世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり一人は寂しいね‥

『06H』って番号のジプニーに乗りたかったので

待ってたフィリピン人にこのジプニーでいいか

どうか英語で聞こうとし『ゼロ・ロク・エイチ?』って普通に

日本語でロクって言っちゃったダメな男、ダイスケです。



















ホテルに引きこもってばかりだと流石に

『あの日本人、全然出かけないけどどこかの組織に狙われてるのかしら』

って噂が立っていたたまれなくなりそうなので、お出かけしてみた。









せっかくなので観光地っぽい所に行ってみたくなって

ネットで調べるとセブ島に『カワサンフォール』って滝があるらしい。





ここは陰な俺の性格も滝のマイナスイオンで少しはマシになる

かもしれないってことで行ってみる事に‥。









ホテルから歩いて30分ほどでバスターミナルに到着。


距離はそんなにないけど、日差しが暑くてなかなかHPが削られるな‥。

P2010262.jpg

↑ バスターミナルは結構きれい















P2010263.jpg

















P2010264.jpg

↑ バスもたくさん止まっている
















P2010265.jpg

↑ お腹空いた時用にお菓子を購入
















P2010267.jpg

↑ 陽気なおっちゃん達

















P2010266.jpg

















P2010268.jpg

↑ バスはもちろんエアコン無し‥
















P2010270.jpg

↑ 見た目はボロくないんだけどね‥
















P2010269.jpg

↑ 料金は126ペソ


バスの中に居る乗務員が行き先を聞いてくるから

場所を言うと切符を切ってくれる。



金額の所に穴が開くから分かりやすい。




















そして、バスに揺られること3時間。











ついにカワサンフォールに到着!!




よし、滝のマイナスイオンを浴びるぞーって思ったら

ただの道しかない‥。







どこにも滝ないよー(*´Д`)


って、愕然としてたらガイドを名乗る男が近づいてきて

『カワサンフォールにはガイド付きじゃないと行けないよ。

僕は公式のガイドだよ。』って言ってくるじゃないですか!?





怪しかったけど、100ペソだって言うから一緒に行くことに。


P2010314.jpg

↑ いきなりマッスルポーズをかますガイド

















途中、川とか橋とかあると

『写真撮ろうか?ここは撮影スポットなんだ』

って言ってやたら写真を撮ろうとする。

P2010274.jpg
















P2010273.jpg

↑ しょうがないので1人で撮ってもらう
















P2010277.jpg

















P2010276.jpg

↑ 川が超きれい


















そして、30分ほど歩くと1番目の滝が‥

(カワサンフォールには3つの滝がある)


平日だからか全然人がいない。

P2010281.jpg

















P2010278.jpg

↑ 静かでいい雰囲気だ

















P2010282.jpg

↑ ここでも写真を撮ってもらう(笑)



















P2010284.jpg

↑ 『上から撮るときれいだよ』って言って上からのアングルも撮る




















その後、10分くらいで2つ目の滝に到着

P2010287.jpg

↑ 2つ目の滝は小っちゃい‥




















そして、さらに5分くらいあるくと3つ目の滝に到着


P2010289.jpg

↑ きれいだけど1つ目の滝の方が大きかったな


















P2010294.jpg

















P2010296.jpg

↑ ここでは何人かがいかだに乗ってたり、飛び込んだりしていた


















ここまで歩いてめちゃ暑かったので

川に入りたかったが着替えとか水着を持っていないので断念



P2010293.jpg

↑ なんの像だろうか?

















P2010297.jpg

↑ 滝のそばにあったホテル
















P2010291.jpg

















P2010292.jpg

↑ そして、やっぱり1人で写真を‥(汗)



しばらくして、何にもやることがない事に気づいた2人は来た道を戻る。













P2010303.jpg

↑ 1番目の滝に戻ると観光客が滝の下に入っていく遊びをしていた。





いかだを借りるのにお金がいるからこれも断念‥

P2010305.jpg

↑ テーブルを借りるのにもお金がかかるみたい‥














P2010301.jpg

















P2010302.jpg
















P2010312.jpg

















P2010311.jpg

↑ それにしても、楽しそうだ‥


















さすがのガイドも『この日本人は1人で何しに来たんだろうか?』

と思っているだろう‥

P2010308.jpg

↑ 犬も『何しに来たワン!!』っと思っているのか

















P2010299.jpg
















P2010300.jpg
















P2010298.jpg

















P2010306.jpg

















P2010310.jpg

↑ ひたすら風景を撮るだけ‥

















やっぱり何もすることがないので帰ることに



って言うか、そもそも1人で来てる人いないな‥

P2010313.jpg

↑ 途中コテージのようなところも




















来るときに降りた場所で待っていると10分くらいでバスが来た

P2010317.jpg

↑ 帰りのバスは新しかった。エアコンはないけど‥















P2010316.jpg

















P2010318.jpg
















P2010319.jpg

















P2010320.jpg

↑ 途中の景色はきれいだけど、日差しが暑い‥
















P2010321.jpg

















P2010323.jpg

↑ 徐々に見慣れた景色に





そして、3時間かけて到着‥。










結論:カワサンフォールは

友達と来た方が楽しい!!





















※カワサンフォールへの行き方

カワサンフォール

セブシティのサウスバスターミナルの10番口、Badian行きのバスで約3時間。

バスから降りたら看板にカワサンフォールって書いてあるので

道に従って約30分歩くと1つ目の滝があります。

バスから降りるとガイドを名乗る人が来るけど

特にガイド無くても入れそうでした。





※カワサンフォール基本情報

入場料10ペソ

ガイド料金(必要な人は)

滝壷で遊ぶ場合は別途有料

テーブルやイス等を使う場合は別途使用料

水遊びする場合は水着・タオルを持って行く

滝のところに小さな売店があるが、値段設定は高めなので

飲み物や食べ物は予め用意して持っていく必要あり










※使ったお金
・バス(往復) 252ペソ
・ガイド料 100ペソ
・カワサンフォール入場料 10ペソ
・お菓子 35ペソ
・水+ご飯 100ペソ
・宿 350ペソ






※今日の1曲
HUSKING BEE 『THE SUN AND THE MOON』





いや、本当の楽しさは他人といる時よりも一人でいる時のことを言うんだよ
って言う孤独マスターの方は、ポチっとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| フィリピン | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/73-f86dfac9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。