世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヨルダン→イスラエルの国境越えについて

リアルタイムではポーランドのクラクフにいます。


ポーランドはヨーロッパのクセにちょいちょい英語が通じず

久々にボディーランゲージを駆使して会話している男、ダイスケです。






現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















さて約2週間いたヨルダン(半分以上ダラダラしてただけだけど…)

に別れを告げて、次の国イスラエルに行くことにしました。





でも、このイスラエル


"入出国について何かと面倒"


なことで有名。








昔の記事でも書いたんだけど

"入国の際に何度も質問攻めにあって

さらにイランとか行ってると何時間も放置させられる"とか

"荷物検査が厳しくて、バックパックの中身を全て出される"など

バックパッカーの間でも、いろいろ悪名が高い国の1つです 笑。





しかも、イスラエルのスタンプがあると

スーダンやシリアなどのイスラエルと敵対している国の入国が出来ないばかりか

他のアラブ系の国のビザとかも取りにくくなるとのこと。



※詳しくはこちらのサイトを参考に ↓↓
・イスラエルに旅行すると中東諸国に入国拒否される!?
http://a-mp.jp/article/4108









最近の中東情勢が悪いことや、面倒&物価も高いことなど

良い事1つもない、このイスラエルですが

日本にいる時から、どーしても行きたかった国の1つなので

ここは頑張って行くことにしますッ(p`・ω・´q)




あと、飛行機もヨルダン発よりイスラエル発の方が安かったしね^^


















そんなわけで、まずは9:30にアンマンの宿を出発。


ルアイさん本当お世話になりました!

またヨルダンに来たら必ず寄るかんね(。・ω・)ノ゙



e836da58.png

↑ ヨルダン→イスラエルに行く国境は全部で3つで

今回は②のアレンビー橋(通称:キング・フセイン橋)を通ります。


ちなみにイスラエル→ヨルダンに入った時は③の

エイラット⇔アカバの国境を使いました。



※以前のブログ ↓↓
・エジプトからヨルダンを陸路で越えようとしたら大変だった話
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-337.html
・あれっ、なんか気づいたらイスラエル徒歩で横断してない?
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-338.html



















まずは、キングフセイン橋に行くため"ムジャンマ・シャマーリー"

という、北のバスターミナルへ向かいます。


宿近くのセルビス(乗り合いタクシー)乗り場で

キングフセイン橋行きの車を捕まえて乗り込みます。


P2150403.jpg

↑ セルビスはこんな感じの白い車で、『taxi』とか書いてある。

バスターミナルまでは1人1ディナール。
















そして、30分ほど走ってバスターミナルへ到着。


セルビスの運ちゃんが『国境まで直接行けるよ』って誘ってくるけど

高いからお断りッス!!(20ディナールくらいだったかな?)






バスターミナルへ着いて、国境へのバスを探すと

国境行きのバスは朝の1本(8時頃?)しかないらしく

今はセルビスしかやってないと言う。


値段を聞いたら、1人7ディナール。
(バスだと4ディナールくらいで行けるらしい)


前に行った人が"6ディナールで行けた"って聞いたから

『6ディナールにして』って言うがまったく値引きしてくれない。



ヨルダンのお金も若干余ってたことだし、7ディナールで渋々了承…。


P2150404.jpg

↑ ちゃんと"キングフセイン橋"って書いてあるから

白タクとかじゃなさそうです。


















そして、15分くらいするとお客が集まったので

国境に向かって出発!!


P2150406.jpg

↑ 少し走ると砂漠地帯になる。

本当、ヨルダンは都市以外はこんな砂漠ばっかりです。
















1時間ほどすると、キングフセイン橋に到着。



荷物をX線に通し、イミグレの建物の中に入り

窓口に行くと、1枚の紙っぺらを渡され『パスポート番号を書け』と言われます。


そして、係員にパスポートを渡し

さっきパスポート番号を書いた紙にスタンプを押してもらいます。


ここの国境はヨルダン側も自動的にノースタンプになるようでした。







そして向かい側の窓口で出国税の10ディナール払うんですが

1日前にヨルダン入りした人が、払わずに済んでいたので

ヨルダン入ってすぐだったら、この出国税はいらないみたいです。






一通り出国手続きが終わると、ここで一旦パスポートを回収され

『バスが来るまで待て』と言われて待合室で待機。


P2150407.jpg

↑ パスポートないのは不安だったけど

事前に調べたブログとかでも"後で戻ってくる"って書いてあったから

なにもない殺風景な待合室でおとなしく待つことに。
















そして、10分ほどしてバスが到着。


バス代7ディナール、荷物代1.5ディナールを払い乗り込む。


P2150408.jpg

↑ バス代はドルとかでも払えるみたい

















P2150409.jpg

↑ ヨルダン側イミグレからイスラエル側イミグレまでは

徒歩禁止なので必ずバスに乗らないといけないようです。
















バスの中で待ってると、さっきのパスポートが戻ってくる。


P2150410.jpg

↑ スタンプはこんな感じで別紙に押されてました。
















そして、さらに10分くらいしてバスが出発。


距離自体は短いんですけど

イスラエルのイミグレに入るのに入場規制をしているようで

結構車が渋滞していて、時間がかかりました。















イミグレに着いてバスから降りると

『一体どこから湧いて出たんだ』っと思うくらい人がいて、また行列…。



まずは、大きな荷物を預けて、代わりにパスポートにシールを貼られ

次に違う窓口に行き、なんだか分からないシールをまた貼られる。

P2150440.jpg

↑ このシールが貼ってあるだけでもイスラエル行ったことが

バレちゃうので、無事入国が終わったら剥がしておきましょう。


でも白い方のシールの粘着力が強いので、普通に剥がすとベタベタが残る…。


そこで、ドライヤーで温めながら剥がして、そのあと濡れティッシュで

こすって仕上げると、きれいに跡が残らずはがせました。
(おばあちゃんの知恵袋ならぬ"おっさんの知恵袋"でした)



















そのあと、建物に入りセキュリティチェック。


ここで引っかかると手荷物全部出されて

あーだこーだと1つ1つ質問を受けるそうですが

日頃の行いが良いので俺はひっかからずに進めました。









その次に、このイベント一番の山場"入国審査"です。




ここでは

『渡航の目的は?』

『何日くらい滞在する予定?』

という平凡な質問から

『あなたのお父さんの名前は?』


なんていう、"それ聞いてどうすんの?"

っていう事まで、いろいろネチネチと質問されるらしい。



そこで、質問に詰まったり審査官の印象が悪かったりすると

列から外され、何時間も待ちぼうけを食らわされる事になる…。
(通称:別室送り。)



この日は移動日と決めていたので、特に急いではなかったが

無駄な放置プレイを喜ぶほど、Mっ毛はまだないので

ここは、以前エイラットの入国審査で使ったように

"あらかじめ質問の答えを用意する"という作戦で挑みました!!







結果は


















無事、イスラエル入国ーー!!









また、ヨルダン出国同様

なにも言わなくてもノースタンプになりました。


P2150441.jpg

↑ 代わりにこのような別紙を渡されます。

出国の時必要になるから、無くさずとっておこう!
















列に並んでいるとき、3・4組に1組くらいの割合で

審査官から用紙を渡され、別室に呼ばれていた人がいたので

やっぱりイスラエル入国油断できませんっΣ(゚д゚lll)




そして、入国審査を通過したところに

"空港の荷物が出てくる機械"みたいなのがあって

そこから荷物が出てきました。




荷物を受け取って

外に出るときにもう一回パスポートチェックをしてやっと終了。










そして、外に出るとエルサレム行きのシェルート(乗り合いバン)

が待っているので、それに乗り込む。


エルサレム行きの移動手段は、このシェルート一択みたいでした。


P2150411.jpg

↑ エルサレム→アレンビー橋って書いてある















P2150413.jpg

↑ 出口横の窓口でチケットを買います。

42+5(荷物代)シュケル!たけーよ!!


あと、ここにはATMはなく、イミグレ内に両替所があるけど

レートがクソ悪いので、アンマンでJD→ILSに両替しておいた方がいい。


アンマンでの両替はそんなに悪くなかったです。
















少し車内で待ってから出発。


P2150414.jpg

↑ バスの中はちょい狭いけどきれいでした
















そして、30分ほど走ってエルサレムの旧市街に到着。





結局、9時30分にアンマンの宿を出て

エルサレムに着いたのは15時30分でした。



今回は入国審査の時、別室送りにならなかったにも関わらず

こんなに時間がかかってしまったので

やっぱりアンマン出るのは朝早くに越したことないかと思います。











※使ったお金
・セルビス代 1ディナール
・キングフセイン橋行きのセルビス 7ディナール
・ヨルダン出国税 10ディナール
・イミグレ間移動のバス 8.5ディナール

・エルサレム行きのバス 47シュケル
(1ディナール=約169円で計算)
(1シュケル=約30円で計算)












※今日の1曲
秀吉 『夕の魔法』






俺は『簡単な国境越え』より『難しい国境越え』の方が
『燃えるぜ!』っていうの人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ヨルダン | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/348-fc15bf6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT