世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チェスキー・クルムロフの夜景と宿情報

リアルタイムではウクライナのウージュホロドにいます。

最近、見た映画の中で面白かったのは『奇跡』だった

『大塚寧々』好きな男、ダイスケです。







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回、『チェスキー・クルムロフ』に着いたとこを書いたんですが

今回は"夜景"と"宿情報"のことについて書いちゃいますよー!!


みんな、『指原莉乃の水着ライブ』の方が気になるかと思いますが

頑張ってブログを読んでくださいm(_ _)m


※前回の記事 ↓↓
・これが"世界で最も美しい街"チェスキー・クルムロフだ!!
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-371.html














さて、"世界で最も美しい街"にせっかく来たからには

"世界で最も美しい街"の夜景を見ずには帰れません。


野郎1人でロマンチックな夜景を見に行くのは心が折れそうになりましたが

いずれ『俺、チェスキー・クルムロフの夜景見たんだぜ』

っと、女の子を口説く時に必要になるかもしれないんで

頑張って夜10時頃、街に繰り出しますo(・`д・´。)


P2160495.jpg

















P2160494.jpg

↑ 旧市街広場もきれいにライトアップされてました

















P2160497.jpg

















P2160496.jpg

















P2160499.jpg

















P2160498.jpg

↑ チェスキーの街は田舎なので夜はあんまり人が出歩いてなかったですが

治安は良いので夜も安心して一人歩きができます。


写真を撮る時は人がいない方が撮りやすいので好都合♪
















P2160490.jpg

















P2160478.jpg

↑ お城を見上げる感じも絵になります

















P2160483.jpg

















P2160480.jpg

↑ そして、昼も行ったお城の展望台から見る景色がクソきれい!!

写真で見てもきれいだけど、実際はこの10倍良かったです^^














いやー、チェスキーは街の景観がめちゃめちゃきれいです。


小さい街なんで歩き回らなくてもいいし

家も可愛いし、川とか木の自然もあってとっても良かった。




"世界で最も美しい街"かどうかは分かんないけど

俺の中でも好きな街の上位に入りますねー♪♪



















そして今度は、そんなダイスケお気にの街"チェスキー・クルムロフ"

で、泊まった宿を紹介したいと思います。





P2160423.jpg

↑ 今回泊まった宿は『Travel Hostel』。

旧市街のど真ん中にあって立地が最高ー。
















P2160422.jpg

↑ 1階はBARになってましたが、そんなにうるさくなかったです
















P2160421.jpg

















P2160420.jpg

↑ キッチンは広くて一通りのものは揃ってました
















P2160417.jpg

↑ ベットは1段で圧迫感なし
















P2160418.jpg

↑ 廊下もファンシーな造り
















P2160419.jpg

↑ シャワー室は鍵がなかったので

入ってる時に誰かが来たら"まいっちんぐ"なことになっちゃいます 笑。

















※宿情報

・Travel Hostel
2015/05/14~2015/05/17の3泊

住所:Soukenicka 43
電話:420 731 564 144
mail:reception@travelhostel.cz
WEB:http://www.hostelbookers.com/property/prp/6689/

ドミトリー 220コルナ

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
wifi ○(速い・部屋でも使用可)
台所 ○  朝食 ×
ランドリーサービス △(不明)
荷物預かり可 タオル貸出無
シャワー(水圧:まあまあ お湯:熱い)
英語可 クレカ払い不明

きれい    ★★
立地     ★★★
居心地の良さ ★★
スタッフ    ★★★
設備充実   ★★
おススメ度  ★★★ (ここは、おススメ♪)
(↑ 3段階評価ね)


最初は、チェスキーは超観光地だし、街も小さいから
宿代も高いかなって思ってたら意外と安かった。
チェスキーで安いところは、ここと『Hostel Havana
ってところだったが、立地の面でこちらの方にした。
部屋も安い割にはきれいだし、なにより1段ベットだったので
FULLになっても、開放感があった。
ベット脇に棚もあって、荷物の置き場にも困らない。
あと、キッチンはスペースあって広々としてたけど
チェスキーは韓国人バックパッカーがたくさん来ていて
夜は韓国人の客がよくキッチンを使っていた…。
あと、シャワー室の鍵がなかったのも難点。
でも、何より、旧市街広場から歩いて1分という超好立地♪
夜中に夜景を見に行ってもすぐに帰って来れるところがいい。
スタッフも親切だったし
チェスキーで安く泊まるならこの宿オススメです。

















※使ったお金
・食費(買い物含む) 40コルナ
・宿 220コルナ
(1コルナ=約5円で計算)












※今日の1曲
SQUEEZE!! 『紅葉』






俺は『実写版マチコ先生』だったら、『森下悠里』版よりも
『相澤仁美』版の方が好きだよっていう人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| チェコ | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これが"世界で最も美しい街"チェスキー・クルムロフだ!!

リアルタイムではスロバキアのブラチスラヴァにいます。
(1か月近くいたブダペストからついに移動 祝!!)

最近、見た映画の中で面白かったのは『四十九日のレシピ』だった

『永作博美』好きな男、ダイスケです。







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回、『クトナー・ホラ』で子門真人もびっくりの山盛り骸骨を堪能したので

今日は、"世界で最も美しい街(誰が言った?)"と呼ばれる

『チェスキー・クルムロフ』に行ってみました。


※前回の記事 ↓↓
・『クトナー・ホラ』で骸骨と戯れよう
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-370.html














プラハからチェスキー・クルムロフはバスで3時間ほど。


バスの本数もあるから、朝行けば日帰りも可能だけど

せっかく、"世界で最も美しい街(自称?)"に行くんだから日帰りはもったいないと

3泊することにしました。
(プラハの宿が木曜から日曜の3日間高かったので)




P2160409.jpg

↑ チェスキー行きのバスはFlorenc駅のバスターミナルじゃなくて

Andel駅近くにあるバスターミナルなので注意。
















P2160410.jpg

↑ 黄色のバスでお馴染みStudent Agecy。

今回もネットで事前に予約しておきました。


チェスキー行きは1時間に1本あったけど

時間帯によっては売り切れていたものもあったので

事前に予約していくことをオススメします。


※Student AgecyのHP ↓↓
http://www.studentagency.eu/
















P2160412.jpg

↑ 座席はそんなに広くないけど

モニターもあって映画も見れるから、3時間くらいあっという間♪♪
















P2160413.jpg

↑ チェスキーには北側の停留所と旧市街の東側にあるバスターミナル

の2箇所に止まります。


どっちから降りても、旧市街までの距離は変わりませんが

俺は安全に終点まで乗ってバスターミナルの方で降りました。
















P2160414.jpg

↑ 川沿いの道を歩いていると木々の切れ間からビューポイント発見♪
















宿に着いて、この日はスーパーに買い物行ったり

ダラダラして終了…。




次の日改めて観光開始o(・д´・+)ゞ♪
















map_20150624043000d0f.jpg

↑ チェスキーの街はすごい小さくて

端から端まで歩いても30分くらいで行けちゃいます。

街全体の地図はこんな感じです。
















P2160429.jpg

















P2160476.jpg

















P2160463.jpg

↑ 地図を見ても分かるんだけど、街をなぞる様にモルダウ川が流れていて

歩いてると、すぐ川にぶつかるんですよね。


でも、その川と建物のバランスがもう最高なのですよー(・∀・)イイネ!!

















P2160424.jpg

















P2160452.jpg

















P2160453.jpg

↑ そして、建物もメルヘンチック。


平成生まれのJK(女子高生)じゃなくても

『超かわいいんですけどー(((o(*゚▽゚*)o)))キャハッ』って、言っちゃいます。

















P2160427.jpg

















P2160425.jpg

↑ しかし、よく見ると建物の模様がレンガや彫刻のように見えるだまし絵。


漆喰の壁を削って模様を描き、立体的に見せている装飾技法なのらしい。















P2160470.jpg

↑ 街の中心にある旧市街広場に到着。

まー、広いだけで何にもないんですけどね…。
















P2160471.jpg

↑ 旧市街広場の近くにある『聖ヴィトゥス教会』
















P2160472.jpg

↑ 教会内でコンサートとかもやるみたいだけど

この日は何もやってなかった…、残念。
















さて次は、メインの『クルムロフ城』に行ってみたいと思います。


P2160460.jpg

↑ クルムロフ城は旧市街から川を渡って北側にあり

このあたりも観光ポイントなので、観光客が多い…。


ちなみに、チェスキー・クルムロフはめちゃめちゃ韓国人の観光客がいた。

街ではツアーの団体がいたし

宿にも半分位が韓国人のバックパッカーだった。


チェスキーが舞台の韓流ドラマでもやってるんだろうか??
















P2160459.jpg

↑ 奥に見えるのが『フラデークの塔』。

昔は、罪人を収容していた牢屋だったんだって。
















P2160451.jpg

↑ お城のお堀で発見ー!!


"昔、狩りに出た王様を追いかけて熊がやってきた"という説があり

今では、ここで3頭飼っているんだって。


名古屋もお堀で鹿飼ってるから、それとおんなじだな 笑。
















そして、お城の上に上がってチェスキーの街を見下ろしてみると



P2160466.jpg

















P2160464.jpg




やばいΣ(○>Д<ノ)ノ

超かわいいんですけどー!!





もうなんかオモチャのジオラマを見てるみたい。


ここは、お城の西側(庭園がある方)のところにある見晴らし台なんですけど

この場所から見る景色はホント良かったです♪♪





さて、ファンシーでメルヘンなチェスキーの街並みを見たあとは

夜に出動して、今度は"夜景"を見に行っちゃいますよー((o(´∀`)o))

















※使ったお金
・食費(買い物含む) 40コルナ
・宿 220コルナ
・チェスキー・クルムロフまでの電車 200コルナ(片道)
(1コルナ=約5円で計算)












※今日の1曲
SpecialThanks 『NEVER GIVE UP』






俺は、『ファンシーなメルヘン』より『グロテスクなスプラッター』の方が好きだよ
っていう、『B級映画』ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チェコ | 07:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『クトナー・ホラ』で骸骨と戯れよう

リアルタイムではハンガリーのブダペストにいます。
(まだいるし…。さすがに明日outします…。)

最近、見た映画の中で面白かったのは『麦子さんと』だった

『堀北真希』好きな男、ダイスケです。







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回までで、あらかたプラハの街は観光したので

今日は、プラハ郊外にある『クトナー・ホラ』という街に行ってみたいと思います。



クトナー・ホラは昔、銀の採掘が行われていて

13世紀から16世紀まで、プラハを凌ぐ経済・文化・政治都市だったが

銀が枯渇していくにしたがい活気がなくなり

ペストや三十年戦争などでだんだんと衰退して今に至るとのこと。


※前回の記事 ↓↓
・プラハに行って夜景見ないのはモグリだね(36歳独身男性談)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-369.html












このクトナー・ホラには、骸骨がめちゃ置いてあるセドレツ納骨堂があることで有名で

骸骨&お墓好きの俺にとってしてみたら


行かずにはいられない、必須のポイントです!!



セドレツ納骨堂とは、チェコの首都プラハから東に約70キロほどの
町クトナー・ホラ近郊のセドレツにある納骨堂。
セドレツ墓地内の全聖人教会地下にある。
この教会と納骨堂は約4万人の人骨を保管し
そのうち約1万人分の人骨を用いて礼拝堂内の装飾をしていることで知られる。
(Wikipediaより引用)
















プラハの街からクトナー・ホラへは

プラハ中央駅から鉄道に乗って1時間くらいで

そんなに遠くないので、出不精な俺でも大丈夫 笑。


※参考サイト ↓↓
・世界遺産クトナーホラへの行き方
http://miledeisan.com/guide/kutona.htm








中央駅の窓口で切符を購入。

帰りの切符もついでに買って、往復で203コルナでした。
(往復割引あり?)



P2160505.jpg

↑ クトナー・ホラ行きの列車は1時間~2時間に1本くらいあります


あらかじめチェコ鉄道のホームページで時刻表を調べておくと

待つことがなく、便利です。


・チェコ鉄道のホームページ ↓↓
http://www.cd.cz/spojeni/














P2160506.jpg

↑ そして、1時間くらいでクトナー・ホラ駅に到着。

終点じゃなかったけど、多くの人が降りるのでわかりやすいと思います。

















駅を出たところで、市内行きのバスがありましたが

歩いて15分くらいと聞いたので、歩きで行くことにしました。



map1_20150621204658b38.jpg

↑ セドレツ納骨堂へは、まず駅から出て線路沿いを進んで

大通りに出たら左に曲がります。

まっすぐ進むと左手に『聖マリア聖堂』という

大きな教会があるので、そこを右に曲がると行けます。
















P2160507.jpg

↑ 入口にこんなモニュメントが建ってました
















P2160513.jpg

↑ 納骨堂の見た目はこんな感じであんまり大きくない
















P2160512.jpg

↑ 入口の地面にかわいい骸骨がお出迎え^^
















P2160508_20150621211804384.jpg

↑ 値段はセドレツ納骨堂だけで90コルナ。

納骨堂、聖マリア聖堂、聖バルボラ教会 の3つセットで185コルナ。


ちなみに『聖マリア聖堂』と『聖バルボラ教会 』は

納骨堂の近くにある教会で、この2つは世界遺産になっています。


5分くらい入口で『う~ん、う~ん…』

と悩んだあげく、3つセットのチケットを買いました。


ひゃー、俺ってリッチヾ(*ΦωΦ)ノ
















P2160514.jpg

















P2160524.jpg

↑ 中に入っていきなり正面に骸骨で出来たオブジェを拝見…。

ヤバスΣ(○>Д<ノ)ノ
















P2160515.jpg

↑ 入口近くにある、地下堂へと通じる階段の両側にある聖杯
















階段を降りるとそこには、右を見ても骸骨、左を見ても骸骨

どこを見ても骸骨だらけ…。


『お菓子の家』ならぬ『骸骨の教会』だ!!




P2160522.jpg

















P2160520.jpg

↑ 特に地下堂の中心にある、人体のほとんどすべての種類の骨を用いていて

作られた、八腕のシャンデリアがこれまた圧巻。
















P2160518.jpg

↑ シャンデリアの下にも、4つの小尖塔があり

それぞれに22個のしゃれこうべがつけられている。


上には何故かかわいい天使のコラボ…。
















P2160519.jpg

↑ この骸骨の内装を依頼したシュヴァルツェンベルク家の紋章。

紋章の右下部には、一羽の大鴉が骸骨の左目を突いている飾りもあって細かい。
















P2160517.jpg

↑ 地下室の四つ角には骸骨が大量に山積みされていた
















P2160521.jpg

↑ この納骨堂、地下にあるんだけど

ひんやりしていて、状況も状況なんでちょっと怖い…。
















P2160523.jpg

↑ これは、骸骨を使って装飾を施したチェコ人の木彫家『リント』の名前














納骨堂自体は、そんなに広くないんだけど

360度どこを見ても『骨』『骨』『骨』って感じで

ドクロ好きな人にとっては超オススメです。


でも、やっぱりそこは人骨なんで、嫌な人は嫌かもです…。



















次は聖マリア聖堂に行ってみます。




P2160526.jpg
















P2160525.jpg

↑ 聖マリア聖堂はセドレツ納骨堂の近くで歩いて5分くらい
















P2160527.jpg

















P2160529.jpg

↑ 12世紀にシトー会の修道院の聖堂として建てられた教会で

何度か修復されてるみたいで、中は広くてきれいです。

有料なんであんまり人もいませんでした。
















P2160530.jpg

↑ 祭壇も装飾がたくさんしてありました
















次は、最後の『聖バルボラ教会 』へ移動。


聖バルボラ教会 は少し離れていて、2kmくらいあります。


バスでも行けますが、ケチな俺はとぼとぼ歩いて向かうことにしました。



P2160544.jpg

















P2160545.jpg

↑ 40分ほどで聖バルボラ教会 に到着。

途中に、クトナー・ホラの旧市街がありましたが、特に見るとこなし…^^;
















P2160548.jpg

















P2160551.jpg

















P2160555.jpg

↑ この教会はステンドグラスがきれいでした
















P2160552.jpg

↑ 祭壇
















P2160553.jpg

↑ 天井も面白い形をしていました

















そして、また1時間くらいかけて、クトナー・ホラ駅に戻り

列車でプラハに帰りました。



聖バルボラ教会の近くには『ホラムニェスト駅』っていう駅があるので

歩いて帰るのがめんどい人は電車に乗ってもいいかも。


でも、クトナー・ホラ駅からホラムニェスト駅の間は

プラハ本駅からクトナー・ホラ駅のチケットでは乗車できないので

別途、乗車券を購入する必要があるので注意。

















という訳で、プラハから電車で1時間のところにある『クトナー・ホラ』

に行ってきました。


街自体はあんまり見所ないし、2つの教会もお金払ってまで見るほどのもんか

ちょい微妙だったりしますが

骸骨だらけの納骨堂はデザイン的にも雰囲気的にも好きでした。





さて、骸骨をしこたま見たあとは

"世界で最も美しい街"、でお馴染み

チェスキー・クルムロフに行ってきますー(((o(*゚▽゚*)o)))ヒャッホゥ-

















※使ったお金
・食費(買い物含む) 100コルナ
・宿 120コルナ
・クトナー・ホラまでの電車 203コルナ(往復)
・教会とかの入場料 185コルナ
(1コルナ=約5円で計算)












※今日の1曲
BoA 『be with you』






俺も、『パタパタママ』より『ホネホネ・ロック』の方が好きだよっていう
『子門真人』ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チェコ | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プラハに行って夜景見ないのはモグリだね(36歳独身男性談)

リアルタイムではハンガリーのブダペストにいます。
(もうかれこれ、ブダペストに3週間…。)

最近、見た映画の中で面白かったのは『罪とか罰とか』だった

『奥菜 恵』好きな男、ダイスケです。







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















プラハでは、まず旧市街に行って

次に、プラハ城に行って

その後、ヴィシェフラド城と新市街に行ってみたわけなんですが

プラハ観光の締めとして、プラハの夜景は欠かせない

ってことで、夕御飯を済ませ夜のプラハへGOー!!





でも、この時期(6月)のヨーロッパは、プラハにかかわらず

夏至の時期なので、とにかく日が暮れるのが遅い。



辺りが暗くなるのは、21時を回ってからで

夜景を楽しもうと思ったら、22時を越えるまで待たないといけない^^;



日が長いのは、長い時間観光できるっていう利点もあるけど

夜景見て帰ろうと思ったら、宿に帰るのがかなり遅くなる。



プラハは夜出歩いてても、特に危険を感じなかったが

この日没が遅いのは今回東欧を回っていて困ったことの1つだ。












まー、ぶつくさ文句を言ってもしょうがないので

22時頃に宿を出発!!



P2160777.jpg

↑ まずは図書館みたいな見た目の国立博物館
















P2160776.jpg

↑ ヴァーツラフ広場は夜でもたくさんの人が脇のBARで飲んでました。

チェコビールは美味いのかなー?

ちなみに俺は全くお酒が飲めないので

チェコの黒ビールよりも、サントリーの伊右衛門の方が好きです。
















P2160774.jpg

↑ でも、ちょっと小道に入ると全く誰もいなくなる…

















P2160775.jpg

↑ 教会もライトアップされてます
















P2160773.jpg

↑ 旧市街広場のあたりはあんまり人がいなかったです
















P2160771.jpg

















P2160772.jpg

↑ この辺は、鈴木その子並みのスポットライトが配置されていて

マリア・ティーン教会もきれいにライトアップ。
















P2160764.jpg

















P2160763.jpg

↑ カルレ橋前の教会
















P2160760_20150620054810e19.jpg

↑ カルレ橋にはうわ下駄みたいのがなかったので

橋自体はそんなにきれいじゃなかったかなー。
















P2160762.jpg

















P2160759.jpg

↑ その代わり、橋から見る景色はきれいだった
















P2160758.jpg

↑ 橋の上から見た大通り
















P2160755.jpg

↑ 川を渡ってプラハ城側に行くと、もうライトアップのオンパレード
















P2160751.jpg

















P2160749.jpg

















P2160750.jpg

↑ プラハ城の中央に位置する『聖ヴィート大聖堂』。

ここのライトアップが超きれい。


夜はあんまりプラハ城のあたりは人もいないし

治安も悪くないので、ゆっくり夜景を楽しめます(*´∀`*)

男一人だけど…(TwTlll)
















P2160746.jpg

















P2160747.jpg

↑ 高台から見る景色がこれまたきれい。

風も涼しくてムード満点(´∀`*)

男一人だけど…゚(゚´Д`゚)゚















P2160752.jpg

















P2160753.jpg

↑ 気分はこんな感じで暗闇っすよ…(ヽ´ω`)...

















まあ、『去年"生まれて3回目の干支"が通り過ぎた

"金なし"、"職なし"、"彼女なし"の三重苦野郎が

一人で、カップルがイチャつく中

カメラ片手に見知らぬ土地で夜景を撮りまくってる』って

虚しさを除けば、プラハの夜景も満更捨てたもんでもないな。


みんな一度は見に来るといいよ!!
(精一杯の上から目線…)










さて、プラハをあらかた堪能したあとは

"ガイコツだらけの納骨堂"、でお馴染み

セドレツ納骨堂があるクトナー・ホラに行ってきますー(((o(*゚▽゚*)o)))

















※使ったお金
・食費(買い物含む) 50コルナ
・宿 120コルナ
・市内バス 32コルナ
(1コルナ=約5円で計算)












※今日の1曲
MIX MARKET 『P.O.T.L.P.』






俺は、『男一人でディズニーランドも行くよ』っていう
『鉄の心』を持つ、Mrアイアンハートな君はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チェコ | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行くとこがなくなったら、地図を片手に出かけよう

リアルタイムではハンガリーのブダペストにいます。

最近、見た映画の中で面白かったのは『八日目の蝉』だった

『井上真央』好きな男、ダイスケです。







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回、プラハの象徴"プラハ城"に行ったんですが

今回はヴルタヴァ川の対岸にある"ヴィシェフラド城"に行ってきました。


※前回の記事 ↓↓
・観光に迷ったら、大きいお城に行っとけば間違いない
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-367.html









"プラハ城"が観光客が行く、華やかな観光スポットだとしたら

"ヴィシェフラド城"は地元の市民が行く、憩いの場所みたいな感じ。



伝説によれば、9世紀初め頃昔チェコにあったボヘミア王国の

王女リブシェというお姫様が、ある日ヴルタヴァ川を望む小高い丘に立ち

『ここに大きな町を造るがよい。その町を"プラハ"と名付けよう。

その栄光は天まで届くであろう!!』 、とその繁栄を予言したという。


その後、一時王座があったこともあり繁栄を築くが

11世紀、ヴラジスラフ2世が王座をプラハ城に移したことで

政治的な影響力を失い、それ以降ヴィシェフラド城は廃れてしまっていたそうです。


※参考サイト ↓↓
・タクジローの日本全国お城めぐり
http://castle.slowstandard.com/752/76czech/post_1285.html



map_201506191916373ea.jpg

↑ お城の場所は旧市街の南の方にあり、少し離れてます。

上の『プラハ1』って書いてあるところらへんが、旧市街で

赤いピンのところがヴィシェフラド城です。
















P2160598.jpg

↑ 川の向こうに見えるのは"プラハ城"。

プラハ城は川沿いにいたら、どこからでも見ることができるまさに"象徴"。

















1時間ほど歩いて、お城がある丘に到着。

この歳になると坂道が足腰に来るお年頃です…。



旧市街からトラムや地下鉄も出てるみたいなので

時間のない人、120円くらいをケチらない人

おっさんなのに妙に若者ぶったがいいが体がついていかない人は

大人しく公共施設に乗っていきましょう!!



P2160600.jpg

↑ 丘の頂上には聖ペテル・パヴェル教会という教会があります
















P2160602.jpg

↑ その横にあるヴィシェフラード墓地
















P2160601.jpg

↑ ここには、チェコの国民的作曲家"スメタナ"をはじめ

"ドボルザーク"、"ミュシャ"などの有名な芸術家のお墓もあります。

















P2160604.jpg

















P2160605.jpg

↑ 昔、"沐浴場"跡があった場所が断崖絶壁にの崖の上にあって

今は展望台になってます。

昔の人も絶景を見ながらお風呂に入るのが好きだったんだね^^
















P2160607.jpg

















P2160609.jpg

↑ 反対側も家並みが見られて素晴らしい景色♪♪















ヴィシェフラド城は少し遠いけど

あんまり観光客もいないし、景色も良かったのでオススメです。



















そして、帰りも当然のごとく徒歩なので

散歩がてら新市街のあたりも寄って帰りました。



P2160564.jpg

↑ 正面が立派なプラハ中央駅。

鉄道を使って、他の都市に行く時はここの駅を使いますが

バスターミナルは一つ隣の『FLORENC駅』にあるので注意。
















P2160568.jpg

















P2160570.jpg

↑ 国立博物館らしいけど、中には入れず(改装中?)
















P2160569.jpg

↑ 国立博物館の前には

プラハで二番目に大きい広場"ヴァーツラフ広場"が広がっています。
















P2160584.jpg

















P2160585.jpg

















P2160586.jpg

↑ 公園近くにあった教会















P2160592.jpg


↑ 言われなきゃ気付かなかった、新市街の市庁舎
















P2160596.jpg

↑ 壁がひん曲がってるモダンな建物も…。

名古屋駅にあるスパイラルタワーみたいだな。
















P2160681.jpg

↑ 上にでっかい時計が付いてる教会もあった
















P2160683.jpg

↑ 高い塔があったのでなんだろうと思って近づいてみると…
















P2160684.jpg

↑ 赤ちゃんが塔の上をハイハイしているといったシュールなデザイン

















P2160576.jpg

















P2160700.jpg

















P2160595.jpg

↑ 変(モダンともいう?)な建物もたくさんありますが

プラハの新市街は、他の大都市みたくビルとか現代建築ばっかりじゃなくて

カラフルで可愛らしい街並みになっているので

歩いてても楽しかったです。










さて、ヴィシェフラド城と新市街を回ったあとは

"プラハといえば夜景"、"夜景といえばプラハ"でお馴染み

30過ぎのおっさん一人で、夜のライトアップ見てきますよー*゚。((o(*'ω'*)o))。゚*

















※使ったお金
・食費(買い物含む) 80コルナ
・宿 120コルナ
(1コルナ=約5円で計算)












※今日の1曲
KEYTALK 『太陽系リフレイン』






俺は、『チェコのヴィシェフラド城』より『兵庫の竹田城』の方が好きだよっていう
『城マニア』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| チェコ | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT