世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベオグラードを観光して思うこと…

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


今泊まっている宿では俺の他に3人くらい『コイツいつも何やってんだろ?』

って思うくらい、ずっとパソコンやってる奴がいます。

話したことはないんですが、なんか妙な連帯感を覚え始めた今日この頃です…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ベオグラードへの道 後半(セルビア入国編)』について書いたので

今回はその前の続き『ベオグラード観光』について書いていきたいと思います!!





みんな『紅白歌合戦、今年の司会は綾瀬&井ノ原に決定

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(そんなことより、綾瀬はるかがもう30歳ってことに驚きました…)



img_1_20151126081428f69.jpg

↑ 『僕の彼女はサイボーグ』の時の綾瀬はるか爆可愛かったわ^^


















※前回の記事 ↓↓
・ベオグラードへの道 後半(セルビア入国編)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-467.html


















ベオグラードは、かつてのユーゴスラビアに属した地域に位置していて

政治的にも経済的にもその中心となっていた場所。


今でも、旧ユーゴ圏の鉄道はベオグラードを中心に走っています。




そしてこのセルビアという国、第二次世界大戦中は

マケドニア、ボスニア、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ、コソボ

という、7つの国からなっていた。
(コソボはセルビアを始め承認していない国もありますが…)




その後、1992年までにモンテネグロとコソボを除く4つの国が独立し

2006年にモンテネグロも独立して現在のような形になった。
(コソボは2008年に事実上の独立をします)



ここに住んでいる人たちは

この20年くらいの間で多くのことが変わったのだと思う。


俺で言ったら、高校生の時と今の時で住んでいる国の名前が

まるっきり変わっているということなんです!!





そして、1980年代から1990年代の独立運動によって

ユーゴスラビアからの離脱や新しい国の枠組みをめぐり民族間による

大規模な紛争へと発展したことでも有名。



社会の授業で『バルカン半島はヨーロッパの火薬庫』

だって、世界史の先生が言ってたかんね!!






めちゃくちゃ乱暴にまとめて言うと

『同じ国に違う民族がいたので、みんな喧嘩してバラバラになった』って感じ…。



もし日本と韓国と北朝鮮が陸続きの土地で1つの国だったとしたら

そりゃ喧嘩するよねって話(違う…?)。






もっと、いろいろ勉強してから訪れたかったけど

慌ただしくてウィキペディアを斜め読みしてから行くのがやっとでした…。





興味のある人は『ユーゴスラビア 紛争』でググって調べてみよう。


















ベオグラードは2泊だけで、そのあとクロアチア方面に抜けようと思っていたので

サクサクーっと観光することにした。







まずは、旧市街の北端ドナウ川手前にある

『カレメグダン公園(通称ベオグラード要塞)』へ。



P2290942.jpg


















P2290943.jpg

↑ ここは城壁が今もハッキリ残ってて、しかも無料で中に入れるっていうのが良い


















P2290945.jpg
 
↑ ジンダン門のあたりは高台になっていて城壁からドナウ川を見ることができる


















P2290951.jpg


















P2290950.jpg


















P2290949.jpg

↑ 軍事博物館のまわりには内戦の時に使用した

戦車や砲台(レプリカの?)が所狭しと並んでいて

博物館の中に入らずとも雰囲気を楽しむこと出来ました。


















P2300003.jpg


















P2290998.jpg

↑ ちなみに夜になるとこんな感じできれいな夜景が見えるんですが

周りはカップルだらけなので1人で行くとなかなかのダメージを受けます(>_<;)


















P2290963.jpg


















P2290938.jpg

↑ カレメグダン公園から南にのびているメイン通りのクネズ・ミハイロ。

両サイドにはカフェやらレストランが並んでいます。


















P2290995.jpg


















P2290993.jpg

↑ 夜もカフェに人がたくさんいて楽しそうなんだけど

よく見ると、寒くてみんな毛布をかぶってる…。


いや、寒いんならオープンテラス座るなよ(笑)。


















P2290898.jpg

↑ 少し通りを入ったところに傘が並んでるところがあったけど

これどっかの国のお祭りでもあったよね?

どこだったけな…??



















P2290903.jpg


















P2290904.jpg

↑ 旧市街の西側にあるセルビア正教大聖堂。

前の道幅が狭いので、写真のアングルがこんな感じになっちゃうわ…。


















P2290902.jpg

↑ 大聖堂の向かいにあるのが『リュビツア妃の屋敷』と呼ばれる博物館。

第2セルビア蜂起の指導者ミロシュ公が当時住んでいた屋敷で

この名前はミロシュ公婦人の名前からきている。


















P2290977.jpg

















P2290976.jpg

↑ 中心から南の方に行くとひときわ目立つサヴァ教会があるが

中に入ってみるとまだ建設途中らしく、雑然とした空間が広がってるだけ。


















P2290972.jpg


















P2290973.jpg

↑ まだ近くにあった名前の分かんない教会の方がきれいな内装をしていたよ


















P2290968.jpg


















P2290969.jpg

↑ セルビア正教会の聖堂である聖マルコ聖堂。

中には多くの貴重なイコンが納められているとの事だったが

修復中か知らないけど、これまたガラーーンな状態…。


あと分かりにくいんだけど、ロシア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教会

ブルガリア正教会、日本正教会…とか○○正教会っていう場合は

名前が違っていても、それぞれ信仰しているものは同じなんだって。
(例外もあり…)


○○支部みたいな考え方なのかな…?


















P2290967.jpg

↑ そして、その聖堂の前にあるのがベオグラードの国会議事堂


















あと、歩いているとベオグラードの街にたくさんのグラフティアートを見た。




P2290912.jpg

↑ クジラが空を飛んでる絵


















P2290971.jpg

↑ 癒し系の女の子の絵


















P2290910.jpg

↑ これは癒し系というより脱力系かな??


















P2290907.jpg


















P2290908.jpg

↑ ここらへんはたくさんのグラフティがあった


















P2290925.jpg


















P2290921.jpg


















P2290922.jpg

↑ そしてクネズ・ミロシュ通りに入ると見えてくる空爆で半壊になった建物。


ここには官公庁の建物が多くて、そのためNATOによる空爆の対象となり

今でもいくつかの建物がそのままの様子で残っている…。



NATOとは、別名:北大西洋条約機構と呼ばれ、冷戦時に対ソビエトに対抗するため

アメリカやヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟で

冷戦終結後は域外紛争に対応するようになり、1999年のコソボ紛争でセルビアに対し

NATO初の軍事行動となった空爆を行ったという。


















P2290920.jpg

↑ 向かい側の建物にはセルビア女性兵のポスターがでかでかと貼ってあります。





人によってはここで写真を撮ってたら注意されたって言う人もいたけど

俺の時は特に何も言われませんでした。

















P2290980.jpg

↑ クロアチア行きのチケットを探しにベオグラード本駅まで行くと

近くの公園でテントを張って生活している人がたくさんいた…。


















P2290982.jpg


















P2290983.jpg

↑ この時はホームレスかなって思ってたけど

あとで調べたらシリアから来た難民だったみたい。















中東諸国で起こった民主化要求運動(アラブの春)以降

内戦が続くシリアで、力を持ち始めたIS国(イスラム過激派組織)。



その非道から逃れるべく、元々そこに住んでいた人達は

隣国のトルコだったりヨルダンだったりに避難していたんですが

難民がさらに増加して、中東諸国でも住みにくくなってしまったので

職を求めてヨーロッパ(特にドイツ)に向かっているだそうです。
(ネットの受け売りなので違うところもあるかもしれませんが…)


※シリア難民はなぜドイツを目指すのか?
http://markethack.net/archives/51980493.html





IS国(イスラム過激派組織)が出来た背景も難しく

一概にこの地域を空爆してもいいのかって報道もあるので

今回はこの行動が良いか悪いかは別にして

攻撃をしたことにより後々しこりが残ってしまうのも事実…。



因果応報じゃないけど、争いの全く起こらない時代が来て欲しいですね…。


しんみり…(´・ω・`)
















※今日の1曲
ブルーエンカウント 『MEMENTO』






俺は『僕の彼女はサイボーグ』より『おっぱいバレー』の方が
好きだったよ、っていうの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| セルビア | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベオグラードへの道 後半(セルビア入国編)

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


今泊まっている宿はキッチンがあるので、もっぱら自炊しているのですが

フリー食材のところに"紅しょうが"が置いてあって感動した男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ベオグラードへの道 前半(シギショアラ編)』を書いたので

今回はその前の続き『ベオグラードへの道 後半(セルビア入国編)』

について書いていきたいと思います!!





みんな『KAT-TUN田口淳之介が脱退を発表』の方が気になるかと思いますが

頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(KAT-TUNって最初6人いたのに、これで3人しかいなくなっちゃいましたね…)


※前回の記事 ↓↓
・ベオグラードへの道 前半(シギショアラ編)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-466.html

















今日はルーマニアからお隣セルビアのベオグラードへの大移動の続き。



キャプチャ

↑ まだまだ先は長いようだ…


















今回の移動スケジュールがこれ ↓↓


①、ブラショフからシギショアラまで電車(1日目)

②、シギショアラからシビウまで電車(1日目)

③、シビウからティミショアラまで夜行バス(1日目)

④、ティミショアラからブルシャツまで電車(2日目)

⑤、ブルシャツからベオグラードまで電車(2日目)


今はまだ②の行程のところにいる…。



頑張れ俺、YDK(やればできる子)

なんだから!!



















シビウの駅に着いたのは18時を回っていて、あたりはもう薄暗くなってきていた。



P2290865.jpg

↑ 夕日が眩しいぜ!!





ここから次の目的地『ティミショアラ』まではバスの方が安かったので

早速、バスターミナルに移動したかったのだが

俺たちが乗るバスターミナルは『Autogara Turnisor (Atlassib) 』ってところで

駅からは離れていて歩いて1時間くらいありそう…。

(駅のとなりにもバスターミナルはあるんだけど、そこからは出ていなかった。
ちなみにルーマニア内のバス移動はこちらのサイトを参考にしました。)






まだバスが出発するまで時間もあるし

時間潰しがてら、ついでに街の中心部を通って観光もすることに。





シビウの街はトランシルヴァニア地方の南端にあって

中世ヨーロッパ時代に商業の要として繁栄した古都としても、有名らしい。




まずは、旧市街の中心部分『大広場』へ。



P2290870.jpg


















P2290873.jpg

↑ 行った日は日曜日ということで、広場に屋台が並んでます

















P2290874.jpg

↑ 広場の周囲には市役所、ブルケンタール邸などの

15世紀から19世紀に建てられた建築物が並んでいる。


















P2290868.jpg

↑ 大広場と小広場の間に建っている時計塔

















P2290871.jpg


















P2290872.jpg

↑ そしてシビウと言えば一部の旅行者の中で話題(?)の『屋根にある目』

これたぶん窓だと思うんだけど、どう見ても『目』に見えてきて怖い…((((;゚Д゚))))
















P2290875.jpg

↑ 小広場の方にある『福音教会』。

ヴラド公の息子ミフネア公がここの教会のミサに出席したあと殺害されたんだって。


















P2290877.jpg

↑ ルーマニア正教の大聖堂。

縞々模様がステキングです。

















P2290879.jpg


















P2290880.jpg

↑ ここは歩き方にも載ってなかったけど、内部も豪華だったしオススメです


















P2290882.jpg

↑ そして、最後ちょっと迷ったけどバスターミナルに到着。


でも、窓口はあったんだけど俺の乗るバス会社じゃなくて

違うバス会社だったので、ここではチケットは買えず…。


その人が言うには、『運転手からチケット買えると思うよ』とのこと。



フリーwifiが飛んでて、『パスワード教えて』って言ったら教えてくれたので

上記サイトで時間を再度確認して、室内の待合室で待つ。


















P2290883.jpg

↑ そして規定の時間から30分ほど遅れてバスが到着


















P2290884.jpg

↑ たぶんブカレストから来ているバスみたいで、車内には

すでにお客がたくさんいたけど、チケットは問題なく運転手から買うことができた^^


ちなみにお値段60ルーマニアレイ(約1800円)。



















そして、バスで走ること約5時間。


ティミショアラの街に着いたのは早朝5時でした…。



まだ、寝ぼけ眼のまま真っ暗なバスターミナル(って言っても駐車場みたいなところ)

に降ろされ、ここはどこ?って感じだったけど

バスの運ちゃんに駅の場所を聞いて今度は駅に移動。





P2290885.jpg

↑ 15分ほど歩いてティミショアラ駅に到着


















P2290886.jpg

















P2290887.jpg

↑ 構内にあった絵が何気にかわいかった


















ティミショアラはセルビアやハンガリー国境に近い国内第4の経済都市だが

次の電車の時間まで2時間ほどだったので

街には出ずにずっと駅で待つことにした。


wifiは無かったけど、電源はあったので

PCで『ちはやふる』の漫画を読んで時間を潰す。



ちはやふる

↑ 広瀬すずのいる"かるた部"だったら俺も入ろう!!

















ちはやふる1

↑ ちなみに好きなキャラは須藤先輩です(*´ω`*)


















あと、ベオグラードまでは直接行くよりもヴルシャツっていう町で

乗り換えた方が安かったので、とりあえずヴルシャツまでのチケットを買った。


値段は18ルーマニアレイ(約540円)。



P2290888.jpg


















P2290889.jpg

↑ 7時50分にヴルシャツ行きの電車が到着。

国際線だからか車両は新しくて、トイレも近代的な形をしていました。

















ヴルシャツはセルビア側の国境近くの町なので

途中パスポートコントロールがあったりと結構時間がかかり

着いたのは2時間後の8時55分。
(ルーマニアとセルビアは1時間時差があるので、ルーマニア時間だと9時55分)




P2290890.jpg

↑ 『VRSAC』でヴルシャツと読む。

最初『バルサック』って言ってて全然通じなかった(笑)。

















そしてここからベオグラードまで行くんだけど

チケットはセルビアの通貨でしか買えない上に、駅にはATMも両替もない。



窓口のおばちゃんに聞いたら

200m先にあるスーパーの店内に両替屋があるからそこで替えてこいって…。




めんどくさいけど、わざわざそこまで行って5ユーロだけ替えてまた駅に戻る。



P2290891.jpg

↑ 駅前の道をお子様達を乗せた列車が走っていて

荒んだ心も落ち着きました...(*´д`*)

















そして、窓口でチケットを買って電車に乗り込む。


ベオグラードまで320ディナール。
(1ディナールはほぼ1円だから計算楽チンです♪♪)




P2290894.jpg


















P2290895.jpg

↑ ティミショアラ→ヴルシャツ間の電車といいセルビアの車両は結構きれいでした


















そして1時間半ほどでベオグラードに到着。




P2290897.jpg

↑ ここまでの列車が国内線だったからか

本駅の方じゃなくてよく分かんないボロっちい駅で降ろされました。
















初めての国、初めての街、今自分のいる場所も分からない…。


そんな時はスマホの『MAPS ME』様を発動!!



宿の場所はあらかじめピン打ちしてるので、これで少なくとも迷子にはならない。



スマホ様々だね♪





スマホとかパソコンとか使うと、本来の旅の醍醐味から外れてるって言う人もいるけど

俺は便利に越したことないと思ってます。



だって無駄な苦労したくないし。


楽して同じこと出来るんなら楽な方がいいもーんヽ(*´∀`)ノ






てか、『昔の旅はあーだった』とか『今の旅人はこーだからダメだ』とかって

それ僻みにしか聞こえんよって思う。



まあ別にディスってるわけじゃなく、それぞれ好きな旅のスタイルがあるから

アナログな旅してる人も全然いいと思うんだけどねー。

















そんなこんなで、一昨日の朝5時にブラチョフの宿を出て

32時間後の13時に無事ベオグラードの宿に着くことができました!!




あらかじめ、ネットで調べてたので

時間はかかったけどほぼ予定通りに移動することができた。




さすがマニュアル人間、変なとこだけ細かいO型だけはあるね^^;




俺は今回ブラチョフからベオグラードまで約3600円で移動しましたが

曜日によっては、シギショアラからティミショアラまで直で電車があったりもするので

あらかじめサイトのHPをチェックしておくといいと思います♪
(ここのサイト、電車もバスも両方出てくるのでオススメ)






次は旧ユーゴスラビア連邦の首都で

様々な紛争の舞台となったベオグラードを観光しますよー!!

















※使ったお金
・シビウからティミショアラまでのバス 60ルーマニアレイ
・ティミショアラからヴルシャツまでの電車 18ルーマニアレイ
・食費 10ルーマニアレイ
(1ルーマニアレイ=約30円で計算)
・ヴルシャツからベオグラードまでの電車 320セルビアディナール
(1セルビアディナール=約1円で計算)












今日の1曲
a crowd of rebellion 『aquarium』






俺は『須藤センパイ』より『ヒョロくん』の方が好きだよっていう
『肉まんくんのお姉さん』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベオグラードへの道 前半(シギショアラ編)

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


治験で泊まってる時は3食ちゃんとご飯が出るんですが

病院食といえど久々に温かいご飯が食べれてご満悦な男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『この1年でかかったお金を発表』について書いたので

今回はその前の続き『ベオグラードへの道 前半(シギショアラ編)』

について書いていきたいと思います!!





みんな『AKB48の高橋みなみ、年またぎで卒業決定!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(AKBの高橋みなみと言えば、モー娘の中澤裕子のようなもの。
数少ない名前の分かる現役メンバーだったのに…)


※前回の記事 ↓↓
・1年間にかかったお金を大公開!!
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-465.html

















今日はルーマニアのブラショフからお隣セルビアのベオグラードへの大移動。



ヘタレな俺は途中にあるシギショアラかティミショアラ(なんちゅー間違いやすい地名だ)

で泊まりつつ移動しようかと思ったが、ブカレストから一緒に移動してきた「しんしんさん」が

ベオグラードまで一気に移動するということで、俺も便乗して一気に移動することにした。



キャプチャ

↑ 地図で見ると車で9時間くらいの道のりだけど

公共機関で行こうとすると、直行便がなくて少々めんどくさい道のり。


















前日に宿でネットしながら

あーでもないこーでもないって格闘して考えたルートがこれ。


①、ブラショフからシギショアラまで電車(1日目)

②、シギショアラからシビウまで電車(1日目)

③、シビウからティミショアラまで夜行バス(1日目)

④、ティミショアラからブルシャツまで電車(2日目)

⑤、ブルシャツからベオグラードまで電車(2日目)




2日かけて計5つの公共機関を乗り継ぐという

引きこもりバックパッカーの俺にしてみたらかなりハードな移動…。



でも今回は1人じゃないし、このあと旧ユーゴ圏も回る予定なんで

サクッと行けるところはサクッと行くことにする時短作戦をとることに。




頑張れ俺、YDK(やればできる子)だ!!


















まずシギショアラ行きの電車は2時間に1本くらいあるんですが

お金の安い普通電車は朝6:00の次は夕方になってしまうため

俺たち貧乏パッカーズは朝6:00の電車に乗るべく5:00に宿をチェックアウト。




パッキングも朝やるため、この日は早朝4時起き…(´-ω-`)






まだ真っ暗な道をテクテク40分ほど歩き、ブラチョフ駅へ。



P2290814.jpg


















P2290815.jpg

↑ 時間通りに来るも車内誰もおらんし

















3時間ほど走るとシギショアラの駅に到着。


ちなみに道中ほぼ寝てたので、途中の景色の写真は一切ありませんよ(笑)





シギショアラには『ルーマニアの宝石』とも言われる旧市街があり

この旧市街は保存状態が良いので世界遺産にも登録されていて

併せて、ルーマニア屈指の観光地としても有名。



P2290818.jpg


















P2290819.jpg

↑ のくせに駅舎は結構シンプルで、駅前にタクシーの1台もなかった…

















せっかく世界遺産の街に来たので

次の電車は15時発のものにして、ガッツリ観光することに。




駅から旧市街までは大体30分ほどだが、丘の上にあるので

途中階段をコロコロを持ち上げつつ登るのがきつい。
(あとで、遠回りすれば階段を使わずスロープで行けることが発覚…^^;)




P2290824.jpg

↑ 旧市街と新市街の間にあるタルナヴァ川

















P2290825.jpg

↑ 川の手前にあった『正教会』

















P2290823.jpg


















P2290822.jpg

↑ 教会内ではミサが行われてました



















P2290829.jpg

↑ ハァハァ言いながら階段を登ると綺麗な石畳の旧市街に着いたが

世界遺産が嘘かと思うくらい人がいなかった…。


















P2290827.jpg

↑ 九つある見張り塔の内の1つ『製靴職人の塔』

















P2290831.jpg

↑ こちらは城壁の門も兼ねている『仕立業者の塔』

















P2290832.jpg

↑ 良い景色が見えるかなーって思ったら木が邪魔だし!!


















P2290833.jpg

↑ 旧市街の中心部に行くと観光客も増えてきました


















Escalier_couvert_Sighisoara_2.jpg

↑ そして屋根つきの木造階段を登って『山上教会』と呼ばれる教会へ





















P2290836.jpg

↑ 中にはルーテル派の絵画とかが飾ってあるとのことだったが

入場料に5レイ(150円)かかったので中には入りませんでした…。


















P2290835.jpg

↑ 教会の横には地元の名士たちが眠る共同墓地もあり


















また、シギショアラはドラキュラのモデルとして有名な

ヴラド3世が生まれた地であり、その邸宅が残っている。



1431年から1435年にヴラド3世の父ヴラド2世が幽閉されていたその邸宅は

現在はレストランに改築されている。
(by ウィキペディアより)



P2290843.jpg

↑ その店名は、そのまんま『カーサ・ヴラド・ドラクル(ヴラド・ドラクル邸)』


















P2290839.jpg

↑ こんなヴラド公のポスターもあった


















そして、このレストランの近くに

シギショアラ旧市街のランドマーク的建物『時計塔』がある。




P2290840.jpg

















P2290848.jpg

↑ 装飾がゴテゴテしていなくて歴史を感じさせる造り


















P2290846.jpg


















P2290847.jpg

↑ 裏にある高台からは街が一望できて良い感じ♪♪

















P2290852.jpg

↑ この時計塔、毎日正午になるとからくり人形が動くということで見てたんだけど

ものすごーーーーーーく、ちょっとしか動かなかったヽ(`Д´)ノ


















そんな、微々たる動きしか見せなかったからくり人形を見ていたところ

『コンニチワー』っと日本語で話しかけてくる声がするので

声の聞こえる方を見てみると、2人の仮装した外国人の姿が…。



P2290844.jpg

↑ 最初は観光地によくいる大道芸人かなーって思ってたら

別にお金をくれとも言ってこなかったので、一緒に写真を撮ってもらった。


これ、観光局の人かただのコスプレ好きの人だと思われる。


で、おんなじ様にいろんな人に声をかけてんだけど

たまにおもいっきり無視されてたりするのが笑えた(((*´艸`))・゚プププ…


















P2290857.jpg


















P2290858.jpg

















P2290860.jpg

↑ そのあとは、城壁の外とかをウロウロ観光して回る。

かわいらしい建物も多くて、歩いてるだけでも楽しかった。


















そんなこんなしてたら14時ごろになったので

駅に戻り次の目的地、シビウまでの切符を購入。


P2290861.jpg

















P2290863.jpg

↑ 13.5レイ(約400円)と安かったが、電車は立派で座席にテーブルもあった

















P2290862.jpg

↑ 草原を走り、トランシルヴァニア地方の南端に位置する古都シビウへGOなのです


















この時点でブラチョフの宿を出て12時間くらい経ったけど

ベオグラードまではまだまだ長いぜ!!
(距離にしてみたら四分の一も進んでいない…)

















※使ったお金
・ブラチョフからシギショアラまでの電車 19ルーマニアレイ
・シギショアラからシビウまでの電車 13.5ルーマニアレイ
・食費 4ルーマニアレイ
(1ルーマニアレイ=約30円で計算)












今日の1曲
アルカラ 『アブノーマルが足りない』






俺は『ドラキュラ』より『狼男』の方が好きだよっていう
『ワーウルフ』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1年間にかかったお金を大公開!!

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


今朝2度寝してしまい宿の朝食(無料)を食べ逃して

いまだショックを隠しきれないでいる男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ブラショフ観光』について書いたので

今回はその続き『ベオグラードへの移動』について書いていこうと思ったんですが


この前日本を出て2年経ち、ちょうどお金の計算をしていたので

今日は『祝・丸2年!この1年でかかったお金を大発表』の回にしたいと思います!!





みんな『小泉今日子、二階堂ふみと母娘役で初共演

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(最近、宮崎あおいから二階堂ふみにシフトしている俺なのです)


※前回の記事 ↓↓
・ぶらぶらブラショフ
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

















上でも書いたんですが、今回は“旅してゴメン”緊急企画

『この1年でかかったお金大発表』スペシャルなのであります!!

(・ω・ノノ゛☆パチパチパチパチ~♪♪








日本出るときは『長くて2年かなー』なんて言ってたけど

2年経った今、まだ3分の2くらいしか進んでません。



キャプチャ1

















キャプチャ2

↑ 星印のところが行ったところなんだけど、アフリカとか北米とか全然行ってないし…。

『まあ旅の形は人それぞれだし』っととりあえず言ってごまかしておこう。



















お金の計算は1年前にもしたんですが

その時はfacebookにだけ書いて、ブログには書いてなかったので

今回はちゃんとブログにも載せようってことでやってみました。




振り返ってみたらブログでも228日時点っていう中途半端な時期にやってました…。

※その時の記事 ↓↓
・世界一周でかかったお金!!(228日時点)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-220.html








ちなみに今回の期間は2014年11月2日から2015年11月1日のちょうど1年間とし

航空券や保険で保証となる薬代やパスポート発行代も全部含めて

とりあえず払った料金全部にしてみました。

(日本で準備したお金や、月々の保険代は含みません)











※航空券代  6万3125円

12月9日 モロッコ(カサブランカ) → エジプト(カイロ) 2万8935円
4月19日 イスラエル(テルアビブ) → ポーランド(カトヴィツェ) 1万2460円
10月28日 トルコ(イスタンブール) → イギリス(ロンドン) 2万1730円


メモ:モロッコ→エジプト間はLCCが飛んでないので距離の割には結構高いです。
テルアビブは安い航空券が多いので中東から出るときはイスラエルからが良い
(スタンプだったり、入国がめんどくさいっていう問題はあるけど…)
イギリスに入るときは本当は1万円くらいで行けたんだけど
治験のスケジュールが早まり日程変更したので高くなりました



















※モロッコ 11月2日~12月9日 38日間

・宿代 2万5374円
・食事代 6054円
・移動費 8663円
・観光費 0円
・雑費 492円

合計 4万583円 (1068円/1日あたり)


メモ:モロッコは宿代が思ったよりも高いですが
大体のところがシングルだったので快適でした。




















※エジプト 12月10日~4月1日 113日間

・宿代 4万229円
・食事代 2万4877円
・移動費 2661円
・観光費 1180円
・雑費 5180円

合計 7万4129円 (656円/1日あたり)


メモ:振り返ってみると物価の割には食費が高かった。
これは毎日シェア飯でガッツリ食ってたからだろう。



















※ヨルダン 4月2日~4月15日 14日間

・宿代 8335円
・食事代 3805円
・移動費 6820円
・観光費 6774円
・雑費 0円

合計 2万5698円 (1835円/1日あたり)


メモ:14日しかいなかったのにぺトラと死海に行ったら観光費が高くなった。
昼のぺトラに行ったらもっとしていただろう…。



















※イスラエル 4月15日~4月19日 5日間

・宿代 8017円
・食事代 1512円
・移動費 4792円
・観光費 0円
・雑費 3206円

合計 1万7514円 (3502円/1日あたり)


メモ:宿泊費と移動費がとにかく高かった。
食費はイブ爺さんの宿に泊まったりしていたので安くすんだ。



















※ポーランド 4月20日~5月6日 17日間

・宿代 1万2505円
・食事代 2504円
・移動費 4351円
・観光費 0円
・雑費 2056円

合計 2万3449円 (1379円/1日あたり)


メモ:ポーランドは野菜とかソーセージが安くて、自炊していたら
1日あたりの食費が150円以下とめちゃめちゃ安く収まった。



















※チェコ 5月6日~5月30日 25日間

・宿代 2万25円
・食事代 5145円
・移動費 8823円
・観光費 902円
・雑費 0円

合計 3万4914円 (1396円/1日あたり)


メモ:チェスキーとかクトナーホラとか細かく回っていたので
移動費がちょっと高くなってしまった。



















※ハンガリー 5月30日~6月23日 25日間

・宿代 2万830円
・食事代 5062円
・移動費 844円
・観光費 0円
・雑費 224円

合計 2万6958円 (1078円/1日あたり)


メモ:物価の割には宿代が高かった。
その代わりブダペストにしか行ってないので移動費は安くすんだ。



















※スロヴァキア 6月23日~6月26日 4日間

・宿代 5523円
・食事代 2168円
・移動費 897円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 8589円 (2147円/1日あたり)


メモ:スロヴァキアも宿代が高かった。
地方の町に行くともっと高くなる傾向があった…。



















※ウクライナ 6月26日~9月23日 90日間

・宿代 3万240円
・食事代 15875円
・移動費 5887円
・観光費 57円
・雑費 11496円

合計 6万4504円 (716円/1日あたり)


メモ:ウクライナ物価めちゃめちゃ安い。
パスポート再発行代の1万1千円があってこの料金とは驚き!!



















※モルドバ 9月23日~9月25日 3日間

・宿代 1791円
・食事代 274円
・移動費 1648円
・観光費 0円
・雑費 239円

合計 3954円 (1318円/1日あたり)


メモ:基本物価は安いんだけど、宿代がどこも1000円近くする…。
ちなみに雑費は床屋代の40レイのみ(笑)



















※ルーマニア 9月26日~10月4日 9日間

・宿代 6300円
・食事代 1865円
・移動費 4174円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 1万2340円 (1371円/1日あたり)


メモ:ルーマニアは広いので移動に結構お金が掛かった。
どこも宿にキッチンがあり自炊が出来たので食費は安い。



















※セルビア 10月5日~10月7日 3日間

・宿代 1667円
・食事代 752円
・移動費 4292円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 6711円 (2237円/1日あたり)


メモ:ベオグラードからザグレブまでの夜行バスが思ったより高かった。
しかも荷物代で1ユーロ取られた…。



















※クロアチア 10月8日~10月13日 6日間

・宿代 4491円
・食事代 1215円
・移動費 6495円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 1万2202円 (2033円/1日あたり)


メモ:夜行をバスを2回使ったから宿代は節約できたが、その分移動費が高くなった。
物価は安くないがスーパーとかに行けばそれほど高くない。



















※ボスニア 10月14日~10月15日 2日間

・宿代 694円
・食事代 673円
・移動費 4116円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 5462円 (2731円/1日あたり)


メモ:旧ユーゴ圏はバスより列車の方が安いんだけど、俺が行った時は
列車が何故か運行してなくてバスで移動することになり、移動費が高くなった。



















※モンテネグロ 10月16日~10月17日 2日間

・宿代 1559円
・食事代 528円
・移動費 2237円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 4324円 (2162円/1日あたり)


メモ:2日目は夜行のバスに乗ったので実質1泊のみだったが
宿代が高くて1泊1500円以上した…。



















※コソボ 10月18日~10月19日 2日間

・宿代 1220円
・食事代 230円
・移動費 2168円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 3619円 (1809円/1日あたり)


メモ:宿にキッチンがなくてパンとお菓子で過ごしたら、逆に食費が安くすんだ。
パンは1個0.2ユーロ~と安かった。


















※アルバニア 10月20日~10月21日 2日間

・宿代 974円
・食事代 142円
・移動費 1765円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 2882円 (1441円/1日あたり)


メモ:アルバニアは朝食付きの宿だったし
夕食は余っていたパスタを使ったので食費が驚異の142円!



















※マケドニア 10月21日~10月24日 4日間

・宿代 3035円
・食事代 1618円
・移動費 3325円
・観光費 0円
・雑費 1339円

合計 1万657円 (2664円/1日あたり)


メモ:マケドニアは旧ユーゴ圏の中でも物価が安い方だった。
靴に穴が開いていたので新しい靴を購入した。



















※ブルガリア 10月25日 1日のみ

・宿代 0円
・食事代 68円
・移動費 2736円
・観光費 0円
・雑費 0円

合計 2941円 (2941円/1日あたり)


メモ:ブルガリアは0泊2日の強行日程。
しかもマケドニアで買ったお菓子で過ごしたので、移動費以外ほぼかかっていない…。



















※トルコ 10月26日~10月27日 2日間

・宿代 910円
・食事代 517円
・移動費 682円
・観光費 0円
・雑費 103円

合計 2213円 (1106円/1日あたり)


メモ:空港までバス1本で行くことができたので移動費が安くすんだ。
ちなみに食費の400円分は1年ぶりのマック代です。



















※イギリス 10月28日~11月1日までの5日間

・宿代 9898円
・食事代 1793円
・移動費 4493円
・観光費 0円
・雑費 373円

合計 1万6557円 (3311円/1日あたり)


メモ:さすがのロンドン!まだ5日しかいないのに1万6千円超え!!
1泊すれば2千円で電車に乗ったら500円くらいするのでマッハでお金がなくなります(つд;*)



















※総合計 46万3325円

1日あたり 1269円


注:旅行当時のレートだったり、メモ帳を元に計算しているので
多少違うところはあるかもしれませんが、そこら辺は広い心で許してください(;´Д`A














出ました、衝撃の46万円台!!



計算してみて自分でもビックリΣ(゚д゚lll)


1年で100万円とかの次元じゃない、50万すら切ってるからね。


まあこの1年はエジプトに4ヶ月、ウクライナに3ヶ月と
世界でも屈指の物価の安い国に沈没してたのが効きました。

この2カ国だけで半年以上過ごしてますから…。


俺の場合、観光もお金のかかるところはほとんど行かないし、外食もしないので、
もう旅とかじゃなくて、沈没しやすい場所を探す旅といった感じに思えなくもない…。

(まあ日本にいた時も、家で漫画読んでたり、スーパーで豆腐買って食べてたりしてたから
あんまり変わってないといえば変わってないけど…)





ちなみに2013年11月2日から2014年11月1日の1年間にかかったお金は

96万9046円なので


この2年間で使ったお金の合計は143万2371円でした。



ってか、最初の1年はフィリピンで語学学校行ったり
南米でウユニとかカーニバルを見たりしたから結構お金かかってるな。






残りはトルコからイラン、中央アジア、インド、東南アジアって
通って帰るだけだからそんなにお金かかんないかな??


それとも、タイあたりで豪遊しちゃって散財するかもねー。

ゴーゴーバーにハマっちゃうかもねーO(≧▽≦)O













※今日の1曲
Suck a Stew Dry 『僕らの自分戦争』






俺は『節約』なんかするより『豪遊』しちゃうぜ
っていうの『ギャンブラー』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 情報のまとめ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらぶらブラショフ

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


朝飯食べてネットしてたらいつの間にか夕方になったので

出かけるのを諦めてそのままネットし続けてたダメな男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ブカレストからブラショフへの移動とブラショフの宿情報』

について書いたんですが

今回は『ブラショフ観光』のことを書いていきたいと思います!!





みんな『"GANTZ"新作フル3DCGアニメ映画が来年公開

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(実写の映画の方はイマイチだったんでアニメ映画に期待です!!)


※前回の記事 ↓↓
・ブカレストからブラショフまでの移動&ブラショフの宿情報
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-463.html


















ブラショフはルーマニア中央にあり、12世紀にドイツ商人が建設し

その後ルーマニア人、ハンガリー人などと共に発展してきた街。



キャプチャ

↑ 場所はルーマニアのちょうど真ん中へん


















中世の街並みを残す美しい古都のため

多くの観光客がこの景色を見に訪れる観光スポットとしても有名です。






ちなみにバスで1時間ほど行くと、吸血鬼ドラキュラの舞台ともなった

『ブラン城』がありますが、めんどくさいので行きませんでした…。




ブラン城の情報を知りたかった人は

ブラン城 観光』等のワードでググって、自分で調べましょう(笑)。














ブラショフの旧市街で1番有名なのは、なんと言っても『黒の教会』。


D.Gray-manに出てくるエクソシストの本部『黒の教団』じゃないよ!!


img_8.jpg

↑ ちなみにリナリーはツインテール時代の方が好きでした


















P2290772.jpg


















P2290774.jpg

↑ 高さ65mありトランシルヴァニア最大のゴシック教会で

1689年にハプスブルク軍の攻撃にあい

外壁が黒く焦げてしまったため、この名前が付いたとのこと。


でも、実際行ってみるとそんなに黒くないし…。

















6839918.jpg

↑ これなら松崎しげるの方が、断然黒い??

















P2290770.jpg

↑ 街の中心にあるスファトゥルイ広場。


地球の歩き方には『賑わいのたえない広場』って書かれてたけど

全然人いねーし…。



福井県の遊園地『ワンダーランド』並みに人がいない!!


















ワンダーランド2

↑ 廃墟かと思うほど人がいない…。

小さい子供を連れてったら泣いてしまうレベル。



















P2290779.jpg


















P2290769.jpg

↑ この広場の周りはそんなに豪華じゃないけど歴史的な建物が並んでました

















P2290771.jpg

↑ 広場の中心には旧市庁舎で現在は歴史博物館になっている建物が建っている


















P2290722.jpg


















P2290723.jpg

↑ 次の日に行ったらなにやら野外コンサートをやっていた
















P2290724_1.jpg

↑ まあ俺はコンサートよりもこっちの女の子の方が興味あるけどね♪♪

















P2290751.jpg

↑ 旧市街から歩いて10分くらいのところにある聖ニコラエ教会

















P2290753.jpg


















P2290754.jpg

↑ ニコラエ教会の横には墓地がありました

















P2290757.jpg

↑ これはニコラエ教会に行く途中にあったスケイ門。

この門のあるスケイ地区は昔ルーマニア人の居住区だったとのこと。
















P2290758.jpg

↑ これはその近くにあったエカテリーナ門。

個人的にはこっちの方がメルヘンチックで好きです^^

















P2290765.jpg


















P2290761.jpg

















P2290742.jpg

↑ 何気にブラショフの街には可愛らしい建物が多いです


















P2290767.jpg


















P2290768.jpg

↑ 旧市街の真ん中を通っているレププリチ通りは

両サイドにカフェやらお土産物屋が並ぶ歩行者天国。

















P2290745.jpg


















P2290746.jpg


















P2290763.jpg

↑ また、旧市街を取り囲む城壁が今も一部まだ残っていて

歩いていると城壁や見張り台みたいのをよく見ました。


















あと、トゥンパ山の向かいにも丘があって

そんなに標高も高くないみたいなので登ってみた。


P2290789.jpg

↑ 登った上にはお城っぽいものがあった

















P2290782.jpg


















P2290787.jpg


















P2290790.jpg

↑ 上から見る景色も結構良かったです

















P2290793.jpg


















P2290794.jpg


















P2290797.jpg


















P2290796.jpg

↑ 夜に行ってみるとこれまた綺麗な夜景が見えた


















ブラショフの街はのんびりしていて、かわいい建物も多いので、結構オススメです。



さて、次はバス&電車で刻みつつセルビアの首都ベオグラードを目指すんですが

これがまたしんどかったです…。


気になる人は次のブログ更新を要チェケラーですよー!!

















※今日の1曲
空想委員会 『春恋、覚醒』






俺は『リナリー・リー』より『クラウド・ナイン』の方が好きだよ
っていう『年上のお姉さん』好きの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。