世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリアの総括

メリークリスマス!!

リアルタイムではエジプトのカイロにいます。

カイロで泊まってる宿が居心地良すぎて

年越しをダハブで出来るか、微妙になってきた男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















やばいッスΣ(゚Д゚)

最近、モロッコといいエジプトといい

沈没し過ぎて、2か月で10回しか記事書いてない‥。

このままじゃ、一生リアルタイムに追いつかないので

留年を賭けた赤点の追試試験なみに気合を入れて頑張りたいと思います!
















今回は9/22~10/1の10日間いたイタリアで

かかったお金と総評を書いていきます。
(↑ 12月25日の時点でこれってマジやばいッス)















※かかった費用と物価



・総額
10日間で308ユーロ → 日本円に直すと42700円

(4270円/1日平均 132370円/仮に1か月間いたら)

移動費 15943円

ご飯 3604円

宿 21627円

アクティビティ(観光) 0円

雑費 1525円

(1ユーロ=約136円で計算・旅行当時)

・この金額は当時のメモを参考に書いているのでレートが古かったり
細かい買い物を忘れちゃってる場合があるので
だいたいの料金だと思ってください。





イタリアには何故か夜行バスとかがなくて
昼間に移動して、夜宿に泊まってを繰り返してたら
必然的に高くなってしまい、1日平均で4000円越えちゃいました‥。
しかも、ヨーロッパ全体に言えることですが宿がどこも結構高い。
今回はスピード重視だったんで駅の近くっていうのを条件にしたせいもあるけど
だいたい1泊2000円以上はします。
特にヴェネツィアとバーリはドミなのに3000円くらいしました。
あとは、レストランなんかも高いので外食はせずに
『ケチャップon theパン』と『クッキー』でほぼ過ごすというひもじい状態‥。
スーパーにいけばパンは1斤1ユーロだし、クッキーも500g1ユーロと
庶民的な価格で、貧乏人の俺をずいぶん助けてくれました 笑
あと、観光は教会とか公園とか無料のとこばかり行って
有料のところには行きませんでしたが、それでも結構楽しめます。
ちなみにバチカンでハガキ送った時は切手代1枚2ユーロと少々高めでした。







そんなわけで『物価の安さ』は★☆☆です。

(↑3段階評価です)


















※治安の良さ(人柄)


イタリアは観光大国でたくさんの観光客が訪れるため
それを狙った犯罪者もたくさんいて
外務省のHPにも『必ずしも治安の良い国とは言えません』と書かれています。
南米やアフリカのように直接暴力をふるう類いの乱暴な犯罪はありませんが
旅行者を相手にしたスリや詐欺の技なんかはまさにプロ級で
スリの技術を教える学校もあるみたいです。
特に『ヨーロッパだから安全』と気を抜くとやられてしまうので
貴重品を外から盗ることができるポケットや口の開いた鞄の中に入れずに
ちゃんとファスナーでしめて
さらに自分の視界に入れる事が大事だと思います。
(後ろに背負ったりしていると万一盗られた場合に気づかないので)
またイタリア人はヨーロッパにしてはすごい陽気で結構話しかけてきて
特にこっちが女の人の場合はナンパされること請け合いです。






そんなわけで『治安の良さ(人柄)』は★★☆です。



















※ご飯のおいしさ


はっきりした四季があり、日本の地形に似たイタリアは
野菜・肉・魚介類・乳製品・発酵食品などなどたくさんの食材の宝庫で
旅行先で会った人も『イタリアは何食べても美味しい』と言ってました。
あと、肉類や野菜の種類もほとんど日本で食べるものと同じで
国民食のピザやパスタなんてのも日本人にとって親しみやすいのが嬉しい。
ナポリは比較的物価も安くてピザ(日本で言ったらMサイズくらいの大きさ)
だったら1枚300~500円で食べることが出来ましたが
基本的に外食したら2000円以上はぶっ飛びます‥。
なので自炊をしたいところなんですがー
イタリアで泊まった安宿のほとんどはキッチンが付いてませんでした、残念‥。









そんなわけで『ご飯のおいしさ』は★★☆です。



















※景観の良さ


イタリアは世界中の文化財の40%があるといわれ
旅人でなくとも誰もが憧れる見所が満載
世界遺産保有数も世界堂々の第一位で
現在50ヶ所も国内に登録されているほどです(2014年12月現在)。
特にローマとヴェネツィアは観光に慣れてしまった自分でも感動しました。
今回はその他にもミラノ、フィレンツェ、ナポリ、バーリの6都市と
比較的多くの場所に行ったんですが
ポンペイやアマルフィ、カプリ島、ピサの斜塔など
まだまだ行ってない観光スポットがたくさんあり
全部行こうとしたら1か月でも足りないんじゃないかなって思います。











そんなわけで『景観の良さ』は★★★です。




















※快適さ


イタリアはヨーロッパで観光大国なわりに街中で英語が伝わらなかったり
道がゴミゴミしたりして、意外と旅行がしにくかったです。
また、インフォメーションで地図もらおうとしたら有料だったりと結構ケチ‥。
しかも、お国がらなのかバスや電車がしょっちゅう遅れ
物価の高いヨーロッパでキツキツなスケジュールを組んでる人にしてみたら
かなりのマイナスポイントになるかと思います。
あと安宿は値段の割にグレードが低くて
ドイツに比べたら、ベットとか水回りが汚いところが多かったです。
気候は俺が行った時は9月末でしたが
昼間は暖かく、20時くらいまで明るかったので良かったです。









そんなわけで『快適さ』は★☆☆です。




















※総合評価


イタリアはカトリックの総本山ヴァチカンやローマの遺跡群
ヴェネツィアの街並みなど見るとこが満載で
行ったことのない人であれば一度は訪れたいところだけど
安宿はボロいわ、スーパーは少ないわ、道は汚いわ
あげくの果てに電車が遅延しまくり、という
なかなかお金がないバックパッカーにとっては旅行しにくい印象が残りました。
物価も『意外と安い』と聞いてたんですが
他のヨーロッパと変わらないくらいでした‥。
洒落たところはいっぱいあるので
お金がある時や新婚旅行でまた来たいかなって思いました。
まあ結婚できるか、甚だ疑問が残りますが‥。
それは頭の隅っこに追いやっておきたいです(o^^)o







そんなわけで、『イタリアの総合評価』は★☆☆です。
↑ すいませーん















※今日の1曲
school food punishment 『pool』






俺は、『ジャンカルロ・フィジケラ』より
『ヤルノ・トゥルーリ』の方が好きだよって言う
F1ファンの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| イタリア | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダイスケさん。カイロで一緒だったリョウです!
ブログやってたんですか!教えてくださいよ〜笑

| リョウ | 2015/01/13 02:47 | URL |

>リョウくん

俺なんてリョウくんやマサトさんに比べたら全然だし
カイロに1か月いて記事upしたの2回だからね‥。
ダハブでは頑張って更新するようにするよ^^q

| ダイスケ | 2015/01/14 01:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/301-7b613e63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT