世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これが噂のマチュピチュだ!!

リアルタイムではペルーのクスコにいます。

乾燥しすぎで最近、喉を傷めているため

以前にも増して引きこもっている男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















マチュピチュ村に着いて2日目。


今日はついにあの天空の街・マチュピチュとご対面です。



マチュピチュ村からマチュピチュ行くには2通りあって

①、バスで楽々30分
②、歩きでヘトヘト1時間半

で、バスだと片道10ドル(往復だと18ドル)かかりますが

歩きの場合だともちろん無料。



マチュピチュへ行く道はかなりの登り坂なので

多くの人が行きはバス、帰りは歩きで行っているとのこと。




前日、水力発電所から3時間弱歩いただけで軽く筋肉痛の俺は

バスで行こうかなっと思ってたんですが

チケット買に行くのも面倒だったので、ケチって歩きで行くことに。


歩きの分早起きしてこの日は、朝5時半に出発!!

P2050855.jpg

↑ 辺りはまだ暗く寒いッス‥
















P2050856.jpg

↑ 山にもまだ霧がかかってるくらい

















まず昨日来た道を30分くらい川沿いに戻ります。



昨日歩いた時は暗くて分かんなかったけど

歩いている時にマチュピチュの入り口を通り過ぎてたんだね。

P2050857.jpg

↑ マチュピチュ名物の九十九坂に到着
















P2050858.jpg

↑ この橋のところで歩きの人は名前とパスポート番号を書きます
















P5131866.jpg

↑ グネグネ曲がっている道の右端を突っ切って登っていく
















P5121848.jpg

↑ 一応歩きの人用に立札がありました

















坂の下に着いたのは朝6時ごろ。


ここから延々と鬼のような坂を登って行きます。

P5121849.jpg

↑ こんなような階段をひたすら上がる‥

















標高は2000mとそんなに高くないが、それでも息が切れてくる。


登っても登っても終わらない階段‥。


そして、バンバン追い抜かしていくバス達‥。

『今から10ドル払うからそのバスに乗せてくれ』と何度思ったことか‥。



そして、途中2度ほど心が折れたが気合で登っていくと‥

P5121852.jpg

↑ やっとのことでついにマチュピチュの入り口に到着!!
















P5131865.jpg

↑ 変な日本語の札がお出迎え
















P5121851.jpg

↑ もうこの時は一人放心状態です‥

















バスで来てた人たちは『これからマチュピチュ行くぞー』

って気持ちだったと思いますが

俺は入る前からやりきった感がありましたから(笑)。



あと、入場する時に学割の事なんか言われるかなっと

ドキドキ(疲労と2重で)していたら、案外すんなり通れました。


ラパスで作った学生証はマチュピチュをクリアしましたよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/










そして、ついにマチュピチュの中へ。


まあこんだけ頑張ったんだから

今あのマチュピチュ見たらさぞ感動するんだろうなーってワクワクしてたら。

P2050866.jpg

↑ ド曇りしてました‥(*´Д`)

















P2050865.jpg

↑ しょうがないので違うパターンも

















待っててもなかなか晴れないので

先に太陽の門(インティプンク)へ行くことに。


太陽の門はマチュピチュ山やワイナピチュと違って

料金がかかったり人数制限をしていないが

同じように上からマチュピチュの全景が見えると言う。

P5121857.jpg

↑ 見張り小屋手前の分岐から石畳みの山道を登って行きます
















P2050887.jpg

↑ 途中、大岩の墓場と呼ばれる大きな岩があり

何人かが下でお花を供えていました。
















P5121859.jpg

↑ これは儀式の石と呼ばれる岩
















P5121858.jpg

↑ よく見るとクッキーとかコカの葉が置いてありました
















P2050872.jpg

↑ そして、1時間くらいで太陽の門に到着
















P2050870.jpg
















P2050871.jpg

↑ 辺りには高さ2mくらいの石壁が並んでいました

















夏至の日にはこの門の間から太陽が昇るのだという。


内部が部屋のように作られているので

昔は小屋のようなものがあったらしいです。

P2050868.jpg

↑ この時点で9時ごろ。まだ霧が多かったです。
















P2050874.jpg

↑ うっすらマチュピチュの遺跡が見えます


















っていうか、山沿いに霧が昇ってきてなかなか

きれいなマチュピチュの全景が見えない。


霧が昇ってくる様子を動画に撮ったのでそれもどうぞ。 ↓






































一時間くらい待っていたら、だんだん霧が晴れてきました!!

P2050886.jpg

↑ 奥に見えるのはワイナピチュ。

太陽の門の方が少し標高が高いらしい。
















P2050881.jpg

↑ 上に雲はまだ残ってるけど、記念写真
















P2050878.jpg

↑ まだ奥にはインカ道と呼ばれる道がずっと続いていて

3、4日かけてマチュピチュに来るトレッキングツアーも人気らしいです。

















結局、太陽の門には12時くらいまでいましたが

遺跡を見る時間が無くなるといけないので戻ることに。

P5131863.jpg
















P5131864.jpg

↑ 帰り道の道すがらたくさん花が咲いていました

















P2060090.jpg

↑ 戻ってみると霧は晴れていて

TVとかで見るマチュピチュの景色を見ることが出来ました。
















P2050891.jpg

↑ その1:マチュピチュに喜ぶ俺
















P2050903.jpg

↑ その2:マチュピチュを見下ろす俺
















P2050906.jpg

↑ その3:気分はマンコパカック様の俺
















P2050914.jpg

↑ そしてワイナピチュを眺めながら遺跡のなかへ
















P2050917.jpg
















P2050916.jpg
















P2050921.jpg
















P2050922.jpg
















P2050924.jpg

















P2050930.jpg

↑ 約600年前にはこの今いる場所にインカの人達が

住んでいたかと思うと感慨深いものになる。















P2050933.jpg

↑ まあ今はリャマ君たちの住処だけどね♪
















P2050927.jpg

↑ これは大岩から作った日時計で

4つの角は東西南北を指しているんだって。
















P2050936.jpg

↑ これは聖なる石。石のかたちは山をあらわしているらしい。















P2050938.jpg

↑ これは2階建ての家。2階からも入れるようになってるらしい。
















P2050942.jpg

↑ これは天体観測の石。

当時は夜な夜な水に映った星を見て観測していたとの事。
















P2050947.jpg

















P2050948.jpg

↑ これはコンドルの神殿。

手前の石が頭で奥の岩が羽らしいけど、見える??
















P2050951.jpg
















P2050952.jpg

↑ これは太陽の神殿。夏至の時には中の聖なる石に光が差し込むらしい。
















P2050949.jpg
















P2050950.jpg

↑ これは16の水くみ場。今でもこの石の水路に水が流れてました。

















以上、地球の歩き方まる読みの解説でした(汗)









結局、少し肌寒くなる16時半ごろまで歩き回って

ご飯も食べずに10時間近くマチュピチュにいました。



63ソル(約2300円)でこんだけ堪能したら、もう元取ったよね?



昨日から歩き詰めで俺のふくらはぎパンパンですけど

大満足のマチュピチュ体験でした。

P2060048-1.jpg












※今日の1曲
BOMB FACTORY 『WHEN THE WIND BLOWS』






俺俺は、『マチュピチュ』より『マチュリテ』の方が良いよ
っていう『インテリア』好きの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペルー | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/205-233e276a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT