FC2ブログ

世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンドンで泊まった宿たち

リアルタイムではモルドバのキシナウにいます。
(この記事は2018年4月くらいの出来事です)

沈没中のキシナウですることなくて

気づいたら毎日3~4時間も意味なく散歩をしていた男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『カイロでのビザ延長と市内から空港までの行き方』

について書いたんですが

今回は『ロンドンで泊まった宿たち』

について書いていきたいと思います!!






みんな『新垣結衣×瑛太「ミックス。」ノーカットで地上波初放送!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(「獣になれない私たち」に出てるガッキーも好きだけど
やっぱりガッキーと言えばショートorセミロングでしょう!!
と思う私がいます。
「ミックス。」も面白いからぜひ見てね♪♪)





※前回の記事 ↓↓
・カイロでのビザ延長と市内から空港までの行き方
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-561.html












この旅でイギリスに来たのは6回目ですが


今回も渡英の目的は治験なので


50日ほどロンドンにいましたがもちろん全然観光してません…^^;





そんなわけで街の写真も撮っていないし

有意義な観光情報もないので、いつものように泊まった宿でもご紹介!!



『ストーンヘンジ』や『エディンバラ』などの一般的な情報が欲しい人は

さっさとGoogle検索しましょう( ´∀`)bグッ!









今回は3つのHostelと1つのAirbnbを使ったのですが

Airbnbの方はなかなか紹介しづらいので、Hostelの方です。







まず1件目に泊まった宿は『Queen Elizabeth Hostel』。









P2360538.jpg

↑ ロンドンの南西部に位置するFulham地区にあり

観光の中心地からは少し距離もある…。

















P2360531.jpg

↑ 今回泊まった12ベッドの部屋は離れにあるので

一度中庭を通らないといけなくて、雨の日とかは部屋に戻るのに濡れます…。


















P2360528.jpg

↑ 中はかなり狭くていつも大勢のお客がいるので荷物が満載ww

















P2360530.jpg

↑ シャワー&トイレは少し汚いけど、まあ許容範囲


















P2360529.jpg

↑ トイレットペーパーは大量(乱雑)にあったので切れる心配なし^^

















P2360532.jpg


















P2360533.jpg

↑ 共有スペースは狭いけど、電子レンジや電気ポット、冷蔵庫は完備されているが

コンロや流しは、ないので自炊はムズかしい…。

















P2360534.jpg

↑ 共有スペースの横は宿に付いているbarのスペースになっているので

たぶんHostelのお客は使えない…。

















P2360535.jpg

↑ 部屋に収納がないぶん共有スペースにロッカーがあるが

夜とかは誰も居なくなるので貴重品を入れておくのは心配なところ…。
(この後、友人がここのホステルに泊まってロッカー壊されて
盗難にあったらしいので、ここには貴重品は入れない方が良い)


















※宿情報

2018/04/01~2018/04/06の5泊

住所 : 58 Bagleys Lane, Hammersmith and Fulham
電話 :  +442077311913
mail : 不明
予約サイト : booking.com

ドミトリー(12人ベッド) 8.2GBP
当時のレート 1GBP=約150円

シャワー・トイレ共同 (3ヶ所づつ)
水回り (水圧:◯ お湯:◎ 清潔:△)
wifiの強さ ◯(普通・部屋では使用不可)
台所 ×(冷蔵庫、レンジ、電子ポットは有り)
朝食 ◯(有料)  無料のロッカー ◯
荷物預かり ○(有料)  無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベッドに個別の電源 ×
無料の水、コーヒー類 ×
英語可 クレカ払い可

きれい    ★   (ホコリまみれで汚い…)
立地     ★★  (ゾーン2にある)
居心地の良さ ★★  (共有スペースが狭い)
スタッフ     ★★ (フランクな感じだった)
設備充実   ★★  (やはりキッチンはない)
おススメ度  ★   (安く済ましたいなら我慢、我慢…)
(↑ 3段階評価だよー)


宿代がバカ高いことで有名なロンドン…。
ドミトリーでも1泊2000円とかはあたりまえですが
ここはほぼ常時1泊1200円くらいで泊まれる安宿でした。
1階がbarになっているタイプなのでキッチンはなし。
そのかわり、共有スペースに電子レンジ、電子ポット、冷蔵庫があって
お皿やフォークなどもあったので、ぎりぎりインスタントラーメンは作れる。
立地は最寄りの駅から10分ほど歩くが
地下鉄のゾーン2のエリアなのでそんなに郊外でもない。
でも、1番安い12ベッドの部屋は小屋みたいな離れにあり
一応シーツとかはきれいだったけど、部屋が埃っぽくて汚なかった。
barの横に宿に泊まっている人が使える共有スペースがあるんだけど
人数の割に狭くて、夜とか人が多くなると座る場所がなくなるし
長期で泊まっている人が多いのか夜中でも騒がしい。
俺が泊まった時は8割方シャワーの温度調節が壊れていて
ほとんどのシャワー室がめちゃくちゃ熱いお湯しかでなくて困った。
wifiは部屋では使えず、共有スペースでのみで
速度はバリ速ではないが、YouTubeなどの動画は見えた。
あと、宿の決まりで18歳から40歳までの人しか泊まれないので注意!!
(年寄りに厳しいなぁ…)




















2件目に泊まった宿は『The Birds Hostel』。






P2360555.jpg

↑ ロンドンの北東部にあるLeytonstoneという場所にあり、ゾーンも3で少し郊外…

















P2360556.jpg


















P2360557.jpg

↑ この宿も1階部分がbarになっていて、スペースも広かったが

宿泊者で誰も使っている人がいなかったので

利用していいのかどうか分からず、使えませんでした…。

















P2360560.jpg


















P2360561.jpg

↑ その代り2階にかなり広い共有スペースがあった
(イベント時は利用できず…)

















P2360558.jpg

↑ 部屋はロンドン名物(?)の3段ベッドでしたが、シーツ等はきれいでした。

小さなロッカーも有り(鍵は自分で用意)。

















P2360559.jpg

↑ シャワー室はきれいで、お湯や水圧なども問題なし

















※宿情報

2017/04/06~2017/04/の4泊

住所 : 692 High Road, Leytonstone
電話 :  (+44) 790 814 4296
mail : hostel@thebirds.pub
予約サイト : hostelworld

ドミトリー(9人ベッド) 6.5GBP
当時のレート 1GBP=約150円

シャワー・トイレ共同 (2個ヶ所ずつ)
水回り (水圧:△ お湯:◎ 清潔:◎)
wifiの強さ ◎(速い・部屋でも使用可)
台所 ×(まったくない)
朝食 ×   /無料のロッカー ◯(部屋にある)
ランドリーサービス ?(不明)
荷物預かり 不明  /無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベッドに個別の電源 ◯
無料の水、コーヒー ×
英語可  クレカ払い可

きれい    ★★★ (安宿にしては十分きれい)
立地     ★★  (地下鉄駅からは近い)
居心地の良さ ★   (共有スペースが使いづらい)
スタッフ     ★★ (親切だった♪♪)
設備充実   ★   (あまりない…)
おススメ度  ★★  (寝るところとしては及第点)
(↑ 3段階評価だよー)


週末になりそれまで泊まっていた宿の料金が高くなるみたいだったので
どこか安いところはないかと探した結果移った宿。
1階がbarになってるロンドンの平均的な安宿なので
お決まりのようにキッチンは付いていない。
しかも2階にだだっ広い共有スペースがあるんだけど
私が泊まっていた時は2日ほど(4日間の内)
どこかのイベントが行われていて宿泊客は使用することが出来なかった。
近くにテスコのスーパーがあるのでそこで食材を買って食べてもいいし
飲食店は近くにもたくさんあった。
歩いて5分のところに「Leytonstone Station」という地下鉄駅があるが
ゾーン3と中心地からは少し遠い。
共有スペースにレンジも電気ポットもないので
ラーメンすら作れず、自炊派のバックパッカーには不便。
だけど、部屋や水回りは安宿にしてはきれいで、部屋の中に小さいロッカーも完備
ベッドごとに電源もあるので、自炊をしなくて寝に戻るだけの人なら十分。
通常1泊10ポンドほどだが、たまにプロモーションで5ポンド程度で泊まれる日もある。
なぜかbookingサイトには載ってなくて
Hostelworldのみ記載なので予約する時少しめんどくさいかも…。



















3件目に泊まった宿は『PalmersLodges』で

ここは1泊2500円程度のロンドンでは平均的なHostel。
(2500円で平均的って高いぜ、ロンドン!!)





P2360595.jpg

↑ 場所はウィルズデンというロンドンの北西部にあるエリア。

ゾーン2だけどカムデンタウンまで歩いて行けないこともない!!
















P2360597.jpg

↑ 規模は大きくてレセプション横にはホテルのような待合スペースも

















P2360598.jpg

↑ 安宿には似つかわしくないエレベーター様も!!Σ(゚Д゚)

















P2360605.jpg


















P2360606.jpg

↑ 外にはウッドデッキのスペースもあって

夏とかだったらここでくつろいでもいいかもー♪♪

















P2360607.jpg

















P2360608.jpg

↑ "申し訳ない程度"に小さいキッチンがあるが

全然宿泊客の数に見合っていないので、いつも混んでいて使えない…。

















P2360609.jpg


















P2360604.jpg

↑ 共有スペースにはビリヤード台(有料)があったり

小さいミニbarがあったりと広くてくつろげるが

木の机&椅子なのでソファーがあればベストだった…。

















P2360599.jpg


















P2360600.jpg


















P2360601.jpg

↑ しかもここの宿は朝食付きで、パンやシリアルが嬉しいことに食べ放題!!
(でもクロワッサンだけは1人1個のみww)

フルーツはリンゴだけで食べ物の種類は少ないが

飲み物はコーヒーや紅茶、ジュース類など多種ありです!!


















P2360611.jpg

↑ 1番安い部屋だったので14ベッドと1番ベッド数が多く

その分少し狭いが、収納スペースは下段にあり。


またカーテンや電源、ランプも個別にあるのでプライベートは保たれる。

















P2360612.jpg

↑ シャワー室&トイレも部屋の中にあります

















※宿情報

2017/05/14~2017/05/17の10泊

住所 : 233 Willesden Lane, Brent, London
電話 : +44 20 7099 2435
mail : 不明
予約サイト : booking.com

ドミトリー(14人ベッド) 16.5GBP
当時のレート 1GBP=約150円

シャワー・トイレ共同 (たくさん)
水回り (水圧:◎ お湯:◎ 清潔:◯)
wifiの強さ ◎(速い・部屋でも使用可)
台所 △(あるが使いにくい)
朝食 ◯  /無料のロッカー ◯(部屋にある)
ランドリーサービス ◯(有料)
荷物預かり 有料  /無料タオル貸出 ×
トイレットペーパー設置 ○
ベッドに個別の電源 △(ない場所もある)
英語可  クレカ払い可
フロントに美人がいるか? △(微妙…)

きれい    ★★★ (毎日掃除している)
立地     ★★  (中心地からは少し遠い)
居心地の良さ ★★  (共有スペースに電源の箇所が少ない)
スタッフ     ★★★ (親切だった♪♪)
設備充実   ★★  (キッチン道具がない…)
おススメ度  ★★  (きれいな安宿ならここ)
(↑ 3段階評価だよー)


諸事情により1泊2500円程度の宿に泊まれることになり
いつもの最底辺の安宿(3段ベッドで水回り最悪)ではなくて
そこそこレベルの安宿を選んだ。
この宿、建物自体はかなり大型で
週末になると100人くらいお客さんが泊まってるんじゃないかと思うが
(社会実習なのか学生が団体で泊まりに来る時もある)
その時は共有スペースなどかなり混む。
1階はミニbarも併設されているが
宿の敷地内は泊まっているお客しか入れないようになっているので、安全性はある。
場所はWillesden Green駅というギリギリゾーン2の場所にあって
ロンドン中心地からは少し遠いが、駅からは徒歩7分ほどで着く。
近くにセインズベリー(スーパー)があるが、住宅街なので他の観光スポットはない。
シャワー&トイレは各部屋に完備されているが
中はかなり狭くて、大柄な人にとっては使いづらそう…。
ベッドにはカーテンが付いているのである程度プライベートが保たれるし
基本的に個別に電源もあり。
嬉しいことに朝食が無料で付いていてトーストとシリアルが食べ放題なので
いつも朝に腹いっぱい食べて、それで1日を過ごしていた…。
また、14人ドミの部屋は屋上に明らかに増築したような跡がある…(笑)
















そんなわけで今回ロンドンで泊まった宿の3件を紹介したんですが

最後にAirbnbで泊まった家の寝室をご紹介!!





P2360564.jpg

↑ 広々クイーンサイズのベッド!!(*´ω`*)

1泊3,000円くらいしたな~。
(治験会社が払ってくれた…)


俺もいつか自分のお金で

1泊3,000円の宿に泊まるような生活がしたい( ´Д`)=3 ハァーッ
















P2360579.jpg

↑ そんなわけで有意義に毎日観光もせずに

1人でスーファミの桃鉄ばかりしていたww
(99年プレイするのに20時間くらいかかる)


















※今日の1曲
Lucie、Too 『Lucky』

↑ YouTube流れます(注意)







俺は、映画『ミックス。』では主演の『新垣結衣』より
中国人役の『蒼井優』の方が好きだよ
っていう人もポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 6回目 イギリス | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/562-a9c1d14c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT