世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クスコで病院に行くことに‥

リアルタイムではペルーのクスコにいます。

今泊まっている宿はギター弾きながら旅している人や

自分で作ったアクセサリーを路上で売って旅している人など

いろんな人がいるんですけど、この前、肩に小さいクロネコを乗せて

旅している人が来てさすがに驚いた男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















クスコに着いて3週間くらいたったある日、喉が痛いなぁっと思っていたら

身体がだるくなり、関節も痛くなりだしたので

こりゃ風邪だって事になりました。



元々日本にいる時も1年に1回か2回は風邪をひいていたので

常に日本より乾燥している海外だったら

なるのは、まあしゃーないかっと思って

日本から持ってきた薬とかを飲んで熱はすぐに下がったんですが

どーも喉の痛みがなかなかひかない‥。





しかも咳と鼻水が止まらなくて、寝る時も

多少しんどかったりするようになってしまいました‥(ノД`)・゚・。





まあそんなに症状自体は重くないので

数日経ったら治るかなっとも考えたんですが、ここは海外‥。


日本じゃいざ知らず見知らぬ土地で病気をこじらせたら

イカンっということで、ここは保険を使って病院に行くことに。






海外では病院の費用が高いところも多く

1回行って1万円とかざららしい‥(((( ;゚д゚)))アワワワワ


命はお金に代えれないからいざとなったら払うしかないんだけど

ちょっとした病気だったら絶対我慢しちゃうなコレ‥。






そんな時に必要なのが海外保険です!!


海外保険に入っていれば、キャッシュレスで治療が受けれたり

治療にかかったお金を帰国後に返金してくれたりするのです♪♪




この前、スリにあってお別れしてしまったデジカメも

保険に入っているのでお金は戻ってくるわけです。








そんなわけで今回キャッシュレスでの治療に挑戦!!


まずは、保険会社に電話して症状と現在地を説明し

キャッシュレスで治療を受けたい旨を伝えます。



すると、近くでキャッシュレスの治療が受けれる病院があるか

調べてもらって折り返し連絡が入ります。



国によっても違うと思いますが

折り返しの連絡は結構時間がかかることが多い。


以前、友達が利用した時に折り返しまでに4時間かかってました‥。





なのですぐに病院に行かないといけないような重い症状だったら

キャッシュレスではなくて一旦自分で立て替えてから

かかったお金を保険会社に請求することになると思います。





俺はそんなに症状も重くなかったので前日の晩に電話しておいて

次の日に折り返しをもらうようにしました。






そして、次の日に連絡が入り

ここクスコでもキャッシュレスで治療が受けれる病院があるとのこと。



ラッキー!!










後で戻ってくるとしても、立て替えとキャッシュレスとでは

そりゃあ払わないに越したことはないからね。






そして、病院の場所を教えてもらい

念のために後でメールも送ってもらうようにして、保険会社への手続きは終了。




病院へはタクシーで行っても領収書をもらえば

あとで保険会社にも請求できるけど

クスコのタクシーが請求書を切れるかって問題もあり歩いて行くことに。




幸い、地図で見てみたらそんなに場所もここから遠くない。


30分くらいかな??










しかし、宿を出て歩いて向かってみても一向に着く気配がない‥。


これは『海外あるある』の1つ

『海外の地図は市街地に比べ郊外の方が尺度が小さくなりがち』

ってやつじゃないですか‥。





一時間くらい歩いたところで、近くにいたおばさんに

病院の住所を伝えると『あと30分くらいかかるわよ』っとの事‥。


文字通り、なかなかキャッシュレスまでの道のりは遠いな‥。











俺の風邪が現在進行中だったらここからでもタクシー使ってたけど

体調自体はそんなに悪くなかったのでそのまま歩くことに。

P2060471.jpg

↑ 1時間歩いたところにあった公園でちょっと休憩

















途中、人に道を聞いたり迷ったりで更に時間がかかり

結局病院まで2時間かかりました‥。


クスコのキャッシュレスの病院とおーい。

P2060472.jpg

↑ 念願の病院に到着。名前は『Peruano suiza』っというところ。

















中に入ると、外来の人とかはいなくて救急病院みたいなところでした。



受付のおねえさんにキャッシュレスで治療を受けたい旨伝えると

慣れた感じで『いいわよ。』っとの事。



たぶん、ここは俺みたいに保険を使って

キャッシュレスで治療を受けに来る輩が多いんだろうな。






そして、少し待って病室へ。

P2060474.jpg

↑ 病室は結構殺風景な感じ
















P2060473.jpg

↑ 高そうな機械もありました

















看護婦さんに血圧と体温を計った後、ドクター登場!!


先生は英語もペラペラだったので、英語で自分の症状を伝えて

診断してもらうと『ただの風邪だね』っと言って10分ほどで終了ー。





早く終わるのはいいんだけど、この先生診断しながら歌ってたり

携帯いじってたりして、適当感は否めませんでした‥(*´Д`)

P2060475.jpg

↑ 薬は3種類、3日分をもらいました

















診断後は、受付で病院が保険会社に提出する書類を書きます。


この書類で病院側が保険会社に治療費や薬代を請求するそうです。





そして、書類を書き終えて帰ろうとすると

『この書類を確認するから待ってて』っと言われました。





そうかそうか、俺が書いた文言が正しいかどうか確かめるんだね。


クスコの病院はちゃんとしてるね。





フィリピンで下痢と症状を偽り予防接種を打った先生とは違うわ。
(まあその時は俺もタダで
A型肝炎と破傷風の注射打ってもらって助かったけど‥)

※その時の記事 ↓↓
・海外で予防接種を打ってみた(フィリピン編)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-63.html















でも、この間1時間ほど待たされました‥。


ちょっと、どこまで確認してんの??





結局、10分の診察に対して病院で約2時間

往復の移動で4時間弱と1日がかりになってしまいました。





でも、キャッシュレスで治療を受ける事も出来たし

海外保険はそんなに安くはないけど(大体1か月1万円くらい)

何かあった時のために入っておくことが大事だと

改めて感じた35歳の夜でしたww









※使ったお金
・宿 8ソル
・ご飯 7ソル
(1ソル=約36円)











※今日の1曲
FLOW 『COLORS』






俺は、『病院』に行くよりも『病名恋ワズライ』を聞いていたい
って言う『初音ミク』好きの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペルー | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/212-96cd856f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT