世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マテーラの夜景を見ながら『稲中』を思い出した

リアルタイムではモロッコのフェズにいます。(12月2日現在)

数日前に起こった大雨のせいで

フェズ→マラケシュ間の道が閉鎖されてて、フェズでの滞在がますます延び

映画をただただ見ている男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回、ナポリでバスのチケットを買い直し

やっとのことでバーリに着いたら時間は夜の11時を過ぎてました‥。



※前回の記事 ↓↓
・ナポリでPIZZAを食べようとしたら想像してたものと違ってた‥
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-297.html




バーリmap

↑ ナポリからバーリまではバスで3時間半
















P2100684.jpg

↑ 着いた頃には辺りはもう真っ暗でしたが

バーリは治安が良い観光地なので夜でも歩いてて平気。

















宿に着くとスタッフの人が

『遅かったけど大丈夫か?』と親切に出迎えてくれました。



さすが1泊22ユーロ(約3000円)の宿だぜ(´∀`)b


バーリはド観光地だからあんまり安宿がない‥。









ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ、ナポリと続いた

イタリア移動はこのバーリで終了!!


この後はバーリ空港から、ドイツのデュッセルドルフに向かう予定。













とりあえず、今日はナポリ観光とバスの件で疲れたので

シャワーを浴びてすぐに就寝しました(-_-)zzz。










この『バーリ』という街は、この街自体より近郊にある

『マテーラ』とか『アルベロベッロ』という世界遺産の方が有名。




マテーラ:
マテーラにある洞窟住居(サッシ)。。
サッシの元の言葉はサッソで意味はイタリア語で「岩」。
8世紀から13世紀にかけて東方から逃れてきた修道僧が
隠れ住んでいたのが始まりとの事。


アルベロベッロ:
「トゥルッリの町」と呼ばれるアルベロベッロ。
トゥルッリとは円錐形の屋根に白い壁の建物のことで
単数形→トゥルッロ(trullo)、複数形→トゥルッリ(trulli)となる。
元々はナポリ王に支払う住居税を何とか減らそうと
税金の査察使が来た時に、石を崩し解体してごまかしていたとの事。









最初は両方行こうとも思ったんですが、交通の便も悪く
(マテーラ⇔アルベロベッロ間は直接の通行が出来ず
どちらから行くにしても、一旦バーリに戻ってこないといけない)

時間がキツキツになりそうだったので、マテーラの方だけ行くことにしました。

















そして次の日の朝

いつものようにチェックアウトする際、荷物を預かってもらおうと思いましたが

フロントに宿の人がいない‥。





どうやら泊まった宿はスタッフが常駐するタイプじゃなくて

決まった時間にしかいないようです‥。





お金は昨夜すでに払っているんで、このままチェックアウトしても問題ないけど

荷物預けないとコロコロバックとサブバックを持ち歩きながら観光することに‥。







結局、少し待ってもスタッフが来る気配がないので

そのままチェックアウトし、駅にロッカーがないか探しに行きました。


見に行くとロッカーは無くて荷物預かり所だけがありましたが

20時でクローズしてしまうとの事。





バーリからマテーラまで電車で片道1時間半。


俺は夜景見てから帰りたかったので

それを見てから戻ってくると確実にもう開いてない‥。



しょうがないので、荷物を持ちつつ観光することにしました( ;∀;)


幸い俺のコロコロ10kgくらいしかないしね^^











電車の時間までまだ1時間くらいあったので、その間バーリ観光へ。


P2100693.jpg
















P2100697.jpg

















P2100702.jpg

↑ バーリの街は観光地全開なのできれいに区画されてます
















P2100699.jpg

















P2100700.jpg

↑ イタリアの東側はアドリア海に面しているので海もきれい

















そして、ちょっと観光した後マテーラへ行くために駅へ。


バーリからマテーラは『イタリア国鉄』ではなくて

『Ferrovie Appulo Lucane』という私鉄電車しか通ってないため

中央駅を出て左手にある『バーリ・ノルド駅』という駅から乗ります。
















P2100694.jpg

↑ 真ん中の黄色い扉がノルド駅の入り口です

















中に入って、右手側に窓口があるので

そこで切符を購入します(片道4.8ユーロ)。


P2100703.jpg

↑ 電車は新しくてきれいでした

















電車に揺られること1時間半、マテーラの駅に到着。



俺が乗った電車は直通でしたが

途中アルタ・ムーラ駅という駅で乗換するタイプもあるので気をつけましょう。



※詳しくはこちらのサイトに行き方が書いてあります ↓↓
・マテーラへの行き方
http://www.amoitalia.com/matera/access.html

















世界遺産だし、駅を出て看板とかが出ているのかなーっと思ったら

何もないので、人に聞いて洞窟住居の場所を目指す。


P2100706.jpg

















P2100707.jpg

↑ 15分くらい歩くと辺りがそれっぽい感じになってきました
















P2100710.jpg

















P2100714.jpg

















P2100715.jpg

↑ 洞窟住居(サッシ)の場所は真ん中が低くて

その周りが高いという、すり鉢型になっていて

両サイドの高いところから街の景色を見ることが出来ますが

向こう側に行こうと思うと、回りこむか階段を登り降りしないといけないので

全荷物を持って移動している俺にとっては大変でした‥。
















P2100711.jpg

↑ 通りも昔のままの雰囲気を残していて良かったです
















P2100716.jpg

↑ マテーラカラーのにゃんこも発見
















P2100713.jpg

↑ 洞窟住居をそのまま使った宿もあるけど、ここは高そう‥
















P2100721.jpg

↑ 一番高い場所にあるカテドラルに到着
















P2100718.jpg

↑ ここからの景色も良かったです♪♪
















P2100726.jpg

















P2100730.jpg

↑ そして、休憩しがてらカテドラル前の高台で待っていると

だんだん日が暮れ始めてきました。
















P2100724.jpg

















P2100731.jpg

















P2100735.jpg

↑ サッシに落ちていく夕日がまた格別

















さらに待っていると、日も沈みサッシの街に明かりが灯り‥


P2100743.jpg

















P2100745.jpg

















P2100746.jpg

↑ やべー、めちゃくちゃ雰囲気良いんですけどー!!

もう少し真っ暗になるまで見たかったんですが

電車の時間もあったので7時くらいに駅へ戻ります。








でも、なぜ俺はこれを独りぼっちで見ているんだろうか‥。














そして、周りがカップルばっかりな事に気づき

心の中で『両方浮気されて別れろ!』と、つぶやきつつ帰りましたとさ。


めでたし、めでたし‥









稲中

↑ ペーペーポー、ぺーぺポポー











※使ったお金
・食事代 3ユーロ
・マテーラ行きの電車(往復) 9.6ユーロ
・宿 22ユーロ
(1ユーロ=約136円で計算)












※今日の1曲
FoZZtone 『LOVE』






俺は『行け!稲中卓球部』より『僕といっしょ』の方が好きだよ
っていう『古谷実』ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| イタリア | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/298-eaaa2dd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。