世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンマンの安宿情報

リアルタイムではポーランドのクラクフにいます。


『朝寒いなー』っと思って目が覚めたら

同じ部屋の欧米人が窓を全開にしてました…。

いや、窓開けたら寒いっしょ!!

なので朝から鼻水が止まらなくなってしまった冷え性な男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















結局、アンマンには3日から15日までの13日間滞在したんですが

その間は、あの有名な"マンスール(コーダ)ホテル"に泊まっていました。






"マンスール(コーダ)ホテル"とは

2004年に香田さんという日本人が、当時紛争中だったイラクへ行くために

アンマンのクリフホテルというホテルの従業員だったサーメルさんを通じて

チケットを手配してもらい、そこからイラクへと向かいました。


しかし、香田さんはアルカイダに拉致され処刑されました。


その動画が全世界へと広まり

日本でも大きなニュースになったのを覚えています。


サーメルは、香田さんに『イラクは危険だから行くな』と止めましたが

『どうしてもイラクの現状を自分の目で見たい』強い意志を持っていたため

最終的には頼まれたイラク行きのバスチケットを手配してしまったのです。



その後、直接的ではないにしろ、『自分のせいで香田さんが亡くなった』

と心を痛め、新しくホテルを作る際に

香田さんのことを忘れないようにホテルの名前に『コーダ』と名付けたそうです。



ちなみに『コーダホテル』と名前を申請したが、認可が下りなかったので

正式名称は『マンスールホテル』ですが

日本語だったらバレないだろうということで

入口の看板には日本語で『コーダホテル』と書いたそうです。


※詳しく知りたい方は『イラク日本人青年殺害事件』
でググってみてください。



P2150341.jpg

↑ "コーダポテル"に見えないこともない
















P2150345.jpg

↑ 場所はアラブ銀行近くにあります
















P2150335.jpg

















P2150333.jpg

↑ 中に入るとレセプション。

漫画も数冊あって、ここでくつろいでいると

もれなく、従業員の人からお茶がもらえます 笑。















P2150344.jpg

↑ ここには海外の宿で絵を書いている

『火ル種』さんの絵がありましたーー(((o(*゚▽゚*)o)))


俺、ベネチアとカイロで見たからこれで3回目だ♪♪

あと、リマとポカラにもあるようなので

見たい人は要チェック!!



※火ル種さんのウェブサイトはこちら ↓↓
http://karuta.webcrow.jp/

















P2150334.jpg

↑ 日本語で書いてある注意書きがあるけど

これは前のオーナーのものなので、今は関係ないみたい。















P2150332.jpg

↑ 一応、キッチンはありますが、道具もないしバッチイので

自炊するのは大変そうです。

ラーメンくらいだったら作れそうなレベル。















P2150328.jpg

↑ 上の階がドミトリーの部屋になってました
















P2150329.jpg

↑ 冷蔵庫もあり















P2150330.jpg

↑ お湯は出るけど、水圧がヘボかったです…
















あと、なんと言ってもここで働いている"ルアイさん"が

俺の中の"いい人ランキング"で1、2位を争うくらい良い人でした。




宿に着くなり

『喉が渇いただろう』と、言ってお茶を出してくれたり

『お腹は減ってないか』と、言ってサンドイッチを買ってきてくれたり

2、3日に1回くらいの割合で、水のペットボトルとトイレットペーパーをくれたり

これ全部、宿のサービスじゃなくて、ルアイさんの自腹だかんね!!






悪いなーっと思って、お金とかあげようとすると

『これは見返りを求めてやってるわけじゃないんだ。

僕は日本人が好きだから、その気持ちだけで十分だ。』

って、言ってもらおうともしない。








P2150347.jpg

↑ お昼の時とかも、ちょくちょく自分たちの食事にまぜてくれる
















P2150389.jpg

↑ ある日、夕飯に"マンサフ"を作ってくれた。

上にかかってるピーナッツがまた美味い!!

















今は、従業員じゃなくて自分がオーナー(マネージャー?)になれる

ホテルをアンマンで探しているみたいなんで

いつまでここにいるか、分かんないのですが

見所のないアンマンでは、俺にとって

このコーダホテルが1番の見所になったのは言うまでもありません^^
















※宿情報

・マンスール(コーダ)ホテル
2015/04/03~2015/04/15の13泊

住所:King Faisal Street - Down Town
電話:不明
mail:不明
WEB:http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g293986-d675850-Reviews-
Mansour-Amman_Amman_Governorate.html

ドミトリー 4ディナール

シャワー・トイレ共同
wifi ○(普通・部屋でも使用可だけど場所にもよるかも)
台所 △(自炊は難しい) 朝食 ×(毎日"ルアイさん"が果物くれる)
洗濯スペース ×
荷物預かり可 タオル貸出無
シャワー(水圧:最悪 お湯:熱い)
英語可

きれい    ★
立地     ★★★
居心地の良さ ★★
スタッフ    ★★★
設備充実   ★
おススメ度  ★★ (まあ、ふつう)
(↑ 3段階評価ね)


アンマンにある有名な日本人御用達の安宿。
部屋はまあまあきれいだったけど、水回りは汚い。
シャワーもお湯は出るけど、水圧がショボ過ぎて
頭を洗うのも一苦労…。
キッチンもお湯を沸かしたり、ラーメンを作るくらいは出来るけど
切ったり、焼いたりの調理は無理そうでした。
また俺が行った時は、日本人が全然いなくて
13日泊まってて新しく来た日本人は2人だけだった…。
あとは、地元の人だったり、中国人の人が泊まってた。
でも、情報ノートがあったりするので
死海の行き方やイスラエル入国の情報なんかは
手に入りやすいようでした。
立地は良くて、ダウンタウンの中心にあり
近くに安い食堂やスークもあるので便利。
値段も4ディナールとヨルダンにしては最安と思えるので
設備にこだわらないんだったらいいと思います。
あと、"ルアイさん"が超良い人(人によっては押し付けがましい?)
なので、何もないアンマンで印象に残ること間違いないです!!













※今日の1曲
Sound Schedule 『アンサー』






俺もアンマンに行ったら『マンスールホテル』に行くよ
っていうの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ヨルダン | 07:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ルアイ氏

はじめまして
ルアイ氏は2年ほど前にマンスールから「追放」されたんですけど
復帰したんですか??
復帰したのを知らなくてびっくりして書き込んでしまいました
今は日本人、すごく少ないんですね

| aki | 2015/04/30 18:15 | URL | ≫ EDIT

>akiさん

初めまして
聞いた話では、前のオーナーのアリさんと喧嘩して一時期追い出されてたみたいなんですが、今は違うオーナーに変わったため戻ってきていました。
本人はオーナー(マネージャー?)として働けるホテルを探してるようなので、もしかすると近々変わっちゃうかもしれませんが…。
あと、今は情勢的に日本人が少なかったですね…^^;

| ダイスケ | 2015/05/01 20:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/347-14628947

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT