世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウクライナでパスポート紛失…、その後。

リアルタイムではウクライナのキエフにいます。


キエフの地下鉄のエスカレーターは動くスピードが速くて

いつも乗るタイミングを見誤ってしまう男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では、な…なんと


パスポートが無くなった!!


っと、いう事を書いたんですが

今回は、そのアンサーブログ『パスポートを無くしたその後…』

のことを書いていきたいと思います!!





みんな『とにかく明るい安村、NHKでは"服着用"』の方が

気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m

(いやー、アームストロングが解散したときはどうするんだろって思いましたが
無事安村の方はブレイク出来てよかったです。)


※前回の記事 ↓↓
・【リアルタイム情報】パスポートなくなりました…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-442.html


















旅中になくしちゃいけないものナンバー1のパスポートを

いつの間にかなくしてしまった、俺。




少年の心は忘れていませんが

それだけでは旅を続けることはできません…(つд;*)








一夜明けて、もしかして、万が一、億が一、無量大数が一

『昨日パスポートがなくなったのは夢』で

朝起きたら、いつの通りパスポートがあるって事をほんのすこーし期待したんですけど

現実はそんなに甘くなくて、やっぱり朝になっても俺のパスポートはないまま…。




宿の引き出しも見てみましたが

ドラえもんは出てきませんでした…((≡゚♀゚≡))



P2150599_20150913055658d5b.jpg

↑ イスラエルの聖墳墓教会の石でスリスリした

俺のパスポートちゃんは今どこに…?


あの愛くるしい朱色の冊子はもう二度と見ることはできないのか!?

















これは、『探して見つける』という方向ではなくて

『無いのでどうにかする』という方向に転換する必要がある。




電子機器大好きっ子の俺は

"ボール(だけ)は友達"の大空翼くんのように

"パソコン(だけ)は友達"と言わんばかりにネットで早速

『海外 パスポート 紛失』でググるのでした。



スクリーンショット-2014-08-30-12_07_17

↑ 一つ間違えば"電波"な子供だと思われるな…



















インターネット図書館で調べると、今はパスポートの再発行ではなくて

一旦失効して、その後に新規発行となるらしい。




失効にはお金はかからないけど

新規発行は日本と同じ1万4千円くらいかかるみたい。











いちまん よんせんえん…( ?・A・)























ウクライナで1万4千円もあったら

スーパーで賞味期限の切れた半額の野菜買ったり

外人のいびきが毎晩うるさい狭々なドミトリーに泊まらなくても済むし

毎日、ボルシチやキエフチキンを食べてもお釣りが来る額だ。




マジで1ヶ月くらい過ごせますからね!!



















いや、待てよ!


たしか海外旅行保険で携行品損害の項目で

『身の回りの品』と書いてあるので、パスポートの発行手数料も

保証対象になるんじゃなかろうか?




人一倍お金にケチ敏感な俺の脳がそう告げます。







今一度、海外旅行保険の規約を読んでみると


『旅券の損害については、1回の事故につき

5万円を限度とし発給費用をお支払いします』
(旅券=パスポートのこと)


って書いてあります。









これ来ましたよ!!










まさに


地獄に仏

大海の木片

闇夜に灯火

高速道路で眠くなった時にSA

承太郎にぶっ飛ばされたDIOにジョセフ


状態です!!



tumblr_inline_n066wtBdWJ1s8a2ua.jpg

↑ 最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアア

















いや、待てよ!
(本日二回目)


よく見ると、注意事項の欄に『紛失の場合は支払われない』と書いてある。



つまり、盗難⇒OK、破損⇒OK、紛失⇒NGとなる。



370x200x2d2f977cf2498898716d394e.jpg

↑ オーマイガー L(゚□゚)」

















でも俺の場合はどこでなくしたのかも分かんないから

紛失であり、盗難でもあるし

もしかしたら破損してチリになっていないとも限らない。




そうだ、もしかしたら吉良吉影の『キラークイーン』が


俺のパスポートを爆弾に変えて爆発させたかもしれない!!




o0500070012125414764.jpg

↑ 第三の能力『バイツァ・ダスト』で俺のパスポートがなくなった事実を

"無かった"ことにして欲しい!!

















冷静に考えてみると

ボディバッグの内ポケットに入れてたパスポートが

知らない間に、外に出るってこと自体考えられないし

ここ最近は人前に出すことなかったから、そもそもカバンから出していない。


と、なるとやっぱり"盗難"か"スタンドの能力"だな。









いや、待てよ!
(本日三回目)


もしかしたら、重ちーの『ハーヴェスト』が

夜俺が寝ている隙に部屋に忍び込んで盗んだかもしれない。




E9878DE381A1E383BC.jpg

↑ 重ちーの『ハーヴェスト』は最強のスタンドとも

呼び声が高いって、荒木飛呂彦先生も言ってたからな。

















いや、きっとそうだ!

そうに違いない!!


謎は解けたよ、ワトソン君!!
(by ケータイ刑事 銭形舞)



10115996977.jpg

↑ この頃の堀北真希可愛かったなー。

もう人妻になってしまったが…。


パスポートは要らないんで、堀北真希そこらへんに落ちてないかなー?



















まあ、そんな現実逃避ばっかりしていたら

本格的に俺の脳が疑われて、話が進展しないから真面目に考えてみよう。



近所のおばさん①:

あそこの息子さん36歳にもなって、働かずに

まだ『スタンド、スタンド』言ってるんですって!


近所のおばさん②:

まあかわいそう。

きっと子供の頃に頭を強く打って、その時から少しおかしくなってしまったのね。



っという、話が近所で噂になると困るし…。











その後、もう一度yahooニュースの誘惑と戦いながら

ネットで『ウクライナ美人 結婚海外 パスポートなくした場合』でググって情報を調べる。










すると、順序としては

①、保険会社に電話する(保険に入っている場合)
②、警察でポリスレポートをもらう
③、日本大使館に行き、パスポートの失効&発行の手続きをする


という、順番になるらしい。




なお、紛失でも盗難でもポリスレポートは必要なので

大使館がない街でパスポートを無くした時も

まずは警察に行きましょう。



これは、"試験始まる前に前日徹夜して勉強してても

友達には『やべー全然勉強してないわー』と言う"事と同じくらい大事。















俺もまずは、この旅で病院やら何やらで度々お世話になっている

損保ジャパンさん(略して"損ジャ")へ電話する。



wifiが遅くて、通話がちょいちょい途切れるが

出たオペレーターの人がハキハキしていて気分の良い対応だった。




前職でコールセンター部署にいたせいで

問い合わせ窓口に電話すると、ついつい相手の対応が気になっちゃうんだけど

損保ジャパン何げにいつも、オペレーター良い声してんだよなー。





たまに、鼻にかかる甲高い声出す人が出るけど…。









5○65○6のところなんて、3人に1人は人間的に残念な奴だったりするから

かけてきたお客の方が可哀想になるんだよね…。


っと、途中で辞めたくせに前職批判してみる俺でした…(´ε`;)




















とりあえず①の『保険会社に電話』は済んだから

②の『警察に行く』をしたいんだが、警察署がどこか分かんない。



MAPS.MEでもGoogleでも何個か警察署が検索されるんだけど

イマイチどこに行ったらいいのか悩む…。




一応、外務省のホームページにキエフ市内警察署の一覧が

ありましたが、結局どこの警察に行っていいのやら…。








まあここで悩んでも、トレンディエンジェルの斎藤さんみたく

ハゲてきちゃうので、先に日本大使館に行くことにした。
(そうでなくても最近おでこの広がりが…)



20130120113810b3c.jpg

↑ ハゲ界のニューウェーブ斎藤さん。

なんと俺と同学年の36歳だった…。
















キャプチャ105

↑ 若かりし時の斎藤さん。

この時はカッコ良かったんだね^^



















トレンディエンジェルのネタをYouTubeで見たいのをグッと抑え

ネットで日本大使館の場所を確認。



000086997.gif

↑ 場所は独立広場の1本東の道沿いにあって、そんなに遠くない


ちなみに在ウクライナ日本大使館のホームページ ↓
http://www.ua.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

















善じゃないけど、めんどくさいことは早めにやった方がいいから

この日も朝9時には宿を出て大使館に向かう。



P2290231.jpg

↑ 地下鉄Maidan駅で降りて5分ほどで大使館に到着
















P2290232.jpg

↑ 目の前にはこんな銅像がありました。

このおでこのハゲ方は斎藤さん!?


















そして、中に入って警備員に『Japan embassy(日本大使館)』と言うと

『7階だよ』というので、エレベーターで7階へ。





中に入ってみると、想像していた感じと違って

結構近代的な造りで、『ビルの中にある一室』って感じでした。



2015-09-112010_28_49.jpg

↑ こっそり撮った写メの写真

















受付に日本の人がいたので、『パスポートの再発行がしたい』っと言うと

奥の窓口に案内され、そこでもまた新しい日本人を呼んでもらう。




ここはウクライナの人が日本のビザを取るような場所で

日本人は俺とその係りの人だけで、他の人は全員外国人(多分ウクライナ人)だった。







しかも窓口は刑務所の面会所みたいに完全ガラス越しで

セキュリティの高さを感じる…。
(当然、会話もマイク越し)



f10-1.jpg

↑ ここまで殺伐じゃないけど…

















そこで、パスポートをなくした事

まずは警察に行きたいが、どこに警察署があるか分からない事

を伝えると、丁寧に対応してくれた。
("スタンド"と"堀北真希"のことは頭が悪い子だと思われるので内緒にした)







そして、さらに経緯を話したところ

場所によって管轄している地区の警察署が違うらしく

キエフではその管轄区の警察署じゃないとレポートを出してもらえないらしい。












うーん、場所って言われてもー。
重ちーのハーヴェストだったら街全体をカバーしてるから
どこの地区とか関係ないんだけど
正直そもそも、盗られたかどうかも分かんないからな…。
いや、今は『重ちーの髪型がドドリアさんとそっくり』って話は置いといて
現実のことだけを考えよう。
まあ、大使館的にはどこでレポートもらっても
パスポートを発行するの問題ないんだろうけどな。
でも、この人日本人なのに何でウクライナで働いてるんだろうか?
やっぱり、出張なのかな?
秘密のケンミンショーの転勤ドラマみたく
『上司:次はウクライナに行ってもらう
東京一郎(仮):えー(´д`)ェェエエ工』
みたいな感じだったのかな?
それとも
『上司:次はウクライナに行ってもらう
サトシ(仮):ラッキー、ウクライナ美人ゲットだぜ』
みたいな感じだったのかな?
っと、そんなこと考えてないで場所場所っと。
変に行ったことがないところにすると後で面倒だし
なくなった可能性が高いところを言っておいたほうが無難だろうってことで
とりあえず、ここは宿の場所にしておこう。

-以上、0.2秒間-









俺:えーと、場所はPobedy通りにある"Hostel Sakvoiaj"という宿です。

係りの人:ちょっと待ってください。そこだと"Solomianska"警察署

が管轄なので、ここに行ってください。

レポートもらって、こちらに来てくれれば2時間ほどで発行出来ます。



っと言って、"Solomianska"警察署の住所と電話番号が書いてある紙を渡してくれた。




さすが日本クオリティ!!

2時間でパスポート発給できるとは!!


超やる気のないスーパーのレジの姉ちゃんとは格が違うね!!










やっぱり、先に警察署行かなちゃ行けないけど

即日発行してくれると分かっただけでも良かったとしよう。






そこで俺は気になっていることを恐る恐る聞いてみた。

『あのー、発行費用っていくらになりますか?』



『1955グリブナになります』



約1万千円…。









まあ、日本で10年用パスポートを発行するとしたら

1万4千円かかるわけだし

何と言っても俺は保険きくからね(希望)。





そうすると、今まで優しそうだった係りの人が

申し訳なさそうな顔をして

『あの、パスポート発給には戸籍謄本の写しが必要なんですがありますか?』

と聞いてきます。




戸籍謄本ですとーヽ(´Д`;)ノ








少しでも荷物を軽くするためにパンツも2枚しか持っていない

バックパッカーが戸籍謄本なんていうものを持ってるわけが…







持ってたー!!








日本出る前、住民票抜いた時に念のため戸籍謄本取ってたんだよねー。


マジ自分で自分を褒めてあげたい!!




もし、ない場合は他に身分を証明するものが必要になるようなので

持ち物リストの中に『戸籍謄本』これ大事ですよ!!












なわけで、次は警察署に向かう事にする。



住所は分かったけど、スマホのmapsで検索しても出てこないので

一旦宿に戻って、PCで調べてみた。




そうすると、上にリンク貼った外務省ホームページに書いてある

"キエフ市内警察署電話番号一覧"のソロミャンスキー地区警察署

って言うのがそうらしい。



キャプチャ

↑ 宿からだと570番のバスで26分


















早速、警察署に行ってみる。




570番のバスに乗って警察署の近くまで来たはいいが

全くそれっぽい建物がない…。


3人くらいの人に場所を聞いてようやく到着。





警察署なのに大通りから隠れるようにあって

看板も何もない建物だから、マジ分かんねー!!






ウクライナの建物って宿もそうだけど、基本分かりづらい…。












まあ、そんなウクライナの建物あるあるをひとつ披露したあと

警察署に入るんだけど

なんか、悪いことしてないのに警察って聞くとドキドキするよね?





日本でも街歩いてて警官がいると自然と目をそらしちゃうみたいな…^^;



61PdKzLEAaL__SL500_AA300_.jpg

↑ キルコさんのような婦警だったらガン見なんですが…


















中に入って受付にいた人に『パスポートを無くしたのでレポートが欲しい』

って、英語で言うもさっぱり通じず。




ってか、周り誰も英語通じない…。







なんだこれ!

詰みか?

入口入って何もしてないのにもう詰んだのか?








受付であーだこーだ言ってたら

どっからか通りすがりの兄ちゃんが英語分かるみたいで間に入ってくれた。



ウクライナは多分最近になって学校で英語を教えるようになったみたい

だから、若い人の方が英語話せる率高い!!





ってか、警察署のやつら誰も英語話せんってどういうこと?


英語課の人たち全員非番か?





ペルーのクスコでポリスレポート出してもらった時は

誰かしら英語話せる人いたよ。



観光に力入れてる国とそうでない国との違いだな…。


3ヶ月近くもいるのにウクライナのことディスってすいませんm(_ _)m












そして、英語の分かるお兄ちゃんに

『パスポートを無くしたのでポリスレポートが欲しい』

っと通訳してもらった。





すると、警察側が急にざわざわし出して『ちょっと待て』と言ってきた。




なにこれ?


ここに外国人来るの初めてなのか?


扱い方が分かんないのか…?








しばらくすると、中に呼ばれ

取調室みたいなところに連れて行かれた。




部屋の隅っこには鉄格子の檻みたいのがあって

なんか物々しい…。



3f_02.jpg

↑ ホントこんな感じの牢屋が部屋の中にあった。

名古屋にある監獄居酒屋とかじゃなくてマジモノホンのやつだからね!!

















ここにはさっきより偉い人が来て質問してきた。


こち亀で言うと大原部長クラスだ。







質問って言っても、俺⇒英語のできるお兄ちゃん⇒大原部長(仮)

大原部長(仮)⇒英語のできるお兄ちゃん⇒俺、の伝言ゲーム。






そこでも、やっぱり無くした場所を聞いてきて

まあここで『どこでなくしたか分かんないです。

むしろ犯人は吉良吉影だと思うので

早いところ、承太郎さんを呼んできてください。』

なんて言ったら、禁固刑確定です。




すぐ隣にある牢屋にぶち込まれ

収監までの時間、2秒の最速記録をたたき出すだけです!!










また、変な住所を言っても『その地区はここじゃないから他に行って』って言われて

たらい回しのエンドレスドリーム(by 森口博子)な状態になるだけだから

ここは大使館の時と同じく『Pobedy通りにある宿でなくなりました』

っと言っておいた。






そしてまた、ざわざわし出して

一旦また入口のところに戻される。



もうカイジで出てくるモブ並みにざわざわしているのです。



ざわざわ

↑ 俺も冷や汗が止まりません…


















さっきまで通訳してくれたお兄ちゃんが

『もう大丈夫だから』っと行って去って行きましたが

何が"大丈夫なのか"、高卒の俺にはさっぱり分かりません…。




でもまあ、このお兄ちゃんがいなかったら

全く話が通じなかったことは明らかなので、本当にいてくれてよかった^^




バリショーェ スパシーバ!(どうもありがとう)














そして、借りてきた猫のようにちょこんと警察署の入口に立っている俺。


傍から見ると不審者にしか見えません…。







30分ほど放置されたあと、1人の警察官が呼びに来て

言われるがまま、そのあとに着いてきます。





警察署の建物を通り過ぎ、外に出て

なんとパトカーに乗れと言ってくるではないですか!!





パトカーに乗るのなんて、10年前くらいにスピード違反して

交通警察に捕まって指紋を取られた時以来です!!



もちろん、海外では初体験!!




なるほど、警察署の中にあるのは"留置場"であって"刑務所"とは違うので

別の場所にある"刑務所"に連れて行くわけだな!!





って、なんでだよ!!



いったい何の罪でこの健全な市民の俺が収監されるんだよ!!







"いい年して働かない罪"か?

"海外に来てまでスーファミやってる罪"か?

"ブログによく分からん漫画ネタをぶち込んでる罪"か?


うん、ならしょうがないな…。






せめて、『監獄学園』のような女子がたくさんいるところにしてもらいたい。



51cTBZThGxL.jpg

↑ 芽衣子様が居られるとこなら是非収監されたい

















でも、実際は芽衣子様のところではなく

"現場"に行って証拠写真を撮るとのこと。




なんですとーΣ(゚д゚lll)











パトカーには運転手の他

カメラマンと書記官みたいなメモを取る人

あと、一人何やるかよくわからない人の

俺を合わせた計5人で宿に向かうこととなった。









まあ宿でなくなった可能性が高いから

あながち、意味がないとは言えないが

紛失レポート出すために、4人の警官使うなんて

なんてめんどくさい、丁寧な国なんだろう。





ちなみに俺は後部座席に座らされるんだけど

しっかり両脇を警察官に挟まれるという"護送スタイル"です。









そして、なぜかヒップホップが爆音で流れている

パトカーに乗って宿に到着。




警官4人が次々に宿に入る様子は

今、何かと緊張が走るキエフで何かしらの事件を彷彿とさせます。
(1週間前に国会議事堂前で死傷事件があったばかり…)











幸いなことに(?)、この時宿のスタッフはいなくて

部屋には英語の全く通じない中国人の男が居るのみでした。







そして、部屋に入り部屋の写真をパシャパシャ。


俺はカタコトの英語で、もっとカタコトの英語しか話せない警察官に

『何処でなくした』とか『何時なくした』とかの調書を取られます。




つーか、全然通じてる気しないんだけど、これ大丈夫か?

という気もしますが、今更俺にはどうすることも出来ないので

なすがまま、"まな板の上の鯛"状態なのです。




その横では全く関係ない中国人が『ハラショー、ハラショー』

言ってて、超シュールな絵です。



183185.png

↑ ウゴウゴルーガのシュールくん並みにシュールです。

ウゴウゴルーガが分からない平成生まれの子は

近くの30オーバーの人に聞いてみましょう。



















そして、俺は全然終わった感じがしなかったんだけど

警察的には終わったみたいで

『フィニッシュ』と言って撤収する。






そして、また何事もなかったかのように、パトカーに乗り出発。


このまま、まっすぐ警察署に帰ると思いきや

『喉渇いたね』ってな具合に、カフェスタンドによってコーヒータイム♪♪




まな鯉(まな板の上の鯉)状態の俺も

何故か、自腹でコーヒーを飲む…。





謎のコーヒータイムを終えて、今度はちゃんと警察署に向かう。


普通に走ったら5分で着くのに、30分もかかりました。



外回りもさぼらず時間いっぱい働いている日本のサラリーマンの姿を

ウクライナの警官たちに見せてやりたい。












そして、警察署に着くとまたまた放置タイム。




2015-09-10 16

↑ 今度は檻のない普通の部屋でした。

コーヒータイムを経て少しは信用されたのでしょうか?



















ですが、今度は待っても待っても誰も来ません。



天井のシミの数を数えるも誰も来ません。

羊の数を100まで数えて眠りそうになっても誰も来ません。



脳内彼女を作って、『出会い⇒最初は喧嘩する⇒その後お互い意識しだす

⇒過去のトラウマを打ち明ける⇒やっと付き合う』

という、1大サーガの妄想をしても誰も来ません。








やっぱり、ここで収監されるのかなっと思い始める頃

1時間ほどしてやっと警官が呼びに来ました。




そして、別室に行くと待ちに待ったポリスレポートがっ!









この紙ペラ1枚をどんなに待ったことか。

勉三さんに対する合格通知くらい待ったよ!!



o0500050012606028447.jpg

↑ 今思うと、超ダメ人間だった勉三さん
















そしてやっとこさ、警察署から開放。

警察署に来て5時間以上経ってました…。




まあ、クスコでポリスレポート取った時はお金がかかったから

無料でもらえたのは良かったけどね(^ー゜)b






もうこの時間から大使館に行っても

パスポートの発給はしていないので、明日行くことに。



今日は久々に仕事したーって感じだ!!























そして次の日。



朝8時頃宿を出て、朝一で大使館に向かう。


今日はパスポート発給費用の1955グリブナがいるから

独立広場近くの両替所で両替に寄る。



Maidan駅のマクドナルド奥にある両替所が他に比べて

レートが良いのでおすすめです。


しかも、何故か両替ごとにグミのお菓子もくれます^^

金欲と食欲両方満たせて一石二鳥!!




P2290221.jpg

↑ 向かいの両替所のレートより0.2くらい良い。

むしろ向かいの両替所で誰が両替するのって感じだ。
















P2290222.jpg

↑ 手前にエロいお店もあるけど

ここに行っちゃうとお金が増えるどころか超減ってしまうので注意!!

















そのあと、大使館に行き

やっと『③、日本大使館に行き、パスポートの失効&発行の手続きをする』

の項目にたどり着く。




昨日の親切な日本人の係りの人も覚えていてくれて

パスポートの失効届けと新規発行届けの用紙を記入する。




パスポートの再発行に必要な物は

・警察のレポート書類 (コピーでも可)
・旧パスポートの失効申請書 (大使館でもらえる)
・新パスポートの発給申請書 (大使館でもらえる)
・縦4.5cm×横3.5cmの顔写真2枚 (規格を満たすもの)
・戸籍抄本または戸籍謄本 (コピー可。無ければ他で代用してもらえる?)
・本人確認のための書類 (顔写真付きのもの)
・1955グリブナ (現金でウクライナ通貨のみ。お釣りなし)


海外といえども、日本で取る時と同じものが必要なようです。


俺は戸籍謄本と運転免許証両方持っていたので大丈夫でしたが

無ければ、日本からコピーをFAXしてもらったりしなければならない。
(俺の持っていた戸籍謄本は2年前のものでしたが問題ありませんでした)



でも、長期旅行者の場合住民票を抜いていたりすると

戸籍謄本取れないので、どうしても無理な場合は要相談らしい。


基本的に大使館側もパスポート発給したいので
(そもそも発給しないと出国できないし…)

なんとか、他のもので代用してくれるみたいです。












そして俺は用紙を書いたあと、そのまま待合室で待つことに。



待合室には辞書とか日本のパンフレットとかと並んで

何故か唯一の漫画として、かわぐちかいじの『ジパング』があった。


そのまま『ジパング=日本』だからか?


まあ、戦争ものだけど…。









そして、ジパングを読みながら待つこと2時間。







ついに、Newパスポートが完成!!














いやー、長かった!



2日間で取れたけど(書類揃ってからはたったの2時間)

異様に長く感じたわ。








俺の手元に来た真新しいパスポートには

マチュピチュで押したスタンプも

苦労して取ったフィリピンビザも

いつも身分事項ページと間違えられたブラジルビザも

イギリスに船で入国した時の船のスタンプも

みんな無くなっちゃったけど

発行官庁のところに『Embassy of Japan in Ukraina(ウクライナの日本大使館)』

って書いてあるのを見たら、なんかこれはこれでいいのかなっと思った。
















警察のレポートもらうのが結構大変だけど

発給自体は2~3時間で出来るし、料金も他の国より安いと思うので

パスポートを無くすなら、ウクライナがおすすめです(笑)







※パスポートをなくした時のまとめ

◆すること
①、保険会社に電話する(保険に入っている場合)
②、警察でポリスレポートをもらう
③、日本大使館に行き、パスポートの失効&発行の手続きをする

◆パスポート発給に必要なもの
・警察のレポート書類 (コピーでも可)
・旧パスポートの失効申請書 (大使館でもらえる)
・新パスポートの発給申請書 (大使館でもらえる)
・縦4.5cm×横3.5cmの顔写真2枚 (規格を満たすもの)
・戸籍抄本または戸籍謄本 (コピー可。無ければ他で代用してもらえる?)
・本人確認のための書類 (顔写真付きのもの)
・1955グリブナ (10年用。現金でウクライナ通貨のみ。お釣りなし)
















※今日の1曲
芳賀ゆい 『星空のパスポート』






俺も『ウクライナでいつの間にかパスポートをなくしちゃった時は
このブログを参考にします』
っていうピンポイントな需要の方はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| リアルタイムのこと | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/447-d6f7e518

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT