世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イギリスに格安で入国出来る方法!!

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。

ダハブに来て5日くらいですが、やる事なくて

すでに禁断のスーファミをやりだしてしまった男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















※前回の記事 ↓↓
・ブリュッセルの夜景を見るんだけどなんか寂しい‥
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-303.html






チョコレートもワッフルも食べなかったベルギーに別れを告げ

次に向かった場所はイギリスの『ロンドン』!!








ロンドンといえば



『エリザベス女王』


『2階建てのバス』


『歴史がある』


『物価が高い』


『人が冷たい』


『ご飯が不味い』


『寒い』




と言った印象があります(後半ただの悪口のような気も‥)。










特に物価が高いのは致命的で

1ユーロが137円に対してイギリスの通貨1ポンドは167円くらい。

(1月17日現在は178円とさらに凶悪‥)





しかもロンドンに行った旅行者の話を聞くと

『ポンドの方が通貨としての金額は高いんだけど

物を買う時の料金の数字は一緒でした

(例えばパン1個の値段が他の国で1ユーロだとしたらロンドンでは1ポンド)』

と言っていた。




恐ろしい子


↑ お・恐ろしい子‥

















世界一周している旅行者が何に1番恐怖を感じるかって

物価が高い国ほど怖いものはありませんから(俺調べ)。





そんな、旅行者殺しとして悪名高い街ですが

調べてみるとベルギーからロンドンへ行くバスも

ロンドンにある宿も思ったより高くありませんでした。







ここを逃したら一生行かないかもしれないぞっ!



いつロンドン行くの?


今でしょ!!







てことで、『えいっ、やー』と

アラフォーのくせに、勢いだけに身を任せ

気づいたらロンドン行きのバスチケットの購入ボタンをクリック×2!!







でも、日にちの関係でどうしてもベストな値段のバスが取ることが出来ず

ブリュッセル→ロンドンのバス料金は少し高くなってしまいました‥




意味ねー(ノД`)・゜・。










ロンドン→パリ間が12時間で2660円なのに対し

ブリュッセル→ロンドン間が8時間で5609円‥。






つーか、ロンドン→パリのバス代が異常に安いんスけどー。


これ、大丈夫っすか?


バスと思わせといて、実はリアカーだったりするオチですか?


リアカー

↑ 英国製リアカー?

















本当は、イギリスのmegabusって会社が安いせいらしいんですけどね。



ヨーロッパの移動手段についてはまた詳しく書きたいと思いますので

貧乏バックパッカーの人はこうご期待!!

(スコーンと書くのド忘れたら、すいません)















さて話は戻り、ベルギーのブリュッセルからロンドンへ。


バスは夜中の24時発だったので、駅の待合室で時間をつぶしていざ出発!!


P2100983.jpg

↑ バスの中は相変わらず、広くもなく狭くもなく‥
















P2100986.jpg

↑ 途中でドーバー海峡を渡るんですが

これまた夜中なので全く周りが見えず‥。
















P2100985.jpg

↑ しかも船に乗ってる間はバスを降ろされ、船内で時間潰し
















P2100984.jpg

↑ なんとこの船、しょぼいけどゲーセンがありました!!

でも置いてるゲームが何故かレース物だけだったのでやりませんでしたが。

格ゲーも置いてくださいよーー!!




















そして、ドーバー海峡を渡りイギリス側に着いて

一番最初にやる事はと言うと、そう


『入国審査』です。







イギリスはシェンゲン協定に加盟していないので、入国審査が必要。


シェンゲン協定とは:
ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定で
過去180日の期間内で最大90日間は加盟国間における国境での
出入国管理が必要なくなるというもの。


つまり、日本からフランスに入国して次にスペインに行ったとした場合でも
フランスからスペインへの移動は入国審査の必要なしで行けます。




※参考にしたサイト ↓↓
・シェンゲン協定のルールが変わりました!改正内容は?
http://allabout.co.jp/gm/gc/434330/











しかも、イギリスの入国審査は厳しいことで有名で

日本人だったらどの国行ってもほとんど何も言われずスタンプを押されるのに

イギリス入国の場合はめちゃめちゃ質問されて

下手すると入国拒否なんていう事もあるらしい‥。







もしこんな知らない港で入国拒否にあったらどうしたらいいんでしょ?


昔、ドーバー海峡を泳いで渡ったウッチャンみたいに

俺も泳いで渡っていけばいいのでしょうか‥?


ドーバー海峡横断

↑ ウリナリ懐かしい‥

ポケビとかブラビ見てたなー‥

















まあ、そうなったらその時だという事で、入国審査に挑んでみたら

案の定、スーザン・ボイルに似たおばちゃんに


『イギリスにはどのくらいいるの?』

『帰りのチケットは持ってる?』

『ホテルは決まってるの?』

『貯金はいくらあるの?』

『仕事はしているの?』

『クレジットカードを見せて』

など、今まで聞かれたこともない質問が矢継ぎ早に飛んできます。







もう出国のチケットは買ってるし

イギリスには2泊しかしなくて

やましい事は全然無いんですけど

いかんせん見た目がやましいんで10分くらいあれこれ質問され

結果、無事入国でしましたが久々に入国審査でドキドキしました。








そして、再度バスに乗りこんで

朝の8時にロンドンバスターミナルに到着。


P2100988.jpg

↑ ロンドンのバスターミナルはヴィクトリア駅の裏にあります

















イギリスはロンドンの2日しかいないので

効率よく街歩きに行きたいところ。



でも、宿に着いてネット繋いだり

荷物を解いてたりしていて

気づくと夕方の4時に‥。








‥‥

‥‥‥





本日の観光終了のお知らせー ΣΣ(゚Д゚;)









き・きっと明日こそは観光に出かけるんだ!!

っと、ここに誓う俺でした(`・ω・´)q













※使ったお金
・ロンドン行きのバス 30ポンド
・宿 10ポンド
(1イギリスポンド=約167円で計算・旅行当時)












※今日の1曲
the ARROWS 『月光の街』






俺は『フレミング』より『ニュートン』の方が好きだよっていう
『理系』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| イギリス | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/304-3bf50519

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT