世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アウシュヴィッツ観光、最終章『ビルケナウ収容所』

リアルタイムではイギリスのリーズにいます。


最近は1日12時間くらい寝ちゃっていて

寝起きで気付くと夕方の4時なんていうことがしょっちゅうで

時間を無駄遣いしまくっている男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『アウシュヴィッツ収容所』について書いたんですが

今回は『ビルケナウ収容所』のこと

について書いていきたいと思います!!






みんな『バンナ完敗 DEEPメガトン級王者の袈裟固めに屈す!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(ジェルムレバンナ、懐かしいですね。
アーツ、ベルナルド、ホーストとかがいたK-1めちゃ見てました…)





※前回の記事 ↓↓
・負の世界遺産『アウシュヴィッツ』へ行ってみた
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-541.html













前回、前々回と続いたアウシュヴィッツ観光の第3弾『ビルケナウ編』です。

なんか前回の更新から2ヶ月近く経っちゃってフレッシュさが何もないですね…。



しかも久しぶりに自分のブログを見てみたら

1ヶ月以上更新してないから、広告がトップにあるんですが

変なおっさんのアイコンが俺のプロフィール画像に見えて仕方がない(笑)



キャプチャ1

↑ あんまり言い過ぎるとアディーレ法律事務所みたいになっちゃうぞww












ビルケナウ第二収容所はアウシュヴィッツ第一収容所から

約3キロ離れたブジェジンカ村というところにあります。


歩いても行けますが

アウシュヴィッツ⇔ビルケナウ間を無料のバスが運行しています。



P2350330.jpg

↑ 本数はかなり多くて12時から19時の間は10分おきに走ってました

















P2350331.jpg

↑ バス停の場所はこの『SNACK BAR』の前らへん
















P2350332.jpg

↑ 待っていたら、こんな緑と黄色のファンキーな色のバスがやってきた。

ちなみに料金は無料です♪♪
















P2350333.jpg

↑ 5分ほど走って到着。

上にはSSの中央監視塔がある入口、通称『死の門』。
















P2350361.jpg

↑ ビルケナウは175ヘクタール(東京ドーム37個分)もあり

アウシュヴィッツよりもかなり大きい。


航空写真で見てみると、下のAがアウシュヴィッツで上のBがビルケナウ。
















P2350338.jpg

↑ アウシュヴィッツの象徴として映画や書籍などで見られる

「強制収容所内まで延びる鉄道引込み線」。


ヨーロッパ各地から連れてこられた人が、ここ降ろされ

強制労働、価値なし(ガス室送り)などに選別されたのです。
















P2350336.jpg

↑ 今では鉄道は使われていませんが、車両が残っていました
















P2350339.jpg

↑ 当時は300以上のバラックが建てられていましたが

ほとんどは壊され今では少しのバラックと煙突が残っているだけでした。
















P2350342.jpg


















P2350340.jpg

↑ ガス室や焼却炉も収容者の反乱だったり

ナチスが撤退時に証拠隠滅を図ったり、で破壊されていました。
















P2350345.jpg

↑ ガス室の横にはファシズム(独裁体制)の犠牲者国際追悼碑があります
















P2350347.jpg

↑ ビルケナウはその広さゆえに、どこにでもある田舎の風景にも見えるので

この場所でそんな虐殺があったとはにわかには信じられません。

















P2350337.jpg

↑ 多くのユダヤ人学生が見学していました
















P2350351.jpg

↑ 超正統派のユダヤ教徒もいました

















P2350355.jpg

↑ 現存しているバラックは、湿地帯に基礎なしで建てられた

馬小屋を改造して作られたもので、とても脆弱でした。
















P2350358.jpg

↑ 中は狭い3段ベッドが敷き詰めら、湿って腐りかけた藁の上に

当時、1段5人くらいで寝ていて、ダニやネズミも大量に発生していたそうです(TдT)



















P2350360.jpg

















P2350359.jpg

↑ 当時の女性収容者が掘った溝が今も残っていました

















P2350258_20171016073813833.jpg

↑ そしてまたバスに乗ってアウシュヴィッツへ戻り

アウシュヴィッツからクラクフ行きのバスで戻りました。




6:20のバスでクラクフから出発して、宿に戻って来たのは16:00くらい。


これはかなりゆっくり回った時間なので

さくさく回ったら、トータル3時間くらいでもいいかもしれませんネ。



☆今回は個人で回りましたが、日本人ガイドの『中谷剛さん』という方もいるので
興味のある人は、そちらを利用してもいいですね。

連絡先:nakatani@wp.pl















※今日の1曲
Equal 『REASON』






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2回目 ポーランド | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |