世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エジプト(2回目)で使ったお金と移動のまとめ

リアルタイムではエジプトのカイロにいます。


最近はありがたいことに、同じ宿の人が代わりに買い出しに行ってくれてるので

気づくと早1週間くらい宿の外に出ていなかったダメな男、ダイスケです!!








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ダハブからシャルム空港への行き方』について書いたんですが

今回は『エジプト(2回目)で使ったお金と移動のまとめ』のこと

について書いていきたいと思います!!






みんな『M-1グランプリ2016 決勝進出者が20日発表!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(今年はアキナ、カミナリ、スーパーマラドーナ、相席スタート
ハライチ、銀シャリ、スリムクラブ、さらば青春の光 の8組だそうです。
個人的には関西の雄、銀シャリに優勝して欲しいですね^^)





※前回の記事 ↓↓
・最安(多分)でダハブからシャルム空港へ行く方法!!
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-526.html













※注:リアルタイムもエジプトで、この記事もエジプトってことで紛らわしいですが
この記事に書いてあるエジプト訪問は2015年12月26日~2016年4月30日
までのことですのでよろしくお願いします。



Flag_of_Egypt_svg.png

↑ 赤、白、黒の横三色の中央に金色サラディンの鷲を配した国旗。

赤は革命で流された血、白は明るい未来、黒は革命前の暗い過去を表すらしい。
by wikipedia




ちなみにエジプトを感じで書くと『埃及

意味は紀元前7世紀頃にエジプトに移り住み始めたギリシア人たちが

「アイギュプトス aiguptos」と音読みするようになり

それを現代日本の漢字に充てたらしいです。
by yahoo知恵袋















※エジプト(2回目)で使ったお金



・総額
2015/12/26~2016/4/30の127日間で
4684エジプトポンド → 日本円に直すと約56280円
(443円/1日平均 1942845円/仮に1年間いた場合)

・内訳
移動費  1838円
食費  16016円
宿泊費  34736円
アクティビティ(観光費)  0円
雑費  3688円
(1エジプトポンド=12円で計算:旅行当時のレート)

・この金額は旅行時のメモを参考に書いているので
レートが古かったり、細かい買い物を忘れちゃってる場合があるため
多少違うところがあるかもしれませんm(_ _)m





1日平均443円って遂に500円を切る時代が到来しました!!
しかもこの時は1ポンド12円でしたが、今ならなんと半分近くの1ポンド7円程度。
1日200円台も夢じゃない!!
宿もダハブなら200円だし、ご飯もシェア飯したら1日200円くらい
観光とか買い物をしなければ1日400円で足りちゃいます。
まあ4ヶ月もいて、観光費が0円っていう俺にも問題ありますが…。
ちなみにアクティビティ系をした場合だとピラミッド観光1000円
ダイビング1本2000円、シュノーケリングな何回やっても無料♪♪
ダハブで有名なマンゴー×マンゴーは170円くらい。
ご飯1食分かと思うと少し高いですが、海岸沿いのレストランで海を見ながら
飲むマンゴージュースは、リゾート感満載で付加価値も∞ですからね。
ちょっと豪快にシングルの部屋に泊まっても700円ほど。
どうせ贅沢するなら、ヨーロッパとか物価の高いところじゃなくて
エジプトとかの物価の安いところでするのがバックパッカー流♪♪
ダハブは宿が安い、カイロはご飯や物が豊富って言うのが俺の感じた印象です。
まあ2都市しか行ってないので、大きなことは言えませんがね…( ゚д゚ ;)






















※エジプト内の移動について



そして、移動については

相変わらずカイロとダハブしか行ってないので

この2都市間で通ったルートの情報を書いていきたいと思います。



キャプチャ

↑ ルクソールとかハルガダとかは行ってないです。

すいませんm(_ _)m。

















※カイロ ⇒ ダハブ

移動手段:バス

会社:イーストデルタ社

移動時間:8時間

料金:110エジプトポンド(約1320円)

メモ:ダハブ行きのバスは宿から歩いて10分ほどのところにある
トルゴマーンバスターミナルというところから出てる。
1日4本くらい出ていますが、夜行は23:45発。
途中、検問はたくさんあるし、何故か暑くもないのに冷房を入れ極寒になったりするので
夜行の場合は少し疲れるかも…。
7:00発の朝便だったら夕方くらいにダハブに着いて
バスからの景色も楽しめるので、オススメ。
ダハブのバスターミナルから宿街のマシュラバまでは歩いて30分くらい。
運がいいとセブンヘブンの送迎バスがあるかもしれません。





















※エジプト(2回目)のまとめ 総括



約1年前にも来たエジプト。
まさか今回の旅で2度目があるとは思いませんでした。
(まあこのブログを書いてる時に3度目があったんですけどね… 笑)
エジプトの良いところは、物価が安くて、人懐っこい
冬がそんなに厳しくないのと(1月とかは想像していたよりも寒い)、ほとんど晴れ
ビザ延長が簡単ってところがあげられます。
悪いところは、観光地は物売りがウザい、英語が通じにくい
カイロの街は人が多くて埃っぽい、wifiが遅い、他の国に陸路で移動しにくい
ハエと蚊が多い、飯が美味くないってところがあげられます。
まあこう見ると悪いところが目立ちますが、慣れれば平気です。
1日2日水道が止まることもありますが、慣れれば平気です。
街を歩いていると、地元のやつに声をかけられよく絡まれますが、慣れれば平気です。
観光地に行くと平気で嘘ついてボッタクってきますが、慣れれば平気です。
外食するとよく腹を下しますが、慣れれば平気です。
っというわけで、『慣れれば』という魔法の言葉をバカの一つ覚えのように
連呼すれば、物価も安いし、アジアとは変わった雰囲気を味わえて
沈没してても適度に旅気分を味わえると思うので、俺的にはエジプト好きです。
しかもこのブログを書いてる今現在(2016/11)、エジプトポンドが急落して
半額近くに下がったので、さらに安さの恩恵を受けれると思います。
日が経つと物価の方もだんだん上昇するので今がオススメですよ。
まあ2都市しか行ってないので、大きなことは言えませんがね…( ゚д゚ ;)

※1回目に来た時のエジプト旅記 ↓
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-category-34.html






そんなわけで


エジプトの総合評価は★★★です。

(∩´∀`)∩ワーイ(∩´∀`)∩ワーイ









エジプトといえばピラミッド、ピラミッドといえば吉村作治ってことで
枯れ専(おっさん)好きの人は是非エジプトに行きましょう!!
















※今日の1曲
a crowd of rebellion 『Sketch』






俺は『吉村教授』より『天才柳沢教授』の方が好きだよ
っていう『モーニングKC』好きな人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2回目 エジプト | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最安(多分)でダハブからシャルム空港へ行く方法!!

リアルタイムではエジプトのカイロにいます。


沈没も1ヶ月過ぎるとやることもなくなってきて、最近はYouTubeを見倒しております。

ちなみに俺のオススメは『ダラケ』と『bazooka』で

両方共BSスカパー!なアンチ地上波な男、ダイスケです!!








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ダハブで起こった"大事件"』について書いたんですが

今回は『ダハブからシャルム空港への行き方』のこと

について書いていきたいと思います!!






みんな『極楽山本 吉本復帰を発表!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(遂に山さんも正式復帰ですね!
早くめちゃイケでの油谷さんが見てみたいッス!!)





※前回の記事 ↓↓
・ダハブで起きた"大事件"!!!
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-525.html












結局2度目のダハブも3ヶ月以上いて、前回と合わせるとダハブだけで半年…。


そして、シェア飯を作ること90回以上(ほぼ毎日)…

でも、海で泳ぐことたったの回数1回…。



もう本当にダハブが好きなのかどうか疑いたくなりますね!



あなたは『シェアシェアの実』でも食べて泳げなくなった人ですか!?

って聞きたくなるレベル!!

















そんな、第二の故郷ダハブでこのまま夏を感じちゃおうかなって思い始めた時(当時4月)

前から狙ってた『治験』の応募があり、申し込んだら無事通ったので

再度、小銭を稼ぎにイギリスに行くことにしましたー!!
(お母さん、お父さん、丈夫な子に産んでくれてありがとう)



パフパフドンドンドン♪
アハハハヽ(′▽`*)ノヽ(*′д`)ノヽ(*′ω`)ノ┌┛ドンドン












治験とは、治療を兼ねた臨床試験(治療試験)を省略した言葉で
発売前の新薬、医薬品の効果や安全性を科学的に分析する事を目的としている。
by wikipedia




早い話が、お金貰って新薬の実験台になるってこと。




良く言えば、医学の未来のため


悪く言えば、モルモット








日本でもたくさんやってるみたいだから

身体は丈夫だけどお金は無いよっていう貧乏人の読者さまは要チェキやね…。





※治験No.1の生活向上WEB【治験モニター募集】
http://www.seikatsu-kojo.jp/
↑ 日本での治験

※イギリス治験センター
http://british.tiken-center.com/
↑ イギリスでの治験














そして基本的に治験目的のみでイギリスに行く場合は

国外からの渡航費も補助対象になることが多い。



もれなく今回のもそれに該当する!!



つまりはエジプトからイギリスまで『無料』で行けちゃう♪♪



下手したら日本⇔イギリスの往復のチケットも貰えちゃう♪♪


日本からの往復なんて10万くらいしますから♪♪


10万ジンバブエドルじゃないよ!


10万円ですよ!!




エジプトで10万円って言ったら、半年近く居れちゃいますからー!!




ちなみに10万あったら

週刊少年ジャンプなら357冊(税別)

ガリガリ君なら1,428個(税別)

どんどん焼きなら5,000個(税別)

うまい棒なら10,000本(税別)買えちゃいます!!




もし10,000本『うまい棒のなっとう味』買ったら

日本からうまい棒のなっとう味だけなくなっちゃうね、多分…。


そんな時はコーンポタージュ味のうまい棒を食べましょう!!




51YJCqkp_UL.jpg

↑ パッケージには茹でられてるとうもろこしが

『まろやかでおいしいぞ~!』って言っててシュール 笑

















ダハブからイギリス行くチケットを調べたら、カイロからロンドンの直行がありましたが

カイロにバスで戻るのが面倒くさいと思った俺は

カイロ→ロンドンと併せて、シャルム→カイロのチケットも補助してもらいたい

って、治験会社に要請したら、見事成功!!




そんなこんなでシャルム空港からイギリスに向かうことに相成りましたとさ

めでたしめでたし…。





※今日の1曲
上を向いて歩こう






俺は『坂本九』より『スージーQ』の方が好きだよ
っていう『ジョセフ・ジョースター』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






























って、ちがーーう!!




まだ終わりません。


今日の本題はここからが始まりです…。


ダハブからシャルム空港までの行き方を紹介しますよー!!
(しかもお安く♪♪)















カイロの場合、市内から空港までバスが出てるんだけど

シャルム空港はダハブからシャルム・エル・シェイクって街まで行って

さらにその街から空港までのバスがないと来た…。



キャプチャ3

↑ シャルムのバスターミナルから空港まで16kmもあるし…

















お金がある人はダハブからタクシーで2,000~3,000円くらいで直接行くんだけど

金なし・夢なし・甲斐性なしの3拍子そろった逆完璧超人の異名をも持つこの俺は

もちろんシェア飯の材料を作るお金はあっても

タクシーに乗るお金なぞ持ち合わせていないので、もっと安く行ける方法を探してみる。




ググってみると多くの人はシャルム・エル・シェイクまでバスで行って

そこから空港までの区間タクシーで行くらしい。


それならバス代+40ポンドほどで行けるみたい。







でも、岸部シロー並にケチな俺はもっと安い方法を探してみる。



すると1つのブログに

『シャルム・エル・シェイク行きのバスに乗り

空港近くの道で降ろしてもらってそこから歩いて空港まで行った』

っと書いてあるじゃないですか!!



それならダハブからシャルムまでのバス代だけで済む。




浮いたお金でもう一回からあげ作れますよ、お肉さんのぞむさん!!



※2016年度3次隊 青年海外協力隊(2017-1)ザンビア農業支援・執筆本寄贈の道
http://patoriotto612.seesaa.net/article/409757313.html
↑ 参考ブログ

















イマイチ不安だけど、地図を見ると確かに

ダハブ→シャルム間に空港があるので途中で降りた方が近そうだ!



キャプチャ1

↑ ここのポイントで降りるのがベストっぽい。
(A地点がバスを降りる場所で、B地点が本来のバス停)



とりあえず『行ってダメなら最悪タクシー戦法』で行こうと思う。
















早朝6時のフライトだったが

空港泊する気マンマンだったから暗くなる前の17時に宿を出発!!





とりあえずシャルムまで行くバスに乗るため、バスターミナルまで歩いて移動。
(60円でタクシー乗れるのにケチな俺はもちろん歩き…)




キャプチャ0

↑ 宿からバスターミナルまでは40分くらいなので

貧乏節約家の人は歩いていこう!!
















P2310887.jpg

↑ 宿のあるマシュラバ地区から歩いて行く場合は

裏の大通りを南へ進み、突き当りを左に曲がります。

















P2310888.jpg

↑ そして1本めの道を右に曲がります

















P2310889.jpg

↑ そうすると左側にバスターミナルが見えてきます
















P2310995.jpg

↑ 少し待つとシャルム行きのバスが到着。


2時間おきに出ているので、チケットは当日買っても問題ないです。

お値段は30ポンド。

















そして、事前にネットで調べたとおりバスの運転手に

『空港の近くで降ろして欲しい』と伝えると

バスの運転手はアラビア語だったけど『OK』みたいなことを言っていたので

半信半疑なまま席についた。




キャプチャ

↑ ダハブからシャルムまでは1時間位の距離なので

居眠りしてたら乗り過ごすぞ!気をつけろー!!

















そして、スマホの頼れるアプリ『MAPSME』様で位置情報を確認すると

そろそろ上の写真に載せてたA地点(空港に一番近くなる場所)になりそう。



83925088.png


















20131030221813.jpg

↑ 承太郎が心臓を止めるがごとく、ドキドキするのを抑えながら

目的地に来たところで、運転手に向かって『ここで降りたい』と伝える。

















すると運転手は『ここでいいのか?』みたいなことを言ってきたが





どこで降りるの?今でしょ!





ってな具合に、俺は降りたいことをアピールしてバスを降りた。












そして、周りをよく見たらここはポリスコントロール(検問)のすぐ前だった。


すると案の定検問の前で降りた、怪しいアジア人(俺)に

『今から鹿でも殺しに行くんですか?』ってな感じの

デカいライフルを持った警察(軍人?)が近づいてくる…。






ここで子ウサギ並みのヘタレな俺の危険察知レーダーが

『なんかヤバいな…』って稲川淳二のような感じになったが

空港はこの検問の向こうだったので、行くしかないと思い

なるべく知らん顔した風を装って前を通り過ぎようとした…




…が、案の定止められる。



20111117001259be4.jpg

↑ あァァァんまりだアアアァ
byエシディシ

















==第一幕==
警官(以下警):お前どこ行こうとしてる

俺(以下俺):空港に行こうとしてます

警:バスじゃないのか?

俺:歩いてです

警:とりあえずこっちに来い(コイツこんなとこ歩くなんて怪しいな)


っと言われ、詰所みたいなとこに連れてかれる。


するとボスみたいな恰幅のいい男が現れた。





==第二幕==
ボス(以下ボ):お前どこ行こうとしてる

俺(以下俺):空港に行こうとしてます(さっきも聞かれたけど…)

ボ:バスじゃないのか?

俺:歩いてです(それもさっき聞かれたけど…)

ボ:荷物チェックするから、荷物を全部出せ!!


っと言われ、パックパック、サブバックとも全部の荷物を開けられた。
(またパッキングし直すの面倒くさいのに…)





==第三幕==
ボ:これはなんだ?

俺:コンソメです

ボ:これはなんだ?

俺:しょうゆです

ボ:これはなんだ?

俺:ポカリスエットの粉です(なんで調味料ばっかり…)

ボ:お前は中国人か?

俺:いいえ、日本人です

ボ:そうか日本人か。ジェッキーチェンはどう思う?

俺:ジャッキー・チェン is nice!!(いやジャッキー・チェン日本人じゃないし…)


って言うやり取りを一通りして、30分後くらいにやっと開放された。


ガチの検問っていうより、形だけの荷物検査&暇つぶしに利用されたって感じ。
                                 ==完==













ダハブから行く場合は必ず『ポリスコントロールの前』ではなくて

『ポリスコントロールの後ろ』で降ろしてもらいましょう!!



そうしたら、バスごとのチェックのみで荷物まで調べられたりはしないだろう。


だから降りる時、バスの運転手は『ここで良いのか』みたいな事を言ってたのかな?



P2310996.jpg

↑ あたりはもう真っ暗で誰も歩いてる人いなかった…

















そして3時間くらい歩いてやっと、シャルム空港を発見。


P2310998.jpg

↑ 見た目はでっかいサービスエリアみたいなデザインだな

















フライトは次の日の朝だけど、空港泊する気満々だった俺は

さっそうと中に入ろうとすると

警備員に『フライトの2時間前じゃないと入れないよ』っと言われガーン!!



P2310999.jpg

↑ エントランス入ったところがロビーみたいになっていて

そこには入ることが出来たので、そこで時間を潰すことに。


カフェのところにあるコンセントを使ってPCやったり、仮眠したりして時間を過ごす。

_(・。・)~゚ ボーッ
















そしてフライト2時間前の6:00に無事チェックインできて、いざ参ろう!


P2320002.jpg

↑ 航空会社は安心のEGYPT AIR。

LCCじゃないからご飯も付くよね?
















P2320004.jpg

↑ 中は広々~~(160cmの俺にとっては)♪♪

















飛行機で飛び立ち窓から外を見ると

周り何もない砂漠ばっかりの国だったってことを再確認なエジプト。




次はいつ来るのかなー、もしかしたらもう来ないかもしれないなー

っておセンチになっていますが

リアルタイム(2016年11月)では、証拠にもなくまたエジプトなんですけどね…笑。
(・ω<) テヘペロ




P2320006.jpg


















P2320008.jpg



















※ダハブからシャルム空港への行き方 
1、宿からバスターミナルまで徒歩 30分
2、バスターミナルからシャルム行きのバスに乗る
 17:50発 - 18:50着 40ポンド
3、ポリスコントロールを過ぎたところで降ろしてもらう
4、空港まで徒歩 3時間くらい

タクシーで行くと200ポンドとかかかっちゃうけど
これだと40ポンドで行くことが出来ます。
もし、シャルムのバスターミナルまで行ってしまったら
空港までタクシーで行くのが無難です(40~50ポンド)。















※今日の1曲
Special Favorite Music 『Magic Hour』






俺も『タクシー』より『徒歩+公共交通機関』の方が好きだよ
っていう『ケチ節約家』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 エジプト | 02:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダハブで起きた"大事件"!!!

リアルタイムではエジプトのカイロにいます。


数日前からエジプトの通貨が暴落し1円=12ポンドだったのが

急に1円=6ポンドになって、エジプトバブルが進行中でウハウハな男、ダイスケです♪

今まで5ポンド(60円)だったコシャリが、今じゃ30円で食べれますからね、奥さん!!








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ダハブで作ったシェア飯』について書いたんですが

今回は『ダハブで起こった事件』のこと

について書いていきたいと思います!!






みんな『吉井怜&山崎樹範が結婚!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(白血病を乗り越えた吉井怜ちゃん、幸せになってもらいたいですね)





※前回の記事 ↓↓
・シェア飯は一日にしてならず~ランキング編 その参~
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-524.html












注:2016年11月11日現在、リアルタイムではエジプトのカイロにいるのですが
ダハブには2015年の1月~3月、2016年の2月~4月の2回行っていて
この記事では2016年の2月~4月のダハブのことを書いています。








ダハブには『紅海』と呼ばれるアフリカ大陸とアラビア半島に挟まれた海に面していて

目立った河川が流れ込んでいないこともあり海水の透明度が高く

200種ものサンゴが生息するなど固有種も多いことから

ダイバーにとって『憧れの地』とも呼ばれているらしい。
(by wikipedia)



キャプチャ

↑ この真ん中にある海が紅海。

上の星印の場所がダハブです。


















そしてエジプトということもあり、ダイビングの免許も安く取れるということでも有名。
(現在アドバンスまで取って300ドル程度)




そんな、訪れたバックパッカーの半数がダイビングをし

ダイビングをしない人でも殆どがシュノーケリングや何らかの形で海にはいるダハブ。



そして海に入った人は間違いなく

『海キレイー』

『サンゴがいっぱいいるー』

『透明度チョーやばい⤴⤴』


などと言います。







そして前回の1回目と今回の2回目

合わせて半年以上いた俺(37歳独身)はもちろん…






入ってません!!

















新しい人が来ては海に入り『ヤバい!』と言って感動したり

男女でバディを組んで『楽しかったね♪』とイチャついたりするのを

横目で見ながら、ドラクエのレベル上げをしてる日々…。



P2310946.jpg

↑ 自然と女の子と一緒に泳げるシチュエーションですが

幼いころ『魁・男塾』や『ろくでなしBLUES』を愛読していた俺は

スーファミでも超魔界村という硬派(?)なゲームをしていますから。


















小学生の時、25m泳げなくて夏休みの居残り練習に参加するレベルの俺は

『海は入るものじゃなく、眺めるものだ!』と言って

『彼女が出来ないんじゃなくて、作らないだけなんだ』とか

『石原さとみだったら付き合っても良いけどねー』と

夜中のファミレスで曰わっているオタクな男子のように

斜に構えて文句を言い、海には1度も入っていませんでした。






今回ももちろん馬場ふみか似の可愛い女の子が

『一緒に行きましょうよ♪(´∀`*)ウフフ♪』っと言ってきても

『俺2日間寝てないんだよねー』と地獄のミサワばりの寒いセリフを言って断るだけで

海に入ることはないと固く心に誓っていました。



BKUWyQ1u_20160912020206.jpg

↑ いや、馬場ふみかちゃんが言うんなら行くかな…笑

















しかし、4月のある日カイロで超お世話になった堀江さんがダハブに遊びに来た時に

『今日カイロに戻るんで最後一緒にどうですか?』と言われ


なんと海に入ることにしたのです!!









あのダイスケがダハブで海に入るなんて、ちょっとした事件ですよ、これ!!



イギリスのEU離脱よりも

SMAPの解散よりも

高畑裕太の強姦問題よりも

トランプが大統領になったことよりも


一部の旅人の中では事件なんですよ!!












例えて言うならば

蛭子能収が月9ドラマの主演になるとか

北朝鮮でワールドカップが開催されるとか

HUNTER X HUNTERが最終回まで休みなくJUMPに載り続けるとか

ベッキーと川谷絵音が復縁するとか


と、同じくらいのレベルですから!!
















あくまでもお世話になった堀江さんと

一緒に行きたいっていう気持ちで行くのであって



P2310926.jpg

↑ こういった水着のお姉ちゃんが目的だったり

















13064076_10153659046288471_1045381671_o.jpg

↑ こんなお尻を見に行きたいっていう気持ちは微塵もありません( ー`дー´)キリッ
















824a3465-s.jpg

↑ この味は!ウソをついてる味だぜ… ((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル


















海自体は宿の目の前にあって、どこからでもエントリー出来るのですが

すぐ近くの海は透明度があまりきれいじゃないので

少し歩いたところにある通称「ラグーン」と呼ばれるポイントまで行くことにしました。



P2310612_201611111956084cd.jpg

↑ 安宿が並んでる場所は海に面しているので、基本どこからでも海には入れます

















P2310627.jpg

↑ 今回は南に2kmくらい歩いたところにある「ラグーン(湾)」まで行きました。

この時期(4月)の昼間は30度以上あって普通に暑いです…。

















ガッツリ海に入るのは一カ国目のフィリピンで泳いだ以来

2年半ぶり…、恐る恐るエントリーしてみると…。



DSCN5886.jpg

















DSCN5912.jpg






なんですかー!?


この透明度Σ(゚Д゚)!!


(写真は一緒に行った人からの頂き物…ww)


















足の踏み場もないほどのサンゴ礁群!!


そしてずっと奥も見渡せるほどの透明度!!!




この日は風もあって、そんなに透明度は高くなかったようですが

条件がいいと40メール先も見えるということ!!






DSCN5925.jpg


















DSCN5906.jpg

↑ まだ浅瀬なのでそんなに大物はいませんが

サンゴに隠れて魚達もたくさん見えるヽ(=´▽`=)ノ

















DSCN5910.jpg

↑ ウツボ発見ーーーー!!

運がいいとウミガメなんていうのも見えたり♪
















images_20161111200444548.jpg

↑ 運が良くてもこんなような人魚はいません!!
















g8740684.jpg

↑ どこかに人魚の国とかないかなー(^q^)

















さらに少し泳ぐと、ドロップと呼ばれる急に海底が深くなり

垂直に近い急斜面になるポイントがあります。



DSCN5914.jpg


















DSCN5928.jpg

↑ ここは海流などの関係からたくさんの魚が集まり、珊瑚も多く生息していて

水温も低く、底が見えないほど深いので

潜っていると海の底に引き込まれるような感覚にも…。



















いやー、海の中ってなかなか味わえないからやっぱり感動しますね!


これが今まで頑なに海に入らなかった男の言うセリフか!?



289fdf61.jpg















fd3e1fcc.jpg















681baf88.jpg















b3c6189a.jpg

↑ マジカオス… ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この豹変に比べたら、俺の心変わりなんて可愛いもんだなww



















散々泳ぎ倒したんで、上がってきた時はもうクタクタ…。


G.G.佐藤世代のオッサンには海はキツいっすね…。









まあ、これで俺も一端の海人(ウミンチュ)だな。


これからは毎日でも泳ぐぞー!!

。゜:。・。゚・。o・。ヘ(・`∀・´*)_。゚・。o・。


















…ってその夜、何か肌が暑いなぁって思っていたら





13081735_874179322710855_800282372_n.jpg

↑ なんと1日でむちゃくちゃ日焼けしてました!!


そして数日の間、日焼けのヒリヒリと戦うことになり

その後、2度とダハブの海には入ることはありませんでした。

めでたしめでたし…。




















でもダハブの海は本当きれいなんで

来た際には是非入ることをオススメしますよーーー!!



P2310925.jpg

↑ ダハブのイメージボーイ『髭原人堀江さん』



















※今日の1曲
indigo la End  『藍色好きさ』






俺は『髭原人』より『河原みのり』の方が好きだよ
っていう『パチプロ』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 2回目 エジプト | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT