世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コシツェで宿に泊まろうとしたら予約されてなかった件

リアルタイムではウクライナのキエフにいます。

最近することもなくなって、歩いて30分くらいのところにある『日本センター』

っていう施設で、漫画をボケーっと読んでいる世界一周中の男、ダイスケです。
(ブログupしまくってたら見た映画のストックが尽きました…)







現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回はコシツェの街を観光した時の記事を書いたんですが

今回はそのコシツェで泊まった宿のご紹介です!!


みんな『菅野美穂、第1子の男児出産』の方が気になるかと思いますが

頑張ってブログも読んでくださいましm(_ _)m


※前回の記事 ↓↓
・コシツェの街をさくっと観光
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-398.html














ヨーロッパに入ってから、宿はだいたい予約するようにしていて

今回も同じように泊まる宿を2、3日前に予約して行った。


ですが、コシツェは安宿があんまりなくて

1番安いところでも15ユーロ(約2000円)もします…。



かと言って0泊だときついので、まあしょうがないかってサイトを見てみたら

なんと、その1番安い宿がシングル(個室)じゃないですかー!!







個室なんていつぶりだろー?

ドミで一人しかいなくて、実質個室みたいなことはあったけど

正真正銘の個室はモロッコのカサブランカで泊まった宿以来じゃないかなー?


そうすると、かれこれ7ヶ月ぶりじゃないですかね!!








節約しなくちゃいけないから、ドミに泊まるのは嫌じゃないけど

やっぱ、個室はなんかワクワクしちゃいます♪


例えて言うなら、一国一城の主になった気分です♪♪
(大袈裟…^^;)



そんなコシツェ百万石のお城を夢見て

意気揚々とやってきました。










…だが、宿に着いていつものように

『はろー、あい はぶ りざべーしょん』

と、ウィッキーさんもビックリのカタコトの英語で挨拶してみたところ

受付のおねーちゃんから意外な一言を受けた。


『NO、予約は入ってないわ。

ちなみに今日はもうFULLだから他を当たってね。』


だが断る

↑ 注:おねーちゃん



















なにー、やっちまったな!!


クールポコ

↑ 注:オレ



これが世に言う、『クールポコ状態』ってやつか!!


















いや待て、『家を出たあと玄関の鍵をちゃんとかけたかどうか心配になって

わざわざ戻って確かめる』ほどの心配症なこの俺が

そんな、簡単な凡ミスをするとは我ながら考えられない!!








ってか、スマホにも予約完了メールがちゃんと来てるもーん。

だから、ちゃんと予約されてるはずだもーん。



タコはホ乳類だモン!


タコは哺乳類だモーン

↑ 漫画『ザ・モモタロウ』牛バカの名台詞


いやー、懐かしいな『ザ・モモタロウ』

ちなみに俺は『影幻 春架』が好きでした。

知らない人は、お父さんかお兄ちゃんに聞いてみよう!!


















って、そんなことよりも

『俺ちゃんと予約してあるって、ホラ予約画面あるでしょ?』

と言って、スマホを見せても

『ダメ、予約されてないわ』

の一点張り。



これは、海外でよくある『何を言っても相手の意見を聞かない』状態ですな…。

こうなったらコイツに話しても無駄だってわけで

宿のwifi借りて予約サイト側に問合わせてみることに。




幸い今回予約したサイトが、日本語対応もやってるbooking.comだったので

スマホのアプリを利用して電話をかけてみた。











『トゥルルー、トゥルルー、現在大変つながりにくくなっております。

お急ぎでない方はメールでの対応もさせて頂いています。』


っと、心ないメッセージがただただ流れる…。






『お客の立場になってみたらこんな感じになるんだなぁ』

っと、前職での仕事を不意に思い出す…。








やっとこさ電話がつながり、自分の予約が有効か確認してもらったところ

キャンセルになっておらず、有効になっているとのこと!!











じゃあ、泊まれないのはおかしいじゃん。

なんとかしてくれないと困るじゃん。

っと、心の中ではカンクロウ並みにじゃんじゃん言っていたが

言葉では丁寧に聞いてみた。
(カンクロウって我愛羅の兄のくせに影薄いよね…)


カンクロウ

↑ 『予約されてないじゃん!』 注:オレ

















そうしたら、やっぱり日本人のオペレーターは出来る子なんで

『これから宿の方に電話してみますので少々お待ちください』

っと言って電話を切った。









そして、その後『booking.comのオペレーター』vs『宿のスタッフ』

によるバトルが電話越しに行われていたが

数分後、俺のところに電話がかかってきて

『宿を確保することが出来ました』とのこと。


しかも、シングルは空いてないので

同値段でツインの部屋にしてもらったらしい。





やれば出来んじゃーん、スタッフも♪♪


ってか、『俺ん時にツインが空いてるなんて一言も言ってなかったよね?

ただ"無理、無理"言ってただけですよね?』

っと、スタッフに文句も言いたいところだが

今となっては、無事部屋に泊まれることになったんだからいいやってことで

『さんきゅー』っと言って、お互いノーサイド。








久々に超焦ったが

結果、ツインの部屋に泊まることが出来たので結果オーライ!!



これが、日本語対応やってないbooking.com以外だったら

たぶん、この宿には泊まれてなかっただろうなー

っと、改めて日本クオリティーに感動していた。












そんなわけで、長かったけど『宿予約編』はここまで

これからやっと『宿情報編』に続きますからねっ。



















今回泊まった宿は『Hostel Barno』。


P2170262.jpg

↑ 駅からは3kmくらい離れていて結構遠い
















P2170263.jpg

















P2170260.jpg

↑ 建物自体は大きくて、部屋もみんな同じような作りで

安いビジネスホテルって言った感じ。
















P2170258.jpg

↑ そして、お待ちかねのツインのお部屋がこちら♪


ベット2つに机という簡素な部屋だけど

ドアに鍵が締まるという安心感

部屋を独り占め出来るという達成感が半端ありません!!
















P2170287.jpg

↑ すぐさま部屋の中に物を散乱させてみたり

嬉しくて、ベットの上に飛びはねてみたりしました 笑。
















P2170259.jpg

↑ シャワー&トイレは2部屋につき1つあったので、ほぼ待つことなく使える
















P2170261.jpg

↑ キッチンは普段鍵が締まっているので

使う時はフロントで鍵をもらわないと使えない。


その上、調理器具どころかフォークやお皿もない。


誰がこんなキッチンを使うんだろうか??














※宿情報

・Hostel Barno
2015/06/24~2015/06/26の2泊

住所 : Tolsteho 22
電話 : 不明
mail : 不明
予約サイト : http://www.booking.com/hotel/sk/hostel-barno

シングル 15ユーロ
1ユーロ=約137円で計算

シャワー・トイレ共同(部屋の外にあるが2部屋で1つ)
wifi ○(速い・部屋でも使用可)
台所 △(調理器具何も無し)  朝食 ×
ランドリーサービス ○(有料)
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ○
シャワー(水圧:○ お湯:○)
英語可 クレカ払い不明

きれい    ★★★ (建物は古いが部屋はきれい)
立地     ★ (駅&旧市街から3kmくらいと遠い)
居心地の良さ ★★★ (個室なのでスーパー落ち着ける)
スタッフ    ★☆ (最初は冷たかったが、次に会ったら愛想良かった)
設備充実   ★ (共有設備はほとんどなし)
おススメ度  ★★ (街の相場としては最安)
(↑ 3段階評価だよー)


最初にも書いたけど、チェックインする時『予約がない』
って、言われてひと悶着あった。
結局、ツインに泊まれたので結果オーライだけど。
コシツェにはそもそも安宿があんまりなくて
ここと、同じ値段のドミが旧市街に1つあるくらいだった。
キッチンは一応あるけど、冷蔵庫と流しがあるだけで
鍋やお皿などはなし。
自前のものがあれば使ってもいいけど
だったら部屋で食べるわって感じ…。
歩いて10分のところにスーパーがあるので
そのまま食べれる物を買って、部屋で食べるのが無難。
建物は古いけど、部屋はきれい。
シーツとかも毎回洗ってる感じでした。
でも、とにかく立地が悪いく
まわりは住宅街で近くに何もない。
駅から歩いて行けなくもないが1時間弱かかる。
あと、サイトでは13ユーロと書いてあったが
外税が付いて15ユーロになった…^^;
まあ、個室に15ユーロで泊まれると思ったら
我慢できる値段かなって思います。

















※今日の1曲
Alexandros 『Run Away』






俺は『個室』より『大部屋』の方が好きだよっていう
『人とのふれあい』大好きっ子の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| スロバキア | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/400-4f7534ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT