世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サラエボ行く途中にモスタルに寄り道してみた

リアルタイムでは治験のためイギリスのロンドンいます。


ほぼ1週間外出せずに、宿で出る朝食だけを食べ過ごしていたら

さすがに何やってんだろって気分になった男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では、『クロアチアで"使ったお金"と"移動"のまとめ』

について書いたんですが

今回は『モスタル観光』について書いていきたいと思います!!






みんな『エンタミクスが今年のマンガBEST50を発表!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(やばい、「ハイキュー!!」と「3月のライオン」以外読んだことない。
最近全然、新刊を読んでないなぁ…。)





※前回の記事 ↓↓
・クロアチアで『使ったお金』と『移動』のまとめ
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-478.html














クロアチアのドゥブロヴニクをあとにして向かった先は、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ。




ボスニア入ってからだと鉄道使った方が安い、と聞いたのと

途中にあるモスタルにも寄りたかったので、まずはモスタルまで刻んでいくことにした。




キャプチャ

↑ ドゥブロヴニクからサラエボまでは車で4時間くらい(バスだともっとかかる)で

途中にモスタルの街がある。

















朝早くドゥブロヴニクのバスターミナルへ向かい

8時発のモスタル行きのチケットを買いましたが

当日でも問題なく買えました。


値段は118クローナ+荷物代8クローナです。



P2300338.jpg

↑ 待っているとユーロラインズのバスが登場

















P2300339.jpg

↑ バスの中は安心のクオリティ♪♪

















そして、きれいなバスに揺られること3時間半

31カ国目(たぶん)のボスニア・ヘルツェゴビナ、モスタルに到着!!




バスを降りたら、今朝までいたヨーロッパ色の強いクロアチアから一転

いきなりイスラム色が強くなり、街も味のある感じになりました。


単刀直入にいうとボロいっていうこと(笑)。






バスターミナルの横に駅があったので、サラエボ行きの電車はあるかと聞いてみたら

なんと今は閉鎖中で通っていないという…。



P2300342.jpg

↑ この張り紙には2015年10月5日から電車は走ってないって書いてある?

















P2300343.jpg

↑ 確かに駅構内は「がらーん」としていて誰もいない…
















P2300340.jpg

↑ 変な銅像だけあった…


















しょうがないのでバスターミナルで

サラエボ行きのチケットの値段を聞くと17ボスニアマルク(約1150円)。


少し観光してから行きたかったので、16時発のチケットを買うことに。





モスタルにはボスニアに2つしかない世界遺産があり

旧市街は観光地として栄えているみたい。



P2300349.jpg


















P2300368.jpg

↑ バスターミナルから歩いて10分くらいで石畳の旧市街に出たら

なるほど、ツアーとかの観光客がいっぱい。

















P2300348.jpg

↑ 可愛らしい民族衣装などのお土産屋が並んでいます

















P2300365.jpg

↑ イスラムっぽいカラフルな色使い好きです

















P2300367.jpg

↑ モロッコにあるシャウエンとかもそうだったけど

イスラムの色といえば『青』色を思い出す。


ググったら、『青は邪視など悪霊を排除する力を持っていると民間で考えられていた』

って書いてあったので、魔除けの意味があるんだね。



















P2300345.jpg

↑ さらにここらへんはモスクもたくさんあって

これは『カラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤ』っていうクソ長い名前のモスク。


1557年にオスマン朝の宮廷建築家によって建てられたそうです。

















P2300351.jpg

↑ こっちは『コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ』という名前のモスク。


名前も見た目もさっきのモスクと似てて写真ではあんまり違いがわからん(笑)
















そして、さらに進むと右側にモスタルのシンボルである

石橋『スターリ・モスト橋』が見えてくる。


この橋は、中央部分に支えがなくアーチ状にかかる橋で

橋の上の歩道は大理石でできていた。



P2300374.jpg


















P2300375.jpg

↑ 橋の全景が見えるところはカフェになってたんだけど

こっそり中に入って撮らせてもらった♪♪





















現地の言葉で『古い橋』という意味のこの橋は

オスマン・トルコ帝国に支配されていた16世紀に建設されたが

1993年のボスニア紛争で壊されてしまった。



その後、ユネスコの協力もあり2004年に復元されたという。



P2300358.jpg

↑ DON'T FORGET '93の文字が刻まれた石碑も

















20090614212905ab9.jpg

↑ 『鋼の錬金術師』的なやつですね
















e0070106_470cf81e78029.jpg

↑ ちなみに鋼の錬金術師では『ホークアイ中尉』推しです

















橋の上から飛び込んだりする儀式(?)もあるって聞いたけど

この日はパフォーマーのおっちゃんがチップもらってたまに飛んでるだけでした。




P2300357.jpg

↑ この赤パンツのおっちゃんがそうみたいだけど

俺が行った時はお客が少ないからか飛び込んではくれませんでした…。

















photo.png

↑ 『千原ジュニア』的なやつですね

















P2300364.jpg

↑ 結構この辺流れが早いけど大丈夫か、赤パンのおっさん!?

















P2300378.jpg

↑ 赤パン男も飛ばないし、雨も降ってきたので

1時間ほどで旧市街の探索を切り上げバスターミナルへ戻る。

















P2300379.jpg

↑ 16時にサラエボ行きのバスに乗り込むが

ここでも2ボスニアマルクを徴収される…ヽ(`Д´)ノ

















P2300380.jpg

↑ バスターミナルはボロいけど、バスの中は案外きれいでした


















次は、第一次世界大戦の引き金にもなり

ボスニア紛争の中心だった街、サラエボに行きますよー!!


















※使ったお金
・サラエボまでのバス 17ボスニアマルク
・荷物代  2ボスニアマルク
(1ボスニアマルク=約67円で計算)












※今日の1曲
パスピエ 『最終電車』






私は『リザ・ホークアイ』より『ブラックハヤテ号』の方が好きだよ
っていう『ハガレン』好きな人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/479-c5402402

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT