世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルーマニアの『使ったお金』と『移動』のまとめ

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


去る11月29日が俺の誕生日だったんですが

今年の誕生日は病院のベッドの上で過ごしました。

なんて最低な誕生日だって思いましたが

日本にいる時も漫画喫茶とかだったのであんまり変わってないなと思った俺でした…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ベオグラード観光』について書いたので

今回はその前の続きの『ベオグラードで泊まった宿情報』について

書いていこうかなって思ったんですが

ルーマニアのまとめを書いていないことに気づいたので

今回は『ルーマニアで使ったお金と移動のまとめ』について書いていきたいと思います!!





みんな『志田未来と神木隆之介に熱愛発覚!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(志田未来って女王の教室に出てたときは唯のクソ生意気な子供だったのに
いつの間にこんなに可愛くなったんでしょうか…!?)





※前回の記事 ↓↓
・ベオグラードを観光して思うこと…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-468.html


















最近は溜まってた記事を書かないとって事で

ネタも少なめにコツコツやってるんですが、その割に全然進んでない…。



ロンドンで観光もしずに沈没しているくせに俺は一体何をやってるんでしょう…?



振り返ってみると、ネット動画で日本のバラエティ見たり

HDDに入ってる映画見たりとグータラ生活カマしてたわ…σ)>ω<*)テヘ




ちなみに最近一番面白かったのは『KICK-ASS』って映画。



これに出てくる若干13歳のクロエ・グレースちゃんが

バタフライナイフを振り回したり、放送禁止用語を言ったりとこれまた超可愛いのです!!



o0600080412825177205.jpg

↑ クロエ扮するヒットガール。

主人公はキックアスっていうキャラクターなんだけど、完全に主役を食ってます。
















32960.jpg

↑ そしてこれがクロエ・グレースちゃん!!


なんとこれで13歳!!Σ(゚д゚lll)

こんなんだったら、全世界の女性全員13歳でいいよって思うのは俺だけじゃないはず…。

















41NHFXGbbGL__SX342_.jpg

↑ ちなみに続編の『KICK-ASS2』ではちょっと大人になっちゃって

綺麗なんだけど可愛らしさが半減しちゃって残念…。


かといって俺はロ〇コンじゃないからね。

年上のお姉さんも好きなんだから!!


















ってな感じで、お約束の小ネタをブッ込んだところで

本題の"ルーマニアで使ったお金"を発表したいと思います。














※ルーマニアで使ったお金



・総額
9/26~10/4の9日間で
403.5ルーマニアレイ → 日本円に直すと約12350円
(1371円/1日平均 42501円/仮に1か月間いた場合)

・内訳
移動費  4174円
食費  1865円
宿泊費  6310円
アクティビティ(観光費)  0円
雑費  0円
(1ルーマニアレイ=30円で計算:旅行当時のレート)

・この金額は旅行時のメモを参考に書いているので
レートが古かったり、細かい買い物を忘れちゃってる場合があるため
多少違うところがあるかもしれませんm(_ _)m





ルーマニアは日本に比べれば物価安いんですが
まわりのモルドバだったりセルビアだったりブルガリアだったりも
安いので特別安いって感じはありませんでした。
ブカレストの地下鉄も2回券が150円なんですが
ウクライナで20円とかで乗っていたのでなんか割高に思っちゃいます…。
実際は野菜も1kg70円とか80円だし
街中でよく見たプレッツェル(輪っかになってるパン)は30円くらいで売っていました。
まあここぞとばかりに『しんしんさん』と米やら肉やらを
ガッツリ食ったのでそんなに食費は安くなってませんが…^^;
でも、まあ『しんしんさん』が持ってきてくれた
日本食材(カレー、シチュー、おでんの素…etc)でかなり飯のクオリティがあがりました!!
今の『具なしパスタ』や『ケチャップ&パン』と比べたら
月とスッポン、ミスター味っ子の味吉陽一と銀魂のお妙さんくらいの差があるわ…。
宿もそこそこ安くて、ブカレストで800円くらい、ブラチョフでは700円以下で泊まれました。
居心地もそこそこ良かったので、沈没にもオススメです。
都市間の移動はバスより電車の方が安いが
本数が少ないのと田舎の方に行くと通ってさえいないという難点がある。
個人的にはルーマニア国鉄より私鉄のREGIOTRANSの方が好きでした。






















※ルーマニア内の移動について



そして、移動については

ブカレスト→ブラチョフ→シギショアラ→シビウ→ティミショアラ→ヴルシャツ(セルビア)

のルーマニアで通ったルートの情報を書いていきたいと思います。



キャプチャ

↑ ブラチョフ、シビウ、ヴルシャツの名前が書いてありませんが

矢印の指しているところが、それぞれの場所となっています。

















※ブカレスト ⇒ ブラチョフ

移動手段:電車

会社:REGIOTRANS社

移動時間:2時間

料金:26ルーマニアレイ(約780円)

メモ:ブカレスト⇒ブラチョフ間は人気の路線ということもあって
1時間から2時間に1本程度電車は出ているが
電車の種類にIR(快速)とR(普通)があって、IRの方が早く着く分値段も倍くらい高い。
値段の安いRの電車に乗ろうとするとガクッと本数が少なくなるので
運が悪いとかなり待つことに。
駅構内にはマックとかカフェとかあるので時間は潰せそう。
座席はガラガラだったので当日でも全く問題なし。
でもブカレスト北駅の周りは治安が悪くホームレスとかがたくさんいるので
夜に歩いて行くのは避けた方がいい。
ルーマニア国鉄とREGIOTRANSの値段はほぼ一緒だったので、時間で選べばよい。

※ルーマニアで使った交通機関のサイト ↓↓
http://www.autogari.ro/
(バスとかレンタカーの時間も書いてあって便利)





















※ブラチョフ ⇒ シギショアラ

移動手段:電車

会社:ルーマニア国鉄

移動時間:3時間

料金:19ルーマニアレイ (約570円)

メモ:ブラチョフからは宿泊せず、途中の街で観光しつつ
セルビアまで抜けようと思い、一番早い6:05の電車に乗ることに。
次の普通電車は13時発とかなり時間が空いていた。
(料金の高いIRは走っていたけど…)
また宿を出た5時頃はあたりもまだ暗かったが、すでに駅までのバスは運行していた。
旧市街から駅までは歩いて40分くらいかかるのでバスで向かってもいいと思う。
シギショアラは世界遺産なのに駅が小さくてしょぼかった。
次のシビウ行きの電車は1日1、2本しかないので
観光するときは窓口で時間を聞いてから観光するとよい。

















※シギショアラ ⇒ シビウ

移動手段:電車

会社:ルーマニア国鉄

移動時間:3時間

料金:13.5ルーマニアレイ (約405円)

メモ:R(普通)の電車だと3時間乗っても400円とここの区間は特に安い。
しかも、オフシーズンだからか電車内はガラガラで快適に過ごせるので
ルーマニアはバスよりも電車移動がオススメ。
シギショアラの駅の近くには小さな売店しかなくてお昼ご飯がしょぼくなってしまったので
旧市街のスーパーであらかじめ買って来た方がいい。
隣には小さいバスターミナルがあり、ここからもシビウ行きのバスが出ていたから
電車がない場合は使ってもいいと思う。
(料金は電車よりも高い)


















※シビウ ⇒ ティミショアラ

移動手段:バス

会社:Apetrans

移動時間:6時間

料金:60ルーマニアレイ (約1800円)

メモ:今回の国境越えルートで1番めんどくさかったのがここの路線。
片道6時間もかかるくせに夜行の電車がなくて、夜行はバスのみ。
(土曜のみシギショアラからティミショアラ行きの夜行電車あり)
しかも、バスターミナルが駅から5Kmくらい離れているところだった。
(あとから調べたら駅の隣のバスターミナルからも
ティミショアラ行きのバスは出ていたみたい…)
バスターミナルに行ってみると窓口は空いていなくて
チケットが買えるかドキドキしたが、運転手から直接買うことが出来た。
またこのバスはブカレストから来ているバスなので、多少遅れることもある。
ネットにはwifi付きと書いてあったが実際には使えなかった。

















※ティミショアラ ⇒ ヴルシャツ(セルビア)

移動手段:電車

会社:ルーマニア国鉄?

移動時間:2時間

料金:18ルーマニアレイ (約540円)

メモ:ティミショアラにバスが着いた場所はターミナルと言うよりも
ただの駐車場であたりも真っ暗だったが、駅までは歩いて10分くらいの距離。
ティミショアラの駅は待合室に電源もあってなかなか快適。
ベオグラードまで直接買うよりも
ヴルシャツという国境の街まで刻んだ方が200円くらい安かった。
でも、ヴルシャツの駅で切符を買う際、ATMも両替所もないのに
セルビアのお金しか使えなくて、近くのスーパーの両替所を利用したりと少し面倒だった。
距離的には1時間ほどの距離だが
国境のパスポートコントロールで1時間くらいかかるので計2時間。
電車に警察が乗ってきて、パスポートを回収して
スタンプを押してまた戻ってくるという流れ。
特に質問等もなかった。
ちなみにヴルシャツの街はビビるほど何もない…。


※移動していた時の記事 ↓↓
ベオグラードへの道 前半(シギショアラ編)
ベオグラードへの道 後半(セルビア入国編)





















※ルーマニアのまとめ 総括



ルーマニアはドラキュラ城のモデルになったブラン城や
かつてルーマニア王の離宮だったベレシュ城、北モルドバ地方に建てられた五つの修道院
トランシルヴァニア地方の村々にある要塞教会群
マラムレシュ地方にある木造教会など見どころはたくさんある。
でも、教会群などは離れたところに点在しているので
公共交通機関でまわろうとするとめんどくさそう…^^;
ブラン城以外は、見所と言ってもそこまで観光地化されていなくて、どこものんびりと見れる。
ブカレストだけは元チャウシェスク大統領が独裁政権時に
ゴテゴテしたデカい建物ばかりの街にしてしまって、なんか暗く感じた…。
また、日本人にとって『ルーマニア』と言えば
2012年に起こった『日本人女子大生殺人事件』が有名が有名で
ルーマニア=治安が悪いって印象がどうしてもある。
確かにブカレストは駅前にたくさん浮浪者がいたり、落書きが至るところにあったりと
東欧周辺の中では結構治安が悪そうに思えた。
まあ昼間歩いている限りでは問題ない感じだったので
北駅周辺と夜間にとりあえず気をつければいいと思う。
ルーマニア料理はチョルバ(スープ)とかブルンザ(チーズ)とかが有名らしいが
自炊ばっかりしていたのでどれも食べてないです…。
また『ノルド=北』などルーマニア語はスペイン語に似ていてなんだか懐かしかった。




そんなわけで


ルーマニアの総合評価は★★です。









ルーマニアといえばドラキュラ、ドラキュラといえばルーマニアってことで

ドラキュラ好きの人は是非ルーマニアに行きましょう!!
















※今日の1曲
THE ORAL CIGARETTES 『起死回生STORY』






俺は『クロエ・グレース』より『エマ・ワトソン』の方が好きだよ
っていう『ルパート・グリント』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルーマニア | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/469-3b70b112

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT