリギリ部屋でも使える。
場所が中心地から遠くて
まわりにはGreenwich天文台以外に観光するところがなにもない。
共有スペースは1階のバーの部分だけど
一般客の使うスペースと宿泊客が使うスペースがなんとなく分かれているので
そんな混み合うことなくのんびり使える。
共有スペースには電源あり。
朝食もパンとシリアルという最低限なものしかないが、一応付いている。
宿泊費の高いロンドンで朝食付きで8ポンドから泊まれるのは魅力的。

















その5。




RMA Hostel Accommodation



P2310091.jpg

↑ 看板は出ていなくてドアにちっちゃく名前が書いてある
















P2310089.jpg


















P2310090.jpg

↑ 共有スペースはお洒落な椅子とかが並んでいた
















P2310081.jpg

↑ 部屋には冷蔵庫もあったりと快適♪♪
















P2310083.jpg

↑ シャワールームもきれいで使いやすい
















P2310087.jpg


















P2310088.jpg

↑ 嬉しいことに小さいけどキッチン付き
















P2310086.jpg

↑ なんとなんと、洗濯機もありました。


でも、1回目に泊まった時は『無料』って言われたんだけど

2回目に泊まった時は、有料っぽいことを言われたので

もしかしたら、今は有料になってるかもしれません…。

















※宿情報

・RMA Hostel Accommodation
2015/11/13~2015/11/14
2015/12/18~2015/12/19の4泊

住所 : 156-158 Mile End Road
電話 :  +0442077901884
mail : Rmaa2@hotmail.co.uk
予約サイト : budgetplaces.com

ドミトリー(4人ベッド) 11~15ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:〇 お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ 〇(普通・部屋の中でも使用可)
台所 〇  朝食 ×
ランドリーサービス 〇(無料)
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★★ (部屋、水回りともきれい)
立地     ★★  (タワーブリッジまで歩いて30分くらい)
居心地の良さ ★★ (共有スペースが少し狭い)
スタッフ    ★★★ (みんな親切でフレンドリー)
設備充実   ★★★ (一通りのものは揃ってる)
おススメ度  ★★★ (朝食ないけど良かった)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドンの安宿には『平日安いけど週末高くなるタイプ』と
『平日そんなに高くないけど週末もあまり料金変わらないタイプ』の2つがある。
この宿は後者の週末もあまり値段が高くならないタイプで
たまにはキッチンのある宿に泊まってみたくて、ここを選んだ。
見た目が普通のマンションのようで入口が分かりづらく、何回か通り過ぎる…。
あまりお客がいないのか、水回りもきれいだった。
部屋もMAX4人のドミなのでそんなに狭く感じないし、冷蔵庫も完備していた。
布団も他の宿に比べるとフカフカ♪♪
あと、キッチンも小さいながらあって、久々に自炊をすることができ
歩いて10分くらいのところに大きいスーパーもある。
スタッフも親切だったが24時間じゃないので、夜22時から朝の8時くらいまではいない。
その関係で21時半以降のチェックインは有料になるらしいので注意が必要。
今まで泊まった宿の中ではwifiは速い方。
朝食はないけど、それ以外はどれも高ポイントなのでオススメ。

















その6。




Venture Hostel



P2310106.jpg

↑ 場所はNew cross駅から歩いて5分くらいの住宅街にある
















P2310105.jpg

↑ ここのBarはたぶん宿泊者限定なので堂々と使えた
















P2310104.jpg

↑ 韓国と北朝鮮に挟まれてる日本の国旗も発見
















P2310101.jpg

↑ 廊下は狭いけど地図とかあってバックパッカーに優しい作り
















P2310098.jpg

↑ 部屋は3段ベッドだけどスペースがあって広々使える
















P2310100.jpg

↑ シャワールームはきれいだったけどお湯の調節がイマイチ…
















P2310099.jpg

↑ 洗面所には無料で使えるドライヤーもあり
















P2310103.jpg

↑ ここの朝食はタマゴにヨーグルトも付いていて豪華だが

おかわり出来ないので少し物足りない…。

















※宿情報

・Venture Hostel
2015/11/15~2015/11/18
2015/12/22~2015/12/26の8泊

住所 : 86 Tanner's Hill
電話 :  +44 (0)20 8692 6219
mail : reservations@venturehostels.com
予約サイト : Hostels.com

ドミトリー(12人ベッド) 10ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:〇 お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ 〇(普通・部屋の中でも使用可)
台所 〇  朝食 〇(無料)
ランドリーサービス 〇(コインランドリー式)
荷物預かり 〇(有料?)  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★ (すこし狭いがそこそこ清潔)
立地     ★★ (最寄り駅まで歩いて5分)
居心地の良さ ★★ (1階のバー部分は宿泊客専用?)
スタッフ    ★★ (フレンドリーだった)
設備充実   ★★ (キッチンありなのは嬉しい)
おススメ度  ★★★ (10ポンドだったらコスパ良し)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドンの安宿の中に口コミの点数が高い宿があったので泊まってみた。
場所はNew cross駅から歩いて5分くらいだけどまわりには目立った見所はなく
観光するならバスや電車を利用しないと難しい。
部屋は3段ベッドだったが毎日掃除をしていて、収納スペースもあったので汚くなかった。
シャワー室もきれいだったが、脱衣スペースがなく服の置き場に困る。
ドライヤーは無料で付いていた。
洗濯機は有料で使える(乾燥機はあるか不明…)。
キッチンはあるが少し狭いので、誰か使ってると待たないといけないが
長期滞在者の人たちがいて夜は結構混み合う…。
そのため、冷蔵庫もいつもパンパンに入っていた。
(キッチン23時から10時くらいまでは使用不可)
New cross gate駅に大きいスーパーがあったので、そこで食材を買うことができる。
1階のBarの部分が共有スペースになっているが宿泊者専用なのか
泊まっている人以外見たことない。
朝食はパン、シリアルの他にタマゴ、ヨーグルト、ジュースなどもあって
結構豪華だが、おかわりはなし…。
チェックイン時に5ポンドのデポジットがあるので注意。
(チェックアウト時に返却してもらえる)


















※今日の1曲
175R 『空に唄えば』






俺は『パンとヨーグルトの朝食』より『納豆と味噌汁の朝食』の方が
好きだよ、っていう『大和魂』を持つ人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 イギリス | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドンで泊まった宿紹介 パート1

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


宿に女のお客さんが3人いた時期は通りすぎ

またいつものディープブルーに戻ってしまいました…。

春休みの女子大生のみなさん、いつでもお待ちしていますよ!!








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドン治験日記 パート7』について書いたんですが

今回は『ロンドンで泊まった宿 パート1』について書きたいと思います!!






みんな『<思い出のマーニー>13年ぶりオスカーなるか!?

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(俺の中では『思い出のマーニー』結構好きです。
アリエッティ以下、ポニョ以上って感じです^^)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドン治験日記 その7(治験を終えて)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-506.html












治験で訪れたロンドン、約2ヶ月間いたんですが

入院時以外は自分で宿を用意しないといけなかったので

安い宿を探しつつ、結局8箇所の宿を渡り歩きました。


今回からは、その泊まった宿を紹介していきたいと思います。
















その1。




PubLove @ The Crown, Battersea



P2300930.jpg

↑ 場所はLavender Hill通りという中心部から少し離れたところ
















P2300929.jpg

↑ 1階がBarと併設されています
















P2300927.jpg

↑ 部屋が驚異の3段ベッド…
















P2300928.jpg

↑ シャワールームはきれいでした
















ロンドン1-1

↑ 朝食はシリアルとパンのみですが無料でした


















※宿情報

・PubLove @ The Crown, Battersea
2015/10/28~2015/10/30の2泊

住所 : 102 Lavender Hill
電話 :  +442077381122
mail : crown@publove.co.uk
予約サイト : booking.com

ドミトリー(18人ベッド) 10ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:△)
wifiの強さ 〇(普通・部屋でも使用可)
台所 ×  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス ○(有料)
荷物預かり ○  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(男だった)

きれい    ★★ (部屋に荷物が散乱してる)
立地     ★★ (ヴィクトリア駅まで歩いて30分)
居心地の良さ ★★ (1階のバーのところが共有スペース)
スタッフ    ★★ (可もなく不可もなく…)
設備充実   ★  (最低限の設備しかない…)
おススメ度  ★★ (朝食付きにしては安い)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドン1発目に泊まったのがこの宿。
空港からヴィクトリア駅までバスで行く予定だったので
ヴィクトリア駅から徒歩圏内で探して、ここにした。
バッキンガム宮殿やロンドン自然史博物館までも徒歩で行けなくもない距離。
ロンドンは公共交通機関(1回300円くらいする)が高いので
観光するなら立地も大事。
でも、直近には特にめぼしい観光スポットはなかった…。
この『PubLove』っていうのは、ロンドンにいくつかある安宿のチェーン店で
検索サイトを使って探すとよく目に入る。
ここのグループの宿はどこも『安くて程度はそこそこ』といった感じ。
この宿もドミが驚愕の18人部屋!!
ロンドン名物、3段ベッドが1つの部屋に6個も並んでいて荷物の置き場が全然ない…。
シャワーやトイレも使う人が多いので、朝掃除したあときれいでもすぐに汚くなります。
キッチンはないけど、外で買ってきたものを
1階にあるBarスペースで食べることは出来ます。
あと、朝食はパンとシリアルが食べ放題♪♪


















その2。




Hostel 639



P2300939.jpg

↑ 駅を出たら、看板とかじゃなくて

壁にドドーンっと名前が書いてあるので、分かりやすい。
















P2300940.jpg

↑ 1階の共有スペースにはビリヤード台もありました
















P2300938.jpg

↑ 併設しているレストランでは宿泊者割引あり♪
















P2300933.jpg

↑ 部屋は汚いけど、3段ベッドではありませんでした
















P2300934.jpg

↑ ここはかなりオオバコでたくさん部屋がありました
















P2300937.jpg

↑ シャワールームも時間帯によっては込み合います…
















P2300935.jpg

















P2300936.jpg

↑ 流しとコンロがあるだけで調理道具が全くありませんでした。

電子レンジがあるのが唯一の救い…。

















※宿情報

・Hostel 639
2015/10/30~2015/11/01の2泊

住所 : 639 Harrow Road
電話 :  +442089644411
mail : millenniumlodge@yahoo.co.uk
予約サイト : hostelworld

ドミトリー(8人ベッド) 13ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の中にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:×)
wifiの強さ △(有料・1日2ポンド)
台所 △(コンロと流しのみ)  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス 不明
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い不可
フロントに美人がいるか? 〇(いたよ♪♪)

きれい    ★  (共有スペースが特に汚い)
立地     ★★ (駅の目の前だけど中心地からは遠い)
居心地の良さ ★  (全く落ち着けない…)
スタッフ    ★★★ (愛想はいいけどお客が多い…)
設備充実   ★  (キッチンがしょぼすぎる…)
おススメ度  ★  (安く泊まりたい時の切り札)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドンは他のヨーロッパの宿同様、週末になると宿代が高くなり
しかも、直近になると更に高騰していき
平日10ポンドのところが20ポンドになったりもして、地獄を見る…。
そんな中でここの宿は週末もそんなに宿代が高くならない。
泊まる前にレビューがクソ悪かったので
どんなところだと思って行ったら、やっぱりクソだった…。
まず支払いがロンドンのクセに現金のみで、デポジットに10ポンドも取るため
現金で宿代+10ポンド持っていないといけない。
次にwifiが有料…( ゚д゚)ポカーン。
今時、wifiが有料なところなんてないから!!
しかも、1日1端末に付き2ポンドなので
PCと携帯両方使うなら1日4ポンドも払わないといけない。
激弱だけど野良wifiが飛んでいたので、それで接続できなくもなかった。
あと、『共有キッチン有』って書いてあったから楽しみにしていたが
鍋やお皿などの料理器具が全くない。
これでどうやって料理したらいいんだろうか?
my鍋、my皿持って来ないといけないよ。
幸い、電子レンジはあったので、温め系は出来る。
シャワーは部屋の中にあるんだけど
板で囲ってあるだけの簡易的なものなので、部屋に他の人がいると超気になる…。
そして当然、着替えのスペースなんていうものはない!!
夜中4時に帰ってきた客が騒ぎ出して起こされたりと、泊まっている奴も程度が悪い…。
どうしても他に安い宿が見つかんない時しかオススメできない。

















その3。




St Christopher's Greenwich



P2310028.jpg

↑ 駅前だけど、Greenwichというロンドンの東端にある…
















P2310021.jpg

↑ ここも1階の部分がBarになっている
















P2310020.jpg

↑ 部屋は嬉しい2段ベッドで強度も強い!!
















P2310018.jpg


















P2310019.jpg

↑ シャワールームもきれいで、なんと無料でドライヤーも使える
















P2310024.jpg

↑ ここの地下には『CHILL-OUT ROOM』なる共有スペースがある
















P2310026.jpg


















P2310027.jpg

↑ 少し狭いけどTVとかソファーがあってくつろげる
















P2310025.jpg

↑ 無料の水も置いてある
















P2310013.jpg

↑ そしてこの宿1番のオススメが、無料の朝食
















P2310014.jpg


















P2310015.jpg

↑ ヨーグルト、フルーツの他にハムとチーズもありました。

もうここのご飯がめちゃ美味くて、昼飯用にサンドイッチまで作ってました(笑)

















※宿情報

・St Christopher's Greenwich
2015/11/01~2015/11/05
2015/12/06~2015/12/10
2015/12/20~2015/12/23の14泊

住所 : 189 Greenwich High Road
電話 :  +442088583591
mail : greenwich@st-christophers.co.uk
予約サイト : booking.com

ドミトリー(8人ベッド) 10~11ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ △(普通・部屋の中では使用不可)
台所 ×(電子レンジとポットのみ)  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス 〇(無料)
荷物預かり 〇  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★ (お客が多いと汚れてくる…)
立地     ★★ (駅の目の前だけど中心地からは遠い)
居心地の良さ ★★ (共有スペースが狭い…)
スタッフ    ★★ (可もなく不可もなく)
設備充実   ★★ (キッチンが欲しかった)
おススメ度  ★★★ (安い割には朝食が豪華)
(↑ 3段階評価だよー)


週末は高いけど、平日だったら10~11ポンドくらいで泊まれるので
安くなった時にはよく泊まっていて、合計14泊もしていた。
10ポンドで泊まれる安宿のなかではきれいだし
電子レンジとか洗濯機も無料で使えたりと設備もそこそこ充実していた。
あと、洗面所にもドライヤーが置いていたのが嬉しい。
部屋も2段ベッドだし、そんなに狭くないく
ベッドの下にもスペースがあり荷物を入れれた。
しかし、電源が1箇所にしかないので充電しづらい。
あと、朝食がお決まりのパンとシリアル以外にハムとかヨーグルトとか
フルーツがあったりとロンドンで泊まった中では1番豪華だった。
しかも、食べ放題だったので腹パンパンになるまで食べて
夜は食べずに1日1食で過ごすということをやっていた。
この宿も1階がBarというタイプだったがそれ以外にも地下に共有スペースがあり
落ち着けるが、少し狭いので人が多くなるとちょっと電源が足りなくなったりする。
Barに行けば皿とかコップとかを借りれるので
ここにある電子レンジで買ってきたものを食べ、コーヒーや紅茶も無料であり。
wifiが部屋で使えなかったのが唯一残念。

















※今日の1曲
本名陽子 『カントリーロード』






『思い出のマーニー』より『千と千尋の神隠し』の方が好きだよ
っていう『宮崎駿』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 イギリス | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |