世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボリビアって最初に聞いたら何かの技の名前かと思ったよ‥

リアルタイムでは、スクレの街でぶらぶら散歩したり

ネットしたりして、ニート並に何もしない日々を

過ごしている男、ダイスケです。



















前回、あぶなく搭乗拒否にあいアメリカに足止めになっちゃうかと

思いましたが、なんとか悪運強く飛行機に乗ることに成功。

(前回の記事 → 空港でまさかの搭乗拒否!?)





そして、アメリカ → エルサルバドル → ペルー → ボリビア

という、12時間の旅が始まる‥。

P2020102.jpg

↑ 航空券も3枚ぐみ


















俺が今回乗っているTACA航空っていう会社は

エルサルバドルに本拠地を置く中米最大の航空会社。





エルサルバドルってただ名前だけ聞くと

『どこやねん?』『“ル”を何回言うんだよ』って思うんだけど

中米にあるから北米と南米の中継地点で需要はあるらしい。


俺が乗ってた便も、結構の人が着いた空港で

降りず、乗り換えしていたし‥。


PC180451.jpg

↑ 空港も結構でかい
















今回もLCCではなく、通常の航空会社だったので

席もそんなに狭くないし、機内食も出た!!

PC180450.jpg

↑ アメリカ → エルサルバドル間で出た機内食
















PC180457.jpg

↑ エルサルバドル → ペルー間で出た機内食
















ペルー → ボリビア間は2時間しかなかったので

機内食は出なかったが、ドリンクのサービスはあった。


俺は、貧乏症なので無料の機内食は大好きッス。

(航空料金に入ってるんだけど、それは考えない‥)





南米に入ると、客層も金髪の欧米人から黒髪のスパニッシュだったり

肌の色が浅黒いブラジリアンが増えてくる。


言葉も英語だったのに、スペイン語に変わり

今まで10%くらいわかってた言葉(1か月英語勉強してたのに10%って‥)

が、全く何喋ってるのか分からなくなった‥(T_T)




あと、女の人が黒髪で目鼻がパッチリしていて、まーきれいだねww


金髪派と黒髪派に分かれると思うんだけど、俺は断然後者です。


ミスユニバースとかも中南米から出る事多いもんね!!


不安が多い中、楽しみが1つだけ増えました('ω')b




でも、おばちゃんとかを見ると昔きれいだったはずなのに

どこにいっちゃったの?って感じは万国共通なのか‥?









そして、ペルーからボリビアで乗り換えあと数時間で到着‥

P2020109.jpg

↑ 飛行機の外の景色も目に入らず‥
















午前1:00に3か国目のボリビア到着ーー!!

(乗り換えだった、エルサルバドルとペルーはカウントせず)



特に入国審査の時には黄熱病のイエローカードや

帰りの航空券の提示はありませんでした。


たぶん、出国チケットの提示はフィリピンの時もそうだったんだけど

航空会社側が自己責任のため見せるよう取り決めているんだと思う。

(自社の飛行機を使った人が不法滞在とかしちゃうと

面倒になるから、とかそういう理由だと思う)






あと、ボリビアは30日まではノービザで大丈夫だけど

それ以上いる場合は延長が必要になる。


普通は入国審査で30日のスタンプを押されるけど

前情報だと60日のスタンプを押してくれる場合もあるとの事。


俺は1か月以上ボリビアにいる予定だから

60日になっていると嬉しいなぁ‥。




そして、自分のパスポートを見てみると、‥30日。


‥チーン。




フィリピンの時みたいにオーバーステイしないように

忘れず、延長しなくちゃね‥(;^ω^)












そして、ここでのミッションは空港からラパスのバスターミナルまで

タクシーで移動して、スクレって街までのチケットを買う事!!


でも、それは明日の話‥






つまり、今日も空港泊です!!


『お前、宿紹介よりも空港紹介の方が多いんじゃないの?』

っと、おっしゃる気持ちはわかります。


フィリピンで3回。

アメリカで2回。

そして、ここボリビアで1回‥。




まあ、世界一周している人は節約のため空港泊なんて

普通にするとは思うんだけどね。


各、空港とも夜中でも掃除の人だったり警備の人だったりが

たくさんいるので下手に外に行くよりも安全なので結構おススメです。


でも、ぐっすり寝れないしシャワーも浴びれないので

不便は不便ですけどね‥。



あと、寝てる時とかトイレに行く時は荷物の管理は

しっかりした方がもちろん良いと思います。

















そして、ここラパスの空港でも1階の到着ロビーの横に進んでいくと

出発カウンターがあり、その前に椅子があるのでそこで寝れます。


でも、俺が探した限り電源がないので充電は難しいかも‥。


ちなみに、ちょっとした売店も何故か夜中の3時ごろから

開店してました。(24時間ではない‥)

P2020111.jpg

↑ ここの椅子で寝れます














P2020113.jpg

↑ 夜中3時から開くくせに24時間じゃない売店















P2020110.jpg

↑ そしてそして、南米を2回経由したにもかかわらず

無事に戻って来てくれたmyコロコロ!!















P2020114.jpg

↑ ボリビアっぽい民族衣装でお出迎え















P2020115.jpg

↑ 人形よりかわいい子供
















あと、ラパスの空港は標高が4000メートルもあり世界一高い所にある空港らしい。


標高4000メートルって、富士山より高いし!!





なので、空気が薄くなりほとんどの人が高山病になるとの事。


高山病とは:
高山では空気が地上と比べて薄いため、2400m以上の高山に登り
酸欠状態に陥った場合にさまざまな症状が現れる。
主な症状は、頭痛、吐気、眠気である。一般には1日後 - 数日後には自然消失する。
しかし、重症の場合は死に至ることもある。

↑ Wikipediaより引用








し・死に至るって(;゚Д゚)



ビビりの俺は日本で高山病の薬(ダイアモックス)を買い空港に着いたら

すぐ服用した。(それでも完全な予防ではないが)











でも、空港に着いてなんか頭痛いなって思ったら

めちゃ気持ち悪くなってきた‥。。。



いつもは空港で寝たり、ブログを書いたりするところ

昼前まで一睡もしないでベンチの上で、うんうん唸ってました‥(+_+)








『これが、旅初心者に対する仕打ちか、ボリビアさんよ!!』

と思いつつも、症状が治まるのを待つ。



高山病は酸素の取り入れる量が足りなくてなる病気だから

深呼吸をしてたくさん酸素を取り込むといいと聞いたので

朝になるまで、空気を吐いて吸っての繰り返し‥。





昼過ぎになって、やっと症状が治まってきたので

空港を出ることに‥。




ちなみに、出発ロビーの横にATMがあったので

そこで現金ボリビアーノをget!!

(ボリビアの通貨がボリビアーノって

日本で言ったらニホンエーンって感じになるのかなぁ)









空港の前に出るとタクシーの運ちゃんが

『乗ってかない?』っと言ってくる。


値段を聞くと60ボリ(800円ちょい)との事。


事前にネットで調べたら8ドルから10ドルって言ってたからこんなものか。


しかも、俺はバスターミナルまでって言ったけど値段変わらないし

メーターもなかったから、空港から市内の何処に行っても

60ボリの定額なんじゃないかな??




でも、タクシーの運転手はライセンスを持っているか(首から下げている)

車にはタクシー会社の電話番号が書いてあるかとか

チェックした方が良いと思います。








ラパス

↑ ラパスの街。

すり鉢状になっていて、上の方にある空港から下の市内に降りていく。
















だいたい、30分くらいでバスターミナルに到着。


タクシーの中で、日本人だよって言ったら

ウユニに行くか?って言われた。


もう、ボリビアの人も日本人がウユニに好きって知ってるのかな?









そして、全く分からないスペイン語の中

こっから一人で無事にバスのチケットを買うことが出来るのか?


アビリティは開き直りで、武器はスペイン語の指さし会話帳だけだぞ!!







次回、『ラパスからスクレ 14時間のバスの中で』で会いましょう!!











※使ったお金
・水 2ドル
・タクシー 60ボリ
1ボリ=約15円






※今日の1曲
THE STAND UP 『果てしなく遠い空に』






俺は、家の2階に上っただけでいつも高山病になるよっていう
虚弱体質の人は、ポチっとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ボリビア | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imatabi.blog.fc2.com/tb.php/85-3cf1a121

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT