世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グアヤキルで泊まる宿がない‥だと!?

『妖怪ウォッチ』っていうのがゲームが流行っているらしいけど

ミニ四駆やビックリマン世代の俺は

最初、水木しげるの新しい漫画かと思った残念な男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















前回の記事でペルーとエクアドルの国境の街ウアキージャスから

グアヤキルに向かうバスに乗り込んだ俺。


※前回の記事 ↓↓
・大変だった国境越え‥
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-242.html










ちなみにウアキージャスの街はごちゃってしてて治安も良くなさそうだったので

夜には着かない方がいいと思います‥。





このバスは途中、何度も路上で停まっては人を乗せてて

乗った人は中で係りの人にお金を払ってたから

ウアキージャス→グアヤキル間の定期バスみたいな感じなのかな?


guayaquilmap.jpg

↑ こんな感じのルートで移動

















そして、約5時間かけてグアヤキルに到着。


11時30分に乗ったから今は16時30分過ぎだけど暑い‥。


ブラジルを最後に約半年間体験していなかった夏を

遂にこのエクアドルで感じています(∩´∀`)∩


P2080275.jpg

↑ グアヤキルのバスターミナルは空港に隣接していてめちゃくちゃデカい
















P2080276.jpg

↑ バス会社もたくさんありました
















P2080277.jpg

↑ 恒例のマックチェックをしてみるとハンバーガー1つ約2ドル。

南米は物価に対してマックの料金が高いな‥。
















P2080278.jpg

↑ 暑かったのでアイスを買いました。お値段75セント。

















グアヤキルはあまり治安が良くないと聞くし

着くのも夕方と分かっていたんで、今回は宿をネットで予約しておきました。

偉いぞ、俺!!




宿の場所はセントロ近くだったので

まずはバスターミナルから街の中心に向かうことに。







バスターミナルを出たところにローカルバスがたくさん停まってて

これらのバスでも行けるんだと思うけど、人も多いし混んでいて

コロコロを持って行くのは大変そうだったので

『メトロビア』という街を南北に走っている大型バスに乗ることにしました。






メトロビアの乗り場はバスターミナルから出て

左手にある青い陸橋を越えて、大通りの反対側にありました。


歩いて5~6分くらいの距離ですが、陸橋にスロープも付いていたので楽チン♪


P2080279.jpg

↑ 大通りを挟んで右がバスターミナルで左がメトロビア乗り場

















着いてみると駅のホームみたいな建物でしたが切符は不要で

入る時に窓口で25セントを払う仕組みでした。


どこまで乗っても一律25セントだから分かりやすいね。






そして次に、行先別に乗り場が分かれているので

セントロ行の乗り場を聞いて、来たメトロビアに乗り込みます。


P2080280.jpg

↑ 車体自体も新しくて、中だけ見ると電車のように立派でした

















そして、5分ほどで目的地に到着ー!


降りたところはセントロといっても北のちょい外れにあるので

見た限り、ちょっと人通りが少なかったです‥。


P2080281.jpg

↑ いやー、寂れた感じが満載だな‥

















時刻は18時の少し前くらいで暗くなる前に宿に着けそうと思っていましたが

この日宿に泊まるまでが、これまた大変でした‥。










スマホで現在地を確認しつつ予約した宿の住所に行ってみると

それっぽい建物が全くありません‥。



でも、旅をしているとネットに書いてある住所と実際に宿がある場所が

少し違っているなんてことは、よくあることなので

この時はそんなに心配していなかったんですが

周りを探してみたり人に聞いたりしても一向に見つかりませんでした‥。









挙句のあてには『この場所にはそんなホテルはないぜ』

なんてことも言われる始末で宿さがし難航‥。





『いやいや、ちゃんと予約したもん!15%のデポジット取られてるもん!』

(サイトによっては料金の何割かを事前に徴収され

その残りを当日ホテルに払うシステムがあります。

なので他のホテルに泊まるわけにもいかず)










そして、何人か目に聞いたおばちゃんが


『この住所間違ってるわよ』





‥‥





(゚Д゚)!?







hostalmap.jpg

↑ いやいや、ちゃんとサイトの地図にも乗ってるし

住所もここの通りの番地が書いてありますよ。セニョーラ。

















『ここに書いてあるOtavaloって住所は

もっと北の街よ』








‥‥








えー、なんですとーヽ(゚Д゚)ノ!!







hostalmap2.jpg

↑ そもそもグアヤキルとオタバロは同じところにある街ではないので

表記が違っていると言っていた。

日本で言うと東京都愛知県港区台場○-○みたいな感じ!?

多分ホテルはグアヤキルじゃなくてオタバロの方にあると思われる。

















えー、じゃあいくら探してもないじゃん!!



オタバロという街に行くにはここからバスで何時間もかかるため

今から行くのも現実的に不可能なので、もう今日は違うホテルを探すしかない‥。






時間はもう19時を回っていて辺りは暗くなり始めていました。



しかも、グアヤキルの街はWikipediaに

『夜間に凶悪犯罪が多発する地域も多く、エクアドルで
最も治安の悪い都市として知られる。グアヤキルを含むグアヤス県では
2012年1月からの半年間で殺人が296件、強盗が6593件発生。
ノグチ通りや民芸品市場近くのロハ通りでは観光客狙いの強盗が
多数発生しているほか、一般市民でも銃を所持している場合もあり
犯罪が凶悪化していて、2013年12月、新婚旅行中の日本人夫婦が襲撃され
夫が亡くなり妻が重傷を負った。』

っと書いてあります。










ビビりながらも

『いやいや俺は半年以上南米を旅している骨太な男だよ。

高いところだって平気だし、ホラー映画見た夜も一人でトイレに行けるし

ピーマンも残さず食べれるし、寝る前に歯も磨くよ』

っと平然を装っていると、おばちゃんが俺に衝撃的なセリフを‥。










『あんた、ここの通りは危なくて有名で夜になったら地元の人も歩かないよ。

そんな荷物持ってたらすぐに強盗にあうんだから。

早くもっと人通りの多い中心部に行きなさい』

っと言って首を掻っ切るポーズをしました‥。















ひえー、∑(ι´Дン)ノ















すいません、どこでもいいから他の宿を教えてください、セニョーラ!!















そして、おばちゃんに教えてもらったホテルになんとか到着し

気になるお値段を聞くと1泊10ドルとの事で一安心。







今日は、朝の国境越えから夜の宿探しまでなかなかハードな一日でした。

(俺は、ハプニングが起きそれを乗り越えた時に喜ぶ『困難克服派』じゃなくて

自分の考えた通りに物事が進むと喜ぶ『マニュアル理屈派』なので

なるべくハプニングは起きない方が嬉しいです‥)







ちなみに、間違った住所を載せてたサイトにデポジットのお金を変換するよう

要求するメール(対応はもちろん英語のみ‥)を送りましたが

『ちょっと待ってね』という旨の返事が来てから

1週間経ちますがその後音沙汰なし‥。

(まあ、デポジットは300円くらいですが‥)







エクアドル初日からこんなんでどうなるんだろうか?







※今日の格言
宿を予約する時は住所表記に間違えがないか、今一度確認すること!












※使ったお金
・メトロビア 25セント
・ご飯 4ドル
・水 1ドル
・宿 10ドル
(1ドル=約102円)












※今日の1曲
Mr.Children 『Tomorrow never knows』






俺は『チャンス』より『ピンチ』の方が好きだよっていう
『いつもゲージが赤になってから超必殺技で逆転勝ち』
をするのが好きな人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| エクアドル | 20:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

| 履歴書の送り状 | 2014/08/29 10:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/245-f736640a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT