世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルゼンチンの総評

リアルタイムではチリのビーニャデルマルにいます。

ビーニャはやる事ないので『朝起きてネット三昧な日々』に

より拍車がかかっているダメな男、ダイスケです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















今回は3/6~3/29の24日間いたアルゼンチンで

かかったお金と総評をしたいと思います。















※かかった費用と物価



総額
24日間で5622アルゼンチンペソ → 日本円に直すと56220円

(2340円/1日平均 70270円/仮に1か月間いたら)

移動費 31190円

ご飯 5200円

宿 13950円

アクティビティ(観光) 5420円

雑費 460円

(1ペソ=10円で計算)

※この金額はだいたいの金額なので水とか細々した料金は

切り上げたり切り下げちゃったりしています。












こう見ると移動費が圧倒的に高いですね。

宿代が13950円に対して倍以上の31190円だし‥。

まあ、ブエノスアイレスからカラファテまでが13780円もしたし

距離的にはブラジルに比べて結構移動しましたからねー。

ブラジル同様バスのグレードも高い分値段も安くなくて

どうしても高くなってしまいました‥。

その代り、思ったよりも宿代と食事代が安く済みました。

物価が高い高いと聞いていたアルゼンチンでしたが闇両替の恩恵もあり

大体どこの都市も1000円以下で泊まることが出来ました。

特に食費に至っては、外食すればそれなりにかかりますが

スーパーで食材を買って自炊すればものすごく安く済みます。

牛肉もすごく安くて美味しいですし

1食200円くらいで大丈夫じゃないでしょうか?

(まあこんな大きなこと言っても俺はアルゼンチンで

一回も牛肉買って食べてないですけど‥)

あと、パタゴニアもめちゃくちゃ高い感じはしなかったですが

観光とかツアーをするとお金かかります。

俺は氷河だけ見て、トレッキングやペンギンなど他の事を全てパスするという

『おまえパタゴニアに何しに来たの?』状態という可哀相な男だったので

幸いにもあまり観光費もかかりませんでした(ノД`)・゜・。








そんなわけで『物価の安さ』は★★☆です。

(↑3段階評価です)























※治安の良さ(人柄)


アルゼンチンはプエルトイグアス・ブエノスアイレス

・エルカラファテ・バリローチェの4都市にしか行ってませんが、

エノスアイレス以外は観光地って感じで全く危険はなかったです。

というよりブエノスアイレスだけぶっちぎりで治安悪いッス。

長距離バスターミナルの近くにスラム街があったり

人通りの多い街中で強盗があったりと

旅行者が多くいる場所であっても気を抜けません‥。

俺は幸いにも被害にあってないので、街を歩いてても

『言われるほど治安悪くなさそうだな』って思ってたんですが

カラファテの宿であった人が俺がいつも歩いていた大通りで

白昼堂々強盗にあって荷物をすべて盗られたと聞いて

自分はただ運が良かっただけだなって感じました‥。

また、有名なケチャップ強盗も被害にあったという人にたくさん会いました。

ケチャップ強盗とは
①、背後等から臭いにおいの液体をかける
②、親切を装ってふき取ろうとする振りをして近づいてくる
③、油断させた隙にパスポートや金銭等を抜き取る
(拭く人と盗る人が違う場合もある)

っというもの。

改めて聞くとそんなの気をつけていれば大丈夫と思うかもしれないが

実際自分がその状況になってみたら

まさか自分がと思い回避ができなかったという場合も多いらしい。

でも、個人個人で見るとのアルゼンチンの人は親切でとても優しかったです。




そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★☆☆です。






















※ご飯のおいしさ



俺はアルゼンチンで1度も外食をしていないので

『ご飯のおいしさ』というジャンルに対して偉そうに評価出来ませんが

外食した人に聞くと、牛肉が安くてとにかく美味かったと言ってました。

(完全な他力本願‥)

調べるとアルゼンチンの1人1年当たりの食肉の消費量は

約110kgで日本の約10倍との事。

そんな国民食である牛肉は当然安くてkg700円とかで売っていました。

カラファテの宿でタンを焼いたお肉を少し分けてもらったのですが

ただ焼いただけなのに柔らかくてめちゃくちゃ美味しかったです。

その他にはパスタやピザのお店もたくさんありました。

あと、これまた俺は飲んでないですがワインも安くて美味しかった

と飲んでいる人が言ってました。(ほぼ人からの情報‥)

俺はいつもパンとパスタだったんでしたが

パンはどこで買ってもふかふかで美味しかったです。

(という唯一の実体験がパン情報のみ‥)









そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★☆です。





















※景観の良さ


アルゼンチンもブラジルと同じようにとても大きい国で

北部にはブエノスアイレスといった大都市、南部には大自然のパタゴニアなど

見どころはたくさんありました。

ブエノスアイレスの街並みは他の南米のそれとはちょっと違ってて

ヨーロッパテイストな建物が多かったり

ボカ地区やサンテルモ地区など場所ごとで異なる独特な雰囲気を感じました。

またパタゴニアは旅行者に人気の『ペリトモレノ氷河』や『フィッツロイ』

『パイネ公園』、『ウシュアイア』など大自然あふれるところが多かったです。

それ以外にも『イグアスの滝』や『サルタの雲の鉄道』

『バルデス半島の野生動物』など目どころを挙げればきりがないです。

俺もそんなに観光に行ってないですが

お金と時間があったらいろいろ行きたかったです。









そんなわけで『景観の良さ』は★★★です。






















※快適さ



アルゼンチンは南米の中でも都会なので

都市部はもちろんのこと田舎に行ってもある程度の設備は整っているし

過ごしていて、不便ということはありませんでした。

宿もほとんどがwifiとキッチン付だったし

欧米人が良く泊まるところは英語を話せるスタッフもいてとても快適。

バスや電車も分かりやすく乗り降りしやすかったです。

あと、今回訪れた時期は夏が終わって秋ごろだったんですが

朝夜が結構寒かったです。

パタゴニアなどの南部はもちろんなんですが

ブエノスアイレスでも太陽が出てると暖かいのに

夜になると急に冷え込んで寒くなったので

冬の時期に来るのはおススメ出来ないかもしれません。

また、どこの街にも1つや2つはスーパーがあって

自炊するのにも困りませんでした。

でもお店によってはシエスタ(昼休憩)があるので

お昼ごろに行くと閉まっていることが多くありました。








そんなわけで『快適さ』は★★☆です。






















※総合評価


来る前は物価が高いと聞いていたので

何か所かだけ寄ってすぐチリ側に抜けようと思ってたんですけど

いざ来てみるとそんなに高くなく過ごし易かったので24日もいてしまいました。

闇両替用のドルの手持ちが少なかったので

最後はお金が無くなってチリ側へoutしたんですが

もっとドルを持っていたら長くいたかもしれません。

これからアルゼンチンに行く人はたくさんアメリカドルを持って行きましょう。

(足りなくなった人は隣のウルグアイまで行ってドルをおろしていました)

見どころもいっぱいですし

ゆっくり回ろうとしたら1か月じゃ全然足りない感じでした。

まあ、やっぱり治安面が一番心配で

一度ブエノスアイレスで何時間か大規模な停電があったんですが

その時、街に強盗が大量発生して日本人が泊まってた宿にも強盗が来た

という話を聞きました(その日たまたま日曜日で警官が少なかったのと

停電のため宿の電子ロックが作動しなかったのが原因らしい)。

田舎の方は治安も良かったので

ブエノスアイレスに来た際は注意してください。

今回の件とは関係ありませんが

参考までにブエノスアイレスで強盗に遭った人のブログです。↓↓↓

・世界で暮らそっか!
http://clasocca.com/%E5%8D%97%E7%B1%B3/1348/






そんなわけで、『アルゼンチンの総合評価』は★★☆です。



















俺はあまりツアーだったり観光をしていないので参考にならないですが

宿も探せば安いところもあるしスーパーもたくさんあるので

ぜひ大自然あふれるアルゼンチンに引きこもりをしに来てください♪














※今日の1曲
UP STEADY『Happy Sunday』






俺は、アルゼンチンといったら『セバスティアン・ベロン』より
『エルナン・クレスポ』を思い出すよって言う
30代サッカーファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| アルゼンチン | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/166-cdafffe2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT