世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イグアナの娘じゃないよ、イグアスの滝だよ

リアルタイムではアルゼンチンのブエノスアイレスにいます。

アルゼンチンは肉が安くて美味しいらしいが、未だにパンとパスタの

ヘビロテでまだこの国に来てから肉を食べてない残念な男、ダイスケです。




















今日はかの有名な世界3大瀑布のイグアスの滝に行ってきました。




3大瀑布と言っても『鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府』の3つじゃないよ。


『イグアスの滝・ナイアガラの滝・ビクトリアの滝』の3つだよ。




しかも、イグアスの滝は昔アメリカの大統領が訪れた際

イグアスの滝を見て夫人が『かわいそうなナイアガラよ』と言った話があるほど

↑ ってWikipediaに書いてありました。










引きこもりの俺も久々の世界遺産に興奮を隠せません。


そして遠足前の子供みたく、ドキドキしながら迎えた朝は‥。














めちゃめちゃ曇天‥(ノД`)・゜・。




今にも雨が降りそうな天気ッス。


いくらイグアスの滝が水がたくさん流れてるところだって言っても

空から流れる雨は望んでいません。




まあ、明日のサンパウロに行くので観光するとしたら今日しかないわ

っと言ってあきらめて行くことに。



まあ、俺は晴れ男(だと本人は信じている)なので

そのうち晴れるだろうっと、『本気出せば俺も彼女の1人や2人出来るからね』って

ファミレスで語っているもてない男子なみになんの根拠もなく出発。





イグアスの滝とは:
イグアス川の下流にある滝。
この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は
ともにユネスコ世界遺産に登録されている。
最大落差80メートル以上。
「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo) が有名な観光名所。
↑ Wikipediaより引用





俺は1日しか日にちがないので

よりダイナミックと言われるアルゼンチン側を見ることに。



ネットで調べると

シウダーデルエステからアルゼンチン側のイグアスの滝に日帰りで行くには

パラグアイの出国→ブラジルスルー→アルゼンチン入国→イグアスの滝観光

→アルゼンチン出国→ブラジルスルー→パラグアイ入国の手順が必要みたい。







ブラジルを途中通るけど

バスから降りずに通り過ぎるので入国&出国審査は必要ないみたいです。



細かい説明は文末でするので、ここでは移動はさっくりと。





朝8時過ぎに宿を出て

乗り継ぎやら渋滞やらに時間を取られて結局イグアスの滝に着いたのは11時半。




帰り余裕をもって帰ることを考えると4時にはここを出たい。


そうすると、あと4時間ちょい。





よし、せっかくの世界遺産だし堪能しまくるぞ

っと思ってバスを出るとおもっくそ雨‥。


いや、マジで帰ろうと思いました‥。





でも、ここまでバス代で1000円近く払っているので帰るに帰れず

とりあえず入園してみる事に。

P2030608.jpg

↑ これが入り口
















P2030609.jpg

↑ ブラジル側よりアルゼンチン側の方が大きいそうです

















値段は170ペソ(闇レート換算で約1700円)。

P2030610.jpg

↑ そんなに高くないけど、アルゼンチン国籍の人はもっと安いです。

分かった!これは市民プール料金の方式だな!!
















園の中は広いので小さい電車が走っています。

P2030615.jpg

↑ 駅で待っていると猛烈な雨


















でも、しばらくすると日ごろの行いが良いのか(そんなことはない‥)

雨が止んできました。





さすが、自称晴れ男だ。





神様もまわりがカップルやファミリーで来ている中

寂しく一人で来ている東洋人の男に同情して

『せめていい思い出作ってね』と言っているに違いない。



っと、脳内妄想をしていると電車がやってきました。

P2030617.jpg

↑ 地元の遊園地を思い出す電車です

















後だと混んで来るらしいので

先にメインのスポット『悪魔ののどぶえ』に。





ここは滝壺の真上まで橋が架かっていて

真下に豪快な滝を眺めることが出来るとのこと。



電車で最後の駅まで行きそこから橋の上を歩いて行きます。

P2030624.jpg

↑ この橋が1km以上あってなかなか滝壺まで遠いッス















P2030627.jpg

↑ 途中、蛇に注意の看板が‥
















P2030631.jpg

↑ 20分くらい歩くと、向こうに滝壺らしきものが見えます
















P2030632.jpg

↑ そして近づいて行くと‥
















P2030633.jpg















P2030636.jpg
















P2030639.jpg
















P2030651.jpg

↑ ゴゴゴゴーという大響音ととも

目の前には下が見えないほど大きな滝が広がってました
















P2030645.jpg

↑ 隣のおばさんに写真を頼むも、俺がド正面に。

いや、こういう場合は滝が正面で俺が横にずれた構図じゃないと‥。

これじゃあ、世界遺産より自分が大好きな人みたいじゃん‥。















しかも、ここにいると『あれっ、また雨降ってきた?』

と思うほど上から水しぶきがかかってきます。





今回持っていたのが防水カメラじゃなくて

ミラーレスの方だったので、早々に退却。

P2030654.jpg

↑ 遠くから見るとしぶきだけが上がって見える

















天気が良いと、虹がかかって見えるらしい

が今日は曇っているので虹は見れず。残念‥。

P2030658.jpg
















P2030661.jpg

↑ 駅に戻るとハナグマ君がお出迎え

普通に目の前を横切ります(#^^#)
















P2030665.jpg

↑ そして次は、滝を上から見るアッパーレールへ
















P2030672.jpg















P2030676.jpg

↑ ここから落ちたら確実に死ぬな‥
















P2030678.jpg

↑ 向こう岸はたぶんブラジルです
















P2030683.jpg
















P2030684.jpg

↑ 晴れてきて、少し虹が見えるようになりました

















次に少し休んで、滝を下から見るローレールへ

P2030686.jpg

↑ 途中にいくつもの小さい滝が
















P2030691.jpg

↑ 向こうに悪魔ののどぶえが見えます
















P2030696.jpg















P2030699.jpg
















P2030698.jpg

↑ そして近づいて行くと、もの凄い迫力

















ここも水しぶきがすごくて

カメラを撮っては閉まって撮っては閉まってを繰り返してました。





個人的は、悪魔ののぶえより迫力があったんじゃないかと思います。














最後に公園の中で見かけた動物たち

P2030704.jpg

↑ つぶらな瞳のお猿さん
















P2030709.jpg

↑ 道を横切るトカゲくん
















P2030707.jpg

↑ このアリ比較するものがないから分かりずらいけど

2cmくらいの超デカいアリさんでした

















ちなみに、イグアスの滝1番人気のアトラクション

『滝に突っ込むボート』は一人で乗ったら

滝の水なのか寂しさゆえの涙なのか分からないけど

全身びっしょびしょになりそうだったので、止めときました。
















P2030692.jpg

↑ こういうボートが‥
















P2030694.jpg

↑ こんな風に滝に突っ込んでいきます

乗った人はみんな楽しかったと言っていたので

絶叫系が好きな人にはお勧めです。


料金は180ペソでした。

















ボート以外の主なところは行ったのですが、

とんど休憩しずに4時間くらいかかりました。





ボートも乗るとして

パラグアイから行くとしたらかなり早く来た方が良いと思います。



それか、余裕をもってアルゼンチン側の街・プエルトイグアスに

泊まってもいいかと思います。










※シウダーデルエステからアルゼンチン側イグアスの滝への行き方

①、パラグアイとブラジルの間にかかっている橋の手前で
パラグアイの出国手続きを取ります。
(バスターミナルからプエルトイグアス行のバスに乗ってもいいが
パラグアイのイミグレで止まらないので、結局降りることになる)

②、イミグレ前でプエルトイグアス行のバスを捕まえて乗る
(10000グアラニーor20ペソどちらでも可)
(ブラジル側の街・フォンドイグアス行のバスは10分に1回くらいの割合で通るが
プエルトイグアス行のバスは1時間に1回しか通らないので
タイミングが悪いとかなり待つことに。
ちなみにプエルトイグアス行のバスはバスの前にある
電光掲示板に『IGUAZU』と書いてあります)

③、アルゼンチン側の国境でバスが止まり、指示に従い入国手続きをして
そのままプエルトイグアスに着く。
(何故かパラグアイのイミグレは止まりませんが
アルゼンチン側のイミグレは止まります)

④、降りたプエルトイグアスのバスターミナルで
イグアスの滝行のチケットを買ってバスに乗る(往復70ペソ)。

メモ:帰りにパラグアイのイミグレで入国手続きをした時に
『こいつ入国手続きしに来てるぜ』みたいな雰囲気だったので
いっその事アルゼンチン側の手続きだけでもいいんじゃないかとも思いました。
シウダーデルエステからプエルトイグアスまで1時間。
プエルトイグアスからイグアスの滝まで30かかります。
プエルトイグアス⇔イグアスの滝間のバスは結構遅くまでありましたが
シウダーデルエステ⇔プエルトイグアス間のバスは19時くらいで
終わるとの事なので帰りは遅くならないように。









※使ったお金
・バス 90ペソ
・入場料 170ペソ
(1ペソ=約10円・闇レート計算)











※今日の1曲
ROCK'A'TRENCH『My SunShine』






私は、鎌倉幕府より安土桃山時代の織田信長の方が好きですよ
って言う歴女の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| アルゼンチン | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/140-55897845

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT