世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マチュピチュまでの道のり(後編)

リアルタイムではペルーのクスコにいます。

予想以上にクスコから動かないので、このままだと

ワールドカップをペルーかエクアドルで見る羽目になる、ダイスケです。
(せめて、サッカーの盛んなコロンビアで見たい)





現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















以前の記事で、マチュピチュ村近くの水力発電所まで来た俺。


ここから3時間の徒歩が待っています。


しかも、今回は背中にサブバックを背負っての歩き。


先がやられます‥。

P5121819.jpg

↑ 水力発電所をあとにして、他のコレクティーボで来た

多くの旅行者と一緒にマチュピチュに向かいます。

















ここから、マチュピチュまでの道のりは線路沿いを歩いていくことから

誰が呼んだか『通称:スタンドバイミー』コースと言います。


昭和53年生まれの俺はオンタイムでは見ていませんでしたが

その映画はTVで見て知っていました。



歌もうろ覚えなので「When the night~」のところだけリピートして歌います。


リンクを張っておいたので、みなさんこの記事を読みながら

『ベン・E・キング』になった気分で歌いましょう♪





















P5121821.jpg

↑ 歩き出しのところにはたくさんのお店が並んでいたので

ここで水やお菓子を買って歩きながら食べてもいいかもしれません。


















P5121820.jpg

↑ 最初はこのように線路から出発
















P5121822.jpg

↑ しばらくすると立札に従い森の中に入っていきます
















P5121823.jpg

↑ 森の中は少し登り坂になっていて疲れる
















P5121825.jpg

↑ 始めの方の道は少し曲がったりしますが

立札や他の旅行者について行けば迷うことはありません。

















森を抜けるとひたすら平坦な線路沿いを歩いて行きます。

P5121827.jpg
















P5121828.jpg

↑ 景観の良さもあってこの辺は全然楽しい

















実は水力発電所はマチュピチュを通り過ぎたところにあり

マチュピチュまで線路沿いを歩いて戻っているってかたちになる。

P5121826.jpg

↑ あれはマチュピチュ山かな?
















P5121829.jpg

↑ 歩き出して30分ほどすると

スタンドバイミーコースのメインの鉄橋が見えてきます。
















P5121830.jpg

↑ 記念写真を撮ってみるも鉄橋が偉大過ぎて俺が小さい。

決して俺の身長が日本の平均値を下回っているからではない。
















P5121833.jpg















P5121834.jpg

↑ 鉄橋の下は激流なんでうっかり踏み外して落ちてしまうと

マチュピチュを拝む前に地獄の鉄囲山を拝むことに‥。

まあ、端にちゃんと人が歩くスペースがあるけどね‥。
















P5121831.jpg

↑ たまに電車が通るから、良い子は鉄橋で遊んじゃだめだよ。
















P5121836.jpg

↑ あとは黙々と線路沿いを歩きます
















P5121838.jpg

↑ 忘れたころに電車が登場。

この中にはお金がある人が優雅に乗ってる事でしょう。

















今回スタートが16時だったので歩いていると18時ごろになり

気づけば辺りが暗くなってきました。



もちろん街灯なんて洒落たもんはないから

このまま村に着かなかったら山で遭難ってことも‥。




しかも、途中のトンネルなんか本当真っ暗で

携帯ライトを手掛かりに進まないと前が全く見えません。


時折、上から落ちてくる水滴がまた怖さをそそります‥。



不安になると疲れも倍増するものでこの辺りになると

スタンドバイミーの曲もネタ切れでゼイゼイ言いながら歩いている状態。





すると向こうの方に街の明かりが見えてきました。


夜、遭難した人の気分はこんな感じだろうなっという気持ち(笑)。

P2050850.jpg

↑ 線路沿いを歩いて来たんでマチュピチュの駅に出た
















P5121840.jpg

↑ マンコパカック様もカリエンテ(スペイン語で暖かいの意味)で

俺たちを迎えてくれました。

















宿は決めてなかったんでどうしよっかなっと思っていたら

クスコで同じ宿だったトモエ君が

『俺が泊まっているところシングルで20ソルっすよ』っと言うではありませんか。

P5121842.jpg

↑ その宿は『PACHACUTEC通り』にありました

















一緒に来ていた久馬さんとツインで一人15ソルにしてもらいました。

P5121843.jpg

↑ 部屋はきれいでシャワー&TVも部屋に設備付き
















P5121845.jpg

↑ 受付はいつも居なくて、チェックインの時以外見たことがありません(笑)
















P5121846.jpg

↑ 今日はクスコから持ってきた食材で晩御飯♪

















明日はついにマチュピチュへ!!


でも、朝一から行くので5時起きだ‥(ノД`)・゜・。


※宿情報

・El Mirador
住所:AV PACHACUTEC 500
電話:984 001280
mail:不明
WEB:不明

ツイン 一人15ソル(20ソルから値切って)
シングル 20ソル

シャワー・トイレ付き
wifi △ (激遅・部屋では不可)
台所 × 朝食 ×
洗濯スペース ×
英語不可

きれい    ★★
立地     ★★★
居心地の良さ ★★
スタッフ   ★
設備充実   ★
(↑ 3段階評価ね)

 
安宿の相場が20から30ソルのマチュピチュ村では安い方。
部屋はきれいでシャワーとTV付でした。
お湯も結構あつあつが出ました。
立地もツーリスト通りがすぐ前にあったり
メルカドが近くにあったり場所は良かったです。
(マチュピチュ村自体が狭いからほぼ立地なんて関係ないけどね‥)
wifiは一応付いているけど、激遅でFacebookすら開きませんでした。
またスタッフもチェックインの時以外見る事はなかったです‥。
いつもどこに行ってるんだろ??
部屋以外は最低限の物しか揃ってないので
マチュピチュに行くので寝るだけの人にはおススメです。










※使ったお金
・宿 15ソル
(1ソル=約36円)











※今日の1曲
Blankey Jet City 『赤いタンバリン』






俺は、『スタンド・バイ・ミー』より『恋人たちの予感』の方が好きだよ
っという『ロブ・ライナー』ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペルー | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/204-2cb458e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT