世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コロンビアの『移動まとめ』と『総括』

リアルタイムではスペインのバルセロナにいます。

サグラダファミリアの素晴らしさよりも

スーパーに売っている商品の安さに感動している庶民的な男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















さて国が変わった際の恒例記事(?)『移動まとめ』と『総括』ですが

リアルタイムから記事が地味―に溜まっていることもあり

少し省略して1つの記事にしてまとめたいと思います。















まずは『移動まとめ』から。


前回の記事ではコロンビアの『イピアレス』までの移動を書いたので

今回は、イピアレス→カリ→メデジン→ボゴタまでの道のりを書いて行きます。


Colombiamap.jpg

↑ 地図だとこんな感じです

















※前回の記事 ↓↓
・エクアドルの移動まとめ
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

ちなみにエクアドルからコロンビアの国境越えの移動は
以前の記事に詳しく書いたのでそちらを参考に ↓↓
・エクアドルからコロンビアの国境越えについて
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-265.html
















※イピアレス→カリ

移動手段:バス

会社:supertaxis社

移動時間:12時間

料金:35000ペソ(約1830円)

メモ:カリ→エクアドル国境間は治安が悪いらしく
まれにバス強盗が出る事で有名‥。
な・なんですか『バス強盗』って!!
日本でのほほんと過ごしていた俺には
聞き慣れない言葉ベスト10に確実に入ります。
バス会社の中では『ボリバリアーノ社』ってところが比較的安全らしいですが
他と比べて少し値段が高かったです。
まあ実際にこの路線に乗った感じだと、特に緊迫感みたいなものも無かったので
99.9%大丈夫だと思うんですが
残りの0.1%に当たったらたまったものじゃないので
少しでも安全に行きたい場合は他のルートを検討してもいいかもしれません。
ちなみに、この時人生で初めて靴の中にお金を入れました(笑)。

















※カリ→メデジン

移動手段:バス

会社:expreso palmira社

移動時間:8時間

料金:35000ペソ(約1830円)

メモ:カリのバスターミナルは町はずれにあって少し治安が悪そうだったので
夜行の場合は早めに行くかタクシーを使った方が良さそう。
カリ→メデジン間は路線もたくさんあってMAX50000ペソから
発車時間が近くなってくるにつれて値段もどんどん下がってきます。
ギリギリ過ぎると移動がバタつくので、30分前くらいがねらい目だと思います。
また3階の発着場所で直接も買えそうでしたが、窓口で買った方が安かったです。


















※メデジン→ボゴタ

移動手段:バス

会社:TRANSPORTE SRAPIDO社

移動時間:10時間

料金:45000ペソ(約2350円)

メモ:メデジン→ボゴタ間はたくさんバスも走ってるんですが、結構割高です。
事前調べでは値切って50000ペソ辺りが相場だったので
45000ペソを目標にしてたら1件目のバス会社で45000ペソがありました。
でもここも出発10前のバスで俺が買うのを渋ってたら10000ペソも下がったので
どこの会社も出発前は同じくらい安くなる感じがします。
あと、俺は値段を聞いてないんですが
バスターミナル入り口のダフ屋から買っても安いらしいです。


















コロンビアのバスはエクアドルと比べるとグレードはそんなに上がってないのに
値段の方はグーンと高くなりました。
エクアドルが1時間100円くらいだとしたら
コロンビアは1時間200円(交渉後)くらいです。
しかも、出発前に値切ると5000~10000ペソくらい安くなるので
『最初の言い値は何だったんだ?』と思います。
なのでコロンビアでは出発少し前に買うのがおススメです。
でも、路線によっては途中バス強盗が出るという話も聞くので
明らかに怪しい会社は辞めた方がいいと思います。





















さて、今回は2本立てなので、次はコロンビア『総括』です。


コロンビアにはヨーロッパ行きの飛行機も控えていたので

少し短めで8/31~9/16の17日間だけいました。
















※かかった費用と物価



・総額
17日間で388350コロンビアペソ → 日本円に直すと20994円
ボゴタ → フロリダ 280ドル(29971円)
フロリダ → コペンハーゲン 237ドル(25367円)
の料金は含めません。

(1234円/1日平均 38283円/仮に1か月間いたら)

移動費 6838円

ご飯 2757円

宿 10904円

アクティビティ(観光) 0円

雑費 494円

(1円=19コロンビアペソで計算)

・この金額は当時のメモを参考に書いているのでレートが古かったり
細かい買い物を忘れちゃってる場合があるのでだいたいの料金だと思ってください。






コロンビアは今までのペルー、エクアドルと比べてちょっと物価が上がってきました。
宿やバス代ももちろんですが外食が特に高くなってて
エクアドルの安食堂だと200円くらいでご飯が食べれたのに
コロンビアだと安くても600円くらいは普通にします。
なので、今回もパンor自炊パスタの2択で乗り切りました‥^^;
というか17日で2757円(1日平均162円)ってかなり安いんですけど
思い出すと我ながらロクな物を食っていない‥。
あと、宿代が高いのも長居がしづらい理由の一つでした。
でも、あくまで南米のなかではなので
欧米や日本に比べればまだまだ安い感じがします。







そんなわけで『物価の安さ』は★★☆です。

(↑3段階評価です)

















※治安の良さ(人柄)


入国前は『コロンビア=麻薬』というイメージがあって
ブラジルの時よりも警戒して行ったのですが
歩いてみると街中は観光客もたくさんいて
特に身の危険を感じる事はありませんでした。
でも町外れに行くと壁の落書きや舗装していない道が増えて治安も悪くなり
通りすがりのおじさんにも『ここら辺は貧しい人が多いからカメラとかお金は
盗られないように気をつけなさい』と言われました。
実際、昼間だったら一人で歩いても比較的平気(注意しながら歩くレベル)でしたが
夜の一人歩きは危険だと思います。
またコロンビアも観光地には至る所に警察がいるんですが
他の国のやる気のない警察官よりガッツリ仕事をしていて
バス移動の時も時たま停まって警察官が車内に入ってパスポートのチェックをしたり
バスターミナルで声をかけられたりと本気度が見られ
それだけ犯罪が多いのかなっとも感じました。
あと、エクアドルから入ると今までアンデス系の人が多かったのに対して
ヨーロピアン系の人が増えて美人&美男子も多かったです♪






そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★☆☆です。

















※ご飯のおいしさ


正直、パンと自炊のパスタ(もちろん具なし)ばっかり食べた俺が
食事に関して批評するのもどうかと思うんですが
あえて書かせてもらうとコロンビアはアサードと言われる牛肉の焼いたのや
じゃがいもやチキン、野菜などを煮込んだスープなど
今までの『アンデス特有のご飯』っていうよりも
結構、日本人に食べやすい感じの料理が多い気がしました。
街中でよく見かけたのがポテトとハンバーガーなどのジャンクな食堂でした。
あと俺唯一の得意分野のパンはというと
エクアドルの物と比べると庶民的な安いパン屋は少なくて
少しお洒落なパン屋が多かったですが
そこのパン(1つ50円くらい)はチーズ入りだったりとクオリティが高かったです。









そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★☆です。(ほぼ測定不能)

















※景観の良さ


俺はイピアレス、カリ、メデジン、ボゴタと都市部にしか行かなかったんですが
カリブ海に面したカルタヘナはビーチがきれいだし
東側は未開拓のジャングルが広がっていたりと案外多くの自然があります。
今回行ったところで良かったのは
イピアレス近くのラスラハスという街にある教会がとてもきれいでした。
あと、ボゴタはボテロをはじめとした美術館も多くて
自然を満喫するっていうよりも街を楽しむという雰囲気がありました。
周りの絶景生産国(ベネズエラやペルーなど)なんかと比べると
正直ちょっとパンチが弱いように感じます。









そんなわけで『景観の良さ』は★☆☆です。

















※快適さ


今までの途上国感が薄れ
大通りなんかはきれいになっていてさずがに都会という感じ。
バスに乗るのも停留所があったりと比較的旅行者も過ごしやすくなっていました。
その分、南米の醍醐味であるごちゃごちゃした感じが少なく残念。
(まあ今回行ったのが都市部ばかりだったからかもしれませんが‥)
また道の名前がほとんど『calle』と『carrera』という呼び名になっていて
最初は分かりにくかったです。
気候に関しては俺が行った9月はカリとメデジンの昼は汗が出るくらい暑くて
ボゴタはそれに比べ涼しいという感じでした。
またボゴタは雨が多くて2日に1回は雨が降ってました。
(しかもほとんど晴れてるのに雨という天気雨‥)









そんなわけで『快適さ』は★★☆です。

















※総合評価


コロンビアは南米の中では発展している一方で
絶景とか旅の景観っていうのは少なかったような気がします。
人も今まではインディヘナばっかりで肌もみんな浅黒かったのに対し
白人との混血が増え、体系もスリムになって圧倒的に美人が多かったです。
(コスタリカ、チリと並んで中南米の3Cと呼ばれ美人が多いそうです)
俺の印象としては、街とかきれいになって少し小ざっぱりしたけど
物価も少し高いし見るところもあんまりないので長居しづらいかなっと感じます。
あと、ボゴタから他大陸へのアクセスが良いので
南米の最初の国にとしてくる場合も多いと思いますが
街中のスリや置き引きはもちろんのこと
治安もそんなに良くはなさそうなので
貴重品の管理はしっかりしておきたいところです。






そんなわけで『コロンビアの総合評価』は★★☆です。













※今日の1曲
PENPALS 『Right Now』






俺は『コロンビア美女』より『ウクライナ美女』の方が好きだよっていう
『東欧』好きな人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コロンビア | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/282-1692c288

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT