世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大変だった国境越え‥

この度行われた新日本プレロスのG-1クライマックス決勝で

中邑真輔選手を破りオカダ・カズチカ選手が優勝したっというニュースを見て

早速、YouTubeで動画を探すプロレス世代の男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















今は、エクアドルのクエンカって街にいるんですけど

のんびりし過ぎて、前回の記事からまた期間が空いてしまいました‥m(__)m



時間がない時よりも、のんびりしていてグダグダやってる方が

『いつでも書けるや』って思っちゃってブログ書かないですね‥。


俺はグータラに際限がない男なので、あまり期間を空けずに

コツコツ書いていきたいと思います!!


移動しながらほぼ毎日ブログを書いているブロガーのみなさん

マジ尊敬しますわ(*‘ω‘ *)











さて、前回はトルヒーヨの街を観光しつつ国境の街トゥンベス行きの

バスチケットを買ったところまで書いたので

今回はペルーからエクアドルの国境抜けの事を書いていきます。








でも、この国境越えがめちゃ大変でした。


















まず、事前に考えていたのはトルヒーヨからトゥンベスまで行って

トゥンベスからグアヤキル行のバスに乗って国境を越えるという王道パターン。


トルヒーヨ→トゥンベス 12時間
トゥンベス→グアヤキル 6時間


トルヒーヨ発のバスの時間が夜8時なので、朝8時にトゥンベスに着いて

そこからバスを探して乗っても暗くなる前にグアヤキルに着くという計画。

map3_201408121312514a6.jpg

↑ 図だとこんな感じです

















でも、心配だったのがトゥンベスにグアヤキル行のバスがあるのかという事。


ネットで調べると、『トゥンベスからグアヤキルにバスで行った』

って書いてあるブログも中にはあるけど

ほとんどは『トゥンベスからローカルバスに乗り換えて、近くの街まで行き

そこから徒歩で国境を越えてグアヤキル行のバスに乗った』

って書いてあるブログが多い‥。





徒歩で国境を越えるってどういう事??


トゥンベスからのローカルバスってすぐに見つかるのかな??

ウアキージャスmap

↑ エクアドル側の街ウアキージャスはここ

















※トゥンベスから直行する行き方を書いたブログ
・la vida divertida
http://ameblo.jp/arcoiris27/entry-10946792132.html


※ウアキージャス経由の行き方を書いたブログ
・WorldQuestそうだ世界へ行こう!
http://worldquestssi.web.fc2.com/peru.html
・World Scene
http://www.world-scene.com/diary/2012/02/22/%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ab%ef%bc%9a%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%80%80%ef%bd%9e%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%83%91%e3%82%b4%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc/
・SHIGEN-Blog
http://blog.goo.ne.jp/gen19741109/e/1f03e1c515ebc1edc2dafd244109288f


















調べものをしているとよくあるんですけど

ブログの記事が古かったりするとその情報が変わってる場合が良くあります。

(そのルートのバスが終わっていたり、宿がつぶれてたり
料金が上がってたりするなんて多々あります‥)



なので、トゥンベスからグアヤキルに行く方法を第一に考えつつ

なければウアキージャスまで行ってからグアヤキルに行くことに決めました。



いつも国境越えはダイレクトにバスで行くため

少し不安を抱えつつ、トゥンベス行きのバスに乗りこみます。

P2080264.jpg
















P2080265.jpg

↑ 12時間35ソルと安いだけあって席はなかなか狭かったです

















今までの南米の夜行バスは比較的夜間は寒いことが多かったんですが

トルヒーヨ→トゥンベス間は寒くなくて、パーカー着てたら少し暑いくらいでした。



途中、暑くて寝苦しくなりながらも朝8時にトゥンベスに到着。


ここトゥンベスは国境より少し手前でここからさらに先に小さな町があるようです。

トゥンベスmap

↑ この間バスで30分くらい
















そしてバスを降り運転手にここで良いか聞きました。



俺:『ここってトゥンベスの街?』

運転手:『そうだよ』


そしてここで降りてグアヤキル行のバスを探すか!って思っていたら‥


運転手:『お前、エクアドルに行きたいのか?』

俺:『そうだよ、グアヤキルに行きたいんだよ』

運転手:『じゃあ、ここじゃなくてもう少し先で降りた方がいい』

っと言ってきました。



もう少し先にグアヤキル行のバス会社があるのかなっと思いバスの席に戻りました。


しかし、これが後々大変な事態につながるのでした‥。















そして、再びバスが動き出しトゥンベスの街中を進んでいき

バスはすぐ停まる様子もなく、周りの風景も街中から荒野へと変わってきました。













‥‥







これは国境に向かってるわ‥。















そう思った時点で時すでに遅し‥

バスはもう街から出てしまっていたので、ウアキージャス経由の国境越えに決定!!


P2080266.jpg

↑ バスは無情にも荒野を走り続けます

















バスの中にはまだ乗ってる人もいたので、隣の人に

『エクアドルに行きたいんだけどどこで降りたらいい?』っと聞くと

後ろに座っていたおばちゃんが

『私もエクアドルに行くから降りるところ教えてあげるわ』っと言ってくれました。






まあここは情報もないし地元の人について行けば心配ないと思い

30分ほどでバスは国境の街サルミージャスに到着。





おばちゃんに『ここよ』っと言われて降りてみると、マジ何もないところで

周りには『荷物を運ぶぜ』っとしきりに言ってくる

リアカーを持ったおっちゃん達が群がってきました‥。


久々になかなかのカオス具合だ‥。










年季の入った往年のおじさんバックパッカーや

野宿大好きな野生味あふれた若者だったら大好きなシチュエーションだけど

俺は「なるべく楽したい」っと思っている軟弱バックパッカーなので

この時、リアカーのおっちゃんに囲まれながら

『これからどうなるんだろうか‥』っと心配になってました。







そして、エクアドルに行くと言っていたおばちゃんが

『荷物をここに乗せな』っと言って1台のリアカーに指をさします。



俺は言われるままリアカーに荷物を乗せると

そのリアカーは国境線があるであろう方向へと進み始めました。


 08-03@22-39-47-770.jpg

↑ マジ何もない荒野‥。

カメラを出すのは怖かったのでスマホで撮りました。
















 08-03@22-39-27-240.jpg

↑ きったないリアカーに荷物を乗せる
















少し歩くと、何もない荒野から屋台や人が多くいる場所になってきました。


俺は正直『この後どこに行くんだろか?グアヤキル行きのバス停に

案内してくれるのか?それともイミグレまで連れてってくれるのか?』

っと頭に「?」を浮かべたままおばちゃんに付いて歩いて行きました。











そして、ごった返した場所をテクテク歩くこと10分

おばちゃんは俺に衝撃的な言葉を放ちました。


『もうここはエクアドルだから、じゃあね』















えー、これで終わり??

荷物リアカーに乗せて10分歩いただけだよ!

イミグレも通ってないから唯の不法侵入になっちゃうよ!!



っと思っていたら、リアカーのおっちゃんが俺に指をこすりながら言っています。

『料金は5ソルだ』















はい、踏んだり蹴ったりー('Д')

10分歩いて5ソルかい!

だったら自分で歩いてたわ!!



このおっちゃんは国境のごった返した場所を荷物を運ぶだけの仕事で

おばちゃんは大きい荷物を持っていたからおっちゃんに頼んでいただけみたい。



しょーがないから5ソル払い、おっちゃんにイミグレの場所を聞くと

ここからは歩いては行けないので、タクシーで行けとの事。










ここで、やっと理解。


地元の人が国境近くの街を行き来する場合は

入国審査は必要ないというお決まりのルールで

このおばちゃんは本当に『ただエクアドルに行く』だけだったのだ。




もちろん旅行者の俺は入国審査の必要あり‥(;´Д`)



しかも、イミグレは国境線から離れたところにあるので

行きたい人は入国審査を受けに

わざわざタクシーに乗って行かないといけないらしい‥。





ブログの情報では、バイタクとかローカルバスがあると書いてあったが

地元の人に聞くと皆タクシーで行けという‥。





そこら辺にいたタクシーの運転手に値段を聞くと片道3ドルとの事。


ここエクアドルの通貨はドルなので

特に両替しなくても手持ちはあるけど、往復6ドルは高い‥。










でも、他に行く方法が無さそうだったのでタクシーに乗り込むことに。



タクシーで15分ほど走るとイミグレに到着。


15分で3ドルか‥。


トルヒーヨからトゥンベスまで12時間走って35ソル(1000円ちょっと)

って事を考えると高いな‥。






っと思いつつイミグレに行ってハンコを押してもらう。




ここのイミグレは、ペルー側とエクアドル側の窓口が隣通しで並んでいて

出国手続きを終えたらすぐに入国手続きが出来て便利♪♪

P2080268.jpg

↑ 向かって左がペルー側で右がエクアドル側。
















P2080267.jpg

↑ 建物もきれいだけど、もっと国境近くに作ってくれとお願いしたい

















そして、行きで乗ってきたタクシーが駐車場に待っていたので

そのまま乗り込みまた国境近くへと戻る。








ここエクアドル側の国境の街ウアキージャスには何個かバス会社があって

それぞれ個別のターミナルを持っていた。



何軒か聞いてみると1番安いのはグアヤキルまで5ドル(所要時間は5時間)。


タクシーが往復30分で6ドルだったから5時間のバスより高いな‥(笑)。










あと、この時少しペルーのお金も持っていて

最初は手前のトゥンベスで使おうと思っていたのに

結局エクアドルの街まで来ちゃったので、ここでは使えない‥。



でも、なんか歩いてペルー側まで行けそうだったので

取りあえず歩いてペルーの方に向かってみた。





すると歩くこと10分、バスから降りた場所に到着!!

マジ、リアカーの意味なし!!













そしてエクアドル側まで戻る途中

国境手前の露店で果物とパンを買ってからバスターミナルへ。

P2080269.jpg

↑ ここで売ってたイチゴがメチャ美味かった
















P2080271.jpg
















P2080272.jpg

↑ 国境近くは店とか人とかでいっぱい
















P2080270.jpg

↑ 国境から少し離れると人も落ち着くみたい

















グアヤキルまでのバスは毎時間走っていたのですぐに乗れました。

P2080273.jpg

↑ バス会社は『Pullman』
















P2080274.jpg

↑ まあ安いから中も狭々でした‥

















なんだかんだでバタバタしたけど、ようやくグアヤキルまで行ける‥。



結局、3か月近く期限ギリギリまでいたペルーに名残を惜しむよりも

国境越えが大変だったので、超疲れました‥(;´Д`)






※ペルーからエクアドルの国境越え

①、トルヒーヨからトゥンベスを通り越し、国境の街サルミージャに着く
そもそも、サルミージャまでバスで行っちゃったのが間違い。
たぶんグアヤキル行きのバスはトゥンベスにあると思うので
ちゃんとトゥンベスで降りてグアヤキルまで行った方が
イミグレも自分で行かなくて済むので圧倒的に楽。
でもトゥンベスの街は治安が悪そうだったので
泊まらなくて済むよう到着は朝にした方がいいです。

②、サルミージャの何もない場所にポツンと降ろされる
ここは街の外れなのでマジ何もない。
バスが着くとおっさん達がわらわら集まり荷物運びの客引きをしてくる。

③、バスの中にいたおばちゃんに言われるまま
リアカーに荷物を乗せて知らない間に歩いて国境を越える

サルミージャ(ペルー側の街)からウアキージャス(エクアドル側の街)まで
歩いて全然行けるのでリアカー使う必要なし。
途中、警察が立っているところがたぶん国境線なので(と言ってもノーチェック)
ペルーのお金が余っていたらその手前で使いましょう。

④、イミグレの場所が離れているので、タクシーに乗ってイミグレへ
街まで戻ってこないといけないので、タクシーは往復の料金になります。
ここからはドルが必要なのであらかじめ用意しておきましょう。
もしかしたらもっと安くバイタクで行けるかも‥。

⑤、イミグレで出国&入国手続きをしてウアキージャスの街に戻る
ペルーとエクアドルのイミグレは同じ建物にあるので
並んでいる間に出国と入国の紙を書いておきましょう。
また手続きをしている間、タクシーがちゃんと待っているかも要確認。

⑥、ウアキージャスの街でグアヤキル行きのバスを見つけ乗車
国境線から5分くらいあるくと、バス会社が何軒かありました。
でもここから乗った場合イミグレに寄ってくれないので
事前に自分で行っておく必要あり。
俺が乗ったバスは途中の街とかに寄ってたけど
時間帯によってはダイレクトもあるみたいでした。

⑦、いざグアヤキルへ!!











※使ったお金
・荷物運び代 5ソル
・果物&パン 6ソル
(1ソル=約36円)
・タクシー代 6ドル
・グアヤキル行きのバス 5ドル
(1ドル=約102円)











※今日の1曲
家入レオ 『純情』






俺は『トゥンベス』より『トゥンセラーメン』の方が好きだよっていう
『辛党』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペルー | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/242-2fab4337

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT