世界一周!旅してゴメン!!

海外来てまで漫画とかゲームとかやってる、社会不適合者な男のダメダメなブログ。(2013年11月2日出発)

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二回 ロンドン治験日記

リアルタイムではイギリスのピーターバラにいます。


この前お金を増やそうとドックレースに行ったら

見事にお金を減らして帰ったきた男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『5ヶ月いたイギリスでの移動手段…』について書いたんですが

今回は『第二回 ロンドン治験日記』

について書いていきたいと思います!!






みんな『吹石一恵、関西ローカル番組のナレーションで仕事復帰…

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(吹石一恵といえば映画『手紙』の金持ち令嬢の役が好きでした。)





※前回の記事 ↓↓
・5ヶ月いたイギリスでの移動手段…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-533.html















今回イギリスに来た理由は『ロンドンの喧騒』を見に来たわけでも

『エールビール』を飲みに来たわけでも

『ハリーポッターの聖地巡礼』をしに来たわけでもありません!!




貧乏バックパッカーや社会不適合者の味方


『治験』 をしに来たのです。



Wikipedia先生によると『治験とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して
医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである』

と書いてありますが、早い話が製薬会社が新薬のためにする臨床実験

もっとざっくり言うと薬を飲んでお金をもらおうってやつね…笑








前回、2015年の年末に来て今回2016年の5月に来てるから
(このブログはタイムラグがあります…笑)

半年してもう戻ってきたことになります。





そんな訳で『第二回 ロンドン治験日記シリーズ』を始めたいと思います。

(^ー゚)ノヤッタ♪(ー゚ ノ)クル(゚ ノ)クルヽ() クル( ゚ー)クル(゚-^v) ブイ♪












◆イギリスにある治験施設

・UK治験   http://www.ukchiken.com/
・HMR    http://www.hmrlondonchiken.com/
・リッチモンドファーマコロジー  http://www.trials4japanese.co.uk/

俺が調べた日本人対象に行っている施設は3つで
今回受けたところは『UK治験』というところです。












◆登録の仕方

上に張ってある治験施設の各URLからサイトに飛んで
『ボランティア登録』のところから名前、住所、電話番号、メールアドレスを入力すると
治験会社からメールで連絡が来ます。

その後、自分のやりたい治験(募集内容)があれば
再度該当の治験会社にメール(電話)で問い合わせてみると良いでしょう。

またこのブログを見て治験に登録される方は是非

『橋詰 大輔』から治験のことを知ったと伝えてくださいm(_ _)m












◆治験参加までの流れ

(ここではUK治験の一例を公式HPから紹介)


1、治験の募集内容を確認します。
治験は目的に応じてそれぞれの募集基準がありますので
年齢や性別、新薬の内容と程度、喫煙者であるかどうかや病歴などを確認します。
基準を満たせれば、治験に参加する事ができます。
治験参加は「治験ボランティア登録」にてご登録をお願いいたします。
ご質問や興味に関してはメールでお伝えしていただき、担当者の返事をお待ちください。


2、治験施設で詳しい説明を聞く。
専門医師や治験コーディネーターから治験の目的や安全性、新薬の特徴など
文書を使って詳しく説明を受けていただきます。
また、疑問に思われる事は何でも医師に聞いてご確認ください。


3、健康診断を受ける。
試験前に治験会社指定の診療所にて健康診断を受けていただきます。
医師の診断の結果により、治験参加の合否が確定します。
なお、健康診断に関する料金は無料です。


4、同意書にサインする。
説明に用いられた文書をじっくり読み、自分自身が治験について理解し
参加する事に納得できれば、同意書にサインをしてください。
もちろん、同意できなければ断ることもできます。
また、同意書にサインした後でも取りやめる事もできます。


5、治験に参加 する。
治験を担当する医師から治験に関する詳しい説明があり、診察や検査を受け
治験の参加基準に合うかどうか確認します。
医師の判断で参加できるとされた場合であっても
ご自身の自由意志のもとに参加するかどうかを決定できます。
治験の種類によっては通院の回数や期間が異なります。
治験に参加中は薬(治験薬)の決められた用法用量をお守りください。
万が一、体調が悪くなったりした場合には、すぐに専門医師と相談し
その場で辞退する事もできます。
治験薬との薬効や安全性などのデータを比較するために用いられる
偽薬(成分はショ糖など)を用いる事があり、これが治験薬なのか偽薬なのかどうかは
参加者ご自身はもちろん医師にも知らされません。


6、治験終了
終了と共に謝礼金(協力費)を受け取れます。
治験終了後も参加者の個人情報は厳密に管理されます。
まとめられた治験データは製薬会社から厚生労働省に申請され
承認が出れば薬として売り出されます。
なお、治験後も治験会社や専門医師と連絡を取る事ができ
相談を受ける事ができます。














◆治験の内容

・『多発性硬化症』の薬 (点滴にて投与)












◆治験の日程

・2016年6月2日~2016年9月26日まで
(事前検診から事後検診まで)

医師の指示があれば延長や再検査もある。












◆日程の内訳

・事前検診 1回
・入院   3泊4日×2回
・外来訪問 6回
・事後検診 1回

検診、入院、外来の時間以外は自由なので
その間は観光するなり他の都市に行くなり自由。
入院している時以外は基本的に自分で住むところを確保しないといけないが
治験側が宿なり施設なりを手配してくれることもあり。












◆入院している時にやってること

・1日目 問診、心電図、血圧、検尿
・2日目 投薬、採血、血圧
・3日目 採血、血圧
・4日目 採血、血圧、問診

問診は英国人のドクターに英語でされますが
分からなかったら日本人スタッフが来て通訳もしてくれます。












◆何回くらい採血をするのか

・1日目 1回
・2日目 6回くらい (カニューレをしている)
・3日目 2回
・4日目 1回

2日目(薬の投薬日)は少し多いですが
他の日はほとんど採血がないので気分が楽です。












◆入院時の食事(うろ覚え…)

・1日目 昼:サンドイッチ、ジュース 夜:からおげ、ボイルした鮭、味噌汁、フルーツ
・2日目 朝:パン、シリアル、牛乳 昼:カレーライス、フルーツ、ジュース
 夜:サーモン丼、味噌汁、フルーツ 夜中:ポテトチップスorリンゴ
・3日目 朝:パン、シリアル、牛乳 昼:豚の角煮、フルーツ、ジュース
 夜:海鮮丼、味噌汁、フルーツ 夜中:ポテトチップスorリンゴ
・4日目 朝:パン、シリアル、牛乳

ここの病院は日本人向けのケータリングを行っており
ご飯がめちゃくちゃ美味しかった。
本気でこのご飯を食べるためだけに入院してもいいと思った。












◆入院時に持っていくと良いもの

パスポート、スマホ、PC(タブレット)、本、着替え
歯ブラシ&歯磨き粉、シャンプー、スリッパ

入院中はとにかく暇なので暇つぶし道具を持っていくといいでしょう。
逆に食べ物類や常備薬等は持ち込めないので注意。












◆施設の設備について

・フリーのwifi
・ベッド脇に個別の電源
・シャワー
・トイレ
・タオル
・ウォーターサーバー

◇リクリエーションルームにあるもの
・TV
・PC
・小説(日本語の本もあり)
・ビリヤード
・ダーツ
・トランプ
・ビデオゲーム機(パックマンとかの)
・ガンシューティングゲーム
・プレイステーションやX-BOX(受付に言えば貸してくれる)

ここのリクリエーションルームはビリヤードとかもありかなり充実している。
ゲーセンに置いてあるようなガンシューティングの筐体を見た時はビビった。
wifiもそこそこ速いが、ルーターでのセキュリティが入ってて
いくつかの動画サイトが見れなかった。












◆禁止事項

・激しい運動
・喫煙
・3ヶ月以内の献血
・3ヶ月以内の薬の採取(風邪薬やサプリメントを含む)
・48時間以内のカフェイン
・48時間以内のアルコール
・48時間以内の柑橘類













◆謝礼金

・3710ポンド(約48万円)

数回に分けての支払い。
病院で小切手をもらいそれを銀行で換金する。












◆補助金(謝礼金以外にもらうお金)

・海外交通費 エジプト⇔イギリス間の往復
・国内交通費 100ポンド

交通費は完全に個別対応でした。
極端な話、ブラジルから来て日本に帰ることも治験側が認めれば可能です。













◆参加条件

・国籍 日本人(両祖父、両親ともに日本人)
・年齢 20歳から65歳まで
・体重 50kg以上でBMI値が18.5~35の範囲内
・喫煙 1日の喫煙数が10本未満
・飲酒 摂取量が週28ユニット未満
・その他 現在薬を服用していないこと
     食品、薬物アレルギーがないこと
     3ヶ月以内に治験に参加していないこと












◆今回治験に受かった人の傾向

・やや痩せ型
・20代から30代前半が多かった
・ワーホリなどでロンドンに在住している人が多いい
・ロンドンの治験は全員初めて(違うグループにはリピーターの人がたくさんいた)

今回受けた治験は4ヶ月と長期だったので、旅行組よりも滞在組の方が多く
女性も可だったため半分くらい女性治験者だった。













◆倍率
(募集に来た人の中で実際に投薬に至る人)

・1回目 18人中の10人 → 不合格
・2回目 3人中の1人 → 合格

病院側は確実に◯人投薬するって目的があるので
体調不良なども加味して1.5倍から2倍くらいの人を呼んでおきます。
なので実際はイギリスに行っても受けれないことも多々あり…。
(日本の治験も同じですが…)
俺は1回落ちて、次に欠員が出たところで受かりました。
なぜ倍率の高い2回目の方で受かったのかは謎です…。
その治験に最適な数値の人が選ばれるようなので
ある程度健康な人ならあとは『運』といったところでしょうか?











◆治験の良いところ

・謝礼金が高い
・航空券代が補助されることもあるので、無料でイギリスに来れる
・宿泊施設も用意してくれることもあるので、無料でイギリスに住める
・長期間同じように拘束されるので友達ができる(かも…)
・一応、臨床実験なので医学の役にたっている












◆治験の悪いところ

・副作用などの危険性がある
・拘束時間が長い (今回は約4ヶ月)
・入院している間はとにかく暇
・喫煙できない(薬の種類による)
・アルコールやカフェインが取れない
・採血されまくる
(採血自体も嫌だけど
貧血になったり針を刺したところが青アザになったりする事もある)
・楽してお金をもらうと働くのが嫌になる…












◆今回治験をしてみて

前回治験した時に『また来ることもあるかもな』って思ったけど
まさか半年後に来るとは思わなかった。
ワーホリにも行けなくてお金を稼ぐ方法がない多くの
おっさんバックパッカーには魅力的だし
日本からも無職のニートたちがわんさか来てました…ww
さらに航空券まで出してくれて、物価の高いイギリスで
長期間住むところも用意してくれるなんて言ったら
どんな予定があっても馳せ参じちゃいますからねっ!!
今回は当初2ヶ月の治験に参加予定だったんですが
その治験に落ちて欠員の出た4ヶ月の治験に参加しちゃったものだから
終わるのが10月と、かなり最初の予定とはズレてしまったので
時間に余裕がない人には勧めできません。
あと男性に比べて女性の募集は数が少ないので
男女ともの募集があった時は倍率が高くなります。

時間はあるけどお金がない健康な男子諸君は今すぐチェック!!!((φ(-ω-)カキカキ
















※今日の1曲
FOR NEW ARRIVALs 『THE DIE IS CAST』






俺は『吹石一恵』っと言ったら『ロッカーのハナコさん』より
『新選組!』の方が好きだよ、っていう人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 治験のまとめ | 06:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5ヶ月いたイギリスでの移動手段…

リアルタイムではイギリスのピーターバラにいます。


とりあえず、PCで漫画読んで動画見てたら3週間いつの間にか経っちゃいました。

もう歩いて10分くらいのスーパーに行くのも面倒くさい男、ダイスケです…。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『5ヶ月いたイギリスで食べた料理…』について書いたんですが

今回は『5ヶ月いたイギリスでの移動手段…』

について書いていきたいと思います!!






みんな『ゴジラ史上初・劇場版3部作に…

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(ゴジラといえばゴジラvsビオランテを思い出す俺は立派なオッサンです)





※前回の記事 ↓↓
・5ヶ月いたイギリスで食べた料理…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-532.html













イギリスは日本と並ぶ物価高な国…。


地下鉄に乗ろうものなら初乗り400円くらいしちゃいます…(ノД`)シクシク




今回はそんなバックパッカーにとってファッキューなイギリスでの移動手段をご紹介。









その1

megabus





5.jpg

↑ この黄色いおっさんがイメージキャラクターなんだけど、全然可愛くない…。
















news_20161017200146-thumb-645xauto-96480.jpg

↑ 東京メトロの『駅乃みちか』ちゃんを見習えよ!!


あいさつが『こんみちか♪』だからねー。

そこにシビれる!あこがれるゥ!
















そんなイメージキャラクターがキモいmegabusですが、めちゃくちゃ安いことでも有名。


早めに予約したら6時間位の距離でも3ポンド(約400円)で行けちゃいます。



ほぼ地下鉄の1区間と一緒…。



まさにバス界のライアンエアー。


コンビニで言ったらセイコーマートレベルです!!












そんなセイコーmegabus、バスステーションで直接チケットを買うことも出来ますが

もちろん事前にネットで購入した方が断然お得。







買い方はと言うと



キャプチャ

↑ ますはmegabusのHPで

『人数』『国』『出発地』『目的地』『日時』を入力してSearchをクリックします

















キャプチャ1

↑ 次に時刻表が出てくるので、買いたい便を選びます
















キャプチャ2

↑ そうするとバスケットに自分の買ったチケットが入っているので

How did you hear about megabus.com? (メガバスを誰から聞きましたか?)

の質問に答えて、pay for journeyをクリック。


megabusは0.5ポンドの手数料が取られます!

ファーック!!(`△´#)凸
















キャプチャ3

↑ そして最後にクレジット情報を入力して完了。


登録したメールアドレスにバウチャーチケットが送られてくるので、印刷しておきましょう。

乗る時にドライバーにスマホ画面を見せるだけでも大丈夫でした。


でもロンドンのVictoriaコーチステーションから出発する国際バスは

1度カウンターに行って発券してもらわないといけないらしいので

時間ギリギリじゃなくて、早めに行きましょう!!




















その2

nationalexpress




National-Express-coach.jpg

↑ nationalexpressはMegabusほど安くないけど

路線が細かいのでMegabusが走ってない場所に行くことが可能。

あとデザインもスタイリッシュ?
















キャプチャ4

↑ 買い方はnationalexpressのHPで『出発地』『目的地』『日時』を入力してFind
















キャプチャ5

↑ 時刻表が出てくるので乗りたい便を選択。

ちなみにMegabusの最安値が5ポンドだったから、nationalexpressの方が少し割高。
















キャプチャ6

↑ 選択すると右側に選択した便の料金が出てきて

フレックスタイプにするかとのオプションを付けるか聞いてきます。


ちなみにnationalexpressの手数料は1ポンド…。

高すぎっしょ!!( ゚皿゚)キーッ!!
















キャプチャ7

↑ 次の画面でさらにオプションを聞いてきます。

だからいらないってば!!
















キャプチャ8

↑ 次に発券方法を聞いてきますがここはe-Ticketを選択。

そして下に自分のメールアドレスを入力しておきましょう。
















キャプチャ9

↑ 次に搭乗者の情報を入力します。

住所は日本の住所で問題ありません。


そして次のページでクレジットカード情報を入力して終了。



Megabusと同じようにバウチャーチケットが送られてくるので保存しておきましょう。

こちらも乗る時にドライバーにスマホ画面を見せるだけで問題ありませんでした。





















その3

nationalrail



最後はバスより高いけど、快適で速い電車を紹介。




august-30-02.jpg

↑ イギリス全土をほぼ網羅している、イギリス版のJRみたいなもの。
(イギリス国鉄から民営化されたみたい)


















キャプチャ10

↑ nationalrailのHPで『出発地』『目的地』『日時』を入力します


















キャプチャ11

↑ 次に時刻表が出てくるので乗りたい便を選択します。


それにしてもバスだと5ポンドだったのに電車だとなんと82ポンド!!



ブルジョアですか!?

貧乏人は電車に乗ってはダメなんですか!?
















キャプチャ12

↑ そうすると次にvirgintrainsってサイトに飛びます。

nationalrailがJRだとすると、virgintrainsはJR東海みたいなもの。

ここで席のタイプを決めて次に進みます。
















キャプチャ13

↑ virgintrainsは登録しないとチケット買えないみたいなので

初めての場合は『New customer』を選択。


2回目からはここでメールアドレスとパスワードを入れるだけ。
















キャプチャ14

↑ メールアドレスや名前を入力
















キャプチャ15

↑ ここで発券方法を選択。

『e-ticket』もあるけどオススメは『FastTicket』。


コレは乗車駅に置いてある発券機で発券する方法。

簡単だし、ペーパーで出てくるのでe-ticketより分かりやすい。

注意点として、発券するのにチケットを買った時に使ったクレジットカードが必要!!
















キャプチャ16

↑ そして最後にクレジット情報を入力して購入。


購入後、登録したメールアドレスにパスワードの記載がしてあるメールが届くので

当日に搭乗駅で発券すればOK!!


















大体、イギリスの国内移動(都市間)だったらこの3つで行けます。


値段はMegabus < nationalexpress < nationalrail。

乗り心地はもちろんその逆ですけど…(;´∀`)









物価の鬼高なイギリスですがネット予約を使えば安く移動することも出来るので

イギリス旅行に勤しみましょう!


まあ俺は5ヶ月いてどこにも行かなかったんですけどね…(。・ ω<)ゞテヘペロ♡
















※今日の1曲
イトヲカシ 『堂々巡リ』






俺は『JR東海』より『大井川鐵道』の方が好きだよ
っていう『鉄ちゃん』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 3回目 イギリス | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5ヶ月いたイギリスで食べた料理…

リアルタイムではイギリスのピーターバラにいます。


ちょっと2度寝してから『さあって、そろそろ起きるか』って

思って時計見たら昼の3時でした… (* ̄- ̄)人 i~チーン

って現象が週7で起きているクソニートな男、ダイスケです。








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『5ヶ月いたイギリスの街…』について書いたんですが

今回は『5ヶ月いたイギリスで食べた料理…』

について書いていきたいと思います!!






みんな『極楽とんぼの山本 復帰後初のレギュラー決定!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(昔、めちゃイケでやってたスモウライダーが好きでした。)





※前回の記事 ↓↓
・5ヶ月過ごしたイギリスの街…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-531.html













さて『イギリスで食べた料理』っと言っても

自称貧乏節約家バックパッカーな俺は外食なんてもってのほか!!



ただでさえなんの変哲もないフィッシュアンドチップス

2000円近く取る暴利のイギリスなんかで

外食したらエリザベス女王が何人いても足りません。
(日本で言うところの福沢諭吉さん)



dd9d6709976e046e4a634829af4fe6fdd7eef615_p.jpg

↑ かと言って美味しいかといえば

レモンとかビネガーの味しかしないんですもの…(ノД`)シクシク


















なので、もっぱら家(ハウス)で自炊をコツコツしてました。


同じ入居者の人も外食は高いのでもっぱら自炊。



夕食時になると良い年した野郎ども(ほぼ無職)が

キッチン待ちで待機している姿はなんとも哀愁が漂っています…ε-(´∀`*)ホッ




駄メンズ好きの女子の皆さん、こっちに大量の駄メンズが生息してますよーー!!














イギリスの倉田真由美はいませんでしたが

今回は俺がコツコツ作った料理の数々をご紹介!!
(↑ コレのどこに需要があるんだろうか?)




目指せ『食戟のソーマ』!!

どこにいるんだ、俺の『薙切 えりな』は!!



900.jpg

↑ 俺もブロンドのお姉ちゃんに罵られたい…(*´д`*)ハァハァ

















最初の方は何人かと一緒に作っていたので

サラダ、スープ付きというオシャンティなご飯でしたが

後半は一人の時が多かったので

その時は、ご飯+おかずのみというような漢(オトコ)飯になっていました。



P2320040_201703250809130cb.jpg

↑ オシャンティ時代のご飯。

卵とトマトのサラダが付いてて、おっしゃれ~♪♪


















14908330_983359088477145_8873942927177817248_n.jpg

↑ 漢(オトコ)飯時代のご飯…。


カレーのみという潔さ!!


















ではここはエジプトでシェア飯してた時のように

ランキング形式でお送りしたいと思います。
(『誰も求めてないよー』っていう意見はお口にチャックですよー)



※エジプトの時の記事
シェア飯は一日にしてならず~ランキング編 その壱~
















第5位

肉じゃが




P2320041.jpg

↑ 鶏肉の次にひき肉が安かったので、ひき肉を作った料理もたくさん作りました。

ちなみに醤油は150mlで0.7ポンド(約100円)くらいで売ってます。



















第4位

お好み焼き





14568080_983359248477129_4414927075470591198_n_20170325072922275.jpg

↑ これはキャベツが大量に余った時に作った料理。

ノーお肉だったので1枚20円という高コスパの割には美味しかったです。


















第3位

ミートスパゲティ





14572936_983359911810396_8264945436242494148_n.jpg

↑ 前日ハヤシライスを作ったので

その残りのデミグラスソース(っぽいやつ)でミートスパゲッティを作ってみた。


自分の中でチャレンジした料理だったけど、思ったより上手く出来た。

やればできる子ね俺は!!


















第2位

和風ハンバーグ





14910429_983359971810390_2308889672851795496_n.jpg

↑ TESCOの裏の市場で大根が売ってたから買っておろしてみた。


日本のやつより筋があって若干硬かったけど

食べてみたら懐かしい味がしました。


















第1位

マカロニグラタン





14732160_983359195143801_5788604301160066874_n.jpg

↑ 住んでいた家にオーブンがあったので途中からオーブン料理にハマった。


小麦粉をバターで炒めてからホワイトソース作って~

下に茹でたマカロニひいて~

上にチーズをかけてオープンで焼くだけ~♪♪


オーブンの火力が弱いのか30分以上かかったけど、結構美味しかった。



















番外編 その1

バーベキュー





14581517_983356508477403_6113509085153532927_n.jpg

↑ 小屋にグリルコンロがあったので、庭でバーベキューをしてみた。


肉と野菜を焼いたが、全員『野郎』だったので

ほとんど野菜は食べずにみんな肉ばっかり食ってた。

やっぱり男子はお肉が好きだね!!


















番外編 その2

日本食屋





C360_2016-09-26-14-16-49-843.jpg

↑ ある日、お世話になってる人が

なんと、ご飯奢ってくれるということで日本食屋に行った。
(ここぞとばかりに高めのお店をチョイス…笑)

















C360_2016-09-26-15-22-34-399.jpg

↑ 作ってる人は中国人だったけど

WASABI』とかいうなんちゃって日本食よりかは、全然日本っぽい作りになっていた。


















C360_2016-09-26-14-35-12-551.jpg


↑ ジャジャーーン!

まさかのウナギ登場!!





4年ぶりくらいにウナギを食べた気がする…。

たぶん『すき家』くらいのクオリティなんだけど、めちゃくちゃ美味くて感動した。

















C360_2016-09-26-15-17-11-972.jpg

↑ 最後にデザートまで頂いちゃいました…(*ノω・*)テヘ

























そして、イギリスを出る最終日にちょっとしたパーティーも♪♪



P2320099.jpg

















P2320100.jpg

↑ ピザとグラタンとコカ・コーラって欧米感でてるね^^

















14572276_1132929743457397_4811287051707731643_n.jpg


みんなおつかれさまでしたー!!

















そんなわけで5ヶ月いたイギリスで外食したのは日本食屋の1回だけでしたが

ハウスにあったキッチンがしっかりしてたし

一緒に住んでた人たちも良い人ばっかりだったので、自炊も結構面白かったです!



是非イギリスに来た際は

フィッシュアンドチップスじゃなくて自炊に挑戦してみては( *'ω' )b グッ☆.
















※今日の1曲
odol 『years』






俺は『フィッシュアンドチップス』より『フィッシュランド』の方が
好きだよ、っていう『釣り好き』な人はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 3回目 イギリス | 08:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5ヶ月過ごしたイギリスの街…

リアルタイムではハンガリーのブダペストにいます。


気づいたらブダペストの管理人生活も2ヶ月が経っちゃいました。

毎日、漫画読んだりDVD見たり掃除したりシーツ替えたり忙しいですww








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『5ヶ月いたイギリスで唯一した観光…』という記事を書いたんですが

今回は『5ヶ月過ごしたイギリスの街…』

について書いていきたいと思います!!






みんな『清水富美加 宗教法人「幸福の科学」に出家!!

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
("清水"って言われてすぐ思い浮かぶのが"清水 美砂"な俺は
立派なアラフォーになりました、お母さん…。
ポッキー四姉妹物語懐かしいな…。)





※前回の記事 ↓↓
・5ヶ月いたイギリスで唯一した観光…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-530.html













今回(と言っても去年の5月の話ですが…)イギリスに来たのは

観光でも治験でお金を稼ぐため。


治験についての詳しい情報はこちらを参考に ↓
・ロンドン治験日記 その1~7











治験内容によって、自分で宿を確保しないといけない場合や

病院内のベットをずっと使える場合もありますが

今回は施設側が用意したハウス(一軒家)に住むことになりました。






詳しい場所とかは言えませんが

ロンドンから電車で1時間半ほど行った街にあります。



P2320028.jpg

↑ イギリスの電車は快適だけど

値段は2000円くらいして全然快適じゃない…。

















この街自体は、大きくもなくそれでいて田舎過ぎない程度で住みやすかったです。


子どもたちが手を離れて、老後になったらこういう街に住みたいですね。



って私!子供いないんですけどーー!!



thumbnail.jpg

↑ ブルックさんのポジティブさに憧れます

















観光するほど見るものもないけど、少し街中をお散歩。




P2320062.jpg

↑ 中心の広場にはエリザベス女王の写真。

みんなエリちゃん好っきゃなーww

















P2320044.jpg

↑ その前にあった大聖堂は

思ったよりも大きくて驚きました。
















P2320065.jpg

↑ 中のステンドグラスもきれい
















P2320050.jpg

↑ イギリスはいろんな人種、宗教の人がいるのでモスクもあります


















観光はコレくらいで、引きこもりバックパッカーのみなさんお待ちかね

次はマーケット(買い物)特集です。




沈没型の旅人にはきれいな教会よりも、壮大な山々よりも…

安い商品が置いてあるスーパーの方が重要ですから!!




重要ですから!!








大事なことなので2回言いました。








P2320059.jpg

↑ イギリスのスーパーマーケット界におけるセブンイレブン的なTESCO。


ここはコンソメとかシリアルとかのプライベートブランドが安い。

あと、夕方にある見切れ品が恐ろしいほどのまでの値引き(9割引とか)

をしている時があるので、用事がなくてもついつい寄っちゃう…。

















P2300918.jpg

↑ なんでも揃っている庶民の味方ASADA。


ここは郊外にある大型スーパーで

食品以外にも洋服とか雑貨とかいろいろ売ってる。

品揃えもあり値段も高くないが

場所が家から1番遠いので(片道10分くらいだけど…)、行くのが結構めんどくさい。


















P2320051.jpg

↑ 成城石井的なちょっと小洒落たスーパーWaitrose。


ここは駅前にあって、いつもの動線から外れてるし

置いてるものもちょっと高級志向なのであんまり行かない…。

でも、たまに値引きやってることもあるので忘れず小まめにチェック要!!

















P2320052.jpg

↑ 貧乏人はここに行けLiDL。


品揃えは悪いけど、野菜とか肉がこのエリアで1番安い。

週替りの特売品があるので、広告を見て上手く買えばかなり安く済む。

でも、同じハウスの人と会った時に

カゴの中が特売品ばっかりだとなんか気まずい…。
(治験者あるある)

















P2320068.jpg

↑ 日本の食材が欲しい時に頼りになるアジアンショップ。


ここは中華系の店だけど、日本米とか味噌とか売ってて

日本食が恋しくなった時に行くといい。

出前一丁も45ペンス(約60円)で売ってた。

















P2320060.jpg

↑ スーパーで売ってないような野菜や魚介類が欲しいという

本格派自炊バックパッカーの人にはこちらローカルマーケット。


ここはTESCOの裏にあって、精肉店や青果店が入ってる。

値段はスーパーと同じかやや高め。

服屋や雑貨屋とかもあるので暇つぶしにもなる。


ちなみに俺は入院前に血を作ろうと

ここでレバーとほうれん草をこっそり買っていたのはここだけの話…(*ノω・*)テヘ


















P2320061.jpg

↑ イギリス版ダイソーことPoundland(通称1ポンドショップ)。


ダイソーみたくいろんなものが売っていてめちゃくちゃ重宝する。

オススメは1ポンドブリーチ(髪を染める用)で

たった130円でパツキンのイケメンになれる優れものだ!!

引込み思案な君もこれでクラスの人気者になること間違い無し!!


















P2320102.jpg

↑ さあ、レッツ トライ!!


















そんな感じでどうでしたか、アド街ック天国イギリス版は?


もうここに来ても安心して自炊が出来ますね♪♪


皆さん一緒に…


『ブラボー!!』








20060926000134.jpg

↑ グーグル検索したら意外とミスター味っ子の

ブラボーおじさん(須原椎造:すばらしいぞう)の画像が無かった…。

そんなに人気なかったのかな?

















o0400028813115834208.png

↑ ちなみに俺のオススメはコーロギです 笑)
















※今日の1曲
ルネッサンス情熱






俺は『味皇(村田源二郎)』より『味将軍(村田源三郎)』の方が
好きだよ、っていう『味っ子』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 3回目 イギリス | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5ヶ月いたイギリスで唯一した観光…

リアルタイムではハンガリーのブダペストにいます。


正月から20日ほど過ぎましたが、時間が無尽蔵に存在する「ニート」にとっては

20日なんていうのは、少年時代の2時間くらいにしか満たないのだよ!!

『ボハハハハ――ッ!!』 byドン・観音寺さん(BLEACHより抜粋)


そんな訳で、改めて『あけましておめでとうございます!!』








現在、ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると俺のやる気が出て
奇跡的にブログがもっと面白くなるかもしれません。
慈善活動の一環だと思ってlet's click!!↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















前回の記事では『エジプトの次に行った国とは…』という記事を書いたんですが

今回は『5ヶ月いたイギリスで唯一した観光』

について書いていきたいと思います!!






みんな『キンコン西野、2000円の自身絵本を無料公開

の方が気になるかと思いますが、頑張ってブログを読んでくださいましm(_ _)m
(キンコンって言ってもキングオブコメディの方じゃないよ。
梶原はブルマとか盗んだりしないからねっ!!)





※前回の記事 ↓↓
・エジプトの次に行った国とは…
http://imatabi.blog.fc2.com/blog-entry-529.html













前回ブログの記事を書いてからちょうど1ヶ月が経過してました。


特にこのハンガリーで何するわけでもなかったんですが、なんかダラダラと

年末の「笑ってはいけない」や「スマスマの最終回」を見たり

「ONE PIECE」、「こどものおもちゃ」、「進撃の巨人」、「3月のライオン」…

なんかを読んでたら、いつの間にか1ヶ月過ぎてました 笑。


ブログの方にも1ヶ月以上記事を書いてないと現れるアイツが

ついに表示されちゃいましたよ…(´・ω・`)



キャプチャ1

↑ えっ、月30万以上稼げるの!?

早速、俺も登録してみようかな…?
















キャプチャ3

↑ ここの転職サイト使ったら

右下のお姉さんのいる職場でオフィスラブ出来るカナー?














そして、ブログランキングの方も


145位ーーーー(๑°Д°).∴ブハッ



キャプチャ2

↑ 1位の金丸さんとか雲の上のそのまた上です!!
(例えるならカリン塔の上の神様の神殿くらい…)

















これから、抱腹絶倒な記事を書いてくんで夜露死苦ッ!!

『抱腹絶倒』って似てるけど、雪代縁の『虎伏絶刀勢』の記事じゃないよ!



20140821132008e3f.png

↑ 30代前半の男子なら誰もが1度は真似した「狂経脈」。

今思えば中二病全開な技だったなー。

















そんな訳でブログ界の『和月伸宏』を目指す

ダイスケのオモローなブログが始まるよー!!



良い子の皆んな、『徳井義実のチャックおろさせて~や

見るのを止めて、パソコンorスマホの前に集まれー!!










って、全然本編に触れてない…。

こんなんだからランキング上がんないのね…(*ノω・*)テヘ


ついてこ~い!!(by 佐久間一行)


















今回のイギリスに来たのは3回目でもちろん理由としては

観光でもなく、友だちに会うわけでもなく、イングリッシュティーを飲みながら

プティングやスコーンをかぶりつきに来たわけでもありません。


なので、計5ヶ月(2016/5/1~10/1)いたけど、全然観光しませんでした。


そんな、NO KANKOU NO KANOJOな俺でしたが

1日だけ、観光した都市がありました。


それがイギリス第三の街『リーズ』です。










リーズはイングランドのウェスト・ヨークシャー地方にある人口75万人の街。


ロンドンからは電車で2時間ほどで、街にはたくさんの大学があることで有名。




キャプチャ

↑ 場所はリバプールの東。

リゼンブールの東に行っても何もないので注意!!

















P2320033.jpg

↑ 駅から降りて右に行くとAlbionストリートという歩行者天国があり

両脇には大きなショッピングモール、デザイナーズショップが並んでたので

買い物好きのブランド狂いのOLにはオススメです。
















P2320058.jpg


















P2320057.jpg

↑ これはヴィクトリア クォーターという

造りがめちゃくちゃオシャレでゴージャスなショッピング街。


駅前の方のトリニティ リーズっていうモールは結構若者向けでした。

















P2320031.jpg

↑ ショッピングモールの隣にあるHoly Trinity教会

















P2320032.jpg

↑ これも博物館みたいな外観だけど

『leeds corn exchange』っていうショッピングモール。


1862年に穀物取引所として建てられたからこんな名前になったんだって。

物知りダイスケ博士のひと口メモじゃぞ!

















P2320034.jpg

↑ これは駅前の『City Square』と、どどーんと建ってる銅像


















P2320035.jpg

↑ そしてこの『City Square』を真っすぐ行ったところにあるのが

リーズのシンボルでもある『タウンホール』。


ヴィクトリア朝の建物で、てっぺんには大きな時計があり

現在は主にコンサートホールとして使われてるそうです。


















P2320046.jpg

↑ リーズ市の本庁舎になっている『シヴィック ホール』。


この前は広場になっていて、トライアスロン大会の時や

EURO2016の時にはたくさんイベントもやってました。



















P2320056.jpg

↑ 歩いてたら見つけたおしゃれな建物群。

あとで調べたら『リーズ・ゼネラル・インファーマリー』っていう病院(?)だった。

















P2320038.jpg

↑ これは『Leeds Minster』って教会。

結構大きくて、リーズ版ビッグベンみたいでした。

















P2320043.jpg

↑ これも教会?それともホテル…??

















あと写真には撮ってなかったけど、『王立武具博物館』って言う

博物館が展示物も多く、見どころあって面白かったです。


トリップアドバイザーでもリーズの観光部門で1位になってました。


本庁舎の横にあった、リーズ博物館より全然面白かったです 笑。















そんなわけで、リーズも1日しか観光してませんでしたが

久々に観光してみたら新鮮で面白かったです。


数年間、自宅警備(ニート)だったやつが

働いてみたら、意外と面白くて「俺、やれば出来るじゃん」って思うんだけど

2、3日目経つとやっぱりすぐ辛くなっちゃって

「日本は搾取社会だから就職するやつは負け犬だ!!」

って、いっぱしの事言ってすぐ辞めちゃうパターンじゃないですかコレ??






でもでもー、俺はブログの更新を止めませんよー!!


日本で心配しながらも応援している同僚、家族

旅中に知り合い、切磋琢磨し同じ志を持った旅友

現地で言葉もきちんと通じないのに仲良くなった異国の友達

そして、俺のことだけ見てくれる可愛い彼女

のためにも、今日から毎日ブログを書いていくぞーーーー!!
(まあ全部、脳内のみ存在する妄想ですが…ww)


って、コレもさっきのニートのやる気と同じような感じの

『すぐ辞めちゃうパターン』じゃないですかね…??




戦場で故郷に残した奥さんとか彼女の話ししたら

そいつから先に死んじゃう、死亡フラグと一緒ですよね?










『選ばれた者の力!この能力を使いこなせば・・・
オレが王になることすら可能・・・!!』

っと言った直後

『短い・・・そして愚かな 夢だった
格が違う 決して覆ることのない 予め決められた地位』

っと言い放った、3日天下ならぬ3秒天下でお馴染みのラモット様のよう…。



201205292115014f3.jpg

↑ 欲望丸出しのラモット様
















20130616143700f71.jpg

↑ 驚かれるラモット様

















そんな訳で、JOJOで言ったらケニーG並の扱いだった

ラモットネタもぶっ込んだところで、今日のブログはおしまい!


良い子は、喧嘩の時に『絶』の状態で攻撃を受けちゃダメだからねー!!




バイバイ~♪♪




70ea3f900d8e29724e71e8fa3532260d_png.jpg

↑ (#)’3`;;)・;’.、ブハッ
















※今日の1曲
KAKASHI 『違うんじゃないか』






俺は『ケニーG』よりヌケサク』の方が好きだよ
っていう『モハメド・アヴドゥル』はポチッとクリックお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| 3回目 イギリス | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。