世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クスコの宿情報 パート1

リアルタイムではペルーのクスコにいます。

ついにワールドカップが始まりましたね!!

頑張れニッポン!!っと

W杯の時だけ、ここぞとばかり応援する『にわかファン』の男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事でクスコ→リマ間のバスを買ったんですけど

その夜に体調を崩してしまいもう少しクスコにいる事になりました‥。

※以前の記事 パート1 ↓↓

・クスコで荷物を送ってみた
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-216.html










熱はそんなにないんですけど咳が止まらなくて

もう咳のしすぎで脇腹が痛くなりましたからね‥ww


海外にいる皆さん、体調管理には気をつけましょう。
(体調崩している男に言われても説得力0ですが‥)










そして次の日に、この前キャッシュレスでお世話になった

『Peruano suiza』に再度行って山ほど薬をもらってきました。

※以前の記事 パート2 ↓↓

・クスコで病院に行くことに‥
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-212.html









今回は2度目のため、窓口の人も俺の事覚えていてくれて

書類のチェックもスムーズに終わって一安心。



喉が死ぬほど腫れているけど、感染症とか変な病気じゃないみたい。


よかった!!





でも帰り際に『念のため、5日後にもう一度来てください』

っと言われ、クスコに延泊が決定しました(苦笑)










もうクスコでやる事も行くところもないし

これ以上宿で引きこもってネット動画ばかり見てたら

『この日本人海外に来てまでなんで日本のTVばかり見てるんだ?

ただのクレイジーなのか?』っと言う

異国の方からの目に耐え切れなくなってしまいそうです。










しかも、12日からW杯も始まるし(現地時間)どうしよっかなーっと

思っていたらなんと、宿にTVが設置されました。

P2060730.jpg

↑ 念願のTV様が降臨する図
















P2060734.jpg

↑ ちゃんと開幕戦のブラジル対クロアチアも見ることが出来ました。

わーい(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

















まあ現地のブラジルに行って生で見ている人に比べたら

TVで見ているのなんて感動は何分の一、何十分の一だと思うんですが

最初はTVで見る事も難しいんじゃないかって思っていたので

オンタイムで見れた時は、正直嬉しかったです(*'▽')







これで、日本戦もここで全部見ちゃおっかな?


そうすると、少なくともクスコにもう1週間はいることになるな‥(笑)


まあ先の事はそのうち考える事にして、今を生きる事にしよう。
(ダメな人間の常套句、『必殺先延ばし』又は『ただの現実逃避』とも言う)

















そして、正直何もしてないためブログに書けるようなネタもないので

今日はクスコで泊まった宿を紹介していきたいと思います。



しかも、小出しで1軒のみ‥。


今泊まっている宿はまた次の記事で書きたいと思いますm(__)m
















クスコに来て最初に泊まったのが

日本人バックパッカーにもお馴染み『Casa del Inka』っという宿。



ここは日本人が経営している宿じゃないけど

最近口コミやブログなどでよく紹介され多くの日本人が泊まっている宿。
(こういう宿を準日本人宿っていうのかな?)




俺が泊まっていた時も7割くらいが日本人でした。

P5101754.jpg

↑ セントロのアルマス広場から近いのですが、途中鬼のような坂があります。

















荷物を持ってなかったらそんなに苦じゃないと思いますが

荷物を背負って上がるのは大変‥。


特にコロコロの人は転がすスペースがないので(階段のため)

マジ試練以外の何者でもないです。



お金がある人は是非タクシーで坂の上まで連れてってもらってください。


坂の上まで行くと少し階段を下るだけで着きます。




場所はアルマス広場を背にカテドラルを見て向かって左に行くと

路地のような坂道があるので、そこをまず登ります。

P2060107.jpg

↑ 次にこの曲がり角で右に曲がります

















P2060108.jpg

↑ その次にすぐ左に曲がります
















CASA del INKA

↑ そうすると右手に宿の名前が見えてきます
















P5101755.jpg

↑ 少し下に『PUMA』という同じような宿があり

こちらも日本人がちらほら泊まってるようですが

『PUMA』はどちからというと韓国人が多いみたいです。
















P5101745.jpg

↑ 朝ごはんには嬉しいことにパンケーキとシリアル、コーヒーが付いてきます
















P5101750.jpg

↑ 屋上のテラスの壁には大きな絵が
















P5101746.jpg

↑ 日付を見ると最近、描かれた絵みたいです
















P5101747.jpg
















P5101748.jpg
















P5101749.jpg

↑ そして、坂の上にあるだけにここから見る景色は格別でした
















P5101751.jpg

↑ 部屋も掃除してあり結構きれい
















P5101752.jpg

↑ 日本の本も何冊かありました。

2014年度のジャンプだから比較的新しいですよww
















P5101753.jpg

↑ 日本語での推薦文も貼ってあります
















P2050844.jpg

↑ テラス横にキッチンも小さいながらありました
















P2050837.jpg
















P2050838.jpg
















P2050839.jpg

↑ 夜になるときれいなクスコの夜景を見ることが出来ました。

おっしゃれーww

















※宿情報

・Casa del Inka
2014/05/10 と 2014/05/13の2泊

住所:Resbalosa 420
電話:084 225538
mail:hostalcasadelinka@hotmail.com
WEB:http://www.hostalcasadelinka.com/

ドミトリー 20ソル

wifi 〇(普通・部屋でも可)
台所 〇 朝食 〇
洗濯スペース ×
英語一部可

きれい    ★★
立地     ★★
居心地の良さ ★★★
スタッフ   ★★★
設備充実   ★★
(↑ 3段階評価ね)

クスコに日本人が経営している宿も他にはありますが
今一番日本人に有名な宿と言えばここ『Casa del Inka』だと思う。
ここは坂の上にあるのでだいたいの人が疲れて宿にやってきますが
スタッフの人がマジ優しいです。
特に若い女の子はカタコトで日本語が話せれて(旅行者が教えた?)
日本語だけでもなんとか通じそうな勢いでした。
また屋上にあるテラスからの眺めがとても良いです。
夜景もきれいで、夜は何人かがテラスでお酒を飲んだり
ネットをしたりと談笑のスペースにもなっていました。
多くの人はマチュピチュに行くのに荷物を預かってもらう必要があると思いますが
そういった点でもここはホスピタリティが高いので安心できると感じました。
でも俺が行ったのは5月で南半球でも冬に入りかけの時期で
夜は寒かったのですが、部屋も同様に結構寒かったです‥。
テラスなんて10分いたらガクブルでした‥。
あと、時間帯によってはシャワーもぬるかったです。
また何と言ってもアルマス広場から宿に行く場合は
荷物を持って鬼坂を登らないといけないので、それがきついです。
でもたくさん日本人がいるので、これからマチュピチュに行く人は
ここでマチュピチュに関しての情報を得たり
一緒のメンバーを探したりするのには都合の良い宿だと思います。












※今日の1曲
Every Little Thing 『fragile』






俺は、『夜景(夜の景色)』より『夜警(夜間勤務の警備)』をしてお金を稼ぎたい
っと言う『現金主義』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペルー | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/217-b895006d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT