世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンドンで泊まった宿紹介 パート1

リアルタイムではエジプトのダハブにいます。


宿に女のお客さんが3人いた時期は通りすぎ

またいつものディープブルーに戻ってしまいました…。

春休みの女子大生のみなさん、いつでもお待ちしていますよ!!








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『ロンドン治験日記 パート7』について書いたんですが

今回は『ロンドンで泊まった宿 パート1』について書きたいと思います!!






みんな『<思い出のマーニー>13年ぶりオスカーなるか!?

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(俺の中では『思い出のマーニー』結構好きです。
アリエッティ以下、ポニョ以上って感じです^^)





※前回の記事 ↓↓
・ロンドン治験日記 その7(治験を終えて)
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-506.html












治験で訪れたロンドン、約2ヶ月間いたんですが

入院時以外は自分で宿を用意しないといけなかったので

安い宿を探しつつ、結局8箇所の宿を渡り歩きました。


今回からは、その泊まった宿を紹介していきたいと思います。
















その1。




PubLove @ The Crown, Battersea



P2300930.jpg

↑ 場所はLavender Hill通りという中心部から少し離れたところ
















P2300929.jpg

↑ 1階がBarと併設されています
















P2300927.jpg

↑ 部屋が驚異の3段ベッド…
















P2300928.jpg

↑ シャワールームはきれいでした
















ロンドン1-1

↑ 朝食はシリアルとパンのみですが無料でした


















※宿情報

・PubLove @ The Crown, Battersea
2015/10/28~2015/10/30の2泊

住所 : 102 Lavender Hill
電話 :  +442077381122
mail : crown@publove.co.uk
予約サイト : booking.com

ドミトリー(18人ベッド) 10ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:△)
wifiの強さ 〇(普通・部屋でも使用可)
台所 ×  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス ○(有料)
荷物預かり ○  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(男だった)

きれい    ★★ (部屋に荷物が散乱してる)
立地     ★★ (ヴィクトリア駅まで歩いて30分)
居心地の良さ ★★ (1階のバーのところが共有スペース)
スタッフ    ★★ (可もなく不可もなく…)
設備充実   ★  (最低限の設備しかない…)
おススメ度  ★★ (朝食付きにしては安い)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドン1発目に泊まったのがこの宿。
空港からヴィクトリア駅までバスで行く予定だったので
ヴィクトリア駅から徒歩圏内で探して、ここにした。
バッキンガム宮殿やロンドン自然史博物館までも徒歩で行けなくもない距離。
ロンドンは公共交通機関(1回300円くらいする)が高いので
観光するなら立地も大事。
でも、直近には特にめぼしい観光スポットはなかった…。
この『PubLove』っていうのは、ロンドンにいくつかある安宿のチェーン店で
検索サイトを使って探すとよく目に入る。
ここのグループの宿はどこも『安くて程度はそこそこ』といった感じ。
この宿もドミが驚愕の18人部屋!!
ロンドン名物、3段ベッドが1つの部屋に6個も並んでいて荷物の置き場が全然ない…。
シャワーやトイレも使う人が多いので、朝掃除したあときれいでもすぐに汚くなります。
キッチンはないけど、外で買ってきたものを
1階にあるBarスペースで食べることは出来ます。
あと、朝食はパンとシリアルが食べ放題♪♪


















その2。




Hostel 639



P2300939.jpg

↑ 駅を出たら、看板とかじゃなくて

壁にドドーンっと名前が書いてあるので、分かりやすい。
















P2300940.jpg

↑ 1階の共有スペースにはビリヤード台もありました
















P2300938.jpg

↑ 併設しているレストランでは宿泊者割引あり♪
















P2300933.jpg

↑ 部屋は汚いけど、3段ベッドではありませんでした
















P2300934.jpg

↑ ここはかなりオオバコでたくさん部屋がありました
















P2300937.jpg

↑ シャワールームも時間帯によっては込み合います…
















P2300935.jpg

















P2300936.jpg

↑ 流しとコンロがあるだけで調理道具が全くありませんでした。

電子レンジがあるのが唯一の救い…。

















※宿情報

・Hostel 639
2015/10/30~2015/11/01の2泊

住所 : 639 Harrow Road
電話 :  +442089644411
mail : millenniumlodge@yahoo.co.uk
予約サイト : hostelworld

ドミトリー(8人ベッド) 13ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の中にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:×)
wifiの強さ △(有料・1日2ポンド)
台所 △(コンロと流しのみ)  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス 不明
荷物預かり 不明  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い不可
フロントに美人がいるか? 〇(いたよ♪♪)

きれい    ★  (共有スペースが特に汚い)
立地     ★★ (駅の目の前だけど中心地からは遠い)
居心地の良さ ★  (全く落ち着けない…)
スタッフ    ★★★ (愛想はいいけどお客が多い…)
設備充実   ★  (キッチンがしょぼすぎる…)
おススメ度  ★  (安く泊まりたい時の切り札)
(↑ 3段階評価だよー)


ロンドンは他のヨーロッパの宿同様、週末になると宿代が高くなり
しかも、直近になると更に高騰していき
平日10ポンドのところが20ポンドになったりもして、地獄を見る…。
そんな中でここの宿は週末もそんなに宿代が高くならない。
泊まる前にレビューがクソ悪かったので
どんなところだと思って行ったら、やっぱりクソだった…。
まず支払いがロンドンのクセに現金のみで、デポジットに10ポンドも取るため
現金で宿代+10ポンド持っていないといけない。
次にwifiが有料…( ゚д゚)ポカーン。
今時、wifiが有料なところなんてないから!!
しかも、1日1端末に付き2ポンドなので
PCと携帯両方使うなら1日4ポンドも払わないといけない。
激弱だけど野良wifiが飛んでいたので、それで接続できなくもなかった。
あと、『共有キッチン有』って書いてあったから楽しみにしていたが
鍋やお皿などの料理器具が全くない。
これでどうやって料理したらいいんだろうか?
my鍋、my皿持って来ないといけないよ。
幸い、電子レンジはあったので、温め系は出来る。
シャワーは部屋の中にあるんだけど
板で囲ってあるだけの簡易的なものなので、部屋に他の人がいると超気になる…。
そして当然、着替えのスペースなんていうものはない!!
夜中4時に帰ってきた客が騒ぎ出して起こされたりと、泊まっている奴も程度が悪い…。
どうしても他に安い宿が見つかんない時しかオススメできない。

















その3。




St Christopher's Greenwich



P2310028.jpg

↑ 駅前だけど、Greenwichというロンドンの東端にある…
















P2310021.jpg

↑ ここも1階の部分がBarになっている
















P2310020.jpg

↑ 部屋は嬉しい2段ベッドで強度も強い!!
















P2310018.jpg


















P2310019.jpg

↑ シャワールームもきれいで、なんと無料でドライヤーも使える
















P2310024.jpg

↑ ここの地下には『CHILL-OUT ROOM』なる共有スペースがある
















P2310026.jpg


















P2310027.jpg

↑ 少し狭いけどTVとかソファーがあってくつろげる
















P2310025.jpg

↑ 無料の水も置いてある
















P2310013.jpg

↑ そしてこの宿1番のオススメが、無料の朝食
















P2310014.jpg


















P2310015.jpg

↑ ヨーグルト、フルーツの他にハムとチーズもありました。

もうここのご飯がめちゃ美味くて、昼飯用にサンドイッチまで作ってました(笑)

















※宿情報

・St Christopher's Greenwich
2015/11/01~2015/11/05
2015/12/06~2015/12/10
2015/12/20~2015/12/23の14泊

住所 : 189 Greenwich High Road
電話 :  +442088583591
mail : greenwich@st-christophers.co.uk
予約サイト : booking.com

ドミトリー(8人ベッド) 10~11ポンド
1ポンド=約186円で計算 当時

シャワー・トイレ共同(部屋の外にある)
水回り(水圧:△ お湯:○ 清潔:〇)
wifiの強さ △(普通・部屋の中では使用不可)
台所 ×(電子レンジとポットのみ)  朝食 ○(無料)
ランドリーサービス 〇(無料)
荷物預かり 〇  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベットに個別の電源 ×
英語可 クレカ払い可
フロントに美人がいるか? ×(いない…)

きれい    ★★ (お客が多いと汚れてくる…)
立地     ★★ (駅の目の前だけど中心地からは遠い)
居心地の良さ ★★ (共有スペースが狭い…)
スタッフ    ★★ (可もなく不可もなく)
設備充実   ★★ (キッチンが欲しかった)
おススメ度  ★★★ (安い割には朝食が豪華)
(↑ 3段階評価だよー)


週末は高いけど、平日だったら10~11ポンドくらいで泊まれるので
安くなった時にはよく泊まっていて、合計14泊もしていた。
10ポンドで泊まれる安宿のなかではきれいだし
電子レンジとか洗濯機も無料で使えたりと設備もそこそこ充実していた。
あと、洗面所にもドライヤーが置いていたのが嬉しい。
部屋も2段ベッドだし、そんなに狭くないく
ベッドの下にもスペースがあり荷物を入れれた。
しかし、電源が1箇所にしかないので充電しづらい。
あと、朝食がお決まりのパンとシリアル以外にハムとかヨーグルトとか
フルーツがあったりとロンドンで泊まった中では1番豪華だった。
しかも、食べ放題だったので腹パンパンになるまで食べて
夜は食べずに1日1食で過ごすということをやっていた。
この宿も1階がBarというタイプだったがそれ以外にも地下に共有スペースがあり
落ち着けるが、少し狭いので人が多くなるとちょっと電源が足りなくなったりする。
Barに行けば皿とかコップとかを借りれるので
ここにある電子レンジで買ってきたものを食べ、コーヒーや紅茶も無料であり。
wifiが部屋で使えなかったのが唯一残念。

















※今日の1曲
本名陽子 『カントリーロード』






『思い出のマーニー』より『千と千尋の神隠し』の方が好きだよ
っていう『宮崎駿』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2回目 イギリス | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/507-e0422e2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT