世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンドン治験日記 その2(事前検診)

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


昼過ぎに起きてちょっとネットして、夕食の献立を考えて

買い物をしてシェア飯作って、少しのんびりしたら1日が終わってる…

そんな毎日を過ごしている男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドンでの治験』について書いたんですが

今回も『ロンドンでの治験』パート2なのです!!






みんな『止まらぬバルサ、メッシがリーガ通算300ゴール達成!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(俺はC.ロナウドより断然メッシ派なのであります)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドン治験日記 その1(治験が始まるまで)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-500.html

↑ 記念すべき500タイトル目でした(・ω・ノノ゛☆パチパチパチパチ













ロンドンに着いて2日目。


実際に治験(薬の投与)を受ける前に

健康な身体かどうか調べるために事前検診を受けに行く必要があり

治験の内容によっては『3ヶ月以内にタバコを吸っていない』とか

『体重は50キロ以上80キロ未満』とか

『過去30日以内に病院側が指定している薬を摂取していないか』などの規定がある。








本治験が始まってから『実は体重が50キロありませんでした』

って事にならないように、前もって身体検査をしておかないといけない。





しかも今回の事前検診は、相手側(病院側)の要望もあり

10日以上前倒しになったので、当初の予定より早くイギリスに来るハメに…。
(その分、病院の補助でロンドンに実質タダで泊まれてるんだけどね♪♪)







そして当日、ロンドンの安宿から施設に行くべく移動。




この時の移動費(電車代やバス代)は一旦こっちで立て替えて

治験終了後に謝礼と一緒に精算される。










俺の行った『リッチモンドファーマコロジー』って病院は

ロンドン郊外の大学施設内にあるため、中心部から結構離れていて

バスの待ち時間等も含めると片道2時間もかかった…。




そして、電車代も5ポンド(800円以上)!!










あとで、精算されるって言ってもなかなかの出費だ(つд;*)









施設に入り受付に行くと

日本人のスタッフの人がいて日本語で簡単に説明を受けた。




そのあと、分厚い資料に目を通して、同意書にサイン。




まれに、下痢や倦怠感、軽い吐き気などを伴う場合があるとの

注意書きが少し気になるが、ここまできたので腹を決めてサインをする。





あとは、アレルギーがあるかとか今まで大きな病気をしたかとか

ドラッグをやっていないか(当たり前だけど)、などのチェック項目があった。




書類にサインをすると次はいよいよ検診。










なんか変な病気が見つかって、この段階で弾かれちゃったら

謝礼ももらえないので、本当ロンドン来た意味なくなっちゃう。



ここはなんとしても日頃の健康優良児っぷりを発揮するしかない!!














3階の検査するスペースに連れてかれると

そこには20台ほどのベッドが並んでいて、何人か日本人の人もいた。






俺と同じように事前検診に来た人と

『痛み止め』の前に始まった『塗り薬』の治験を受けている人たちだ。







タイパンツ履いてる人とか、明らかに旅行者って感じの人もいたが

多くは若くてきれいな格好をした人たちだった。





治験って聞くと、浮浪者崩れのおっさんや無気力なニートとかのイメージがあったけど

海外だし少し日本とは違うかもしれない(失礼)。





そして、ベットに案内され待っていると、外国人の医者が来て問診を開始。




ここでは日本人スタッフの人が通訳してくれたから

あんまり英語がわかんなくても全然問題なし。






『家族は日本人か』とか『持病はあるか』とかの簡単な質問から

『彼女はいるか』とか『治験中に性行為する場合は必ず避妊をすること』

などの突っ込んだ質問もあった。





ちなみに、胎児に対しての危険性はまだ未確認なところがあるらしく

特に女性は『避妊の徹底』だったり『万一妊娠した際は医師に報告をすること』

などの同意書も別に書かされていた。





そして、問診が終わったあとは、身長、体重、血圧、心電図などを測定。



血液も採取され、検尿は最初と最後2回も取られた。





この間約1時間、待ってる間少し暇だったが

さっきもらった同意書などを読み返したりして時間を潰す。






実際の治験中は、パソコン使えたり漫画や小説の貸出も

あったりするみたいなのであんまり暇じゃないのかな??








そして最後、放置気味だったので医師の人に『もう終わり?』と聞くと

どこかに電話して確認し『もう終わったから帰っていい』と言われる。





だいたい14時から始まって18時過ぎに終わった感じですが

放置がなかったらもっと早く終わってたはずですよ…^^;





これで問題なければ、入所の案内が来て投与の日まで待つ事になる。
(イギリス国内にいれば他の街に観光に行っても良い)





でも、俺は体重が52キロと規定(50キロ以上)に近かったので

後日体重を図り直すためだけに、また施設に行きました。



施設までの往復4時間だけど、検査にかかった時間実質10分…。



そしてこの日もらった報酬は、クッキー2個とジュース1つでした^^
(∩´∀`)∩ワーイ(∩´∀`)∩ワーイ










ちなみに、この日はあらかじめ体重を計ることを知っていたので

朝から飯を大量に食べて、54キロまで増やしました(笑)



そのかいあって、無事に事前検診通過♪♪


本治験に進むことが出来ました。
(入所1日目に再検査をして問題あると弾かれる危険性がまだあるけど…)




次は、遂に入院して治験(薬の投与)開始です。
















※今日の1曲
大塚愛 『フレンジャー』






風邪は『病院』で治すよりも『気合い』で治す派だよ
っていう『サバイバル』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 治験のまとめ | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/501-90526161

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT