世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブルガリアで『使ったお金』と『移動』のまとめ

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


ダハブに来てからほぼ毎日、猛烈な強風に襲われています…。

天気は良いんだけど外行くと飛ばされるんじゃないか!?

っていうくらいの風で、結局外に全然出ていない男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ブルガリア首都ソフィア観光』について書いたんですが

今回は『ブルガリアで"使ったお金"と"移動"のまとめ』

について書いていきたいと思います!!






みんな『相撲好き芸人・小泉エリ、元幕内・土佐豊と結婚

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
("ノブナガ"で小泉エリがごはんリレーをやってた時代が懐かしい…)





※前回の記事 ↓↓
・ブルガリア首都ソフィアで0泊観光…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-495.html













まあブルガリアは0泊2日の強行日程だったので

今更、何がまとめ記事だって話しですが

そこは得意の"知ったか"でやり過ごしたいと思います。



無題

↑ ブルガリア国旗は白、緑、赤の横3色に分かれ

それぞれ平和、豊かな大地、勇気を表す。














※ブルガリアで使ったお金



・総額
10/25の1日のみ
43ブルガリアレヴァ → 日本円に直すと約2795円
(2795円/1日平均 86645円/仮に1か月間いた場合)

・内訳
移動費  2600円
食費  65円
宿泊費  0円
アクティビティ(観光費)  0円
雑費  130円
(1ブルガリアレヴァ=65円で計算:旅行当時のレート)

・この金額は旅行時のメモを参考に書いているので
レートが古かったり、細かい買い物を忘れちゃってる場合があるため
多少違うところがあるかもしれませんm(_ _)m





ブルガリアの物価は日本よりは当然安いんだけど
お隣のマケドニアなんかと比べるとちょっと高い。
でも、トルコよりは安いのでイスタンブール→ソフィアは3000円以上するが
ソフィア→イスタンブールは2600で済むのでお得感がある。
マクドナルドはハンバーガーとポテトのセットで180円
バーガーキングのハンバーガーは1個65円だった。
今回は自炊をしてないので野菜の値段は分からないが
生活水準からしてそんなに高くないように思える。
宿もbooking.comで見ると700円~800円の値段であった。
また街中にある両替商では1ユーロ硬貨から交換してもらえた。
レートも0.95くらいと悪くなかった。






















※ブルガリア内の移動について



そして、移動については

ソフィア→イスタンブール(トルコ)

のブルガリアで通ったルートの情報を書いていきたいと思います。



キャプチャ

↑ ソフィア⇒イスタンブール間は意外と遠い…

















※ソフィア ⇒ イスタンブール

移動手段:バス

会社:HUNTUR社

移動時間:9時間

料金:40ブルガリアレヴァ(約2600円)

メモ:一般的に有名なMETRO社で行くと50レヴァかかるが
トラフィック・マーケットのHUNTURって会社だと40レヴァで買える。
ただし、カードは使えず現金払いのみでした。
トラフィック・マーケットは中央バスターミナルとソフィア中央駅との間にあります。
バス会社の窓口だけ並んでいるターミナルなのであまり時間は潰せない。
中央バスターミナルの方はベンチもあってバスの時間まで暇を潰しやすいが
電源がないのでモバイルの充電切れに注意。
イスタンブールはヨーロッパ側のオトガルに着くが
こちらもバス会社の窓口が並んでいるタイプのターミナルなので
早朝に着いたときは時間つぶしに困った。
(カフェとかもあるのでお金使えばどうにでもなるけど…)。





















※ブルガリアのまとめ 総括



ブルガリアはバルカン半島の名の由来となったバルカン山脈と
スレドナ・ゴラ山脈などの山岳地帯が国土の3分の1を占める山の多い国。
また1989年に旧ソ連を中心とした東欧の市場を喪失したことで
生活水準が以前の約40%にまで落ち込んだこともあり、未だに貧しい人が多く住む。
そのため、街や道路などちゃんと整備されてる割には
ルーマニアと同じく物価が安い。
またやボヤナ教会リラ修道院などの
歴史的な遺跡(教会)も多くあり観光にも優れている。
有名なヨーグルトやひき肉を使った
ケバプチェやキュフテといった料理も美味しそうだった。
(ピザ1枚しか食べてないけど…)
ソフィアしか行っていないが治安も悪くなさそうだった。




そんなわけで


ブルガリアの総合評価は★★です。









次は4月から始まった東欧シリーズの最終地点
トルコのイスタンブールに行ってきますよー!!
















※今日の1曲
ロードオブメジャー 『ENERGY』






俺は『ブルガリアヨーグルト』より『ダノンのヨーグルト 』の方が好きだよ
っていう『ダノラー』の人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ブルガリア | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/496-b3b40a57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT